やる気UP! 人生を切り開く気力の強化と浄化 杉並・高円寺     東京氣塾 谷山教室

杉並区のJR高円寺駅より徒歩3分 東京氣塾 谷山教室です。
古式マスターヨーガと武当派太極内丹法を用いて氣力を強化を行い、気功ヒーリングで心身の浄化を図ります。

朝起きた時にいつもの10倍元気があったらあなたはその日、何をして過ごしますか?
「東京氣塾 谷山 教室」ではマスターヨガとエネルギーヒーリングであなたをのエネルギーを強力に、そして清浄に変化させます。

朝 元気

あなたの「氣エネルギー」を変化させ、普通ではないちょっと特別な人生を歩いてみませんか?

メニュー・解説はこちら→「施術の流れ、メニュー」

初めての方はこちら→「東京氣塾 谷山教室とは?」


NEW !
テーマ:
「ビール不振 若者のせいなのか」

さっきヤフーニュースのトップに出ていました。


ビールが不振なのは知ってたけど、それを「若者」の責任だとする・・・・・


この言葉にはちょっと引っかかった。

「ビールが不振」これは理解できる。

売れ行きが悪いのであろう。

このニュースの言葉からすると

「ビールが売れないのは若者のビール消費量が減ったからだ」

というニュアンスが感じとれる。(事実、本文にもそのような事が書いてあった)

でもビールが売れないのを若者の「せい」にするのはいかがなものだろうか?

この言葉の背景には

「ビールは売れて当たり前。売れゆきが悪いのは若者のせいだ!」

という「ビール売れて当たり前説」があるような氣がする。

誰が書いたかは分からんが少し「老害臭」すら感じる。

恐らくこの記事をかいた記者は

「いやいや、そんな事は無いですよ!若者のビール離れが原因なんじゃないかな~って思って・・・・」(妄想)

ぐらいの返しをしてきそうだが、「若者のせい」などとという言葉を使う時点で若者を見下してるような言葉使いである。

ともかく「原因を追究する」のと「何かのせい」と責任転換するのとでは大きく違う。

などとどうでも良い記事を書いてみる。

今日は書き溜めた記事の更新タイミングを逃しちゃったしさ。

何か書こうかな~って思って思いつきで書いてみました。

ごめんなさい。許してください。ありがとうございます。愛してます。

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

気功 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「思う事」 の記事

テーマ:
1月28日、今週の土曜日は今年最初のトンレン部です。

場所は高円寺の教室で行います。


参加費は3000円で時間は13時からです。

毎度の説明ですが、「トンレン」とは「トン」(与える)「レン」(受け取る)というチベット語です。

「あなたの苦るしさを受け取り、私の楽を与えます」

こういった意味合いがあり、「慈悲の瞑想」とも呼ばれています。

氣塾では「トンレン」は相手の情報の読み取りを主に行います。

まずは相手の事を知らないと受け取るも何もできないからね。

「リーディング」と同意に受け取る方もいらっしゃいますが、「リーディング」(読み取り)はトンレンの一側面でしかありません。

「トンレン」は「相手の氣の情報」を読み取ります。


ガイドだったりハイアーセルフから読み取るというのではなく、その人の「全ての情報」が詰まっている「氣」を読み取るので精度は高いです。

1対1で行う事が基本なので、読み取った内容を互いに確認しながら練習を行います。

そうする事によってさらに精度を上げていき、「自分だけがそう感じる」のでは無く、読み取った情報を共有し、現実化する事が可能です。

言うまでもありませんが、「トンレン」が上達し、氣力が強くなれば人間関係を向上させる事は容易くできるようになります。

だって「相手の情報を知る」事が出来るんですから。

それに修行が進めば今まで嫌いだった人を慈しむ気持ちが出てきたりもします。

嫌いだったり苦手な人がいなくなれば生活の質が向上する事は想像に難しくないですよね。

「トンレン」は修行の基本ですが、奥が非常に深いモノでもあります。

「氣」に興味がある人や「人間関係で苦労してる」人などは是非、参加してみてくださいね!


