晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

新いちょう大学校での講義も最終回です。
写真図1 PowerPoint版表紙

最後はやっぱり、

折口信夫の世界を話さねばなりません。
写真図2 プロローグ



合邦ヶ辻界隈の解釈-折口信夫マレビト論を探る-
四天王寺西門を出て
逢坂を下ると合邦ヶ辻である。
木津村に生まれ、
長じて民俗学者、歌人となる
折口信夫(釈迢空)の論文「玉手御前の恋」に導かれて
合邦ヶ辻界隈を解釈する。
行き着いたところは
「マレビト論」であった。

今までからの持ちネタですが、
たった90分ですので
さっぱりとカットして
今回は論点を絞りました。

このテーマに取り組みましたのは
一昨年、日本民俗学会が
関西学院大学で年会を開催し、
大阪の見学コースを案内することになったのが
きっかけです。

天王寺から新世界界隈は
大阪の都市民俗の「宝庫」と思い、
コースを設計しました。
年会実行委員会の島村恭則教授から
折口信夫についても触れてはということで
合邦ヶ辻閻魔堂をめぐる論文「玉手御前の恋」と
絡めてみました。

従来、折口マレビト論は
折口自身の沖縄調査に基づくとされてきました。
ボクは、マレビト論のモチーフになったのは
彼の生まれ育った木津村とその周辺、
6年間通った
天王寺中学(現在の天王寺区上本町8丁目、大阪国際交流センター所在地)近辺に
求めます。
大阪が近代化を遂げる時代、
町の周縁部での
実体験や見聞が折口マレビト論に
影を落としているのではないかと思えてきました。

かつて、合邦ヶ辻界隈は不思議な都市空間でした。
とりわけ四天王寺は聖地であってアジールでした。
病を背負った人たちの避難施設でもありました。
謡曲「弱法師」の俊徳丸もその一人でした。
さまざまな生業の人たちが群れ集う場所でもありました。
まさに都市の縮図が
この合邦ヶ辻閻魔堂の周辺でした。
その残滓を敏感に嗅ぎ付けることができたのが
折口信夫です。

折口のマレビト論には
神と乞食(コツジキ)とが一体であります。
少なくとも、そこに断絶がありません。
柳田民俗学では考えられない発想です。
実証不可能なことです。
たしかに騙られたような気がします。
ボク自身、大阪市立大学で国文学を学びましたが、
折口の世界は封印されていました。

それが一昨年の不図したきっかけで
折口の世界に足を踏み入れることになりました。
吟遊伶人「ほかひゞと」に「まれびと」を幻視する「折口学」には
折口の生いたちに起因する確執を
読み取らねばならないと
今のボクは考えています。

究会代表   田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

井原西鶴*『日本永代蔵』の
「世界の借家大将」に
「掛鯛」の由来が
「世界の借家大将」たる「藤市と申す人」から
3人の聞き手に語られるくだりがあります。
    *『日本永代蔵』:暉峻康隆訳註『日本永代蔵』
                             1967年初版、角川文庫
引用文中の(注)は、
該書に記述されているとおりのものです。

◇借屋請状之事、
   室町菱屋長左衛門殿借屋に居申され候
   (注)藤市と申す人、慥に千貫目御座候。
   広き世界にならびなき分限我なりと自慢申せし。
      (注)藤市:京都市中京区御池ノ町に住した藤屋市兵衛。
                   長崎商いで成功した万治・寛文頃の金持。
                   その始末咄は諸所書に散見している。(町人考見録)

 

『日本永代蔵』の意図について該書の解説には
次の記述があります。
◇…副題も「新長者教」であるように、
   新時代の致富道を描いて提供するというのが、
  その意図である。

 

京都室町の借家に住していながら
大金持ちとなった藤屋市兵衛を
取り上げる、このくだりも
成功譚の物語と思って読むことが求められます。

 

この「世界の借家大将」の末尾近くに
年中行事の由来を

藤市が語って聞かせる場面があります。
該書に記されていない「 」を会話の箇所に付けます。
◇藤市出でて、三人に世渡りの大事を物語して聞かせける。
   一人申せしは、
   「今日の七草といふ謂は、いかなる事ぞ、」と尋ねける。
   「あれは神代の始末はじめ、増水と云ふ事を知らせ給ふ。」
   又一人、「(注)掛鯛を六月まで荒神の前に置きけるは、」と尋ぬ。
   「あれは、朝夕に肴を喰はずに、
   これを見て喰うた心せよと云ふ事なり。」

「増水」は「雑炊」のことです。
懸案の「掛鯛」ですが、
該書の(注)は以下のとおりです。
◇元日に塩小鯛一双の口に縄を通して向い合わせに結び、
   竈の上に吊して荒神に供え、六月一日にこれを食する。
   荒神は竈神。

 

元日の塩鯛を縄に掛けて
荒神に供える旨、記しています。
その恰好は二尾「向い合わせ」です。
文楽劇場の正月飾りの作り物は
この「掛鯛」を模して
睨み合っていると解釈されます。

