3年前のしこうの楽しみ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

認識を正しく持つことの重要性が深く理解できて、より最適化を目指したとしても、それは案外難しいことかもしれません。
なぜなら正しいと考えられる妥当な認識は変化しうるからです。
それは、体力や精神状態への自己認識をイメージすればわかりやすいでしょう。

気づいたら体力が落ちていたりストレスが溜まっていたりと、いつの間にか自分の状態が変わっているということはあるものです。
同じようにどんな認識の妥当性であれ、厳密には刻一刻と変わっていくと考えられます。
飛行機は事故の確率が低いといっても、消失事故や墜落事故を目の当たりにして不安を感じる人が多くなれば、それだけでも認識の妥当性は大きく揺らぐかもしれません。

この場合、厳密には確率が変化しているわけで、微細ながらその時点で認識を改める必要があるでしょう。
もちろん、飛行機は危険という認識にすり替わるのは極端すぎです。
つまり、ある認識における条件がひとつでも変われば、妥当性に変化が起きる可能性があるということです。

もちろんその条件は、目に見えるものも見えないものも含まれます。
そして、正しかった認識が正しくなくなる時に、何らかの望まない影響が入り込むこともあるでしょう。
そう考えると、認識を固定化して持つこと自体がリスクのあることかもしれません。

認識を持った時には正しかったことが、いつの間にか正しくないことになってしまっていて、思いもよらない現実を目の当たりにすることもあるでしょう。
しかし、固定化されているくらいの明確な認識は、行動や結果に結びつきやすいという性質もあります。
英語がほとんど話せないのにできるという認識が実際に話す経験を蓄積させて話せるようになるように、誤った思い込みが功を奏するということもあるものです。

そうであるなら固定化せずに揺るぎない明確な認識を持てることが理想ということになりそうです。
確かに揺るぎない正確な認識であれば固定化せずともそのくらいの力がありそうです。
そうであるならわざわざ固定化する必要もないでしょう。

それは、英会話の例でいうなら、話せる度合いを繊細にとらえて認めつつできない部分もとらえているという状態です。
そう考えると、固定化された認識というのはすでにズレている認識であることが示唆されるかもしれません。
そういった認識を見つけ出してブラッシュアップしていくのが、今の自分にとっての正しい認識を持つ上で重要なのでしょう。

そんな方向で自分の認識を見つめ直してみたいと思います。

谷孝祐
2014.8.9 7:48

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

谷孝祐さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。