戦車のブログ

戦車のことなど書いてます。
アメンバー・メッセージ、ペタは受け付けていませんので御了承下さい。
ブログの内容・文章・画像を許可無く無断転載を禁じます。
悪質な場合は著作権侵害となりますのでご注意下さい。

NEW !
テーマ:

 

 

北関東旅行の日光東照宮編も今回で最終回。

 

日光東照宮を後にして次に行ったのは「日光東照宮宝物館」へ。

 

 

ここへは二度目だ。

 

 

日光東照宮の四百年記念で新装オープンされた宝物館。

 

雪の日に来た時には見られなかったため、その年の夏にオープンしたばかりの宝物館へ友人と共に来た。

 

今回は一人でじっくりと・・・・。

 

なんかねぇ・・・田舎者って心底嫌だねってしみじみ思わされたよ。

 

静にゆっくり見たかったのにさ・・・、どこの方言なのかなまりの強い団体客のおっさんが終始近所の誰か解らん人の話題を大声で熱く執拗に語っていて雰囲気ぶち壊し。

 

 

「うるさい!」って怒鳴りたくなったよ。

 

そんな話わざわざ日光東照宮へ来て宝物館で熱く語ることか?

 

館内では徳川家康公のアニメも上映していて見に行くとさっきのおっさん達が仲良く熱く近所の誰かの悪口を語っていた。

 

さすがに上映中は静に・・・、いや・・開始3分頃から鼾が・・・。

 

 

このおっさん達鼾まで訛ってうるさかったよ。

 

 

売店で家康公の遺訓を買って出ると腹も減って来た。

 

売店は異常に高いから我慢して周辺を散策する。

 

日光東照宮ってスカイツリーより高い標高なんだね。

 

この標識より高い位置に日光東照宮はあるからね。

 

 

ここに来ることももうないか・・・、感慨深い思いで眺めていたら、ふと気付いたことがある。

 

 

東照宮の上の三つ葉葵の家紋の下に「別格官幣社」とあるようだ。

 

 

1873年(明治6年)に別格官幣社に列せられ、第二次世界大戦後は神社本庁の別表神社となっていたが、昭和60年に神社本庁を離れて単立神社となった歴史があるので・・・。

 

これは別格官幣社時代の名残のようだ。

 

 

てくてくと歩いて日光二荒山神社の方へ向かう。

 

日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。

 

式内社(名神大社)論社、下野国一宮。

 

 

旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

 

 

正式名称は「二荒山神社」であるが、宇都宮市の二荒山神社(宇都宮二荒山神社)との区別のために地名を付して「日光二荒山神社」と称される。古くは「日光三社権現」と称された。

 

 

 

宇都宮市の二荒山神社へも行ったことがあるが日光二荒山神社は初めてだ。

 

絵馬を友人のために求めようととしたが・・・、なにやら縁結びの神様らしく絵馬に大きくハートマークだったので止めた。

 

 

病には効きそうにないかな・・・っておもったから。

 

 

てくてく歩いていたら日光東照宮の地域から大きな道路に出た。

 

 

神橋が見える。

 

歩いて近付くとなかなかの景観だね。

 

 

神橋は一度だけ渡ったことがある。

 

あの日は雪だったな・・・・。

 

日光国立公園の入口となる大谷川の清流に、古くから神聖な橋として架けられたのが神橋です。


 神橋はアーチ形の木造反り橋で、その構造から錦帯橋(山口県)・猿橋(山梨県)と並んで日本三奇橋の一つに数えられています。


 橋の起源は神護3年(767)に日光開山の祖、勝道上人が弟子とともに急流を前にした時に、「深沙大王」が現われ、青と赤の2匹の大蛇を放すと絡み合って橋となり、蛇のうろこに山菅が生え、渡りやすくなったということから「山菅の蛇橋」とか「御橋」とも呼ばれています。


 初期の構造は「乳(ち)の木」と呼ばれる橋げたを両岸の穴に埋め、補強材で支える「はね橋」形式でありましたが、江戸時代になって東照宮が造営されると、寛永13年(1636)に東照宮を始めとする日光山の表玄関にふさわしいように大造替が行われ、石造の橋脚に切石を用いて補強されました。