 

この藤市の答えの妙は、
掛鯛を見るだけで食うた気分に浸れというところです。
この段では「始末」の大事を唱えています。
このカタリが致富道を描くのに
用いられたまでですから、
当時の都市生活者一般の習俗であろうはずは
ありません。

 

それと知っても
子どもの頃のわが家での
じっと我慢の「睨み鯛」の風習に
通底する都市生活者の
多分に世知辛い知恵を重ね合わせてしまいます。

 

子どもの頃のわが家では
六月を俟たずして、羹にして食したものです。
尾頭付きの真っ赤な
鯛を骨までしゃぶることには、
籠められた呪力を
身に被ることで
健康を祈る意味でもあったのでしょう。

 

新いちょう大学校の第4講は1月17日(火)です。
「大阪のお正月」の講義をします。
年明け早々、ウォーミングアップしました。

 

究会代表   田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先週12月5日、大阪区民カレッジ北校で
「大阪のお地蔵さんの世界」を話しました。

先日、受講されていた林 晴夫さんから
レポートをいただきました。
許可を得て、このブログに載せます。

 

◇田野先生の講義、区民カレッジのカリキュラムでは
  「民俗学からみる北区の名所2」と紹介されていて、
  実際のテーマは受講当日のレジュメを見てからのことになります。
  少ない経験則(田野先生の受講歴)から、
  私は、決してレジュメに目を通しません。
  レジュメを見てしまうと、田野節の味わいが台無しになってします。
  先ず、定石のコンテンツ紹介。
  さあ、今日はどない聞かしてくれはんねやろか・・・。

 

以下、田野による書き込み。
林さんは、何度かボクの講座を受講され
阪俗研の会友です。
毎回毎回、同じ手法なら飽きられますね。
以下、林レポートの続きです。

 

◇と、いきなり難波の大文豪(?)織田作之助の「夫婦善哉」の一節で、
   幼い頃の、近所の路地の角の地蔵盆の光景が懐かしく脳裏に浮かんで来たと思えば、
   次は「地蔵信仰の基礎知識」。
   しっかりと地蔵信仰の学術的考察(?)が始まります。
   まさか、このまま考察・検証が続いたら、
   受講生の老若男女(若は無かった)は確実に地蔵の世界で無くて
   夢の世界に没入やないか。

以下、田野による書き込み。
難しいですね。
かつての生徒たちに発した「スリーピタイム?」
お休み時間になっては大変!

以下、林レポートの続きです。

 

◇ところがどっこい、この辺りから田野節のテンポと熱が上昇。
   地蔵信仰のあれこれを、
   人生経験豊富な受講生諸氏の記憶をくすぐりながら浸潤させます。
   終盤は、北区の隠れた名所「行基菩薩開基南浜墓所の道引之地蔵」。
   先生ご自身の幼少年期の思い出を実証とされながら、
   「道引」は「引導」に通じて「冥土の門のお地蔵さん」との考察に、
   なるほどなるほど、と納得の締めくくりでした。
   束の間の2時間、もっともっと聞かせて貰いたかった。

 

以下、田野による書き込み。
「人生経験豊富な受講生諸氏の記憶をくすぐりながら」が
講座のポイントなのです。
知らないようで知っていて、
知っているようで知らなんだお話です。
シニア・アクティヴの皆さんにとって
お地蔵さんにまつわる民俗学の世界は、
郷愁の世界でもあります。
まだまだ、大阪には
地蔵信仰については、
語り部がたくさんおられるようです。
情報提供が期待できます。

 

今日12月13日は、難波市民学習センターでの
新いちょう大学校の第2講で
102コマのPowerPointによる講義をします。
90分とは、
講師にとって「束の間」の厳しい時間です。

 

究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来週火曜日、11月22日に、新いちょう大学校で
「島洲の街・大阪」の新ヴァージョンを話します。

気になるのは「伝承古代の島」の「田蓑島」です。

 

新村出編1998年『広辞苑第5版』岩波書店の
「田簔島」には次の記述があります。
◇たみの‐の‐しま【田蓑の島】
 今の大阪市西淀川区佃島の辺とする説が有力。

 

だいたい、世間では「田蓑神社」のある佃を
「田蓑島」と考えているようです。
今春4月30日に再訪しました。

 

写真図1 田蓑神社本社

その際、「田蓑神社略由緒」をいただいてきました。
 

写真図2 「田蓑神社略由緒」表

この神社の御祭神は、住吉三神と神功皇后です。
「ご由緒 ご祭神」の冒頭は、住吉三神が生まれた記事です。

 

写真図3 「田蓑神社略由緒」裏

 

次に神功皇后の記事が続きます。
◇・・・時代は下って、
 十四代仲哀天皇の妻である神功皇后が新羅に出兵する際に、
 住吉の大神を守り神と奉り、遂に成し遂げ国の安定を築かれました。
 その帰途、この地に立ち寄られた折、
 海士が白魚を献上されてより、その海士を奉ったとされております。