今年一発目のトンレン部という事もあり、もし希望者がいれば「氣の違い」などを体験していただく為に「ヒーリング」(治療用)の氣なども流そうかな~なんて考えてます。

ま、とにかく皆で学べて盛り上がれればいいですね!

あ、それと今回、トンレン部は17時までなのですがトンレン部終了後に教室にて「鍋パーティー」を計画してます。(鍋パ)

教室自体は鍋パをやる為に借りてる訳ではないので、鍋パを行う為のカスタマイズはしていませんが、出来うる限りは理想の鍋パに近づけるようにはするつもりです。

理想の鍋パ

トンレン部ともども是非ともご参加くだされ~

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

気功 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「会話」というのは重要だと思う。

普段何気なく行っている行動だからこそ非常に重要だと感じます。

よく

「言葉には言霊が宿るから良い言葉を使うのが大切」

と言われたりするが、僕的には「言葉」より「会話」が大事だと思っています。

もちろん、「言霊」というモノは本当にある。

「氣」を扱っているとよく分かるモノだけど「言葉」には「氣」が乗る。


だから「良い言葉」を推奨する事になんら反対はしないし、その通りだとも思う。

でも、いくら良い言葉を使っていたとしてもいつまで経っても「会話」のレベルが上がらない様ではお話にならない。


例えば何かしらの強い不安を感じてる人がいたとする。

どうしてもその人の会話の内容はその「不安の対象」ないしはそれに近いモノが多くなると思います。

それは別にどうって事はない至極当然の事です。

ただ、そういった人の場合、いつまで経っても会話の内容が「不安」を元にしている傾向があったりする。

これは例え話なので「不安」が「怒り」でもいいし、他の感情でも構わない。

もちろんそういった人も常に会話が「不安」な話ばかりな訳もないが、どうしても会話の根本が「不安」からの発信になる。

一般人でそこまで精神が強靭な人も少ないので、困った事などが起きていて「会話」の内容が同じような「不安」からの発信がしばらく続く事もある意味ではしょうがないと思います。

