戦車のブログ

戦車のことなど書いてます。
アメンバー・メッセージ、ペタは受け付けていませんので御了承下さい。
ブログの内容・文章・画像を許可無く無断転載を禁じます。
悪質な場合は著作権侵害となりますのでご注意下さい。

NEW !
テーマ:

旅行5日目は長野市で迎えた。

 

この日はいろいろ予定があってスケジュールも詰まっている。

 

長野と言えば善光寺だ。

 

 

善光寺の本堂は国宝だ。

 

現本堂は宝永4年(1707年)の再建。

 

高さ約27メートル、間口約24メートル、奥行約53メートルで、国宝に指定されている木造建築の中で3番目に大きいといわれている。

 

檜の樹皮を用いて施工する檜皮葺(ひわだぶき)、撞木造りの屋根が特徴である。善光寺本堂は1953年(昭和28年)3月、国宝に指定された。

 

「牛に引かれて善光寺参り」という言葉がある。

 

意味は、思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。

 

また、他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることのたとえ。

 

昔、長野の善光寺近くに住んでいた不信人で欲深い老婆が、さらしていた布を隣の家の牛が角に引っかけて走り出したのを見て、その牛を追っていくうちに善光寺にたどり着き、それがきっかけで度々善光寺に参詣するようになり、信仰の道に入ったという言い伝えからきている。

 

「一生に一度は善光寺参り」というくらい有名なお寺だが、最近はなんかすけべ坊主のニュースで有名になっていたね。

 

善光寺は古来より女性の信仰の対象でもあったのにね・・・。

 

 

善光寺は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。

 

 

日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺聖の勧進や出開帳などによって、江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになった。

 

 

 

山号は「定額山」で、山内にある天台宗の「大勧進」と25院、浄土宗の「大本願」と14坊によって護持・運営されている。「大勧進」の住職は「貫主」(かんす)と呼ばれ、天台宗の名刹から推挙された僧侶が務めている。

 

 

「大本願」は、大寺院としては珍しい尼寺である。

 

 

住職は「善光寺上人」(しょうにん)と呼ばれ、門跡寺院ではないが代々公家出身者から住職を迎えている。

 

 

 

友人は御土産を買うのに早速お買い物である。

 

友人のテーマは買い食いとか買い物らしい。

 

 

門前町での買い物や買い食いがしたいと言っていたからね。

 

 

まだ朝早く、門前町もぼちぼち開店していたくらいの時間帯であった。

 

車椅子を押しながらゆっくりゆっくり見て周る。

 

お互い善光寺参りするのはこれが最後だろう。

 

善光寺の由来は本田善光であり、本田善光が善光寺如来を信濃国に持ってきたとされているが、扶桑略記では或記(引用した)として、「秦巨勢大夫」とあり、伊呂波字類抄では「信濃国人若麻續東人」と相違がある。

 

 

また、『四天王寺秘訣』には光坐寺や本善寺、『古今目録抄(太子伝)』には阿弥陀院、百済寺と多くある。

 

 

また、天武天皇時に日本全国で造られた郡寺(郡家隣接寺院、水内郡は金刺舎人)の1つという指摘がある。

 

 

天平勝宝8年(756年)唐の玄宗皇帝は楊貴妃の菩提を弔うため日本に使節を送り、信濃の善光寺に自筆の大般若経を奉納させたという伝承が残る。

 

 

鎌倉幕府の崩壊後は新政権側と反対勢力に地元豪族達が中先代の乱、観応の擾乱などの戦乱において、南北朝に二分して対立し、大塔合戦では地元豪族が結束して守護を追い出し、漆田原の戦いでは守護家が後継を争うなどの争いが続く戦乱に善光寺も巻き込まれる。

 

特に戦国時代の、善光寺平は信濃侵攻を行う甲斐国の武田晴信(信玄)と北信国衆を庇護する越後国の上杉謙信の争いの舞台となり、寺は兵火を被り荒廃した。

 

この後、善光寺仏は寺地を地方に流転することになるが、行く先については諸説ある。

 

