★歯ブラシはとても重要!


 暑い季節に大切なのが水分補給です。冷たいジュースやスポーツドリンクなどの甘い飲み物を飲みすぎてはいませんか?

これらの飲み物はダイエットの大敵であるだけでなく、あなたの大切な歯が溶けて、むし歯になってしまうかもしれないのです。


★酸蝕歯(さんしょくし)とは?


 皆さん、「pH(ペーハー)」という言葉を聞いたことはありますか?

中学の理科の実験で、リトマス試験紙を使い、色が変わったのを覚えていますよね。

これは水性イオン指数(potential Hydrogen)の略で、酸性・アルカリ性の程度を表す言葉です。

歯の表面を覆うエナメル質は酸に弱く、お口の中が「pH5.4」より低い値(酸性環境)になると溶けはじめます。

エナメル質が溶けると、むし歯や知覚過敏の原因になるほか、着色して歯にまだら模様ができたりします。

こうなった歯を『酸蝕歯(さんしょくし)』と呼び、歯の治療が必要になりす。

下の表は、普段よく口にする飲み物のpHの数値です。
ちょうどミネラルウォーターのpH7が中性です。
オレンジ―ジュースやスポーツドリンク、コーラなどは、特にpHが低いことが分かります。





★唾液の自浄作用


 PH値の低い飲み物を飲んでも、すぐにはむし歯にはなりません。

それは、唾液の自浄作用が働いているからです。

唾液には、歯の汚れを洗い流す働きと、酸を中和する働き、そして溶けた歯の再石灰化を促進する働きがあり、お口の環境を守っています。

しかし、飲みすぎや長い時間をかけてちびちび甘い飲み物を飲むのは禁物。

お口の中が酸性環境に長くさらされ、唾液による再石灰化の時間が短くなって、むし歯になるリスクが高くなるからです。
 水分補給はなるべく水かお茶で。

ジュースやスポーツドリンクを飲むときは短時間で飲み切って、飲み終わったらすぐに水で口をゆすぎましょう。

また、気づかない間にむし歯になっているかもしれません。

3か月に一度は歯科検診を受けて、お口を健康に保ちましょう。


   祖師ヶ谷大蔵駅前(祖師谷・砧)の歯医者なら谷村歯科医院







  

AD