晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

 

ボクが大阪市立鷺洲小学校を
卒業したのは昭和37(1962)年ですので
もうとっくに50年を越えてます。
信じられないことですが、半世紀以上も昔のことです。

 

それが実家のある福島区鷺洲を
調べていますと
つい、小学校校歌の歌詞を思い起こすのです。

 

作詞者は知りませんが、

作歌時は、同校が
『さぎす-創立100周年記念誌』を
1998年12月に発行していて、
創立は明治31(1898)年です。
創立時に作曲されたとします。

 

当時のこの地域は
未だ淀川の改修もされていなくて
井路川が縦横に通っていたのでしょう。
同記念誌に載る歌詞は以下のとおりです。
写真図1 『さぎす-創立100周年記念誌』の校歌

 

 一 淀の流れをくみわけて
  水のかよいじいとしげく
  煙は高く空をおおいて
  鷺洲の里は にぎわえり
二 たみの島わに波たたず
  おさまる御代のなりわいを
  はげみて国のいしずえを
  かため浦江の 城のあと

 

歌空言はあるでしょうが、
今から120年も昔の
このあたりの光景が詠まれています。
小学校校歌には、
地域の昔を伝承するところがあります。

 

以前、「煙は高く空をおおいて」が
仁徳天皇の「高き屋に登りて見れば」の
炊飯の煙のなぞらえで
繁栄を祈る国見の見立てであると
本ブログ「街角探訪 うめきた~野田阪神まで(7) 
       2015-02-17 09:36:54」に記しました。
        ↓ここをクリック
http://ameblo.jp/tanonoboru/entry-11990964252.html

 

その時、さほど気に懸けてなかったのが、
「たみの島わ」です。

「たみの島」は、歌枕「田蓑の島」に基づく
言葉でしょう。
歌枕「田蓑の島」の場所を
狭い地域に特定すること自体、
ナンセンスなのかも知れませんが、
この地域に、ある時代から
伝承されていることは間違いありません。

 

今日では
地名の「鷺洲」に「洲」があることの他、
現在の地形からは、
到底、「島」であったなど想像できません。
しかし、昭和10(1935)年以前の地図までは
小学校の東には南北に川が流れ
その流れは湾曲しており、
島の形をした区域が
確認されます。
写真図2 『鷺洲町史』(1924年発行)付図の
      「明治43(1910)年の鷺洲村」

地図右下(南東部)に
川に囲まれた区域が読み取られます。

 

校歌の歌詞の二番の冒頭に注目ください。
「たみの島わ」の「わ」です。
この「わ」は「島」に着く接尾辞です。
いつもの*『広辞苑』の「わ」には
次の記述があります。
  *『広辞苑』:新村出編2008年『広辞苑第六版』岩波書店
◇わ【曲・回】
 山・川・海などの入りまがって一区域をなした所。み。
 永久百首「峰の―のむら草隠れきぎす鳴くなり」。
 「浦―」「島―」「川―」

 

埼玉県に「浦和」という地名があり
めでたくも「和」を宛てていますが、
そこも川が入りまがって
一区域をなした所なのでしょう。
校歌にある「たみの島わ」は
この地域の原風景を伝承する言葉と考えます。

問題は、地形語「島」に上接する
「田蓑」が何を意味するかです。

「あまごろも」を「雨衣」として「田蓑」と解釈するのが
本来の意味だったのか否かをも含めて
検証する必要があるように感じ出しています。

 

究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、歌枕「田蓑の島」には
よく雨が降ることの訳を
「田蓑」と「雨衣」の連想での
歌空言ではないかと述べました。
歌枕は、現実の地名を想像力によって
歪んで膨らんだものなのでしょうか?

《歌枕「田蓑の島」の世界(2) 》に
『広辞苑』の「歌枕」を引き、
第一義としての
「歌を詠むときの典拠とすべき枕詞・名所など。
また、それらを書き集め解説した書」と示しました。

*『和歌大辞典』に片桐洋一署名の「歌枕」に
枕詞などの歌語と地名との関係を記しています。
  *『和歌大辞典』:『和歌大辞典』明治書院、1986年
◇歌枕とは本来、和歌に用いられる特別の語、歌語のことをいう場合と、
  その語を解説する書物のことを言っていたことは疑う余地がなく、
  地名も歌語の一部として歌語の解説書の中で扱われていたのである。

地名は現代人と違い
歌語の一部として詠まれるのですから、
おのずから情報に偏りがみられます。
(もちろん現代人もバイアスのかかった情報を享受しています。)
その間の地名への思いを次のように記述しています。
◇…松・梅・逢坂・龍田川も
  全く同質の歌枕だったわけであるが、
  ほとんど旅に出ることのない平安時代の人々にとっては、
  日常に見聞できる松や梅よりも、
  逢坂や龍田川の方がゆかしかった。