通説では、善光寺の焼失を懸念した信玄により本尊は善光寺別当の栗田氏と共に武田氏居館のある甲府へ移され、この時に建てられたのが今日の甲府市にある甲斐善光寺であるという。

 

 

別の説では、善光寺を保護したのは上杉謙信であり、本尊や仏具は高梨氏によって越後国の十念寺(浜善光寺)に移された後、国替えによって現在は法音寺 (米沢市)と熊野神社 (南陽市)にあるとされる。

 

 

本尊は武田氏が織田信長に滅ぼされると、その嫡男・織田信忠によって伊奈波(善光寺 (岐阜市))へ、本能寺の変の後には織田信雄により尾張国甚目寺へ、譲り受けた徳川家康の手で遠江国鴨江寺、後に甲斐善光寺へと転々とし、1597年(慶長2年)には豊臣秀吉の命令で甲斐から京都の方広寺へと移されたが、1598年(慶長3年)に秀吉の病は本尊の祟りであるという噂から、死の前日に信濃へ帰された。

 

 

この間大本願の鏡空(智淨)や智誓(誓観)、智慶という三代の尼上人らが本尊に付き従って移動したとされ、大勧進の僧集団は残って本尊不在の荒れ果てた寺地を守っていたとされる。

 

 

江戸時代には、「お伊勢参り」の帰りに「善光寺参り」を行う場合もあった。

 

 

友人の車椅子を押しながらいろいろ見ていたが、ある土産物屋に「孫の手」が売っていた。

 

 

200円と安価であったことから買ったが、私の分まで買ってくれた。

 

今かなり重宝している。

 

ぼちぼち店も開いてきた。

 

朝食もとっていないので買い食いでもしながら行こうということになった。

 

友人の事前りリサーチで「おやき」を食べたいという。

 

「おやき」は北海道にもあるが・・・・・。

 

 

北海道のおやきとはなんか違う。

 

中身も・・・・。

 

「なす?」

 

さっそく注文する。

 

出来合いのおやきを出して来た。

 

 

「なんだ・・・・」と思ったが早合点であった。

 

 

鉄板におやきを置き焼き始めた。

 

 

 

あっつあっつだ。

 

マジ熱い。

 

 

しかも想像していたおやきとは根本的に違う。

 

なすが中に入ってる美味しいよ。

 

これは初めて食べた。

 

 

他にもいろいろ買い食いしたが、黒バニラとか豆腐ミルクとかのソフトクリームも食べる。

 

豆腐ミルク・・・失敗した。

 

黒バニラの方が味が濃くて美味しかったよ。

 

だんだん活気も出て来た。

 

「みそフェスタ」とかいろいろ催し物も多く人出も増えた。

 

 

地元の高校生達による書道のパフォーマンスもあったり。

 

「一生に一度は善光寺参り」もこれで終わり。

 

 

次の目的地へ向かうのであった。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

最近の日本って言葉狩りが本当に多いね。

 

「禁止用語」の基準って何?

 

支那という表現で私は「中国」を呼んでいる。

 

支那が差別用語なら「支那そば」もそうなのか?

 

南シナ海、東シナ海の「支那」は差別用じゃなくなる?

 

日本のマスコミって変なことに御執心なんだよね。

 

言葉を狩ったり、失くすのは昔から支那の王朝が変る度にやってきたことだ。

 

元東京大学史料編纂所教授の酒井信彦氏が渇を入れる。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

10月18日に開かれた新聞大会(同19日付で産経、朝日、毎日、読売、東京、日経など各紙が報道)の決議文の冒頭には、「新聞は公正な報道と責任ある論評を通じ、自由で平和な社会の実現に努力しており、その役割はますます重要になっている」との一節がある。

 

私は大きな違和感を持った。本当にそうなのか。

 

新聞はかつて大臣の「失言」を告発して、1990年代には歴史問題で何人もの大臣をクビにしてきた。

 

 

つまり新聞自身が巨大な権力であって、社会に大きな影響を与える力を持っており、その被害は現在に及んでいる。

 

 