でもそれがいつまで経っても同じような会話をしていては絶対に成長しない。

何が滑稽かと言うと、「精神世界」的な考えが広まってきてるがゆえ、「言葉」はポジティブな言葉を使う人が増えたけど、会話が一向に成長しないような人が増えてる事です。

「私は前向きだから大丈夫! 良い言葉を使うと良い事が起きるんですよ!!私には良い事ばかり起きるんです^^」

こんな言葉には無理やりな感じがどうしても否めない。

「ハリボテみてたいな感情出しやがって。強がってないで自分に素直になりやがれ!」

なんて余計な事まで思ってしまう。

金持ちは金持ちなりの会話があり、貧乏人には貧乏人なりの会話があるように、会話の内容でその人のレベルが判断できてしまう。

さっきも言いましたけど、人間なんて弱ってる時があって当たり前なんだからそういう時はいくらでも弱ってる会話をして構わないと思う。

でも、弱音を吐く事に慣れ過ぎてそれが「楽」になってしまうと泥沼にはまってしまう。

「今は弱音を吐いてるけど、いつかは這い上がってやる」

と自分の弱さを認めつつも、心の隅っこにそういった気持ちは絶対的に必要だと思います。

「ああ、昔はあんなに弱い会話をしてたけど、今はちょっとは成長できた会話が出来てるな~」

過去を振り返ってそのぐらい思えるような成長をしなければ同じところでグルグルしてるだけです。

「グルグル廻りやがって!お前はバターかよ!」

って突っ込みたくなるけど、この突っ込みは大して面白くないから忘れてください。



・・・・・・とにかく人と付き合っていく上で、その人の「何気ない会話の内容」で成長度合いが分かってしまうのも面白いもんだと思います。

「今のままでいい」

この言葉は否定しません。

弱ってる時には力を抜いて楽になる事も必要だから。

でも、その「楽さ」にはまってしまっていつまで経っても成長できないのはもったいないと感じます。

無理をしないで素直に弱音を吐いてもいいと思います。

例え、今は弱っていてもその中で「より良くなってやろう!」という意志を持っていた方が無理して綺麗な言葉を使ってる人より何倍も人間らしくて僕は好きです。

別に僕に好かれる必要は無いと思いますが、何気なく自分が行ってる「会話の内容」に注意して、多少の「ハッタリ」でもいいから背伸びした会話を意識してみてください。

半年後には驚くぐらい成長してる自分がいるかもよ。

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

気功 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「それはあなたの前世のカルマです」

こんな言葉を聞いた事ある人も多いと思います。

「カルマ」って聞くと何だか怖いイメージを持つ人も多いでしょう。


でも本当の意味での「カルマ」を知ってる人は少ないのかもしれません。

Wikipediaでも「カルマ」は仏教の基本的概念と記載されています。

間違ってはいませんが、「カルマ」は元々「ヴェーダ教典」の中の「ウパニシャッド」に出てくるのが最初だと言われています。

「カルマ」とは元々サンスクリット語で「行為」を表す言葉です。

「行為」は何かしらの結果を残します。

目指す事があるのならば、目的を果たす行為が必須となりますが、「行為」がいつも目的を果たせるとは限りません。

「正月食べ過ぎちゃったから体重が増えちゃった」

というのも「行為の結果」ですし

「増えた体重を戻す為に頑張ろう!」

というのは目的に向かう「行為」です。

「ダイエットしなければいけないのに甘い誘惑に勝てない・・・・」

となってしまい、目的を達成できないのは一般的に言えば「甘え」ですが、「カルマの理論」から言えば「前世のカルマ」となる訳です。(例えはすっごいざっくりですよ。)

努力してもうまくいく場合と行かない場合がありますよね?

上手くいく時といかない時の差は前世に何をしたかで決定しているとされ、「行為」は行なった後になんらかの原因を作り、それが来世で効果を発揮する。

よい行為は後に良い事をもたらし、悪い行為は苦しみをもたらす。(善因善果・悪因悪果)

カルマは輪廻の原因とされ、生まれ変わった来世では前世の「行為」によって決定される。

・・・・・というのが一般的な「カルマ」による因果応報の思想と言われています。
(後に「善因善果・悪因悪果」の思想を覆す思想家も出てきますが、それはまた別のお話・・・)

ただね~、僕的にはあまり「生まれ変わり」とか「輪廻転生」って興味を持てないんです。

もちろん、否定もしません・・・・・

でもあまり食指が動かないんですよね。


でもこの法則を見つけ出した人ってすごいですよ。

「結果」に対して

「しょうがないね~」

では納得できず

「絶対何かしら原因があるはずだ!」

と絶対的な原因を追究したんですから。


そして起きる現象にどう考えても原因が見つからず、「輪廻転生」の思想から「前世のカルマ」という概念を作りだした訳です。

なので「カルマの法則」なんて聞くと宗教的な感じがするかもですが、僕的には理論的にすら感じます。

ただ、原因の追究の仕方が「輪廻転生的」であるか「今生だけ的」であるかの違いなだけだでね。

結局「カルマ」は「行為」の「結果」なんです。

「前世」とか「来世」をどこまでその考えに入れるかは意見の分かれる所ではありますが

「あなたのその不幸は前世のカルマです。だからこのお払いを受けなさい」

なんて言う人はとても胡散臭いです。

だって単に「行為」の「結果」な訳だからね。

なので僕的には「カルマ」という言葉は全て「今生的」な意味合いでしか使いません。

努力をして(行為)、結果がどう出ようが関係ないと思っています。
(もちろん望む結果を出せるように努力はしますが・・・・)

やるだけやったら後は文字通り「神のみぞ知る」って感じの方が気も楽だしね。

ホントに「カルマ」って言葉は人の思考や背景、環境によって使われる意味合いに大きく差があります。

そういった意味でも自分の中で「カルマ」という定義を作ってみるのも大切な事なんではないでしょうか?

