全羅北道・全州と忠清南道・扶餘プヨでどきどき|ありりんの人生の旅はゆったりと

全羅北道・全州市、忠清南道・プヨ(扶餘・扶余)郡中心の韓国地方旅行情報ブログ。
年に2回韓国を一緒に旅する計画実行中。もしよかったら次回ご一緒に。
韓国全羅北道道知事賞受賞、全羅北道国際交流諮問官


テーマ:
祝!柏レイソルACL出場!2015年2月24日ようこそ全州へ!


全北現代のホームスタジアム、「全州ワールドカップ競技場」
Jeonju World Cup Stadium (전주 월드컵 경기장)「全北ワールドカップ競技場」と表記されている場合もあるようですが、正式名称は「全州ワールドカップ競技場」です。



全北現代がここ数年とても強いため、
ホームスタジアムで国際試合が開かれ、
日本からもたくさんのサポーターが応援に行くことが増えてきました。


サポーターの皆様のお役に立てればと思い、
今までの記事に点在していた情報を整理して最アップしてみました。
応援にいらっしゃる方、ご参考になさってください。


はじめに~ご注意


詳しい情報・最新の情報は現地で御確認をお願いします。

顔が似ていても、やはりここは外国。
相手チームのサポーターへの配慮をお忘れなく。
特に相手方が負けた場合には下手に刺激をしないようご注意ください。
国際問題にも発展しかねませんので。


全州ってどんなところ


「全州ワールドカップ競技場」のある
全州市(チョンジュシ)は朝鮮半島の中西部にあります。

全州市は全羅北道(チョルラブクド)の道都。

全州(チョンジュ 전주)という名前初めて見る方多いでしょうか?

ここは「韓国の台所」とも呼ばれ
食べ物が美味しいところとして有名。
ビビンバ発祥の地、と言われています。

ソウルから南に約300キロ。
位置的にはこんな感じ。


空港からリムジンバスで全州へ行く


日本から行く場合はまずソウルの空港へ。
(距離は余り変わりませんが、釜山からの方が不便です。)

ソウルには
成田的な「仁川(インチョン)国際空港」と
羽田的な「金浦(キンポ)国際空港」が。

空港から全州までは直行のリムジンバスがあります。。

リムジンバスは
仁川→金浦→(ジョンアン休憩所でトイレ休憩)→益山IC(イクサン・アイシー)→全州駅(チョンジュ・ヨク)→全州コアホテル 全州エアポートリムジン※
の順番で止まります。(2014年にリムジン発着場が全州にオープンしました。くわしくはこちらの記事をご覧下さい。これ→全州の空港リムジンバス乗り場が新しい専用ターミナルになりました


所要時間は仁川→コアホテルでだいたい約3時間50分。
たまに金浦空港に寄らないバスもありますが(下の時刻表参照)
その場合には10~20分程度短縮。


*仁川空港でのリムジンバスの乗り方
まず出国手続、荷物検査が終わったら

出口9番と10番の間にあるリムジンバスの券売所。ここで全州(チョンジュ 전주)までのチケットを購入。


チョンジュという地名に似た地名は他にもあり、発音も難しいので、ハングルで「전주」と書かれたものを持っていたほうが安心かも。

料金は2015年1月時点で31000W。
チケットはこんな感じ。※全州コアホテル行きと書かれていてもコアホテルにはいきません。終点は「全州エアポートリムジン」です。

