とっても怖い歯周病

テーマ:

★歯周病ってどんな病気?

 

 日本人が歯を失う原因の第1位は、歯周病です。

歯周病とは、歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)が壊されていき、放っておくとやがて歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。
歯周病は初期には自覚症状が少なく、気づきにくいことから「サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)」とも言われています。

歯磨きの際に血が出たときには、すでに歯周病が進行しています。
歯周病の一番の原因は食べかすです。

歯垢が歯と歯茎の間にたまると、その中にいる細菌が繁殖して歯周病を起こすのです。


★歯周病に年齢は関係あるの?


 皆さんは、歯周病に対して「年を取ったらなる病気」というイメージはありませんか?

確かに、10代、20代の歯を失う原因の一位が虫歯なのに対し、30代以降は歯周病が急速に増えます。

しかし「若いから歯周病とは無縁」という認識は、実は大きな間違いです!
 厚生労働省が発表した、「平成23年歯科疾患実態調査」の中に「歯肉の所見の有無、年齢階級別」という項目があります。

これを見ると、歯肉、つまり歯ぐきに所見がない=異常が見当たらない、という人の割合は、20~24歳で25.8%、25~29歳で31.1%しかありません。

つまり、20代の人のうち約7割は、歯ぐきに何らかの異常が認められるという状態なのです。

この方たちは、歯周病予備軍と言えるでしょう。

 

下記の項目は、歯周病になりやすい要因です。一つでも当てはまる方は気を付けましょう。

 

1.歯磨きをきちんとしていない人
2.喫煙している人
3.口呼吸の人・口を開けていることが多い人
3.かみ合わせや歯並びが悪い人


★まずは歯周病の予防から


 歯周病の予防で一番大切なのは歯磨き。毎日の歯磨きを丁寧にするよう心がけましょう。

デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを併用するとより効果的です。
また、歯ぐきに違和感を感じていたり、歯に歯石がついていたり、長い間歯医者にかかっていない人は、この機会にすぐに歯科医院へお越しください。
歯の汚れ(歯垢や歯石)は、どんなに頑張っても歯磨きだけですべてを落としきることは困難です。

すでに歯医者に通っている方は、3か月に一度、プロの手で徹底的にお口の中をクリーニングしましょう。

 

 歯周病は歯を失うだけでなく、糖尿病や心疾患、認知症まで、全身の様々な疾患と関わりがあります。

特に妊娠中は胎児に影響が出る可能性も。若いうちから予防の意識を持ち、長く健康な歯を保ちましょう。

 

   祖師ヶ谷大蔵駅前(祖師谷・砧)の歯医者なら谷村歯科医院

 

 

 

 

 

 

  

 

AD