晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

 

中之島精霊流しの〈前夜祭〉は、
8月8日(火)14:00~16:00に
大阪大学中之島センター(北区中之島4丁目3-53)で
「声フェス地鎮」主催で開催します。

《体験!「中之島の精霊流し」》のチラシが届きました。


写真図  《体験!「中之島の精霊流し」》のチラシ

「かつて水辺に妖怪がいた?
 ―水都大阪中之島あたりのお話」
「中之島の精霊流し」が行われる玉江橋で、
幼少期から精霊流しをしてきた氏に、お話を聞きます。
むかしは、さまざまな霊や魂(たましい)、
異形のモノと共に暮らしがあり、
それらはむしろ畏敬の念をもってまつられたりした。
ふしぎやおそれを明らかにした科学の進歩は、
一方でそれらを分け隔てることとなった。
水辺という境界で、
目に見えぬものに想像力を働かせてみると
気づかなかったものがみえてくるかもしれません。

 

当日は、
水辺に登場するさまざまな
妖しげなモノたちを画像で紹介します。
いつもの電動紙芝居PowerPointで語ります。

締めで語る
「玉江橋中津蔵屋敷の狸」が退治される話は
島本久恵1961年『長流一』からの話です。
ちょっと、触りなと、語りまひょ…

 

◇・・・いったいここら、まるで狸の巣うや、
 あっちにも狸、こっちにも狸、
 河太郎と狸はまあこの辺の名物だんなあ。
 ここら川やら井路やら、池みたいな窪地やらで

 水だらけやよって、
 河太郎が多いのは分かってますけど、
 海がだんだん埋もって陸になったちゅう所に、
 狸がなんでこない多いねやろ?
 まさか海からわくのんやおますまいなあ。
 その狸がみな化けさらす。
 けど可愛らしい奴もいましてなあ。・・・

 

はたして中津蔵屋敷の狸は、
いったい何に化けて
玉江橋の橋詰で
果てたのやら?

 

大人の方ならご存知の
おなじみの橋の名や
町名が出ます。
家族間での話のネタになと
いかがでしょうか?

問い合わせ・申し込みは「声フェス地鎮」まで
   meetskids@mail.com
   090-3872-4675

 

究会代表 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。