やる気UP! 人生を切り開く気力の強化と浄化 杉並・高円寺     東京氣塾 谷山教室

杉並区のJR高円寺駅より徒歩3分 東京氣塾 谷山教室です。
古式マスターヨーガと武当派太極内丹法を用いて氣力を強化を行い、気功ヒーリングで心身の浄化を図ります。

朝起きた時にいつもの10倍元気があったらあなたはその日、何をして過ごしますか?
「東京氣塾 谷山 教室」ではマスターヨガとエネルギーヒーリングであなたをのエネルギーを強力に、そして清浄に変化させます。

朝 元気

あなたの「氣エネルギー」を変化させ、普通ではないちょっと特別な人生を歩いてみませんか?

メニュー・解説はこちら→「施術の流れ、メニュー」

初めての方はこちら→「東京氣塾 谷山教室とは?」


NEW !
テーマ:
谷山です。

今日は日曜日ですね~

僕の仕事は土日は関係ありませんが、日曜日の街のゆる~い雰囲気などは大好きです。

日曜なのでゆる~い感じでブログを書こうと思います。

恒例化しつつある「リスペクトシリーズ」ですが今回は音楽編です。

「ジュノリアクター」というプロジェクト(プロジェクトって言っても要はバンドです。)の中心自分物である「ベン・ワトキンス」をご紹介したいと思います。


バンドでもよくメンバーチェンジをしますが、「ジュノリアクター」はコンセプトごとにメンバーを入れ替えて世界各国のアーティストと独自の世界観を作っています。

「サイケデリックトランス」というダンスミュージックのジャンルを作った人でもあります。

「サイケデリックトランス」は今でこそ若い人に「サイケ」なんて言われて親しまれているようですが、昔は知る人ぞ知る大人の遊びでした。

さらに遡ると元々は「サイケデリックテクノ」と呼ばれていた本当にごく一部のマニアしか聞かない様なジャンルだったのですが、パーティの聖地と呼ばれるインドの「ゴア」で世界各国のDJがそれを自国に持ち帰り、編曲してまたゴアでプレイをする、という事を繰り返していました。

そして、インド独自の宗教である「ヒンドゥー教」の要素を色濃く反映させたダンスミュージック「ゴアトランス」が生まれます。

ダンスミュージックでありながら宗教色を色濃く反映させているのは当時として目新しく、マニアックではありましたが、根強いファンを増やしていきました。

そんな中、宗教色を残しながら無機質な音色を取り入れ独自の世界観を創りだしたのが「ジュノリアクター」です。
今までの常識をぶっ壊したジュノのデビュー曲「Guardian Angel」(ガーディアン・エンジェル)デジタルミュージックは進化が早いから10年前の音が古く聞こえますが、20年以上経ってもこの曲は古さを感じさせません。超名曲です。


今では「サイケ」と呼ばれる音楽の記念すべき第一作品です。(ちなみに僕はこの呼び方は好きではありませんが)

今までの「ゴアトランス」の常識をひっくり返した「ジュノ」はそれからも独自の世界観を爆発させます。

97年に初来日してからはしばらく日本には来ていなかったのですが、それからもメンバーチェンジを繰り返し様々なコンセプトを発表します。


日本の和太鼓集団「GOCOO」(ごくう)とコラボした「HOTAKA」

念仏・真言と和太鼓、エッジの聞いたギターがかっこよすてちびります。

そして、世界的大ヒットとなった映画「マトリックス」にも楽曲を提供しました。

聞いた事ある人も多いはず。

当時はずっと好きだったアーティストが大ヒット映画に曲を提供した事を驚きと寂しさを感じたものです。

邦画では「リング/らせん」にも曲を提供してたり、「ビリー・アイドル」のスティーブンスティーブンスが加入したり、現在のギタリストがLUNASEAのSUGIZO氏だったり、女優の柴崎コウと組んだりと様々な活動を積極的に行っていますが、すごいのは例えどんなコンセプトで曲を作ってもどれを聞いても「ジュノ」だな、と分かる特徴的なセンスが曲の中心に存在する事です。

「ベン・ワトキンス」の積極性と世界観、アーティストとしての創造力・・・・

僕は尊敬してしまいます。

最後に映画「レジェンド・オブ・メキシコ」の主題歌で「ジュノ」の数ある名曲の中で個人的に一番好きな「Pistolero」(ピストレロ)をご紹介します。

フラメンコとデジタルミュージックの融合です。

是非聞いてみてくださいね!


