皆さん、ご覧いただきましたでしょうか。「ウーマンラッシュアワーの100km走れ!メロメロッす」キラキラABC朝日放送で12月16日に放送されたこの番組(関西以外の方はご覧いただけなかったかも・・・え゛!)にJOTスポーツトレーナー学院 が制作協力をしてたんですよ。



「12月のはじめに、若手芸人さんが姫路から難波まで100㌔を走るという企画がありまして、サポートをしてもらえませんでしょうか?」


思い起こせば(笑)ABC朝日放送のディレクターさんからかかってきた、この一本の電話から、あの壮絶な二日間の物語が始まったのです。


詳細の話を伺うと、「36時間の制限時間内に、芸人さんが100kmを走破し、その直後に5upよしもとで待つお客さんの前で早口漫才を披露する」という、番組なんですが、100kmというと、体にもどんなアクシデントが起こるかわからないので、スポーツトレーナーさんに帯同してもらいたいということだったのですかお


そして、この企画に臨むのが、2011年の「ABCお笑い新人グランプリ」で見事優勝を果たしたウーマンラッシュアワーさんです。なんでも、優勝したご褒美で、彼らにとって初の「冠番組」アオキラしかも、90分の特番です。これは何としてもバックアップしなければかお2JOTの誇る「最強トレーナー軍団(笑)」の出番です。

そして、ロケ当日、姫路城集合です。



jot講師谷口順彦のブログ



しかし、集合時間を過ぎても、ロケバスが来ない・・・あんぐりアレっと思っていると、しばらくしてやってきました。


jot講師谷口順彦のブログ





初日の担当は卒業生の菰渕トレーナーです。


jot講師谷口順彦のブログ

ただ、この時点で若干の問題がえバスが到着して、それから着替えて、撮影のブリーフィングをして・・・。そうこうしている間に、スタートの9時が刻一刻と近づいてきたのです。そう、ウォーミングアップをする時間がほとんど取れない状態だったのです。何とか少しだけアップをしてスタートです。


要所要所で、相方の中川さんを待ち受けるトラップがえ゛!制限時間内に村本さんが到着しないと、中川さんが罰ゲームを受けるというシステムです。まさに「走れメロス!」ちなみにここでは、屈強な柔道家に、綺麗に投げられてました。


jot講師谷口順彦のブログ


走り始めて数時間。20㌔手前で昼食です上げ上げここまで意外にも(笑)順調なペース。さすがは普段から走り慣れておられるだけはあります。ここで、菰渕トレーナーがスポーツマッサージとテーピングでいったんケアに入ります。ここでひとつ分かったことが・・・村本さんはもともと膝のアライメントが良くなかったのですガーンなので、その辺りもしっかりサポートしていかなければ!


jot講師谷口順彦のブログ


しばしの小休止をはさんで出発です!ちなみにこれは20㌔ポイントの「臭いにおい」関門です。納豆にクサヤ・・・周りも強烈ににおってましたばいちゃん


jot講師谷口順彦のブログ


そして、ここから先は村本さんにとっても未知の領域に突入していくとともに、疲労があちらこちらから噴き出し、当初のペースからは遅れが出はじめたのです。そしてケアを受ける際も、おのずから苦悶の表情を浮かべるようになっていきました。


jot講師谷口順彦のブログ

なんとか40㌔地点に達しました。ここでは、「熱湯・氷水・墨汁」を交互にかけられるという関門です笑中川さんいわく、熱湯はバラエティーの領域を超えた熱さだったらしいです溜め息


jot講師谷口順彦のブログ


そして、42.195㌔地点。ちょうど、JR舞子駅付近です。ここでゴールとして、あとはバスで5up劇場まで移動するのか・・・それとも100㌔完走を目指すのか・・・OAではかなり省略されていましたが、ここではかなり迫真のやりとりがあったんですよ(`・ω・´)そして出した結論、100㌔完走を目指して、劇場で待っているお客さんのために走ることを決意されましたダッシュしかし、それは本当に過酷な人間ドラマの始まりだったのです。


舞子駅前から難波を目指して走り始めましたが、深夜は路面状況などが確認しづらく危険なのと、なにより村本さんの疲労も限界に達しつつありました。そこで、一旦ここで仮眠を・・・とスタッフ間で検討を始めたのですが、村本さんが「まだまだ走れる!走らせてほしい」というではありませんかしゃきーんここは本人の意思を尊重してロケ継続です。(時計の針は深夜2時を指していますが、まだまだ続きました)


jot講師谷口順彦のブログ



そして、2日目に帯同する安部先生のサロン「コアパス」に到着したのが深夜3時半。実に姫路から60㌔。さすがに限界のようで、ケアの途中に眠りに落ちていかれました。その傍らで中川さんが村本さんへの想いを話していたのですが「コンビ愛」を感じ、こんな関係の人がいるなんて、少しうらやましく思いました。


jot講師谷口順彦のブログ


そして、約2時間の仮眠ののち、2日目がスタートです。しかし、60㌔走ってきた村本さんの足は疲労と膝のアライメント不良も災いして最悪のコンデション。立ち上がるのも困難な状況だったのです。とりあえずはストレッチとスポーツマッサージをしっかりと。

jot講師谷口順彦のブログ



そして、膝をテーピングでサポートすることでなんとかスタートできる状態になりました。


jot講師谷口順彦のブログ


スタートしましたが、足はもう上がらないような状態。走るのはかなり困難です。あと40㌔を完走するためにも、膝に負担のかからない歩き方を指導します。


jot講師谷口順彦のブログ


途中、ケアしながら。


jot講師谷口順彦のブログ


応援しながら。


jot講師谷口順彦のブログ


2日目は初日のようなトラップはありませんでしたが、ヒューマンドラマです。村本さんはひたすらに100㌔完走を目指していく。心配なのか、中川さんも後をずっと追っていく。正直時間もかなりギリギリで「無理かも・・・」という空気が流れたこともありました。そのたびに村本さんと中川さんが二人三脚で頑張り、周りもバックアップする。「絶対に100㌔走りきるんだ!!」現場は自然とそんな空気に包まれていきました。その甲斐あってなんとか制限時間内に5up劇場に到着しました。100㌔完走です!!


jot講師谷口順彦のブログ


この後彼らが見せた漫才。はじめて彼らの漫才を生で見ましたが、キレがあり100㌔完走後とは思えない完成度。さすがは「THE MANZAI」決勝進出を果たしたプロの技を見せつけられました。面白くて感動のひとときでした。そして、100㌔完走おめでとうございましたキラキラ



頑張る人をサポートする仕事「スポーツトレーナー」や「パーソナルトレーナー」に興味のある方は、ぜひ学校のHPも見てくださいね。


リンクです。

JOTスポーツトレーナー学院のホームページ





AD