『伊勢物語』の「富士の嶺」「すみだ河」の
「鹿の子まだらの雪」も「都鳥」も

地方任官により旅した貴族など

限られた見聞に基づく紋切りタイプのものです。
片桐記事は次のように続けています。
◇地名は特別のイメージと結びつくことによってのみ
  形象化され得るものであったから、
  作歌修業によって名所歌枕が
  まことに重大な役割をはたすことになったのである。

地名と特別のイメージの結びつきは
「田蓑の島」と「雨」がそうでありました。
*『和歌文学大辞典』に増田繁夫署名の
「歌枕」の記事があります。
   *『和歌文学大辞典』:(株)古典ライブラリー、2014年
地名のもつ歌語としての表現力の豊かさを挙げ
さまざまに想像力を誘発するとも記しています。
その想像力が問題なのです。
増田記事は興味をそそることを記しています。
◇古代人にとって、
  事物の名は単にその物をさす記号以上の意味をもち、
  歌に詠まれる地名にも
  土俗信仰や呪物的意味をひそめもつものが多くあった。

たしかに言霊が実際に信じられていたのが
「古代」だったのでしょう。
しかし「田蓑の島」と「雨」は
そうではなさそうです。
増田記事を続けます。
◇しかし『古今集』以後の平安和歌が
  そうした古代性を止揚して、
  言語による自立した歌の世界を追求するようになってくると、
  歌に詠まれる地名も現地との対応関係が希薄になってゆき、
  もっぱら和歌的観念としての地名が
  形成されてくることになる。
  現実世界の「名所」としての地名とは別次元の、
  和歌的観念による地名としての
  「歌枕」が成立することになった。

「歌枕」の成立は和歌的観念による地名であって
現実とは別次元だと述べられています。

これでも、あなたは
歌枕「田蓑の島」に興味を持たれますか?

ボクは歌枕「田蓑の島」の想像された世界を
現実世界の地名「田蓑の島」と擦り合わせてみたいのです。
平安和歌の歌枕「田蓑の島」から
摂津国の原地形を想像してみたいのです。

究会代表   田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の続きですが、
歌枕「田蓑の島」の歌に
雨が詠まれることが
やたらに多いが、
今から1000年程の昔、
摂津国に、そのような多雨地域、
あるいは風情のある雨が降る場所が
実在したのかといった
単純な疑問を抱きます。

たしかに「雨」は17例中には4例見えます。
②雨により田蓑の島を今日行けど名には隠れぬものにぞありける
⑧誰か着ん田蓑の島も漏るばかり雨より雪の冴ゆる空かな
⑬雨晴るる田蓑の島に月冴えて重ねて白き鶴の毛衣
⑯雨による田蓑の島の雨衣さらでは濡れぬ冬の袖かは

さらに雨でも季節により「五月雨」「時雨」もあります。
五月雨:2例
④五月雨に田蓑の島の海人びとの潜くかざめは君がためなり
⑥五月雨の晴れせぬほどは難波潟田蓑の島ぞ泊まりなりける
時雨:1例
⑫鶴の鳴く田蓑の島も時雨つつ芦の枯葉に浦風ぞ吹く

歌枕「田蓑の島」における「雨」の多用は
「雨衣」に関わるもののようです。
雨衣
①難波潟潮満ち来らし雨衣田蓑の島に田鶴鳴きわたる
⑨雨衣田蓑の島に鳴く田鶴の声聞きしより忘れかねつつ
⑪物思へば田蓑の島の雨衣濡るるならひの波や越ゆらん

*『広辞苑』の「雨衣」の項に次の記述があります。
   *『広辞苑』:新村出編2008年『広辞苑第六版』岩波書店
◇あま‐ごろも
  あま‐ごろも【雨衣】
  ①名「あまぎぬ」に同じ。
  ②枕「みの」「たみの(田蓑)」にかかる。
     古今和歌集[雑]「―たみのの島にたづ鳴きわたる」

『広辞苑』の②の用例であれば、
歌枕⑨の一句の「雨衣」は二句の「田蓑の島」にかかる枕詞となります。
たしかに「蓑」もまた雨具です。
歌枕「田蓑の島」に「雨」が多いのは、
「田蓑」の名から「雨衣」を連想したものであります。

いずれ「田蓑の島」の地形を
想像することにもなりますが、
雨がよく降るから「田蓑の島」になったとは
考えにくいと思います。

現実の「田蓑の島」地名から、
「雨衣」を派生し、
歌枕「田蓑の島」に「雨」を降らせたと考えます。

次回は、現実世界の地名から
和歌的観念としての「歌枕」が形成される過程を
たどることにします。

究会代表   田野 登

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新いちょう大学校での講義も最終回です。
写真図1 PowerPoint版表紙

最後はやっぱり、

折口信夫の世界を話さねばなりません。
写真図2 プロローグ



合邦ヶ辻界隈の解釈-折口信夫マレビト論を探る-
四天王寺西門を出て
逢坂を下ると合邦ヶ辻である。
木津村に生まれ、
長じて民俗学者、歌人となる
折口信夫(釈迢空)の論文「玉手御前の恋」に導かれて
合邦ヶ辻界隈を解釈する。
行き着いたところは
「マレビト論」であった。