ああ、ホントにゆる~い感じだな・・・・

「氣」とか関係ないや(笑)

あなたのブログから出ているエネルギーを読み取ります! ブログでトンレン

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

うつ状態 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷山です。

僕のブログを読んでくれている方なら「丹田」という言葉は聞いた事があると思います。

丹田はおへそから3㎝程下にある下腹部に存在します。


「下丹田」の部位が世間一般で言われている「丹田」となります。


「丹田」は「氣海」(きかい)とか「臍下」(せいか)とかとも呼ばれ、まぁとかく重要視されている部位でもあります。

ヨーガでいう所の「スワディシュターナ・チャクラ(2番チャクラ)」に相当します。

丹田は自分の周囲から吸った「氣エネルギー」を自分の内臓へ供給する役割があったり、「氣」を下げて精神を落ち着かせる役割があったりします。
(氣が上に上がっていい事は一つもありません)

よく

「肚が座ってる人」

などと言いますがそれは丹田が活発に活動しているからそういった状態になる訳です。

逆に丹田が弱っていると内臓へのエネルギー供給が足りなくなり、全身疲労や血液循環の滞りなども起きてしまいます。

そして、「氣」を下に留めておく事ができないので、エネルギーが上へ上へと上がり、頭部へ氣が集中する事で頭痛などの症状が出たり、空想的になり過ぎてしまう傾向もあります。

「内丹」では全身を「鍋」に見立てて、「丹田」を「かまど」とします。

「かまど」でグツグツと氣を練るので、「陽の氣」を作り出す上でも「丹田」はかかせないのであります。

まぁ、なにわともあれ昔から言われている通り「丹田」は重要な場所である事に変わりはありません。

なのでみんなが口を揃えて

「丹田を鍛えよう」

と言う訳です。

確かに「丹田」が強くなると活力が沸いてくるし、色々と生きるのが楽になります。

何を行うにも「丹田」は、基礎的な部分であり土台となる訳です。

でもしかし!

マスターヨーガの「行者」である我々は

「丹田は強くて当たりまえ」

という風に考えています。

何故ならば丹田よりも上部のチャクラを動かすにはそれ以上のパワーが必要ですし、特に頭部の「上丹田」と呼ばれる「アジナー・チャクラ(6番)」、「サハスラーラ・チャクラ(7番)」を稼働させるにはさらに強力なエネルギーを要します。

確かにそれらを動かす基礎的なものとして「丹田」は必要不可欠なモノですが、チャクラを稼働させるそれ以上のパワーを身につけるには「丹田」だけでは足りないのも事実です。