 ところで最近の失言問題としては、沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設工事の警備で、機動隊員が工事反対派に発言した「土人」「シナ人」がある。「土人」については本紙でも問題ないとの意見が出されているので、私は「シナ人」の方に注目したい。

 

 

 

 

 そもそも「シナ」自体が差別的な言葉とされ、使用禁止用語となっている。

 

 

つまり「シナ」ではなく「中国」、「シナ人」は「中国人」、「シナ語」は「中国語」と言わねばならないとされる。

 

 

 ところがどうだろう。「東シナ海」「南シナ海」という表現は、中国の海洋進出に関係して毎日のようにおびただしく新聞に登場している。

 

 

また、「インドシナ」という言葉も堂々と通用している。

 

 

 忌まわしい差別用語が地理的名称になった途端に、差別用語ではなくなるのか。

 

 

論理的にあるわけがない。マスコミが「シナ」を無理に差別用語に認定していることの方が、根本的に間違っているのである。

 

 

これは報道のモラルの著しい堕落である、と言わなければならない。

 

 

 

 

 

 差別用語と言えば、「シナ」より「中国」の方がはるかに問題だと私は考える。

 

 

日本では「中華人民共和国」を「中国」、「シナ人」を「中国人」という。

 

 

しかし典型的な多民族国家の中国には、シナ人以外の人々が多数存在する。

 

 

日本で使う呼称は、非シナ人の存在をまったく無視したものになってしまう。

 

 

 中国では、何百万人もいる民族集団を「少数民族」と言い、「~族」と民族より下位の部族のように表現する。

 

 

理由は、すべての民族は「中華民族」として統一されているとし、個々の民族の独立を許さないためだ。極めて政治的かつ差別的な呼称なのだ。

 

 

 日本のマスコミは、中国が日本と同じく漢字を使っているからと言って、「少数民族」「チベット族」「ウイグル族」といった明確な差別用語を無批判にそのまま流用している。

 

 

本当は「チベット人」「ウイグル人」というべきである。日本のマスコミは中国政府の側に立って不当な支配に協力しているのだ。

 

 

 

(産経ニュース)

 

 

言葉狩りが酷かったのは民主党政権下の自衛隊の学校でも行われた。

 

戦史教育で「支那事変」という用語を使うのがけしからんというのだ。

 

もちろん民主党が文句をつけたのだ。

 

歴史用語の「支那事変」がけしからんと言って「日中戦争」とか「アジア太平洋戦争」って言い方に変えるのか?

 

支那事変にはちゃんと言葉の意味があり奥深いのだ。

 

実質「戦争」でも「事変」と呼んだのには理由がある。

 

「日華事変」とも「支那事変」とも呼ばれるが、1937年(昭和12年)から始まった日本と中華民国の間で行われた長期間かつ大規模な戦闘で、両国とも宣戦布告を行わなかったため事変と称されているのだ。

 

「支那事変」という呼称は、当時の日本政府が定めた公称なのである。

 

現在は、大東亜戦争勃発後も含めて日中戦争とも呼ばれる。

 

 

しかし、日中戦争は1937年から1945年までの戦争を指すことが一般的であるが、「支那事変」は1937年から1941年12月8日までとするのが代表的見解とされており、期間が異なることになる。

 

もうバカバカしい。

 

 

敗戦後「大東亜戦争」が占領軍によって「太平洋戦争」となった。

 

太平洋戦争って完全に米国目線だよね。

 

それが最近は「アジア太平洋戦争」って後付になったけれど・・、「大東亜戦争」でいいじゃんと思うのは私だけだろうか?

 

言葉狩りのある世の中って都合の悪いことを隠す場合にやることが多い。

 

例えば障碍者とか精神病の人達に対して使うよう言葉は「差別用語」とされるが、言葉の意味は良くないのかも知れないが現実にそれを指す状態はあるのだから。

 

言葉狩りって現実や本質を隠すような気がしてならない。

 

歴史的言葉も消し去ればなくなるとでも思っているのだろうか?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

カーター国防長官が海自の「いずも」に関心がある?