 この石造橋脚は、天正18年(1590)に京都の三条大橋などで始めて用いられたもので、当時の先端的な土木技術であり、早速神橋に取り入れたものです。


この結果、新しい神橋の形式は一新され、木造反り橋として、ほぼ現在の朱塗りの形式となった。


 昭和19年(1944)に国宝建造物に指定され、昭和25年(1950)には国の重要文化財に指定された。

 

 

腹も減り近くに何かないかと行きますが・・・かけそばでも1000円近くする・・・。

 

なんか高いぞ・・・・。

 

 

古くて雰囲気のある御土産屋さんに入ったらいろんなものがありました。

 

画像の・・・まぁ大きなきのこの道祖神でしょうね。

 

そういうことにしておきましょう。

 

 

湯葉ラーメン1000円以上します。

 

大きな卵焼きみたいなのが湯葉です。

 

もう一生食べることはないかな・・・。

 

 

「板垣死すとも自由は死せず」の名言で知られる政治家、板垣退助の銅像が近くにある。

 

 

戊辰戦争の戦火から日光を守った遺徳を讃え、昭和42年に再建された。

 

今もなお腕を組んで静かに日光山を見守り続けているね。

 

板垣退助の日光でのエピソードを紹介する。

 

 土佐藩迅衝隊を率いて京都に入った板垣は、東山道先鋒総督府参謀を拝命し、一路江戸へ向かって進撃を開始した。

 

板垣は土佐藩兵を率いて江戸を出発すると、壬生(現在の栃木県下都賀郡壬生町)において、大鳥らが日光東照宮のある日光山を本拠として立てこもっているとの情報を得ました。

 

 

日光東照宮と言えば、江戸幕府を樹立した徳川家康の祖廟を祀り、文化財的にも非常に貴重な建築物です。板垣はそのような貴重な建物がこれから戦火によって焼失してしまうことを憂い、鹿沼において、日光の末寺を探させ、そこの僧侶を呼び出して次のように言いました。
 

「日光にはただいま危機が迫っている。敵が日光に立てこもる限り、我々はこれを攻めなければならないが、そうなれば焼討ちにもかけねばなるまい。東照宮を尊敬するのならばいさぎよく撃って出て、今市(現在の栃木県今市市)で勝敗を決すべきではないか。あくまで日光に拠って戦うというのは東照宮(家康公)への不敬にあたるし、建築も兵火からまぬがれない。おぬし、この理を説いて徳川の将を説得せよ」
 

 板垣は大鳥ら旧幕府軍を日光から下山させ、貴重な建築物である東照宮を焼失から防ごうと考えたのです。


 この板垣の言葉に動かされた日光の末寺の僧侶は、日光の本山へと向かい、そして大鳥ら旧幕府軍の将兵達は板垣の発した言葉に動かされ、最終的に日光山を下山することを承諾しました。

 


 旧幕府軍が去り、後に日光東照宮に入った板垣は、兵士達に乱暴狼藉を働くことを厳しく禁止し、自らは旧来の作法にのっとって、神廟に拝礼の儀式を行ないました。その板垣のとった立派な態度は、東照宮の僧侶達を感激させたと伝えられています。

 

日光東照宮が戦火から護られたのは栃木県にとっても日本にとってもかけがえの無いものとなったのは間違いないね。

 

 

行く時は車で輪王寺の駐車場に入ったので表参道から入って駐車場へ戻り帰路についた。

 

外国人観光客がとても多いが、こういう寺社仏閣が宗教ということだけでなく文化遺産としても未来永劫残して行かないといけないね。

 

読者の皆様も日光東照宮へ一度は行ってみては如何でしょうか?