今までからの持ちネタですが、
たった90分ですので
さっぱりとカットして
今回は論点を絞りました。

このテーマに取り組みましたのは
一昨年、日本民俗学会が
関西学院大学で年会を開催し、
大阪の見学コースを案内することになったのが
きっかけです。

天王寺から新世界界隈は
大阪の都市民俗の「宝庫」と思い、
コースを設計しました。
年会実行委員会の島村恭則教授から
折口信夫についても触れてはということで
合邦ヶ辻閻魔堂をめぐる論文「玉手御前の恋」と
絡めてみました。

従来、折口マレビト論は
折口自身の沖縄調査に基づくとされてきました。
ボクは、マレビト論のモチーフになったのは
彼の生まれ育った木津村とその周辺、
6年間通った
天王寺中学(現在の天王寺区上本町8丁目、大阪国際交流センター所在地)近辺に
求めます。
大阪が近代化を遂げる時代、
町の周縁部での
実体験や見聞が折口マレビト論に
影を落としているのではないかと思えてきました。

かつて、合邦ヶ辻界隈は不思議な都市空間でした。
とりわけ四天王寺は聖地であってアジールでした。
病を背負った人たちの避難施設でもありました。
謡曲「弱法師」の俊徳丸もその一人でした。
さまざまな生業の人たちが群れ集う場所でもありました。
まさに都市の縮図が
この合邦ヶ辻閻魔堂の周辺でした。
その残滓を敏感に嗅ぎ付けることができたのが
折口信夫です。

折口のマレビト論には
神と乞食(コツジキ)とが一体であります。
少なくとも、そこに断絶がありません。
柳田民俗学では考えられない発想です。
実証不可能なことです。
たしかに騙られたような気がします。
ボク自身、大阪市立大学で国文学を学びましたが、
折口の世界は封印されていました。

それが一昨年の不図したきっかけで
折口の世界に足を踏み入れることになりました。
吟遊伶人「ほかひゞと」に「まれびと」を幻視する「折口学」には
折口の生いたちに起因する確執を
読み取らねばならないと
今のボクは考えています。

究会代表   田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、妙壽寺から案内のハガキが届きました。
時間がなくてファクシミリで
配付資料を送っただけですので
ハラハラしてハガキを読みました。

写真図 案内のハガキ

文面は以下のとおりです。
郷土誌を見直す『浦江塾』のご案内
一昔前は年中町々の各所で歳時の行事が行われていた。
最近はその風景も少なくなって、季節感が感じられなく
なってきた。今も歳時の風習が残っているのは暮れから
お正月ぐらいだろうか。大阪、特に北区、福島界隈では
かつてどのような行事が行われていたのか考証します。
日時 2月4日(土曜日)午後7時より9時迄
場所 妙壽寺(福島区鷺洲2-15-10)駐車可
テーマ 「正月の都市民俗―商人による演出」
大阪北区福島界隈版
大阪民俗学研究会代表
文学博士 田野 登 先生

あつかましいボクでありながら
いつもの自分の紹介は恥ずかしい。

そもそも、この題「正月の都市民俗」の
ゆきさつを書きます。
一昨年、歳末に
浦江塾顧問?(浦江塾に組織はありませんが)の
長山雅一先生から急遽、
「新いちょう大学校でお正月の話をやってくれへんか」との
ことばをいただきました。
「船場の話は近江晴子先生に頼んだあるから…」ということで、
それなら副題に「商人による演出」ということならと
引き受けた次第です。

なんのこともありません。
拙著2007年『水都大阪の民俗誌』和泉書院の
《30 現代都市の歳時習俗
―暮らしを演出する商人たち》から
正月だけを抜いてきて
PowerPoint版にして連続講座の一回分として
話したものです。
いくら、やっつけ仕事でも
2000年以前の調査データに基づいての
お話では失礼かと思い、
自宅や実家周辺の正月の飾り付けなどを
付け加えました。

伝統がいかに商品化されて出回っていることでしょう。
注連縄、鏡餅、七草粥などいかがでしょうか?
変わっていないようで変化しています。

今回の浦江塾での話も
実は福島区歴史研究会の重鎮の方に
お願いをしたのですが、
あまりに急なこととて承諾を得られず、
ボクは代役です。
タイトルに「大阪北区福島界隈版」とあり
ハガキには「大阪、特に北区、福島界隈では
かつてどのような行事が行われていたのか」とありますが、
そんな事情で十日戎や小正月に
福島区に帰って来て駆けずり回った次第で
この地域の「かつてどのような行事」など
福島区歴史研究会の皆さんの方がよくご存じですので
話せません。

ただ、「暮らしを演出する商人たち」には
神農商工会の方の話を入れてます。
実家のお向かいさんで、
かつて聞き書きをしたデータがありますよってに。
露天商の歳時習俗は、都市民俗の原点を考えさせます。

まぁ、気楽に聞きに来てくださいませ。
お話をします2月4日は立春で、
暦の上ではこの日から春です。
宵のことですから
お風邪など召されませんように。

究会代表  田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。