晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

前回は足代の「伝承」を
言説として捉えました。
今、改めて深江を訪ねた時の
資料を整理してみて
「伝承」が言葉だけではないぞゾと
知らされました。


昨日3月28日、深江に入った際、
目に止まった看板がこれです。
場所は深江稲荷神社へは北にまっすぐの
絶好の所です。
写真図1 看板



「ようこそ菅笠の里へ
 深江 お伊勢参りへ旅立ちのまち」と。
これだけ見れば
どこにもある看板です。

掲示板の広報紙に目をやりました。
写真図2 掲示板の広報紙



大阪市交通局発行のものです。
「深江菅細工保存会」のことが書かれてました。

改めて平成20(2008)年に
「暗越奈良街道(二軒茶屋~深江)を歩く会
  -深江菅笠の工房を訪ねて-」のガイドとして
訪ねた時のことを思い起こしました。
この地の伝承は
口先だけのものではありませんでした。


あの時はたしか、
まだ「深江郷土資料館」は
建ってませんでした。
写真図3 深江郷土資料館



工房では
菅を材料にした工芸品を
町内の女性たちによって拵えてもらいました。
彼女たちは菅笠だけでなく
菅細工の技術を伝承しているのでした。


平成20(2008)年当時なかった
「暗越奈良街道」の顕彰碑と銘板を
この際、訪ねることにしました。
その銘板には『摂津名所図会』の挿絵があります。
神社を下向して
現地に向かいました。

このあたりは旧街道と産業道路が
絡むようにして東西に伸びています。

顕彰碑と銘板のある場所は
「笠縫島」伝承地である深江稲荷神社の
250メートルばかり南西、
産業道路の歩道、
野崎病院の前です。
写真図4 「暗越奈良街道」の銘板



顕彰碑には
「平成二十五年十月 大阪市」と刻まれています。
つい二年半前の建立です。

写真図5 『摂津名所図会』の挿絵



深江の菅笠を商う店で賑わう
暗越奈良街道が描かれています。
このような顕彰碑を建立することもまた
伝承の方法の一つです。

写真撮影を終えて引き揚げようとしました。

ちょうど、よい具合に
暗越奈良街道と産業道路の
分岐点が見えます。
写真図6 暗越奈良街道と産業道路の分岐点



この日は、
現地で思い出した技術伝承を
早く確かめたくて足早に、

右手(南側)の坂道・暗越奈良街道を

前方東に急ぎました。
仕事場であるマンションに引き揚げました。


究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、
「笠縫島」ではなく
深江菅笠というモノをめぐっての
今日の伝承を取り上げます。


深江菅笠は
ボクの住む東大阪市(旧河内国)では
「網代(足代)笠」と云うようです。

写真図1 「足代と菅笠」のモニュメント




昨日3月28日(月)は、
2008年5月10日に実施した
*「暗越奈良街道(二軒茶屋~深江)を歩く会
  -深江菅笠の工房を訪ねて-」を
逆にたどることをしました。
 *「暗越・・・を訪ねて-」:
      「大塩の乱 資料館」最新更新 2015.3.28
   
http://www.cwo.zaq.ne.jp/oshio-revolt-m/event3.htm


当日の行動計画には以下の記述があります。
●深江菅笠の工房に立ち寄り、
 『摂津名所図会』にある深江新家・足代新家
 (摂津と河内の国境)を経て、
 近鉄布施駅前、菅笠モニュメントで解散します。


昨日はヴェル・ノール布施5階のリージョンセンターの
郷土史展示を覗いてきました。
写真図2 リージョンセンターの郷土史展示



『摂津名所図会』の深江の菅笠を商う
奈良街道の賑わいを描いた挿絵が展示されています。
ヴェル・ノール布施を出て
布施駅前広場の菅笠モニュメントを見てきました。

写真図3 近鉄布施駅前、菅笠モニュメント




このモニュメントに建立年月日は刻まれていませんが、
*昭和60(1985)年、東大阪市が施主となり
布施駅前広場整備工事の際、
前田環境美術株式会社によって
建立されたと考えられます。
 *昭和60(1985)年・・・前田環境美術株式会社:
 
www.e-maeda.co.jp/jisseki/kenbetsu/osaka/


そのモニュメントの解説文「足代と菅笠」には
次の記述があります。
●この地の名称の由来は、
 魚を獲る網代が足代に変化したという説と、
 当時盛んに作られていた網代(足代)笠と呼ぶ
 菅笠によるという説とがあります。