 

各地に伝承される神功皇后伝説の一つと解釈すべきです。
この地での貴人歓待の話です。
なんだか、福島の地での菅原道真公のような話です。
帰還と左遷は大違いですが

展開としては全く問題なく貴人歓待の話です。

 

「ご由緒 ご祭神」の記事を続けます。
◇後の世、当地開拓の時その海士が出現し、
 神功皇后の御船の鬼板を伝え守って数百年、
 その神宝を安置して住吉大明神をお奉りせよと申され、
 貞観十一年(西暦869年)に創建され、
 住吉三神と神功皇后の「住吉四神」をお奉りいたしました。

 

「神功皇后の御船の鬼板」を「神宝」とする語りは、
しばしば行われる、モノがカタリの媒体とされる一例です。
もっとも、大抵の場合、カタリのためにモノが拵えられます。
「御船の鬼板」は、そうではありませんが、
縁起物の類いは、複製品として大量に頒布されたりします。
田蓑神社につきましては、存じませんが、
祀られているお方が「神功皇后」であるだけに
「御船の鬼板」も伝説上のことだと考えます。

 

「ご由緒 ご祭神」の記事を続けます。
◇社名は時代と共に、
 田蓑嶋神社(田蓑嶋姫神社との説も)、
 住吉神社(住吉大神宮、住吉明神、住吉大明神とも)と変遷し、
 明治元年(1868年)に田蓑神社と改められました。(以下略)

 

写真図4 田蓑嶋神社正面鳥居

「田蓑嶋神社」「田蓑嶋姫神社」は、ウィキペディア*『住吉大社神代記』に
「田蓑島姫神社」と見えます。
この書については、同項目に次の記事があります。
◇『住吉大社神代記』は、
 住吉大社の神官が大社の由来を神祇官に言上した解文である。
     *『住吉大社神代記』:ja.wikipedia.org/wiki/住吉大社神代記
             最終更新 2015年5月31日 (日) 10:15

 

「ご由緒 ご祭神」の記事にありますように
長く「住吉神社」であったようです。
写真図5 住吉四神を祀る田蓑神社の社殿

四社が連なる今日の社殿からして
まさに「すみよっさん」です。
江戸の「佃漁民」ゆかりの地の伝承と絡めますと、
近世、半農半漁のムラにおける
住吉信仰が推測されてきます。

 

明治以降、「田蓑神社」に改められた
佃の住吉神社につきましては、
近世地誌の記述による若干の検証を
《佃踏査レポート(2):2016-05-04 18:32:11》に試みました。
   ↓ここをクリック
http://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12156898695.html
 
究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨年度に引き続き
新いちょう大学校講座で
5回連続の話をします。
今日は朝から何を話そうかと
いつものPowerPoint版を開けてました。

30本ほどあるなかで
新いちょう大学校に相応しいメニューを選びました。

 

11月22日(火)新いちょう大学校講座①
:島洲の街・大阪―伝承古代から現代まで―
12月3日(火)新いちょう大学校講座②
:梅田「牛の藪入り」の世界―近世都市の民俗―
1月10日(火)新いちょう大学校講座③
:「正月」の都市民俗―商人による演出―
1月17日(火)新いちょう大学校講座④
:浪花浦伝説―水辺の異界を探る―
2月7日(火)新いちょう大学校講座⑤
:合邦ヶ辻界隈の解釈―折口信夫の理論の検証―

 

講座①では
手始めに、これからお話しするステージを話します。
「水都大阪」は埋立都市です。
生成と消滅をくり返し発展してきた都市の
伝承古代から現代までを「島洲」を切り口に話します。

 

講座②では
今日、梅田は再開発が進行中です。
近世の梅田は農村とマチの境界にありました。
そこで繰り広げられていた奇習を取り上げます。
知られざる「梅田」をご覧に入れます。

 

講座③では
昨年に続き、「正月」を演出する商人に焦点を当てます。
「商都大阪」の舞台裏の歳時をご覧に入れます。
当たり前すぎる「都市民俗」を殊更、取り上げます。

 

講座④では
民俗学の真骨頂は伝説です。
水辺は異界の出入口です。
大阪の伝説にはなぜか、菅原道真や渡辺綱が登場します。
舟運に携わる民の伝承をご覧に入れます。

 

講座⑤では
大阪の周縁部に生まれ育ち、
異才を発揮した折口信夫の原風景を訪ね、
「まれひと」論の原点を探ります。

 

どれもこれも歩いてみたくなる場所です。
新いちょう大学校の講座の受付は終了しております。

なお大阪区民カレッジ北校では
12月5日に「大阪のお地蔵さんの世界」を話します。
これの方は来年度の受付も終了しております。

 

今回のブログは、こんなこともやってまっせーという
ボクの宣伝でした。
お付き合いありがとうございました。

 

究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。