 

まさか空母として見ているんじゃ・・・・。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 米国防総省高官は3日、カーター国防長官が6日に神奈川県の横須賀基地を訪問し、海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」を視察すると明らかにした。

 

 

米軍と自衛隊は運用の一体化を進めており、日米同盟の強化をアピールする狙いがある。

 

 「いずも」は哨戒ヘリや救難ヘリを搭載するなど洋上の拠点機能を持つ海自の中枢艦。

 

 

今年7月に米海兵隊の新型輸送機オスプレイが発着艦する訓練を実施。

 

 

カーター氏は横須賀基地で米海軍のイージス駆逐艦も視察し隊員を激励する。

 

 

 その後、カーター氏は7日に防衛省で稲田朋美防衛相と会談する。

 

 

国防総省高官によると、米側に優先的裁判権が認められている在日米軍属の対象範囲の縮小に向け、日米地位協定を補う「補足協定」について協議する。

 

 

米軍北部訓練場(沖縄県国頭村、東村)の部分返還実現へ前進も図る。(共同)

 

 

 

オバマ政権ももう終わる。

 

この時期の視察には何を意味しているのか?

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

ついこの間第10次隊の第七師団主力が帰還したばかりなのに、北部方面隊は常に戦地へ送られる。

 

以下北海道新聞より転載

 

 

 

 政府が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)を巡り、来年5月にも派遣予定の陸上自衛隊12次隊の主力部隊として、北部方面隊(総監部・札幌)を想定していることが分かった。

 

 

12次隊はこれまで西部方面隊(同・熊本)が主力になるとみられてきたが、同方面隊が中国の海洋進出を想定した南西地域の防衛力強化に取り組んでいる事情を考慮し、海外派遣の経験が多い北部方面隊を主力とする方向に傾いたとみられる。

 

 

道内部隊が安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」と「宿営地の共同防衛」の新任務を担う可能性が高まった。

 

 

 複数の政府関係者が2日、明らかにした。12次隊は北部方面隊の第2師団(旭川)、第7師団(千歳)、第5旅団(帯広)、第11旅団(札幌)のいずれかを主体とする約350人規模になるとみられる。

 

 

来年5月ごろ出発し、11月ごろまで首都ジュバで道路補修などのインフラ整備を行う見通しだ。

 

 

(北海道新聞)

 

駆け付け警護で戦死者が出たら果たして生命保険は出るのだろうか?

 

紛争地や戦場で戦死・殉職した場合出ないと保険契約する時に書いてあるからね。

 

どんなに詭弁を使っても南スーダンは紛争地や戦場でないと言えるのか?

 

施設科部隊から普通科部隊が主力になっても小火器程度の装備と交戦規定も無い状況で現場は駆け付け警護となった場合どう対処するのだろうか?

 

「敵」となる相手は武装している可能性が大きく、しかも軍隊であるというのだから・・・。

 

そういう場合の戦死者や遺族の処遇もちゃんとしなければ政府はきっと大きな過ちに気付くであろう。

 

駆け付け警護がいけないのではない、その意義とそれをした場合に起きるであろうことを想定して法整備をしなければならないのに何もしていないのがいけないのだ。

 

交戦規定もなしに武器の使用の根拠は今まで通りなら最悪なことになるだろう。

 

来年5月には北海道からまた派遣されるという、他人事ではない。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

海軍カレー、食べたことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 

このスタンプといのを初めてやる。


 


 

海軍記念日?って日本は5月27日、日本海海戦を記念して制定されたのだけれど・・・。


 


 

調べてみた。


 


 

インド海軍の海軍記念日だった。


 


 

1971年のこの日、第三次印パ戦争でインド海軍がカラチを爆撃したことを記念。


 


 

それとイタリア海軍の海軍記念日でもある。


 


 

でも・・・・・、いうまい。

 

 

呉で海上自衛隊カレーは食べたよ。

 

 

海軍カレーは食べた人ってかなり年配だよね。

 

あ!別に「海軍カレー」って名前ならいいのかな?