 

修学旅行とかで行った人も個人的にゆっくり眺めるとまた違った感慨に耽ると思いますよ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

日本の戦後は機雷の除去から始まった。

 

日本の周辺海域は米軍の敷設した機雷だらけだったのだ。

 

日本はそこから始まった。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 四方を海に囲まれた日本にとって、航海の安全は極めて重要だ。

 

 

有事といえば北朝鮮の弾道ミサイルが真っ先に思い浮かぶが、船舶や潜水艦を破壊する機雷の脅威も無視できない。

 

海上自衛隊は世界でも有数の機雷掃海能力を持ち、艦艇をはじめとした装備も充実しているが、中でも実際に機雷を爆破する上で欠かせないのが、水中航走式機雷掃討具「S10」や機雷処分具「S7」といった水中無人機だ。

 

 

 艦艇や潜水艦にとって大きな脅威である機雷には、直接触れて爆発するタイプだけでなく、付近を通過する艦艇や潜水艦を磁気や音響、水圧の変化などで感知して爆発するといった、さまざまなタイプがある。

 

 

さらに近年は、探知しにくい“ステルス機雷”も増えているという。

 

 

 海自が運用している水中無人機のうち、S7はうわじま型掃海艇とやえやま型掃海艦に、より新しいS10はひらしま型掃海艇とえのしま型掃海艇に搭載されている。

 

 

作業の流れとしては、いずれも船のソナーで機雷の存在を探知した後に発進し、機雷のそばに爆雷を仕掛けてから帰投。

 

 

S7やS10を回収後に現場を離れ、信号を送信して爆雷を爆発させて処分する。

 

 

 以前は隊員が潜って機雷に接近し、爆雷を仕掛けていたが、爆発の危険があることに加え、潜水病にかかる恐れもあった。

 

 

海自関係者は「水中無人機の登場によって、隊員にかかる負担は大幅に軽減された」と話す。

 

 

 いずれの機体も機雷に感知されにくい素材を使っており、特にS10は繊維強化プラスチック(FRP)に覆われた上に、エンジン音も静かなのが特徴だ。

 

 

水中を航行中も、電力の供給や信号による指令などは船上とつながったケーブルを通じて行われる。

 

 

 潜航速度は4~5ノットほどで、海中でも潮流に逆らって進めるだけの馬力はある。

 

操縦は船上で行い、搭載カメラの画像を見ながら機雷に接近して爆雷を設置する。

 

 

 日本の掃海能力は世界有数のレベルを誇り、湾岸戦争後の平成3年には中東・ペルシャ湾に掃海部隊が派遣された。安全保障関連法で新たに設けられた集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」でもペルシャ湾の入り口にあたるホルムズ海峡での掃海活動が想定されている。

 

 

 掃海能力が高い背景には、第2次世界大戦中に米軍が日本の周辺海域に敷設した無数の機雷を取り除くため、戦後長きにわたって続けられた掃海活動の蓄積がある。

 

 

現在でもほぼ毎年、東京都の硫黄島で機雷の処分訓練を行うなどして練度の向上に努めている。

 

 

 現代でも機雷が用いられる背景にあるのは、機雷が持つ「戦略兵器としての特性」(海自関係者)だ。

 

 

 例えば有事の際、実際には機雷を敷設していないのに相手国が「東京湾に敷設した」などと宣言したら、機雷が存在しないことを証明するまで探し続けねばならない。

 

 

また、機雷の射程は数百メートルに及ぶとされ、公海の特定海域に1個でも敷設されれば、航行の安全を確保するために広大なエリアを捜索しなければならない。

 

加えて機雷は安価なので、北朝鮮のような貧しい国でも容易にそろえることができる。

 

 

 それだけに機雷掃海の重要性は依然として大きく、海自関係者は「水中無人機の出番はこれからも続くことだろう」と話す。(政治部 小野晋史)

 

 

(産経ニュース)

 

こういう技術というのは表舞台には出て来ないが、他国の脅威となり得るかもね。

 

機雷の敷設は敵の侵入を防ぐこともできるが、自国を護っているようで実は世界から隔離されてしまうということでもある。

 

北朝鮮が機雷の敷設をしたら海からの侵入を防ぎ陸路と空路しかなくなるが・・・もう既に世界から孤立化してるけどね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

なんか世界中どんどんきな臭くなっている。

 

イギリスとロシアもやばいというし・・・。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 

 米空軍グローバルストライク司令部は26日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)ミニットマン3の発射実験を行った。

 

司令部は声明で「ミニットマン3の正確性と信頼性が検証できた」とし、成功だったと説明した。

 

 

 司令部によると、西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から26日未明に発射、太平洋・マーシャル諸島方面に約6800キロ飛行した。

 

 

 米軍が原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島方向に向かわせている時期の実験には、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に圧力をかける狙いもありそうだ。(共同)

 

