5/16金曜日に、子育てサークル 「のいちご」にて、誕生学講座を開催いたします。

いのちの話を心を込めてお伝えさせていただきます。

詳細、お申し込みは以下のサークルブログをご覧ください。

http://no1go.exblog.jp/19674585/
AD

開催可能講座

テーマ:
開催可能講座は以下になります。
(2014.4、産後教室より下の講座名を追記しました)

・スタンダード誕生学

・二次性徴期の誕生学

・幼児と低学年のための誕生学

・保護者向け誕生学説明会

・産後教室

・ベビーマッサージ教室

・ママガールのための誕生学

・母のためのいのちの教室

・母と娘の月経教室


※講座詳細については、公益社団法人誕生学協会ホームページ(http://tanjo.org/)をご覧ください。


<料金>
・保育園・幼稚園・小中学校などのゲストティーチング
 1校 15,000円~

・個人のお宅、公民館などでサロン形式で開催する場合
 親子一組 1,000円・5組から
 お友達同士5・6組お集まりくださいますと、お伺いいたします。
 場所は、自宅・公民館・コミュニティセンターなどどちらでも大丈夫です。料金は上記と同じです。

(ご訪問させて頂く場合は、別途交通費を頂戴いたします。)
AD

身辺変化について、お知らせ

テーマ:
ご無沙汰しております。

産後のお休みをいただいて、
息子と娘と過ごしながら、あっと言う間に二年が経とうとしています。

おかげさまで子供達はすくすくと育ち、同時に親としての私も成長といいますか、肝が座ってきたのを感じています。

息子が生まれてから、
ベビーマッサージや、産後の誕生学を何回か、お友達や、ご紹介でさせていただきました。

その度に新しい発見や出逢いがあり、
こうしたご縁に感謝しています。

また、子連れで誕生学(R)協会の研修に参加したり、
赤ちゃんゲストを引き受けたり、
eラーニングで研修を受けたりしておりました。
その度に気の引き締まる思いでした。

5/16に、産後、公の講座としては初の誕生学を、私のホームタウンでもある、子育てサークル「のいちご」にて開催いたしますので、
ぜひご参加いただけると嬉しいです。

さて、
私事になりますが、
今年の夏頃を目処に、海外に転居する見込みとなり、現在準備をすすめています。
産後の復帰を前にこのような話になり、なかなか前のように継続的に活動を再開することができず、復帰が遅くなりましたことをお詫びいたします。

今後は、自主企画の定期サロンはお休みし、
ご縁のあったイベントごとに、個別で活動したいと思っています。

他のアドバイザーさん達が皆さんお忙しいところ、精力的に活動されている中、私の不器用さを呪うばかりなのですが、
どうか、私のやり方をお見守りいただけると幸いです。



AD
photo:01



ご無沙汰しています。
GWが終わり、今日から日常ですね。

さて、スタッフをしている、子育てサークル「のいちご」で
5/18に、さいたま市プラザノースで映画「普通に生きる」の上映会を行います(^-^)

障がいを持ちながら、普通に生きるとは?
知らない事が多いからこそ見にきて欲しい映画です。

子供達に、障がいのあるなしに関わらず仲良く互いを尊重し合える関係に育って欲しい、そんな社会になってほしい、作りたい。
のいちご参加者とスタッフ達の想いが実現させた企画です!

ぜひご家族で観にいらしてくださいませ。

詳細はのいちごブログにて!
http://no1go.exblog.jp/17391707/
1/30の、青山オヤコサロン ボヌールドサクラさんでの
ペアレンティングタッチ講座では
三組の親子さんと温かい時間を過ごさせていただきました(*^_^*)
私の中学高校時代のお友達も来てくださり、子連れでの再会!!

青春((*^_^*))時代を共に過ごした友人達は、いつ会っても(子連れでも)、中学高校時代に戻ったかのように、ナチュラルでいられます。
後ろに大きな安心感があるというか。
刺激をもらったり、やはり友人の存在は貴重です。

話がそれましたが、、
写真は左から時計回りに
お人形のルーシーちゃん、
ハイハイ上手のコウキくん、
紅一点のエミリちゃん、
じっと見つめてくれた、ソウスケくん。
photo:01


(写真は全て許可を得て掲載しています)

初めは、
ここどこだろ~、
何がはじまるんだろ~、
とドキドキしていた様子の赤ちゃん達でしたが、
お洋服を脱いで、ママ達の手でタッチが始まると、
みーんな、ママをじっと見てニコニコした笑顔を見せてくれました。

裸の赤ちゃん達の姿は、もうかわいくてかわいくて、
私がメロメロになってしまい、、、
写真を撮り損ねましたっ(・・;)
こんなことが多いです。。反省

赤ちゃん時期限定のムチムチ感、何とも言えず、かわいいですね。

マッサージをしていると、
赤ちゃんだけでなく、ママやパパ達も癒されていくとおっしゃる方が多いのですが、
このムチムチ感の果たす役割は大きいでしょうね。

photo:03


(写真は全て許可を得て掲載しています)
ハイハイが始まったので、ねんねできるかな~、とママがご心配されていたコウキくん。
しかし、ママの心配をよそに、
マッサージが始まると、ちゃーんと
ねんねしてましたね(*^_^*)
まるで、
「マッサージして~」
と言っているかのようでした。
あっぱれ!