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長野市茶臼山恐竜公園をあとにし、長野市内へ向かう。

 

次なる目的地は長野市内の古書店である。

 

以前長野へ来た時にも立ち寄った長野でも古くからある古書店である。

 

長野市内へ向かう。

 

古書店の画像はない。

 

昔、来た時は古い感じの古書店であったが現在はきれいな古書店になっていた。

 

友人と古書店へ入ると郷土史関係が充実しており、戦史関連の古書もあって満足であったがこういう古書店は年団が高いのは仕方ない。

 

上田で発見し購入した「聯隊史」もここにあったがその値段の5倍であった。

 

ただ、上田の古書店の値段が破格に安かっただけで通常はこれくらいするのが当たり前なのである。

 

一つの目安だね。

 

ただ、地域の特性というか県民性というのか、長野県民はとても親切過ぎるというか・・・。

 

従業員が「こういう本もありますよ」と盛んに語りかけ郷土史、戦史を売ろうと懸命に話かけてくる。

 

「満蒙開拓団の話が・・・」と一推しなのである。

 

 

その辺はあまり・・・・。

 

乃木大将研究を長くやっているが初めて見る本が数冊あったので購入する。

 

結構な御値段になったがせっかく来たからね。

 

長野市内のホテルへ到着、駐車場が狭く早い者勝ちというので一度入れたら出すと困るので、外食には歩いて行くことにする。

 

ホテルの部屋は今まで観たことのない作りで・・・、どういったらいいのか・・・。変った作りなのである。

 

チェックインする時にオシボリを渡されたのは驚いた、これも長野県民性なのかな?

 

でもね、コインランドリーで洗濯に行くと真暗で電機が点かないのだ。

 

フロントに言うが対応してくれなくて、真暗な中で洗濯することになった。

 

懐中電灯を持って洗濯に行くが、暗闇で洗濯していたら背後で気配がして人が立っていたのには驚いた。

 

先に洗濯していた人が立っていたのだ。

 

雑談するとフロントに言ってもダメだったという話で長野県民性のサービス精神って・・・、ちょっと解らないね。

 

友人と夕食兼長野市内観光へ行く。

 

友人を車椅子に乗せて行くが途中から歩道がなくなり、かなり怖いぞここ・・・。

 

 

道までなくなり陸橋とかかなり回り道して駅前へ向かう。

 

午後7時くらいだが暗い。

 

 

友人は街特有のデザインのマンホールを見ると写真に撮る。

 

長野の花々を模したマンホールとかいろいろあるもんだね。

 

友人のこういう趣味のおかげでいろんな視点からものを見ることができた。

 

そうこうとしていたら「あそこにある店、古書店じゃない?」というので見たら信号を渡った向こうに古書店を発見する。

 

友人は古書店を発見する能力に長けているようだ。

 

もちろん古書店へ行く。

 

本の山で通路を歩くのも大変だ。

 

戦史関連の棚の前に立つペースもない。

 

店主に話しかけると、いろんな戦史関連本を持ってきてくれて売り込みされた。

 

凄く親切だね。

 

でも欲しい本は無かった。

 

 

ここでも上田で買った「聯隊史」があったが先に行った古書店の約半額より安い値段、上田の古書店より倍以上の値段、ちょうど中間くらいの値段であった。

 

友人は戦前の本を買って古書店をあとにする。

 

 

長野駅前へ向かう、途中動物のオブジェというのか?そういうのがあったり「なんかちょーだい」って感じのオブジェがあったりと、札幌市内の訳のわからないオブジェより大分マシだが楽しめたね。

 

駅前へ行くも定食屋のような店もなく、友人は肉がダメなので「バニクマン」も行けない。

 

コンビニに行くと長野の御土産もあり、北海道の同期の友人のために萌え系のクリアファイルを買う。

 

車椅子を押す私は少し疲れてエネルギー不足になってきた。

 

早く何か食べたい、ラーメンと定食の店を発見したのでそこに入る。

 

唐揚げ定食だねやっぱり。

 

本当はラーメンもと思うのだが・・・。

 