 

 

北朝鮮はこの発射実験をどういう思いで見ているんだろうね。

 

残念なのはアメリカ国民が実験成功で「マンセー」って騒ぐシーンが無いことかな( ´艸`)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

北関東の旅は日光東照宮の陽明門を抜けて祈祷殿へ。

 

唐門も凄いよね。

 

「唐門 とは屋根に唐破風(からはふ)を持つ門のことです。

 

唐破風は屋根の中央が山のように高く、左右が裾のようになだらかになっていくことで、唐門 は寺院に多くみられる門です。

 

唐門 は誰でも、使える門ではありません。

 

江戸時代は「御目見え」以上の幕臣や大名だけが使うことができました。

 


今でも、 唐門 はお正月や大祭などの祭典の時に国賓に相当する参拝者だけ使うことができます。

 


一般の人は 唐門 ではなくて、祈祷殿のそばの別の入口から入ります。

 

私もそこから靴を脱いで入りました。

 

 

唐門 は霊獣に24時間体制で守られています。

 


唐門 の向こう側には東照宮の中でも重要な本殿の建物があり、その奥には神君家康公のお墓である宝塔があります。

 

 

ですから、 唐門 は東照宮の入口の中でも最も重要な門である。

 

 

そこで、「霊獣ワンダーランド」の東照宮ではえり抜きの霊獣を24時間体制、東西南北4方向すべてに配備して、 唐門 の万全の守りを固めています。

 

祈祷殿の中は撮影禁止。

 

画像はありません。

 

 

金の階段を登り御参りします。

 

前回来た時は大雪だった。

 

見える雰囲気も全く違います。

 

あの時は足が冷たかったな・・・・。

 

 

祈祷殿で御参りを済ませると「眠り猫」との再会です。

 

 

ここでもテレビ局の取材でするし足止めされてしまいました。

 

「眠り猫」は、日光東照宮の回廊にある建築装飾彫刻作品として世界的に有名。

 

 

伝説的な彫刻職人左甚五郎の作品と伝承されている。

 

 

日光東照宮の建物には、多様な動物の木彫がみられることが多い。

 

 

これらの動物のほとんどは平和を象徴している。

 

 

眠り猫は踏ん張っていることから、徳川家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているが、もう一つの教えとして、裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表しているのである。

 

 

2016年11月28日、約60年ぶりに修復されたものが再び取り付けられた。

 

ここで「眠り猫」の日本昔話を紹介します。

 

昔、左甚五郎という人がいて、旅をしていたところ夜に山で迷ってしまった。

 

山奥だったために人家は見受けられなかったが、歩いているうちに薄明かりのついた一軒の家を見つけた。

 

 

軒先にでも泊めてもらおうと思いその家を訪ねると、家の中から老婆が出てきて快く家に入れてくれた。

 

 

そうして甚五郎は自身の彫り物を見せたところあまりにも立派だったため、日光に行き東照宮の建築に携わるよう勧められ、参加した。

 

 

そうして彫った猫はあまりにも立派だったために夜な夜な抜け出しては悪さをしたため、眼を塞ぎ眠り猫にしたという。

 

 

 

眠り猫の彫像は小さくて気が付かないで通り過ぎる人もいるかもね。

 

眠り猫の門を通過するといよいよ神君家康公の奥社宝塔へ。

 

奥社宝塔とはお墓ですね。

 

 

前回来た時は大雪でこの階段を登るのも滑って命懸けでした。

 

今回もこの階段を登ります。

 

しばし階段を眺めていたら、後ろからおばちゃんが私に声をかけてきました。

 

「この上に何があるの?」と、家康公のお墓ですよと答えたら、しばし階段を眺め回れ右をして引き返しました。

 

 

 

奥社宝塔は、元和8年(1622年)に木造で創建されましたが、寛永18年(1641年)に石造に改められ、 さらに地震により倒壊した後は天和3年(1683年)に現在の鋳銅製に改められたものです。

 

建立以来一度も開かれていない宝塔には家康の神柩が納められています。

 

宝塔 は8角形の形をしています。

 


陰陽道では「陰陽」は「気」で万物を生み出す2大要素をみなされ、陰陽の2元は四象(ししょう)となり、さらには森羅万象(しんらばんしょう)という宇宙に存在するあらゆるものを構成する「八つの気」の状態つまり、「八卦」という思想が生まれました。