「何を行うにも体が資本」

とはよく言われますが、健康体である事は全ての事において基本である様に、丹田が力強く稼働しているのは「究極」ではなく、あくまで「基本」であるという事です。

土台的な部分に相当する「丹田」を強化して、パワーを作り出しさらに上部のチャクラを動かし、さらなるパワーアップを目指すのも「行」をするうえでの目的でもあります。

もし、この記事を読んでくれているあなたがもし

「丹田を強くしたいな~」

と考えてるのならばそれ以上のパワーを得る事は出来ません。

「丹田は強くて当たりまえ」

それぐらいの気概を持って事に臨んでいただいた方が結果も出やすいってものですよ。

あなたのブログから出ているエネルギーを読み取ります! ブログでトンレン

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

うつ状態 ブログランキングへ







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷山です。

いただいた質問で

「私はすごくイライラしてしまうのですが、これはエネルギー的なモノなのでしょうか?それとも病気なのでしょうか?」

というご質問をいただいたので、今日は

「イライラしやすい人」

について書いてみます。

最初に言っておきますが、僕は結構「イライラしやすい人」でした。
(イラチってやつですね)
こんなにイケメンじゃないけど・・・・・

電車の切符を買うのに前の人がグズグズしてるだけですぐにイライラ・・・・

自分の意見が通らないとイライラ・・・・・

周りの人間の仕事が遅いとイライラ・・・・

雨が降ってもイライラ・・・・

挙句の果てにはイライラしてる人が近くにいるだけでイライラ・・・・


もう何はなくとも常に「イライラ」してたんです。

自分でも

「これはもう病気じゃないか?」

と思うほどでしたねー

せっかちな性格と変に几帳面な部分が「イライラ」を加速させてました><

まぁ、病院に行こうとまでは思っていませんでしたが、自分の「イラチ」さ加減にうんざりもしてたんです。

面白いもんで、マスターヨーガをやり始めてからはかなり急速に「イラチ」レベルも下がっていきました。

でも、昔の癖ってのはなかなか治るもんでもなくて今でも一瞬「イラッ」とする事はあります。

でも気力が強くなってくるとその「イラッ」に流されなくなります。

「イライラ」は感情のエネルギーです。

「イライラ」してる時は感情の波が大きく動いているのですが、気力が強くなるにつれその「波」に左右される事を嫌う傾向があります。

なので「イラッ」とした感情を感じても

「ああ~ イラチの感情の波だな~」

なんて具合に自分を冷静に観察して、感情に流されなくなります。


なんて言うか、自分の中でイライラしてる波を一歩引いた所から観察していると

「これは不快だよな~」

なんて思うんです。

という事は以前はその不快な波と同調して一体化してた訳ですね。

いや~ それは健康に悪いわ。

これは他人が「イライラ」してても同じで、誰かが「イライラ」して気を波立たせます。

普通に考えたら「練功」や「瞑想」などをしていない普通の人が「イライラ」してる波を意図的に発する訳はありません。

その人も自分の感情の波に飲まれてる訳です。

そのバッシャンバッシャン波立ってるエネルギーを周囲にまき散らし、影響を受けやすい人なんかは「貰って」しまい不安になったり、怖くなったりします。
(以前の僕はそれをモロに貰ってしまい、自分もイライラしてた訳です。)

気力が強くなるとその「波」に流されませんから、自分は平常心を保てます。

それどころか自分が落ち着いている波を発してるのですから、その「イライラ」してる人の落ち着きを取り戻す事も出来ます。

その人が落ち着きを取り戻して「場」には穏やかな空気が流れればそれはまさしく「トンレンの威力」だと思います。


よく、

「クレーマーには落ち着いた態度を取る事が大切」

とか

「興奮している相手にはゆっくりと喋る」

と言われてますが、これはまさしく相手の「波だった気」を抑える為なんですね。

嫌だよね、人質取ってる犯人相手にテンパりまくってる刑事とか(笑)


まぁ、何が言いたいかというと

「イライラしやすいという事は決して病気ではない」

という事です。

何故そんなに「イライラ」するかと言うと自分の感情の統御の仕方を知らないだけなんです。

「イライラしちゃダメだ イライラしちゃダメだ・・・・・」

なんて考えてもイライラするもんはイライラするんだから無理な話だし、余計にストレスが溜まります。

その「感情の波」より強い気力を自分が持って、それに流されない様にする精神的な「技術」さえ持っていれば「イライラは病気ではない」という事が分かってくるはずです。

不快な感情と一体になるのは健康に良くありませんからね!