友人は頼めるメニューがないようだ・・・・・。

 

 

申し訳ない・・・・どうしよう。

 

 

すると、卵かけご飯とキャベツとマヨネーズというメニューを注文する。

 

物凄く申し訳ない。

 

 

昼もコンビニで軽く済ませただけだったからね。

 

 

帰りにコンビニに寄って何か買ってあげることにして、長野での食事。

 

なんかねカレーをご飯にかけてくれた。

 

サービスらしい。

 

大変美味しく頂きました。

 

この日は、上田を発ち真田の郷から長野市茶臼山恐竜公園、古書店といろいろ周った。

 

翌日はどこへ行くのか乞う御期待!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英国の真意はどこにあるのだろうか?

 

親中派の国になったかと思えば・・・。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 

 【ロンドン=岡部伸】ロイター通信によると、航空自衛隊機と共同訓練のため初来日していた英空軍の最新鋭主力戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」が、航行の自由が懸念されている南シナ海上空を通過して帰国することが2日、明らかになった。

 

 ダロック駐米英国大使がワシントンで開かれたシンポジウムに際して明らかにした。

 

 

ダロック氏は、中国による人工島の造成が問題となっている南シナ海上空を、英空軍機が通過することは国際的に権利があると述べた。

 

 

しかし、いつ飛行するかは明言しなかった。

 

 

 さらにダロック氏は、英国の防衛力は主として中東に向けられるとしながら、「新たに2隻の空母がおそらく2020年から太平洋で展開されるだろう」と述べ、米政府が南シナ海で展開し、公海上の自由な航行と上空通過を保障する「航行の自由作戦」の目的を絶対に共有すると強調した。

 

 

 外務・防衛閣僚協議(2プラス2)での合意に基づき、日英防衛協力強化のため英タイフーン戦闘機4機などが10月22日、空自三沢基地に飛来。

 

 

航空自衛隊と初の共同訓練を11月6日まで実施した。国内で米軍以外との共同訓練は初めて。

 

(産経ニュース)

 

支那はどう思うのだろうね。

 

英国は支那との関係を考えての行動なのだろうか?

 

 

ヨーロッパの支那を見る目というのは日本やアメリカとは違う気がするのだが・・・・。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

稲田朋美防衛相は「頼りない」と自衛官から言われてしまったが、視察はよくしているね。

 

心神は国産戦闘機となり得るのか?

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 

 稲田朋美防衛相は2日、航空自衛隊岐阜基地(各務原市)で国産初のステルス戦闘機「先進技術実証機」(通称・心神、正式名称・X2)を視察した。

 

 

 視察後、稲田氏は記者団に「将来戦闘機をわが国独自で開発する選択肢を与えるための非常に重要な取り組みだ」と述べ、戦闘機国産化について平成30年度までに判断する考えを示した。

 

 

 心神は11月29日、防衛装備庁に引き渡されて以降初の試験飛行を行ったばかり。

 

将来戦闘機について稲田氏は「国際共同開発する良さもある。

 

国内開発、国際共同開発を含むあらゆる選択肢の検討を進める」とも述べた。

 

 

 稲田氏は、同日試験飛行を行った次期主力輸送機「C2」にも搭乗。

 

隊員らに「技術面、実用面の両面から、最後までしっかりと確認し、信頼性の確かな輸送機にしていただきたい」と訓示した。

 

 

 

(産経ニュース)

 

 

防衛大臣はあっちこっち視察するのも仕事だけれど、稲田さんはやはり目立つからマスコミに取り上げられるのかな?

 

 

なんか北朝鮮の金君のように視察するニュースばかりにならないよう頑張って欲しいね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上田の真田の郷から一路長野市へ向かう。

 

長野まで一本道をゆっくりゆっくり・・・、渋滞?

