晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

前回、野田村小字名①~⑧と
*地方文書「享和元年蛭児之宮神祭取締リ請印形帳」記事中の
地名との照合から始めると予告しました。
 *地方文書「享和元年蛭児之宮神祭取締リ請印形帳」
  野村豊、1958年『漁村の研究-近世大阪の漁村-』三省堂
   以下「1801エビス祭礼陳情書」と表記

 

その前に「1801エビス祭礼陳情書」に
「蛭児之宮」とある
野田恵美須神社のHPに立ち寄ることにします。
  ↓ここをクリック
http://www.noda-ebisu.com/yuisho.htm

 

「由緒」の「地車」の項です。
◇むかし野田村は、
 六つの町に分かれていまして、
 そのうち一町が太鼓を、
 一町が神輿(みこし)を、
 そして他の四町が地車を持っていました。
 すなわち四台の地車があったのですが、
 老朽化したため大正の中ごろから廃絶していました。
 それを復活しようという気運が起こったのが、
 昭和六年で、このとき昔の四台のかわりに、
 一台の大きな地車を作ろうということになり、
 岸和田の専門家を招いて、

  一年がかりで作らせたのが今の地車です。

 

そういわれてみますと、野田のエベッサンの地車は
近くの福島の天神さんや、
海老江の八阪さんよりも、たしかにでっかい。
写真図1 野田恵美須神社地車
     撮影:2015年1月十日戎

 

「四台のかわりに、一台の大きな地車」を拵えたのでした。
注目しますのは「むかし野田村は、
 六つの町に分かれていまして」の記事です。

「1801エビス祭礼陳情書」記事中に

「本郷六町」という言葉を見かけたことがあります。
 
◇乍併古例相止候儀者神慮之恐も有之、
 新家より者幟提灯ニ而社参仕、
 野田本郷六町者御輿・太鼓・地車ニ而
 他村へ参リ候儀者無之、村内ニ而出し来リ候

 

「野田本郷六町」は「新家」と
並記されています。
この記事は、
古例中止後の新家と野田本郷六町の
取り決めです。

それまで祭礼に御輿・太鼓・地車を出していた
「野田本郷六町」の「六町」とは、
何町でしょう?

 

「1801エビス祭礼陳情書」を溯ります。
次の記事があります。
◇其砌より
 当村内弓場町と申所ニ御輿人足出し来り候、
 東町と申者太鼓人足出し来り候、
 堤町・大野町・奥町・北野町四町者地車四ツ出し来り候、
 新家者幟提灯ニ而、
 右御輿御迎ニ参リ、
 則野田西ノ口と申所より
 御船ニ而新家御渡有之候儀古例ニ御座候

 

祭礼の「古例」をしたためています。
「弓場町と申所ニ御輿人足・・・」
「東町と申者太鼓人足・・・」
「堤町・大野町・奥町・北野町四町者地車・・・」
「新家者幟提灯・・・」

 

新家は「野田西ノ口」まで
幟・提灯を仕立てて迎えに行き
御輿渡御をしていたのです。
その際、弓場町、東町、堤町
大野町、奥町、北野町の六町が
御輿に供奉していたのです。
「野田本郷六町」の「六町」は、
御輿に供奉した六町です。

 

この町名は、
*藤論考に挙げた
8つの小字名と重なるようで重ならない。
それに、ここでは「新家」が出て来ました。
   *藤論考:藤 三郎「野田城と戦国三好一族」
 『なにわ福島ものがたり』福島区歴史研究会、2012年初版

往時の「野田城」周辺の
町が見え出したところで
次回まわしです。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員 田野 登

 

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。