あなたのブログから出ているエネルギーを読み取ります! ブログでトンレン

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

うつ状態 ブログランキングへ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷山です。

毎度ですが、僕の所ではマスターヨーガによる「気力の強化」と気功ヒーリングによる「気力の浄化」を行っています。

正直、僕のブログを読んでくれている人でもイマイチ違いが分からない人もいるでしょうし、実際に足を運ばれる方もどちらを選んでいいのか分からない人も多いです。

なので結局はとりあえず足を運んでいただいて「トンレン」をして決める事が多いです。
トンレン行法とは

今回は「体験者の実例」として最初はヒーリングによる「気力の浄化」をご希望され、実際に施術も受けていただきましたが、最終的には「気力の強化」の施術に移行して効果があった方の例をご紹介したいと思います。

Oさんのケース 30代:男性 受けている施術:気功ヒーリング→気力の強化

Oさんは最初

「ストレスを感じると前頭部がビリビリする症状で困っている。ヒーリングで治してほしい」

と足を運ばれました。


Oさんは病院には行かず、「氣」の観点から症状の改善をご希望されていらっしゃいました。

あくまで「気功」は代替療法になるので、完治する約束はできませんが西洋医学では調べられない「氣」の状態を調べる事が出来ます。

実際にOさんとトンレンをしていみると、確かに前頭部にビリビリする様な氣の停滞を感じました。


Oさんからお話しを聞くと、今までに「気功治療」を行う数人の気功師の元へ足を運ばれたそうですが、効果が無かったそうです。

そんなこんなで困り果てて「氣塾」へ来られました。

ご希望の施術は「気功ヒーリング」でしたのでご希望の施術を行います。

Oさんは独特な氣の流れをお持ちで、元々の気質的に頭部へ氣が集中しやすい傾向がありました。

「気功ヒーリング」は停滞している氣の質を害の少ない氣に変換する事は可能です。

一度目の施術で停滞している氣の質を大分変化させる事と氣を下に下げる事はできましたが、Oさんの場合は元々の気質的な問題があったので数度のヒーリングで一時的に良くなってもまた同じ様な症状が出てきてしまう場合が多いです。

その事をOさんに伝え、あくまでご希望ならば「気功ヒーリング」の施術を重ねる事も出来ますが、気力を強化する事によりご自分で気をコントロールできるようになった方が手っ取り早いし、何より元に戻る事もない旨を伝えました。

僕のこの提案にOさんも賛成していただき、次の施術からはマスターヨーガによる「気力の強化」を行う事になりました。

ちょうど昨日、4度目の施術を受けに来られたのですが最初に相談のあった「前頭部のビリビリ」がほとんど無くなったそうです。

たまに「ビリビリ」を感じる事があってもほとんど気にならないレベルで、ちょっと「ビリビリ」するなと感じたら呼吸法を行う事でそれも改善するにまで至ったそうです。

これは嬉しいご報告ですね~

昨日「トンレン」にて状態を確認させていただきましたが、まだ少し頭部の停滞感はありますが、以前と比べると大分薄くなっていましたし、全体的な氣の循環もパワフルになっていました。

元々の気質的に頭部へ氣が集中してしまう傾向がありましたので、多少停滞する癖が残っているのはしょうがないと思いますが、これもじきに消えていくでしょう。

最初は「頭部のビリビリ」の改善が目的で足を運んでくれたOさんでしたが、「氣塾」の「行」に興味を持ってくれて「ビリビリ」が完全に改善しても「行」を続けるご意思だそうです。

個性的な氣質をお持ちのOさんなので「行」が進むにつれ、どの様な変化を感じられるかが今後楽しみです。

Oさんの様に何かしらの症状が出ていた場合でも、「氣の循環」をパワフルかつ健全にする事により、改善するケースは多々あります。

そして、「健康」になるというのはスタートラインでその先には「人生の深淵」を垣間見れる様な力が「行」にはあります。
(こういう事を書くからなんか怪しい感じになっちゃうんだよな~ でも本当ですし・・・)