バスの行き先、出発時間、乗り場を確認。
このチケットでは「全州行き、1300発、乗り場9C」となってます。

9C乗り場は9番出口を出て右手にある横断歩道を一つ渡ります。


渡ったら左手にこの色のバスが止まっているはず。

image


バスの前面に表示されている
行き先と時間を必ず確認し、大きな荷物は貨物室に預け、
乗り込みましょう。座席番号はチケットに書いてありますが、基本的には自由席。

出発時間になると運転手さんがチケットの半券を回収に来ます。

バスに乗ったら必ずシートベルトを締めましょう。


リムジンバスの乗り方は、サイト「全州へ行こうよ!」もご参照。
途中のトイレ休憩の注意点など確認しておいてください。

リムジンバスの時刻表はこんな感じ。

(運行会社:大韓リムジンのサイトは→こちら


*金浦空港からリムジンバスに乗る*

このバスには金浦空港からも乗車することができます。金浦空港国際線ターミナルの2番ゲートを出て右手に進むと見える2番乗り場の近くに地方行きリムジンバスの停留所があります。仁川空港始発のトリコロールカラーの 大韓リムジンの車体が見えて来たら早めにバスに近づくこと。バスの停車時間は思いのほか短いので「乗ります」アピールを運転手に見せること。行き先(益山 IC、全州駅、終点:全州エアポートターミナル)を告げて荷物を預け(行き先により荷物の置き場を変えているよう)、料金を支払って乗車しよう。


*全州エアポートターミナル到着、競技場へ向かう*

スタジアムは全州インター近くにありますが、リムジンバスは益山で高速道路を下り、一般道を走るため、スタジアム近くは通らずに市内に入ります。

終点の全州エアポートターミナルで下り、そこからタクシーで競技場まで行きましょう。(日本語でアナウンスが流れます。)時間帯にもよりますが、30分、1万ウォン程度(1200円)で行かれるかと。

*もう一つの空港リムジンバス(仁川発)*

この他もうひとつ路線があります。本数は少ないですが時間が合えばこちらのリムジンバスでも全州に行かれます。所要時間はほぼ同じ。料金はこちらの方が安いです。くわしくはこちらの別記事をご覧下さい。
これ→仁川空港と全羅北道を結ぶ新しいリムジンバス12/2運行開始 全州・益山・群山などへより便利に


ソウル市内から高速バスで全州へ行く


一度ソウル市内に入り、江南(カンナム)高速ターミナルなど
ソウル市内のバスターミナルから高速バスで全州に入る場合、

所要時間は大体3時間弱。

全州インターチェンジ(チョンジュ・アイシー)を抜けるとすぐ左手に競技場が見えてきます。スタジアムのところで普通は特にアナウンスなどは流れません。下りるお客さんがいなければ通過。

でも、以前ここで降ろしてもらっている人を見かけました。
もし直接スタジアムに行きたいなら試しに運転手さんに、スタジアムの前で降ろしてもらうよう前もってお願いをしてみてください。乗車した時か、途中のトイレ休憩の時がいいですね。

運転手さんは多分英語が通じないので、この部分を印刷して見せてください。

전주 월드컵 경기장 앞에서 내리게 해주세요.
(チョンジュ・ウォルドコッ・キョンギジャン アッペソ ネリゲヘジュセヨ)
「全州ワールドカップ競技場の前で降ろしてください。」という意味。


高速バスの終点は「全州高速バスターミナル」。
終点まで行き、一度ホテルに荷物を預けて出かけるというのももちろんあり。その場合もタクシーで競技場へ向かうのが無難。


高速バスの乗り方については
「全州へ行こうよ!」の高速バスの乗り方ページくわしく。


バスターミナル付近オススメの宿


ソウルからのバスが到着する高速バスターミナル、仁川空港からのバスが到着する全州エアポートターミナルの北側にはモーテルなどの宿がたくさん。
韓国では一般の旅行客もモーテルに泊まります。

バスターミナル近辺でオススメの宿は

「全州ホワイト観光ホテル」日本人も多く泊まります。
「ビースト・モーテル」ここはモーテル形式ですが、新しくて清潔。
「宮(グン)観光ホテル」(外部リンク)も評判がよいようです。サービスの朝食が美味しい。