 


東照宮がすべて「陰陽道」の影響をうけて作られているので、 宝塔 も八角形をしているのだそうです。

 

 

お墓に手を合わせ、売店へ寄るとこの売店でしか売っていないという「眠り猫」の絵馬を購入しました。

 

友人が絵馬を集めているのでね。

 

 

再び階段を降り、陽明門を潜り抜けると物凄い数の観光客が・・・・。

 

 

さっきまでの静寂が様々な地域の言語が飛び交ってましたね。

 

 

鳴き龍の薬師堂へ、上の画像は陽明門の中の天井の龍です。

 

 

鳴き龍のお堂も撮影禁止でしたからね。

 

 

薬師堂は日光東照宮内にあるのですが、神仏分離令によって、輪王寺と日光東照宮が切り離されてしまい、輪王寺の管轄になってしまったため寺院となっています。

 

 

龍の顔の下で拍子を打つとカーンと音が鳴ったあと音が共鳴し、鈴を転がしているような龍の鳴き声に聞こえるためそう呼ばれているそうです。

 

 

拍子を鳴らす場所、顔から離れた場所によっては音が共鳴しなく、全く鳴かない場合もあります。

 

 

別名、「鈴鳴龍」とも呼ばれています。

 

前回来た大雪の時はかなり龍の鳴き声が響いていました。

 

 

寒いとよく聞えるそうです。

 

ここでも鳴き龍の絵馬を購入しました。

 

 

 

それにしても陽明門は美しいね・・・。

 

 

見ていて飽きなかった。

 

 

神々しいまでに光り輝く陽明門をしばし眺めて三猿近くの売店へ。

 

 

ここで絵馬をと思ったが、来た時は静かだった売店も修学旅行生の大軍でなかなか買い物もできなくなっていた。

 

 

それでも三猿の絵馬を購入し日光東照宮を後にした。

 

 

後に友人にお土産として絵馬を渡して解ったのは、通常の神社の絵馬は500円くらいで売っているのだが、日光東照宮の絵馬は割高であった。

 

 

でもね、他の神社の絵馬とは板の厚さからして全然違うのですよ。

 

きっと友人の病を少しでも癒してくれるでしょう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

航空自衛隊と米海軍の空母艦載機との訓練とはあまり聞いたことがないね。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 航空自衛隊は26日、那覇基地所属のF15戦闘機2機と米海軍の原子力空母カール・ビンソンが艦載しているF18戦闘攻撃機2機が、沖縄本島東方の太平洋上空で共同訓練を行うと発表した。

 

 

付近の海上ではカール・ビンソンを中心とした空母打撃群と海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」「あしがら」の2隻も訓練中で、日米が空と海の合同で共同訓練を行うのは異例。

 

 

日米の強固な連携を示し、挑発を続ける北朝鮮を牽制するねらいがある。

 

 

 空自によると、日米で編隊飛行をしながらフォーメーションを確認するほか通信訓練も行う。

 

 

空自関係者は「米空軍とは何度も訓練をしているが、米海軍との訓練は珍しい」と話す。

 

 

 一方、海自とカール・ビンソンなどとの共同訓練は23日に西太平洋で始まったが、朝鮮半島付近に向けた北上のペースは遅く、依然として鹿児島県の南方にとどまっているとみられる。

 

 

(産経ニュース)

 

有り得ないけどF-15戦闘機が空母に着艦できたら・・・・、無理か・・・。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上の火砲の射撃の写真と下の火砲が並んだ砲列の写真を見て、射撃している火砲少なくない?

 

それと火砲の砲種が違うよね?

