晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

前回に引き続き、
「野田城」をめぐる野田地区にあって
野田新家の位置づけを試みます。

 

とりわけ慶長19(1614)年の大坂冬の陣にあって、
野田新家は、
重要な軍事拠点であったようです。
豊臣家に対峙する幕府軍の九鬼守隆についての
*『寛永諸家系図伝』の記事に次の記述があります。
   *『寛永諸家系図伝』:『寛永諸家系図伝』第10、九鬼守隆、
            (続群書類従完成会、1986年)

 

◇同(*慶長)十九(*1614)年、大坂御陣のとき、
 守隆、大権現の仰をかうふり
 大船五艘・早船五十余艘をうかべ
 すミやかに河口にむかひ、
 諸国の船を郭内にいれず。
 同十一月十九日、大坂新家ををしとりて陣場とす。

 

写真図 新家水防用具庫
     西から東を臨む。
     先には新家浜が南東にかけて延びていた。

九鬼水軍を率いて大坂に攻め入る場面です。
その足場となったのが、
野田新家なのです。
続く記事からは、野田新家の軍事的位置づけを
読み取ることができます。

 

◇同月廿六日、
 終日鉄砲をはなち敵をしりぞけ、
 大坂葭嶋(ルビ:よししま)をもつて陣場とす。
 同月廿八日、敵福嶋にをひて井楼をあげ大船をいだす
 〔半角割注:俗にめくら舟といふ〕。

 

記述の順に従いますと
陣場は「新家」から「葭嶋」に前進します。
「敵」とは豊臣方ですが、
「福嶋」に陣取り対峙します。
この「葭嶋」は記述の上では
新家と福島の間に位置します。
地理的には新家の東、福島の西となれば
「野田」と推測されます。

 

野田の地もまた
安治川開削以前は
葭や芦の茂る低湿地であったのでしょう。
この記事には「野田城」が見えません。
慶長19(1614)年の大坂冬の陣の時代、
すでに廃城になっていたのかも知れません。

 

幕府軍・守隆の軍は、
このような水路に沿って、
福島、中之島さらには大坂城に向けて
進軍します。
次回は、

足どりを追う作業を通じて
近世前期大坂における
新家を位置づけしたいと思います。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。