タクシーの乗り方


基本的に移動はタクシーが無難です。
市内バスは路線も複雑なので、初めての方にはオススメしません。

タクシーは英語も日本語も通じないと思います。

「アンニョンハセヨ(こんにちは。)」
「(場所の名前)ッカジ カジュセヨ(~まで行ってください。)」
「カムサムニダ~(ありがとうございました。)」

くらいは最低覚えて行きましょう。

指差し会話帳など持っていると便利かも。

韓国はチップの必要な国ではありませんが、
気は心。
気持ちよい運転をしてくれた時、
荷物を持ってくれた時、
おつりの端数、時によってはプラス1000ウォンくらいはね。

笑顔で乗車、笑顔であいさつ、これ基本。


ソウルからKTX山川(サンチョン)で全州へ行く


サッカーの試合を見に来たのに、
わざわざKTX(韓国高速鉄道)に乗る方、まれだとは思いますが

ありりんブログの →こちらの記事 が少し参考になるでしょうか?

因みに、ソウルにはKTXの出発駅が二つあり、
KTXにも三種類あります。
それぞれ行き先が違うので注意を。

全州へ行くKTX、「KTX山川」は龍山駅(ヨンサン・ヨク)。
KTX山川に是非乗ってみたい方は、
「全州へ行こうよ!」の交通ガイドページで確認。



全州ワールドカップ競技場の概要


全北現代モーターズFCのホームグラウンド。
4万2千席、二層の建物。

2002年日韓共催W杯のために作られたサッカー専用の競技場。

上から見ると白い扇を広げたような形。
この競技場は、韓国の扇子「合竹扇(ハプチュクソン)」をイメージしてデザイン。
合竹扇は全州の特産品。

座席の配置はこんな感じ。

因みに試合が終わるとあたりは真っ暗。
この近辺には住宅などが少ないため、
夜は流しのタクシーなどが極端に少なくなります。

明るいうちに会場についたら、大通りの位置と出口の位置関係をしっかりと覚えておきましょう。
行きにタクシーに乗り名刺を貰っておく、または帰りに迎えに来てもらうよう予約をしておくのも手ですね。


【おすすめの食べ物】


試合後、勝利の余韻に仲間と浸りたい、そんな時おすすめなのがマッコリストリート。

全州式マッコリはやかん一つを頼むと
山のようなおかずが付いてきます。
こんな感じ
ここは「サランチェ 사랑채」というお店。
この周辺にはたくさんマッコリ屋さんがあるので、にぎわっている店に適当に入ってみるというのが面白いかもですね。

サランチェ・マッコリ 사랑채 막걸리 
住所 전라북도 전주시 완산구 삼천동1가 624-8  
電話 063-225-5522

「全州へ行こうよ!」三川洞マッコリ通りのページもご参照。

ただ、意外と夜の早い全州。
食べもの探しでさ迷う可能性も。

宿に先にチェックインしていたら、遅くまで空いている店を探しておくのもいいかも。
昼間だったら、
全州名物、全州ビビンバやコンナムルクッパなども。

ありりんブログを遡っていただければ食べもの屋さん情報が見つかるかと。


日本語の話せるガイドさん

全州高速ターミナル、全州駅、全州韓屋村、韓屋村オモクデ、慶基殿の各観光案内所には日本語または英語が話せるガイドさんが勤務しています。日により勤務の無い場合もありますが、その場合は他の観光案内所に電話をしてもらい、日本語の可能な方を探してもらいましょう。

個人で案内をしてくれる人もいます。私がよくお願いするのは日本語堪能なこの方。車も11人乗りを個人所有しているので競技場までの送迎、食事の案内、ホテルの予約などセットでお願いするのも手ですね。もちろん翌日の観光もお願いできますよ。詳しくは「全州へ行こうよ!」の旅のアドバイザーのページで。


↓サポーターの皆様、記事はお役にたったでしょうか?
↓ここをクリック応援していただけるとうれしいです。


にほんブログ村
↓よろしかったらこちらもぽちっと。

人気ブログランキングへ
いつもありがどごじゃいま~す。
AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

ありりんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。