地名由来に「網代(足代)笠」を挙げております。
この段でゆけば
特産品といったモノから地名が生じたことになります。
それは、牽強付会でしょう。


「菅笠」を記述するの

「深江」を抜きにしては語れません。
●*この時代、
 足代から深江一帯で作られた笠などの
 菅製品が特産物として知られました。
 深江や足代地域は奈良街道に面し、
 伊勢参りをする旅人たちに
 この菅笠は大変重宝がられました。
     *この時代:江戸時代


足代から深江一帯」、
「深江や足代地域」とありますように
「深江」を記述するのに「足代」を並置しています。


東大阪市が語る「菅笠」には
「深江菅笠」といった
言葉が見られません。
それはそうでしょう。
「網代(足代)笠と呼ぶ菅笠」を
特産品として
町おこしの伝承の
一つとして挙げているのですから。


ボクは伝承を言説として

位置づけています。

伝承にもバイアス、

発信者による偏りは

それぞれにあるものです。


次回は、深江にもどって
「菅笠」をめぐる伝承を見つめ直します。


究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

放出街道を
産業道路まで出て
その先が「ブランドーリふせ」だと確認してから
懸案の深江稲荷神社を訪ねることにしました。


右手(西)の先にお社が見えます。
見やりますと
「ここは摂津の国 深江村」の札が
民家の軒先に掛けられています。

お社には「深江菅笠ゆかりの地」の
顕彰碑が建っています。
写真図1 顕彰碑が建つ深江稲荷神社



 

このあたりでは
街道筋とお社との間の勾配はどうなのでしょう。
深江稲荷神社鳥居前から
南東方向を向きました。
写真図2 鳥居前から南東方向



わずかな勾配があって
鳥居の立つ場所が高いようです。
となれば、街道方向の東は低いのです。


『大成』「笠縫島古趾」の記事に
次の記述がありました。

●・・・又里人の云
 当村ハ他に越て
 地形高く
 四面ハ何れも地低し
 井など穿バ葦根貝殻など出といへり


神社の場所は地形「島」です。
周囲は低湿地です。
神社の北には「深江郷土資料館」の
真新しい施設が見えます。
その手前、神社の北縁には
小さな田圃が設えられています。
写真図3 深江郷土資料館敷地内の小さな田圃



家の表で研磨作業をされている方に訊ねました。
やっぱり「菅田」でした。
四囲の低湿地の「菅田」を復元したものです。


この「笠縫島」の大きさは
思わぬことで知ることになりました。
ともかく島の西端を知りたくなって
郷土資料館を北に行き
屋敷の角を左(西)に曲がりました。
たしかに屋敷に沿った道を先に行くと
西に傾いているようです。

わずかな坂を下りきった所にまた
大きな屋敷があります。

この地に相応しい
素晴らしい景観です。
屋敷の方から今通った
東を眺めシャッターを切りました。

写真図4 坂を下りきった所の屋敷から東の眺め



その最中に
小学生ぐらいの女児二人が現れました。
被写体になると

誤解を招きます。


その子たちは、なんと

スケートボードで
半途から坂を下り始めたのです。
ボクの目視は間違っていませんでした。


今、この道の距離を
Google マップで測定しましたところ、
200メートルでした。

この日は笠縫島の東西の幅を知った喜びで
引き揚げました。


日とは今日、3月28日ですが、
「深江菅笠」の今日の伝承を確かめるべく
再び歩きました。


これは次回に回しましょう。


究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、3月27日(日)、「飯盛城ちょうけいクラブ」の講演を
聴きに行った帰り、
放出(はなてん)街道を通って
東大阪市長栄寺のマンションまで歩きました。

