最近QOLという言葉を耳にしたことはありませんか?

“Quality of Life”の略で、生きていくうえでの生きがいや満足、人生の質、という意味があります。
歯科医師も、患者さんの身体的精神的な苦痛を取り除くための治療にとどまらず、患者さんにより自分らしく、満足度と質の高い人生を送っていただくという観点で、QOLの向上をめざした治療を行いたいと考えています。

患者さんも、白くて、長持ちし、金属アレルギーの不安がない自費診療を選ぶ方が増えてきました。


★保険治療とは?


治療のほとんどは保険でカバーでき、治療費用の3割(条件付きで1割)を負担することで治療を受けることができます。

保険治療は、国によってあらかじめ金額が決められているので、同じ診断で同じ治療内容であれば、どこの歯科に行っても同じ金額で同じ診療を受けられます。
しかし保険は「病気」でなければききませんし、噛めることを目的としているので、かぶせる金属や材料に制限があり治療方法なども決まっています。

さらに審美を目的としていないので、より良い材料、より良い診療、自然な美しさを求める場合は保険の範疇を超えてしまいます。


★自費治療とは?


自費治療では、治療方法や治療に使う材料、治療にかける時間が制限されることはありません。
最新の治療法で、高性能の材料を使い、時間をかけた丁寧な治療を受けていただくことができます。

保険治療の細かいルールに縛られず、ベストな治療を選んでいただくことができるのです。

ただし、治療費は全額自己負担となります。


★どっちがいいの?


実は、保険診療の詰物や被せ物の寿命は平均5.5年というデータがあります。

これは、金属と歯はくっつかないからです。

セメントで機械的に歯に留めますが、歯と金属の間にすき間が残ります。

金属は固すぎるので、噛むたびに歯との間のすき間が広がったり閉じたりします。

そこに酸とむし歯菌がしみ込んで、詰め物や被せ物の下に二次的なむし歯ができやすいのです。

やがて神経を取ることになり、最終的には歯を失ってしまう可能性があります。
さらに、口は顔の最も重要な部分であり、単に機能を果たせば良いだけではありません。
例えば、白い歯やきれいな歯並びは大きなチャームポイントです。

また、自然な噛みごこちは味覚に重要な影響を与えます。

耐久性があれば、痛い治療回数を減らすことができます。

他人に気づかれない入れ歯があれば、自信を取り戻すこともできます。


自費治療は、見た目やアレルギーのほか、耐久性や治療回数などを総合的に勘案すれば、保険よりコストパフォーマンス(費用対効果)が優れる場合もあります。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

   祖師ヶ谷大蔵駅前(祖師谷・砧)の歯医者なら谷村歯科医院

 

 

 

 

 

 

  

AD