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を祝う過去最大規模の軍による攻撃演習が同国東部で行われ、金正恩朝鮮労働党委員長が視察したと報じた。

 

 

米韓合同軍事訓練に対抗するとともに、北朝鮮への軍事的圧力を強めるトランプ米政権をけん制する狙いがあるとみられる。

 

 

 同通信は実施日を明示していないが、韓国軍は25日、北朝鮮が東部元山で同日、過去最大規模の砲撃訓練を実施したと明らかにしていた。

 

 

攻撃演習は海軍と空軍、前線の砲兵戦力が合同で実施。

 

 

潜水艦による魚雷攻撃や戦闘機による爆撃が行われた後、海岸に数キロにわたり並んだ300門余りの自走砲が仮想の敵陣に向けて一斉に砲撃した。(平壌共同)

 

 

なんか大量の火砲を並べてる写真合成ぽいよね。

 

こんなに至近距離で撃つかね・・・・。

 

一番上の写真は小さい火砲も含めて射撃しているから解るんだけれど・・・。

 

北朝鮮、黄海に撃たないのは支那を恐れて日本海に撃ったんだろう。

 

金ちゃん百発百中の射撃だと自慢気だったようだね。

 

でもさ・・・百発撃つだけの弾の備蓄あるのかな・・・。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

最新鋭の空母もスキージャンプ式の甲板なんだね。

 

遼寧は練習空母だったそうだけれど、これは実戦配備ってことだね。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 

 【北京=西見由章】中国が遼寧省大連で建造していた初の国産空母が26日午前、進水した。国営新華社通信が報じた。

 

今後、試験航行などを経て2020年までの就役を目指す。

 

中国が初めて作戦に使用する空母となる。

 

 

 進水した空母は、中国初の空母「遼寧」の前身である旧ソ連の未完成空母「ワリヤーグ」を基に設計された。

 

 

通常動力型でカタパルト(射出機)は備えておらず、船首部分に艦載機が発艦するためのスキージャンプ式の甲板が設置されている。

 

 

 練習艦として位置付けられる遼寧と比べ、速力や収用できる艦載機の数などが改善されたもようだ。

 

 

 同通信によると、この日午前9時ごろから建造ドッグ付近で進水式が開かれ、人民解放軍制服組トップの范長竜・中央軍事委員会副主席があいさつ。

 

空母は曳航(えいこう)されてドックを出た後、埠頭(ふとう)に接岸した。

 

 

 空母は2013年11月に着工。動力や電力などの主要システムはすでに完成しているという。

 

 

(産経ニュース)

 

 

どれだけこの空母の運用が日本にとって影響があるのか、そして東アジアの海洋覇権にどれだけ影響が出てくるのか注視する必要はあるね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

日米のイージス艦で共同訓練も行われている。

 

こういう訓練こそ大事だね。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 防衛省海上幕僚監部は25日、海自の護衛艦ちょうかいと、米海軍の駆逐艦フィッツジェラルドが同日、日本海で共同訓練を行ったことを明らかにした。

 

ともに弾道ミサイル対処能力を持つイージス艦で、レーダーで捉えた目標情報を交換し、共有する訓練などを実施した。

 

 

 

 日米の艦艇が日本海で共同訓練を実施した事実が公表されることは珍しく、弾道ミサイルへの共同対処能力を示すことで、北朝鮮を牽制(けんせい)する狙いがある。

 

 

 日米はこれに先立ち、フィリピン海でも原子力空母カール・ビンソンと護衛艦あしがら、さみだれなどによる共同訓練を実施している。

 

 

(産経ニュース)

 

自衛隊は軍隊ではない。

 

 

やれることは定められたことだけだ。

 

それ以上の能力があっても行使するには幾つものハードルがある。

 

それを補って貰うのは政治力であり米軍である。

 

だから日米共同訓練は必要不可欠となってくる。

 

せめて交戦規定でもあれば・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北関東の旅は茨城県から帰り、友人を休ませて一人で観光地を周る予定でいたが、帰宅し友人の容態が悪くなり翌日友人のかかりつけの病院へ行くことになった。

 

雨が激しく降る中、一日中病院へ。

 

私のかかりつけの札幌の病院より立派で医者の対応も良かった。

 

やはり病院が違うと雰囲気もシステムもかなり違うな・・・。

 

処方箋なんて栃木の病院の方が待たなくて凄くいい。

 

予定より一日遅れ友人は自宅でゆっくり休養し私は一人栃木県の観光名所へ行くことになった。

 

 

栃木県の名所と言えばガッツ石松の墓・・・生きてるけどね。

 

でも前回行ったので今回で4度目になる日光東照宮へ行くことにした。

 

 

日光東照宮と言えば「三猿」とか有名ですが、今回4度目にして初めて見るのが・・・・

 

 

陽明門です!!