さて、正月太り(カルマ)をどうやって解消しようかな・・・・・・・

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

気功 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕のブログを読んでくれている人は「精神世界」などに興味がある人だと思います。

現代は「精神世界」と一言で言っても非常に幅が広く、色々な事を学べる半面、情報過多である事も否定できず、様々な情報が行きかい、ごっちゃになってしまっていてある意味でカオスな状態になっています。

何か色んな人が色んな事を発信していて

「誰が何を言ってるのか?」

「あの人はこう言ってたけどこの人はこう言ってる」

なんて事もザラにあります。

正直、僕も一時はあまりの情報量の多さと不確定さにうんざりして

「何を学べばいいのか?」

という事に頭を悩ませていました。


色々な書籍やブログ等で原稿を読みましたが、僕を満足させる内容に出会える事もなく、宙ぶらりんの状態が続いていました。

ある人は言ってる事があやふやだし、別の人は「見えない世界」なのにやたら断定的で「決め付け」が多く、信用できないし・・・・・・

そんな状態が続いていましたが、ある時

「こんなにメチャクチャな状態なら、自分で思想や哲学を学んで作ればいいんだ」

という事に気付き、「思想・哲学」の根本的な部分を学び始めました。

面白い事に僕らが行ってる「行」と「思想・哲学」は結びつきが多く、学べば学ぶほど「行」に深みを与えてくれます。

まぁ、元々、古代「宗教」における「教義」と「行」はワンセットであるモノなので当然っちゃ当然なんですが・・・・・

学んでいくと面白いもんで、「スピリチュアル」や「新新宗教」など現代における「精神世界」と呼ばれるジャンルのほとんど全てが古代の「思想・哲学」から派生されている事が分かります。

今、僕らが「新しい」と思って学んでいたモノのほとんどが既に出尽くされた思想である訳です。

そんな事に気付くとあらためて古代の「哲人」の偉大さに驚かされます。

このブログにも新しく「思想・哲学」というテーマを作りました。

実際に僕が学んでいる事などをゆっくりと書いていき、読んでくれている人と一緒に勉強していければと思います。

ちなみに僕の「思想・哲学」というスタンスは

「思想・哲学は全六感で捉えられる」

というスタンスです。


どういう事かと言うと「見る、味わう、触れる、感じる」などは「思想・哲学」の範疇であり、それ以外の事は「知らない、分からない、調べない」という事です。

例えば「トンレン」で読み取る内容(感じる)は「哲学」になりうるけど「天使や神様」などの非物質存在や「霊界」など「死んだらどうなる?」の世界は「哲学」に成り得ない。という感じです。

もちろん、「天使が見える」「神様と話せる」という人がいたとしたらその人にとってはそれが「現実的」であり「哲学」になると思いますが、残念ながら僕はそういった事にあまり興味が無いので取り扱いはしません。

ううむ、説明が難しいな。

「目に見える事+感じる事だけを追求する。でも自分だけが感じてる事は気にしない。人と共有できて初めて役に立つ。」

って感じかな。

もう、良く分からん。

昨日飲み過ぎた。

んじゃ、また明日!

【東京氣塾 谷山教室】
東京都高円寺南3-59-17 セントラルヴィレッジ202
(JR高円寺駅より徒歩3分)

気力の強化・浄化 セッションメニューと料金は→気力の強化と浄化メニュー

体験者の声は→体験者の声

気ってすごい重要なんです→コチラ

メールでのお申込み・お問合せは→コチラ
(ホームページへジャンプします)

お電話でもご予約承ります。
電話番号:03-3317-7155
(留守番電話になった場合は簡単な内容とお名前、ご連絡先を録音お願いします。後ほど折り返しいたします。)


ランキング参加してます!
2つのボタンをポチっとお願いします^^

にほんブログ村

気功 ブログランキングへ 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)