晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

今回は、
『折口信夫全集』16、中央公論社、1996年の
「第二部 日本文学の戸籍 第二章 上代歌謡」
「三、難波方(ルビ:ナニハガタ)」にある
「本 難波潟。潮満ち来れば、あまごろも
 末 あまごろも 田簔の島に、鶴(ルビ:タヅ)たち渡る」の
《[語句の吟味]○田簔の島》の記述を
引き続き小出ししながら考えます。


◇後世其跡を伝へる所もないではないが、
 所在は今明らかでない。

 

微妙な表現で、
折口には「田簔の島」を比定する
固有名詞(地名)による所在説の提示は
この先を読んでもありません。
だからボクは、津守なのか、木津なのか、江戸堀なのか、
中之島なのか、鷺洲なのか、佃なのかと想像するばかりです。

 

折口記述を続けます。
◇難波のうちで、川筋に近い所にあり、
 舟行の人々は、これを見る機会が多かった所らしい。

 

この歌の「田簔の島に、鶴たち渡る」の情景は
海上を漕ぎ行く舟から
浅瀬の先の砂州の眺めなのでしょう。

 

以下、「田簔の島」の
名の由来となる「田簔」の語義に言及します。
◇田簔は田に著て(着て?)行く簔で、
 田作り以外にも用ゐた腰簔であらう。

 

折口の解釈では「あま」は「海人」だったわけで
名こそ「田簔」であれ、
「あまごろも」の吟味の記述では
「海人特有の簔」でした。

 

折口記述を続けます。
◇その腰簔を常用してゐるのが、
 海人の服装だったのであろう。
 特殊なものであったのだ。
 当時の人には、
 田に入る時にばかりつけた田簔を

  年中つけてゐたのが注意をひいたのだ。

 

「当時の人」とは、古代・文学では上代の人、
とりわけ古代の貴族の目にとまったというのです。
これは、折口の想像です。
折口は、「腰簔を常用」すると解釈したところから、
エスニックな異国風な民を想像しているのです。

 

折口記述を続けます。
◇古代では、

  女の子がつけてゐた、腰裳(ルビ:コシモ)とは別に、
 裳をつけず、肌に直に簔をつける人々があつたので、
 旧日本の村々は、

  田作りの時期だけに用ゐる様になつてゐたのに、
 海人は尚常用したのが、珍しかつたのである。

 

この折口の記事の初出は、戦後間もない
昭和23年12月20日刊行の通信教育部の教材でした。

次回、折口の想像する世界を
検証してみることにします。

 

究会代表 田野 登

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。