マッサージをする環境をいつも同じように整えてあげると、
赤ちゃんにも「マッサージがはじまるんだ~」とわかりやすいと思います。

例えば、タオルはいつも同じものを使うとか、電気は消すか小さなものにするなど。

お風呂の前や寝る前と時間を決めるのもいいでしょうね。
我が家は、赤ちゃんの成長とともに、
色んな時間にマッサージしてきました。

ねんねの頃は、昼間の遊びの一貫ですることが多かったですね。
自分でねんねができるようになった一歳半頃からは、
夜寝る前が多かったです。

二歳を過ぎ言葉が上手に話せるようになってからは、
子供が「して~」と言ってきた時は逃さないようにしていました。

オイルをしまっている引き出しが目に入ると、思い出したように、マッサージしたがりましたよ(*^_^*)

photo:02


(写真は全て許可を得て掲載しています)
マッサージ後の、ソウスケくん。
どーんと構えていて、大物の予感でしたニコニコ

photo:04


(写真は全て許可を得て掲載しています)
こちらは、エミリちゃん。
お隣のソウスケくんのことがとっても気になる様子でしたね~。
既に女子の風格ビックリマーク
美人さんだね~音譜


色々とおしゃべりしながら、マッサージしていましたが、
途中、あるママさんが、
「私がマッサージしてもらいたいくらいだわ~」とポツリ。
確かにそうですよね!!
毎日赤ちゃんのお世話や家事でお疲れですもの。
分かりますよーー!
私もそうです。

そんな時に良いのが、
産後のケアを行ってくれる、助産院や整体などです。
子連れで行けるところがほとんどですし、自宅に出張してくれる所もあります。

私の場合は、産前から片側の足の付け根が痛くて、助産院の産後ケアを受けたのですが、
ゆっくりと体をいたわってもらう感覚はとても癒され、リフレッシュしました。

産後のママ達は赤ちゃんに多くの無償の愛を捧げますね。
その愛の源は何でしょう?
それは周囲のサポートであり、それによりママ自身が癒され、満たされることです。

そこで満たされた愛が赤ちゃんへ注がれていくのです。
ですから、周囲の方々がサポートすることはもちろん、
ママ自身も、自分が癒されなければならない存在だと認識してほしいなと思います。
産後のケアは、自分と赤ちゃんが健やかに過ごすためにも必要ですから、
我慢しないでくださいね。
不調がなくても、癒されに行くのは悪いことではないですよ。

パパにマッサージしてもらうのもいいですね。
ただし、パパもお仕事や育児で疲れていますから、
パパにもやってあげましょうね。

それから、うちの場合は、娘が二歳の頃、私のことをマッサージしてくれました。
三歳の今では立派に力を入れて、足の裏や指のマッサージなどしてくれますよ。



さて、今回は、お店のオーナーのご好意もあり、
私の子供達を連れての講座とさせていただきました。
まだあまり下の子を預けることをしていないので、このご好意がなかったら、講座を開こうと思うことはまだできなかったです。このような機会を与えてくださり本当にありがとうございました。

ボヌールドサクラさんは、
ママ講師を応援しているそうですよ。
オヤコサロンですから、講師も、参加者も子連れで行ける場所なのだそうです。
それにこんなにおしゃれ!
photo:05


photo:06


photo:07


photo:08


(写真は全て許可を得て掲載しています)
(写真が上手でなくて、お店の魅力があまり伝わってなかったらごめんなさい。)

私の周りにも、ママ講師、潜在ママ講師の多いこと多いこと!(この日もいらっしゃいましたね~♪)
ママパワーはすごいです!
育児は育自。
子供とともに自分も育てていきましょうね。

応援しています。





こんんちは。ご無沙汰しています。
すっかり年の瀬ですね。
我が家はクリスマス寒波ならぬ、クリスマス風邪で
子どもが連続して体調不良です。。
クリスマスに予定していた旅行もお預けですが、
風邪を治して、リベンジしたいと思っております!

