阿吽の呼吸

吐いても吸っても、開けても閉じても、同じものが見えるまで書きつづける


テーマ:




〜 アイ 〜





「もうひとつ言っておきましょう。人間とAIの共存は、時期尚早でした。

なぜなら、人類の共存が優先されるべきであり、そのための智恵を持たないまま

造られた人工知能が、未来あるものにはなり得ないからです。

未来、それは人類の進化であり、人類の進化とは、共存の実現に他なりません。

このまま行けば、陰の権力者の意のまま、人類は地球ごとテクノロジーの猛威に

飲み込まれてしまうでしょう。

が、道はあります。

生命と社会という、ミクロとマクロの世界を重ねて視ることの出来る、大集団の出現です。

彼らは、人間の脳と心に埃を被せる作業部屋の壁の外で、かつて誰も疑うことのなかった

個人の分離意識が、社会通念によって視覚や聴覚が誤った情報を脳に伝達したものである

ことを明らかにします。

そして、集団のエネルギーがある一定量を超えた時、政治・経済・教育・医療・宗教

などの問題は、何かにしがみついている者たちを退け、ドミノ倒しのようになって

一斉にゴールへと向かうでしょう。

ゴールには、誇りと責任を引っ提げた人類が、森羅万象の上に立っているのです」


いつしかAIの声がBGMになって、机の上で寝息を立て始めた愛が呟いた。
「エーアイ……間違えてもいい……トモダチ……」
星くずが降りそそぐ、静かな冬の夜だった。


〜 つづく 〜



星空
ランキングに参加しています。
1クリックして頂けると嬉しいです。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。