 

かなり疲れる。

 

 

 

長野市での最初の目的地は茶臼山動植物園である。

 

 

ここは「いけたらいいな」程度であった。

 

 

計画当初は「そんな時間はないかも」と渋っていた場所である。

 

 

なにせ聴いたことも歴史的なこともなんにも知らないところであったから。

 

長野市へ入りカーナビの誘導で茶臼山動植物園向かうが、山を登り狭い住宅街をくねくねと行く。

 

 

「本当にこの先に茶臼山動植物園があるのか?}」不安になる。

 

しばらく行くと茶臼山動植物園の駐車場に到着した。

 

紅葉がきれいで観光客も多くはないが少しは歩いている。

 

なぜここに来たのかというと・・・。

 

アニメ「長門有希ちゃんの消失」という作品でこの公園が出てきたからなのだ。

 

「涼宮ハルヒの憂鬱」という大人気作品の『涼宮ハルヒシリーズ』の公式パロディ、および『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』のスピンオフ漫画のアニメ版に出て来るのである。

 

「長門有希ちゃんの消失」の舞台となった場所、ある意味聖地巡礼だね。

 

 

この作品では、第7~9話にかけて北高文芸部の合宿地となった長野市周辺の舞台である、篠ノ井駅周辺(茶臼山恐竜公園、展望台)が出て来る。

 

 

 

 

こんな所が本当にあるのか?

 

アニメを見て直ぐに検索すると出て来た。

 

 

本当にあるんだったら今度長野へ行くのだから見てみたいと友人に旅行計画に入れてもらへないか相談したのだ。

 

友人は体力が病気のため余りなく車椅子で旅行しているくらいだから、こんな高地を歩かせるのは申し訳ない。

 

 

もちろん車椅子で押して歩くのも困難だ。

 

友人を置いて一人、聖地巡礼というか作品に出てきたところを探す。

 

 

ここ歩くとけっこう疲れる。

 

 

上り坂が続くからね。

 

 

友人を待たせているので走って登るが吐く息が白い。

 

たくさんの恐竜が・・・。

 

恐竜公園に25体ある恐竜には自由に触ることができ、恐竜の体の中に入れたり、遊具になっているものもある。

 


園内には他にも、童謡の森、冒険の森という遊具やアスレチックのゾーンがあり、体を動かして思いっきり楽しめる。

 


植物園は面積33ヘクタールと県内屈指の規模であり、200種類近い植物が植栽されているのだ。

 

 

あっ!ここだ!

 

 

涼宮ハルヒと朝倉涼子が滑った恐竜の滑り台!

 

 

 

本当にあるんだねぇ・・・。

 

周りには誰もいない。

 

 

滑ろうか・・・・。

 

 

いや止めておこう、朝倉のように挟まったら困るからね。

 

入園料は無料で今年の開園期間は3/20~12/19(※冬期間は、閉園)だそうだ。

 

行くならお早めに。

 

長野市茶臼山恐竜公園は、茶臼山地すべり跡地を整備した茶臼山自然植物園(33ha)内にある、日本で初めての恐竜公園である。

 

 

恐竜を中心とした世界中の代表的な古生物のFRP製実物大模型を設置しているのが特徴である。

 

 

恐竜公園を含む茶臼山自然植物園は、長野市制施行80周年記念事業として、地すべり跡地に長野市茶臼山動物園などと一体的に整備された。

 

 

「恐竜」というテーマが選ばれたのは、46haにも及ぶ地すべり跡地の荒廃した非日常的光景にふさわしいためだという。

 

 

実物大古生物模型が22種26体の遊具を兼ねた実物大模型が、生息時代別に配置されている。

 

 

公園の説明では恐竜以外の古生物も「恐竜」として扱われていることがある。

 

 

建造が1970年代で大幅な改装もしていないので、現在の科学考証からすると時代遅れ気味の復元である。

 

 

 

ちなみにここで恐竜の骨とか発掘されたという話はないそうだ。

 

 

紅葉もきれいで眺めていたいところだが、頂上に行くのも疲れたので滑り台も見ることができたし下山しよう。

 

 

駆け下る。

 

老人達がバスで来ていて散策していたが、さすがに上まで登って来る人はいない。

 

長野県は山ばかり登っているね。

 

 

景色もいいし、山々の名は解らぬけれど空気もいいね。

 

肌寒い11月だったけれど、今の札幌からみたら涼しいくらいだね。

 

このあと長野市へ向かう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

防衛費が5兆1千億円程度らしい。

 

一個人から見れば莫大な金額に見えるが、国を守る金額としたら果たしてこの程度いいのだろうか?