 

改修工事を終えたばかりでピカピカです。

 

朝早くに行ったので人も少なく最高でした。

 

テレビ局の取材が邪魔でしたけどね。

 

 

日光東照宮の陽明門は、建物全体がおびただしい数の極彩色の彫刻で覆われ、一日じゅう見ていても飽きないということから、「日暮御門」と称されている。

 

 

門の名は平安京大内裏外郭十二門のうちの陽明門に由来する。

 

 

陽明門は、表門から参道を進み、石段を2つ上った先に南面して建つ。

 

門の左右は袖塀を介して東西廻廊につながる。

 

 

門を入ると正面が唐門で、その先には拝殿がある。

 

 

陽明門は他の社殿と同様、寛永13年(1636年)の造替である。

 

 

建築形式は三間一戸楼門で、規模は桁行(間口)が約7メートル、梁間(奥行)が約4メートル、棟までの高さが約11メートルである。

 

 

屋根は入母屋造、銅瓦葺きで東西南北の各面に唐破風を付す。

 

正面唐破風下には後水尾天皇宸筆の「東照大権現」の勅額がある。

 

組物は上層が三手先(みてさき)、腰組は四手先で、柱上のみでなく、柱間にも密に組物を置く詰組とする。

 

軒は二軒繁垂木(ふたのきしげだるき)で扇垂木とする。

 

初層の柱は円柱で、礎盤削り出しの礎石上に立つ。

 

 

初層の柱間は地覆、腰貫、飛貫(ひぬき)、頭貫で固め、頭貫上に台輪(だいわ)を乗せる。

 

 

礎盤形の礎石、貫の多用、台輪の使用、詰組、扇垂木など、細部は禅宗様を基調とする。

 

 

柱、貫などの軸部材は胡粉塗で白く仕上げ、要所に鍍金金具を嵌める。

 

初層柱には地紋彫を施す。

 

 

地紋彫は屈輪文(ぐりもん)の地の上に丸文を散らし、丸文の中には鳳凰、孔雀、二つ蝶、竜、象、虎、牡丹などを表す。

 

 

12本の柱のうち1本(背面西から2本目)のみは屈輪文が上下逆さになっており、「魔除けの逆柱」と称されている。

 

 

また、建物を全て完璧に完成させるといずれ崩壊するという言い伝えから、一箇所だけわざと完璧にせず、崩壊を防ぐという意味もある。

 

見分け方として、柱の模様の渦巻きが「魔除けの逆柱」のみ反対の渦巻きになっている。

 

 

修理は、塗料のはがれなどが目立ってきたことから2013年に始まった。

 

 

大規模修理は約40年ぶりで総工費は約12億円。

 

 

当初6年とされた工期を、観光への影響を考慮して4年に短縮した。

 

 

建設当時の姿を残すため、漆はすべて国産を使うなど、古来の工法で行われた。

 

 

大規模修理が終わったばかりで神々しいしらい光り輝いていた。

 

これは見に行く価値はあるね。

 

前回陽明門を見た時は雪の降る中で、工事中だったからね。

 

多分、日光東照宮へ来られるのも今回が最後だろう。

 

陽明門を見られて本当に良かった。

 

 

友人にも見せてあげたかったけれど、こういう所ってバリアフリーじゃないからね。

 

陽明門の美しさは私の心にも焼きついたよ。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

北朝鮮有事になるのか注目されるが・・・。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85年の記念日を迎えた。日米韓は、北朝鮮が記念日に合わせて6回目の核実験や弾道ミサイル発射実験に踏み切る恐れもあるとみて警戒を強化している。

 

 

 25日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は1面に掲載した社説で「核兵器と先端装備を備えた人民軍の攻撃力には限界がない」と強調。

 

「米国とかいらい(韓国)が無謀な先制攻撃妄動を続けるなら、事前通告なしに懲罰の先制攻撃を加えるだろう」と威嚇した。

 


 平壌市内では25日、チマ・チョゴリ姿の女性らが通りを行き交い、中心部の「万寿台の丘」に立つ金主席と故金正日総書記の銅像の前に早朝から軍人や市民らが献花に並んだ。(共同)

 

 

戦争になるのかな・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。