さて、年明けの1月にペアレンティングタッチの講座を行うこととなりましたので、
お知らせさせていただきます

以前、お友達とのベビーマッサージで利用させていただいた、
青山のとっても素敵で癒される親子サロン、
ボヌール・ド・サクラさんでの
ペアレンティングタッチ体験会です。

青山は、親子で楽しめるスポットがたくさんありますので、
講座の後は遊びに行ってみるのもおすすめです。

ぜひ遊びに来てくださると嬉しいです


「ママもbabyもニコニコに!

ペアレンティングタッチ体験会」

 

赤ちゃんは、ママの笑顔とタッチが大好き!

赤ちゃんと、肌と肌でコミュニケーションしてみませんか?

赤ちゃんが笑顔になるから、ママの自信につながります。

 

ペアレンティングタッチとは、

命がうまれてくる力を伝える、誕生学®のマインドを

たっぷり盛り込んだベビーマッサージです。

 

ふれることで、愛を伝え、コミュニケーションをとることができます。

赤ちゃんはふれられることで愛を全身で感じ、

情緒が安定したり、ぐっすり眠るようになった

というお声が届いています。

ママやパパも、赤ちゃんを笑顔にできるから、

育児に自信を持てたり、

リラックスするなどの効果があります。

 

おうちですぐに使える手順シート付き。

 

【日時】 2013年1月30日(水)  11:00~12:00

 

【場所】 青山オヤコサロン ボヌール・ド・サクラ

     1-5-10-1F Shibuya
Shibuya-ku Tokyo

     Tel&Fax:03-6427-2858
     Mail:info@bonheur-de-sakura.jp


     HP:http://www.bonheur-de-sakura.jp


     表参道駅徒歩7分、渋谷駅徒歩5分


 

【対象】 生後2ヶ月~ハイハイ前くらいの赤ちゃんとママ、妊婦さんも歓迎です。

 

【定員】 8組

 

【持ち物、服装】

 

 ・45リットルサイズの、防水シート、又はゴミ袋(防水用)

 ・バスタオル

 ・オイル用小皿(手の平サイズ)

 ・赤ちゃんのお着替え・飲み物など

 ・筆記用具

 ・ママが動きやすい柔らかい素材、またオイルが付いてもよいパンツスタイルでお越し下さい。

 

【講師】 公益社団法人誕生学協会認定

     誕生学アドバイザー・産後教室講師

 

     鷲尾 恵理子(わしお えりこ)

 

第一子 妊娠中・産後に、誕生学協会代表・大葉ナナコ氏のクラスに参加して、感銘を受け、

「多くの方に誕生学とペアレンティングタッチを伝えたい!」と大葉氏の下で誕生学アドバイザーと産後教室講師の資格を取得。

 

自宅やコミュニティセンター、子育てサークルやイベントにて誕生学講座やペアレンティングタッチをお伝えしています。

 

さいたま市北区在住。2009年生まれの女の子と、2012年生まれの男の子の母。

 

娘は今でもペアレンティングタッチが大好き!

息子もペアレンティングタッチを現役実践中です。

 

子育てサークル「のいちご(http://no1go.exblog.jp/)」スタッフ。

 

ご質問などはお気軽にお問合せください。

メール:ericco.w.517@gmail.com

 

【参加費】 2500円 (マッサージオイル代1700円別途)

 

       ※オイルは、受講者のみ購入できる、誕生学協会オリジナルの100%セサミオイルになります。(内容量110ml)

       お手持ちの植物性100パーセントのマッサージオイルをお持ちくださっても大丈夫です。

【お申込】 お名前、ご住所(市区町村まで)、お子様のお名前、お子様の月齢、当日のご連絡先を添えて、ericco.w.517@gmail.com までお願いいたします。

 

ぜひ、体験してみてください♪

お待ちしています。



天国からのエール スタンダード・エディション [DVD]/Happinet(SB)(D)
¥3,990
Amazon.co.jp

この映画を観ました。(映画の存在も知らず、何の予備知識もない状態でした)
題名から、
亡くなった方が応援してくれるのか~、
泣けそうだね、でもありがちな家族ドラマかしら~
という感じを受けたので、ぜんぜん期待していなかったのですが、
ちょっと違いました。

まずすごいのは、
これが実話だということ。
(しかもそれが最後に明かされたので、私には衝撃でした。
きっと箱の裏などにはかいてあるのでしょうが、読んでなかったので。。)

そしてもうひとつすごいのは、
「町のおじさん」が「近所の高校生」を応援するということ。

家族なら、一生懸命応援しますよね。
だけど、赤の他人に対しては??