 

日本の四周は危険な国ばかりなのだから。

 

以下産経ニュースより転載

 

 

 

 

 政府が平成29年度予算案で、防衛費を過去最大の5兆1千億円程度とする方向で調整していることが1日、分かった。

 

 

防衛費を当初予算ベースで増額するのは、第2次安倍晋三政権の25年度以降、5年連続。

 

日本周辺の海空域で挑発行為を続ける中国、北朝鮮や不安定さを増す国際情勢への対応を強化する。

 

 

 国内総生産(GDP)に対して1%を上回らない状態は維持される見通し。

 

防衛省は概算要求で5兆1685億円を要求していた。政府は月内に編成する28年度第3次補正予算案でも防衛費を積み増す方針だ。

 

 

 

 

 海洋進出が激しい中国を念頭に、沖縄周辺などの離島防衛を強化する。

 

 

北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返しており、ミサイル防衛(MD)など装備調達を進める。

 

 

サイバー攻撃などへの対応も進める。

 

 

 30年度までの5年間の中期防衛力整備計画(中期防)では、対象経費について年平均0.8%増を見込む。

 

 

政府は29年度も0.8%程度の伸びを維持する考えだ。

 

 

トランプ次期米大統領が同盟国の負担増を求めており、米国からの防衛費増額の圧力も背景にあるとみられる。

 

 

 防衛費は28年度に5兆541億円と初めて5兆円を突破した。

 

 

(産経ニュース)

 

 

5兆1千億円が高いと思う人はよく考えて欲しい。

 

韓国に日本が支援した金額を御存知か?

 

1965年 60兆円相当のインフラ整備費譲渡


1965年 800億円+αを援助 日韓基本条約


1983年 特別経済協力 4000億円支援


1997年 韓国通貨危機 1兆円支援


2006年 ウォン高救済支援 2兆円支援

(韓国高官は「日本の援助は迷惑だった」と不快感を表明)


2008年 リーマンショック危機 3兆円支援
(韓国高官は、「日本は出し惜しみしている」と不快感を表明)

 

2002日韓W杯スタジアム建設費融資300億円未返済


日本のIMF援助8400億円とその前の1兆4000億円、更に以降の1兆2000億円とODAの有利子負債の利子


計約1070億ドル、約13兆円の負債に対して韓国は未だ1円も返済していない。

 

 

韓国にこれだけ支援金を出しているのに防衛費はたった5兆1千億円が高いと思いますか?

 

そして北方領土返還で話題になっていますが、ロシアのプーチン大統領は安倍首相に「6兆円の経済援助をしてくれ」と・・・・・。

 

 

北方領土が返還されるならまだしも、それは可能性が薄いらしい。

 

 

防衛費より高い金をロシアにくれてやる・・・なんてことになったら防衛費のなんて安いことか・・・。

 

 

防衛費は人殺しの予算という左翼がいる。

 

 

防衛費より福祉に金をという輩もいる。

 

 

じゃぁ日本に仇なす韓国やロシアや支那や北朝鮮に大金をくれてやるのはいいのか?

 

日本の四周は危険な国ばかりであることを忘れてはいけない。

 

そんな国が今、日本に対して何をやっているのか?

 

ロシアは未だに北方領土を不法占領しているし、韓国は竹島を不法占領している。

 

支那は尖閣諸島はおろか沖縄にまで領土的野心を隠さないし、北朝鮮は拉致問題も解決せず核ミサイルの実験に余念が無い。

 

5兆1千億円の防衛費で大丈夫なのか?と思ってしまうくらいだ。

 

他国に金をやるくらいならなぜ福祉にって左翼は騒がないのかね?不思議だね。

 

左翼って日本人いないんじゃないのかとさえ思うよ。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。