眼目は深江「笠縫島」探訪です。


JR放出駅を出て南に
井路川に架かる新田橋を渡ります。
写真図1 
新田橋




左手(東)は東大阪市森河内西で
右手(西)は大阪市城東区諏訪です。
左手は河内国、右手は摂津国。
住居表示の色の他、
可視化されない旧国境の街道です。


この放出街道は

「左専道」と言い習わされています。
そこには伝説があります。


菅原道真が筑紫へ左遷する際、
街道の右(西)の諏訪神社に立ち寄られ
座られた腰掛け石が祭られているとの由
城東区役所による案内板に書かれています。

「平成27年3月」と書かれているところをみますと
この伝説もこれから先、

大いに喧伝されることでしょう。


はたして「左専道」という言葉の意味は?
*地名辞典には次の記述があります。
 *地名辞典:

    『角川日本地名大辞典 27大阪府』1978年

●旧大和川左岸の

 自然堤防止《ママ》に位置する。
 集落の東端は

 摂・河国境の剣縄手(中高野街道)に接し、
 諏訪神社が鎮座している。


左専道」とは
「左岸の自然堤防上の道」でしょうか?
左専道をさらに南に歩いてゆくと
やがて気づき出しますが、
この街道を境に
右手(西)の方が緩やかに低くなってゆきます。
「東高西低」になります。
写真図2 放出街道からの城東区諏訪四丁目




昔の大和川は南から北に流れていました。
現在の長瀬川や第二寝屋川は
街道の東を緩やかな曲線を描いて
北東に向けて流れています。
河内国の「森河内」は
旧大和川水系の自然堤防上の
放出を要にして扇形に広がった
わずかな微高地なのでしょうか?


中央大通を過ぎますと
街道の道幅は拡幅されたのか広くなり
道なりの曲線を歩む風情はなくなります。

左手(東)は東大阪市高井田西で
右手(西)は大阪市東成区深江北です。
懸案の深江「笠縫島」は
直ぐ先、深江稲荷神社の鎮座するのは、
深江南です。


この先、前方の右手に
地形「島」を探ることにより
地名「島」を比定する作業にかかります。
そんなに大きな島ではなさそうです。


究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は
地名「島」だけ伝承されている
「笠縫島」について
*『大成』の記述をとりあげました。
 *『大成』:『摂津名所図会大成』
 (『浪速叢書』第七 1927年。巻之三、浪華東部続)

『大成』の成立は
ウィキペディア《摂津名所図会》には
「安政2年以後」とあります。
1855年、幕末期です。
ウィキペディア:最終更新 2015年8月17日 (月) 17:58


以下の『大成』の記事からは
往時、「笠縫島」が地形「島」であったことが明らかとなります。

●当村ハ金城(おしろ)の東にあたりて
 河内国の堺に近し
 此地いにしへハ嶋なりしよし里人の言伝へたり


摂津国と河内国との国境は
今日では大阪市と東大阪市との市の境界として継承されています。

以下、「里人」の伝承によって
地形「島」が記述されます。

●実に此わたりハ往古ハ
 北の方ハ難波堀江につゞき
 東ハ大和川
 南西ハ百済川
 其余も小川多く流れあひて
 広き沼江にて有しと覚ゆ


四方が川に囲まれた場所であることが
記されています。
幕末・安政年間の知識人の知見は
今日の私たちの知見と符合します。


今日、私たちは
梶山彦太郎・市原実による
*『大阪平野のおいたち』

  (青木書店1987年)により
上町丘陵(台地)の東の生駒山西麓の
東高野街道が南北に走る所までの
地名「河内」には、まさに
水辺が広がっていたことを知ることができます。
*『大阪平野のおいたち』:

初出論文1972年「大阪平野の発達史」


*冊子「河内平野のおいたち」には
「河内湾」から「河内潟」へさらに「河内湖」へと
変遷してゆくありさまを
古地理図によって解説しています。
 *冊子:「河内平野のおいたち」

大阪市立自然史博物館1981年


『大成』が記された時代、
このような地形の変遷を
一連の情報として知ろうはずがありません。
ところが、どうでしょう。
『大成』の続きを載せます。


●難波の古図のさまも然見たり
 又里人の云当村ハ他に越て
 地形高く四面ハ何れも地低し
 井など穿バ葦根貝殻など出といへり


『大成』は
「葦根」「貝殻」といった埋蔵物まで挙げて
論証しています。
摂津国東生郡には
たしかに地形「島」が
かつて存在していました。
それが地名伝承から
幕末の知識人は
浮き上がらせたのです。


今、少し『大成』の記述を追って
摂津国東生郡の消えた地形「島」を
追究しようと思います。


究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。