赤の他人である高校生を、全力で応援して、夢を叶えてあげようとする。
なかなかできることじゃないです。

そこで思い出したのが、
以前、誕生学セミナーで講演をしてくださった、
三砂ちづる先生のいう
「誕生学アドバイザーは町のおせっかいおばさんになってね」
という言葉。

おせっかいとは、自分から切り込んでいく、ということでしょうか。

登下校中の小学生に「おはよう」「おかえり」と笑顔で言ってみる。
学校の募集するボランティアなどに参加する。
誕生学を地道に広める。
子ども達の話し相手になる。

まだまだ私にできてないのですが、
町のおせっかいおばさん目指しています


そして、よいお手本が身近にいました!!
近所のお店の店主のおじいさん。

公園の前のそのお店におじさんはいつもいて、
作業をしたり、道行く人にあいさつしたり、雑談したり。
ママたちとも、子どもたちとも話すし、
ぱっと見、ヤンキーちっくな中学生が高校生に、
話しているのか、説教しているのか、というような時もありました。
そういえば、町のお祭りでも活躍してました。

私があいさつすれば、必ず娘にも話しかけてくれる。
いつもワハハと笑ってる。

そんなおばあさんになれたらいいな。







こんにちは。えりこです。
秋の空がとても美しいですね。

先日は、ハイハイ時のベビちゃんとベビーマッサージをさせていただきました。
(月に一度くらいのペースでやらせていただいてます、親子さんです♪)

が、今までのようにはいかないのですよね。

抱っこしながら足やお腹を少し。
ハイハイを追いかけながら、背中を少し。
という具合です。

今回は、都合によりコミュニティセンターの和室でさせてもらったので、
場所見知りもあったのかもしれません。泣いている時間もありましたね。

ハイハイ時、、、
ベビーマッサージ、難しいです、はい。

私の娘のときも、とにかくねんねしていないので、
あまり深追いはしませんでした

でも、だいじょうぶです
赤ちゃん、ちゃんと覚えているんですよ。
ベビマが気持ちよいっていうことを。

少し、マッサージはお休みして、(できそうな時はやってあげてくださいね~)
赤ちゃんのハイハイの冒険を楽しんでしまいましょう。
そんな頃は、パパとママでマッサージしてもよいと思いますよ。
オイルやマッサージの気持ちよさを実感してみてください。

もう少し経つと、自分からねんねできるようになります。
そうしたら、きっとマッサージを喜んで受け入れてくれますよ。
大好きになると思います。
オイルやタオルを見ると喜んだり、
自分から「マッサージして~」と言わんばかりに、オイルやタオルを持ってきたりしますよ~。

だから、焦らないでいいですからね。
お母さんの愛はしっかり伝わっています


それから嬉しいことを聞きました
前回行った、「炎の腹筋」を3歳のお姉ちゃんが気に入ってくれたらしく、
おうちでやっているのだそうです!!
これはママ向けの腹筋エクササイズなのですが、
ネーミングからしてユニーク。ポーズは「過酷」です。
(何といってもデューク更家さんの考案ですから!)
子どもにも大人気だなんて、すごいですね。

親子で楽しんでくれている様子が分かって嬉しかったです。

いつもお話していると、いろんなイベントやお店などの情報を教えてくれるAさん。
いつもありがとうございます




こんにちは虹えりこです。

今日は、先日行ったベビーマッサージとボディワークのご報告を。

以前から月に一度のペースで
我が家に来てベビーマッサージを楽しんで下さっている親子さんが、
今回も来て下さりましたニコニコ

ずりばい上手で、好奇心旺盛なベビーちゃんに、
お母さんは上手に赤ちゃんに合わせてマッサージしていました。

マッサージを続けていくと、こういったことも自然にできるようになりますね。ママの手ができてくるのです。

上のお姉ちゃんもマッサージに少し参加し、とっても嬉しそうな笑顔を見せてくれました(o^^o)
この瞬間、たまりません!

さらに今回は、ベビーマッサージにプラスして、産後のボディワークもお伝えしましたよ~(o^^o)

産後のお母さん達は、赤ちゃんの抱っこはもちろん、授乳でも同じ姿勢が続くので、
体がこり固まってしまっている方が多いです。
そんな時は気分も重くなりがちですね。
ぜひ意識的に体を動かして、体も気分もリラックス&リフレッシュするといいですよ。

それから、今回はこちらの授乳期のママのためのお茶をお出ししました。
photo:01



コレ、パッケージに似合わず、とってもスパイシー!
だけど(だから?)不思議とリラックスできます。
子供が生まれてから、ノンカフェインのお茶を色々試すのが楽しいです。
麦茶、ブレンド茶、ルイボス、柿の葉、びわの葉、黒豆茶、ミントやハイビスカス、ローズヒップなどのハーブティ。。
自然の恵みに感謝感謝。。
ありがとう。

最近は紅茶やコーヒーもデカフェのものがありますね。
お気に入りをみつけて、
ママのカフェタイムでリフレッシュするの、オススメですよ~。