まぁ、自分の力で自分を変化させていく事は何にも代えがたい喜びと楽しみがありますよ~って事ですね^^

あなたのブログから出ているエネルギーを読み取ります! ブログでトンレン

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

うつ状態 ブログランキングへ










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷山です。

前回の記事は

「なぜ呼吸法をすると気力が強くなるのか?」

です。


前回の記事で「やる気」や「前向きな気持ち」になるには「精神的な余裕(余力)」が必要な事をご説明しました。

「氣」とは「生命エネルギー」です。


その「エネルギー」が強まれば「活力」となりますし、弱まれば「衰弱」する訳です。

ブログでは何度も説明していますが、「エネルギー」は循環をします。

そういった意味では「血液」に近いといえるかもしれません。

人間の血液が血管を通って循環するように、「氣」は「気脈」を通り循環しています。

コレステロールなどで血管に詰まりがある場合、血液は健全に循環しないので動脈硬化や閉塞性動脈硬化症、バージャー病と呼ばれる病気になる事もあります。

「気脈」が詰まるとその詰まっている部位に生じた病気を誘導する事もありますし、何より綺麗に循環が出来ていないという事は「生命エネルギー」の循環が弱いという事になります。

しかも、世の中の大人のほとんどは気脈がビッチリと詰まっています。
(なぜ気脈が詰まるのか? 気脈の詰まりに関しては「気脈でみる人の一生」を見てくださいね)

気脈が詰まっているという事は「生命エネルギー」である「氣」の循環量が少なくなるという事です。

ただでさえ少ない「エネルギーの循環」が日々の生活や人間関係によりさらに目減りします。
(持ってかれるからね)

そりゃ活力も出ないよ。

目減りたとしても新たに「氣エネルギー」を作り出せれば問題ないのですが、詰まった気脈では大量の「氣エネルギー」を発生させる事は困難です。

そんなこんなでその人の「余力」は減っていき、「活力」も「やる気」も出ない状態になってしまう訳です。


「氣塾」では気脈の詰まりを取り去る施術を行います。
(「練氣波(れんきは)」通称:ビバ)

体内の主要な気脈の詰まりを取り去り、呼吸法を行っていただく事で詰まった気脈を広げていきます。

呼吸法に合わせて練った「陽の氣」である「練氣波」を気脈やチャクラに流し込む事により、ご自身で行っていただく呼吸法の効能をさらにアップさせ、気脈とチャクラを大きく広げていきます。

そうする事により、通常では考えられないぐらい気脈を広げ、「氣エネルギー」の循環量を大幅にアップさせます。

そうなってくれば多少「氣エネルギー」が目減りしたとしてもそれこそ「気にならなく」なりますし、自分で「氣エネルギー」を発電させる事も可能になってくるのです。

自分の変化なのであくまで「今日やって明日効果が出る」という事はほぼありません。

しかし、続けていれば

「気付いたら全然気にならなくなってた」

という風に変化していきます。

なのでいきなり

「うおおお! やったるぜーー!」

とはなりませんが(それこそ何かヤバイ薬みたい)徐々に変化していく自分を感じ取る事ができます。
(その変化をじっくりと感じ取る事も大切な「行」の一部ではありますが)

そうやって最初は「余力」を作っていき、「やる気」や「活力」を生み出していくのが「氣塾」の技法になる訳です。

ここに書いた内容は「氣塾」では最初に行う初歩の内容です。

「やる気」や「活力」は何を行うにも最低限必要なものになりますので、さらに進んでいけばその強まった「エネルギー」を利用してさらに深く、本質的な「行」も行います。

もちろん、僕もその「道」を進んでいる一人です。


まぁ、なにわともあれ、最初は「チャクラの回転」など分からない方も多いですが、呼吸法を続けていくうちに

「うわっは めっちゃチャクラ廻ってるじゃん」

という様になっていきます。

「チャクラ」や「氣」などの言ってしまえば「概念的」な存在を自分で体感していく事で「確信的」に変化していくのはとても有意義な事ですよ。

さぁ、あなたも「呼吸法」を日常の中に取り入れて目減りした「活力」を取り戻しちまいましょう!


あなたのブログから出ているエネルギーを読み取ります! ブログでトンレン

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

うつ状態 ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)