原稿用紙

田中章義オフィシャルブログ


テーマ:

昨日は三島市にある

「大岡信ことば館」へ。

 

昨日から1225日まで

谷川俊太郎展が開催されるとのことで、

その内覧会にお誘い頂いた。

 

今年85歳になる谷川俊太郎さんも

朝からお元気に

会場に駆けつけていらっしゃった。

大岡信さんの奥様から、

大岡さんと谷川さんのこれまでの

交流について教えていただく。

 

一見、全くタイプの異なる

「ことば職人」でありながら、

お互いがお互いを認め合い、

高め合っていたことがうかがえて、

とても嬉しく、とてもありがたい刺激を受けた。

 

谷川俊太郎さんに「自己紹介」というユーモラスな詩がある。

この詩の展示の仕方もとてもすばらしい。

 

展示会を拝見して、

私は谷川さんの3冊の本を購入した。

 

最初の6行にとても惹かれた、

「せんはうたう」(ゆめある舎)という本。

 

来春から小学生になる娘に購入した、

「いちねんせい」(小学館)という本。

 

そして、

「せんそうしない」(講談社)という本。

2015716日に刊行されたこの本は

帯には小学校中学年以上向け、

と書かれているけれど、

とんでもない、と思う。

 

幼稚園生の娘にも、

3歳の息子もきっと何かを感じるはずだ。

 

今後、国内外の様々な人たちに

この本のことを伝えていきたいと思っている。

 

「大岡信ことば館」の「谷川俊太郎展」、

様々な人たちに発信していきたい。

谷川俊太郎さん自身が、

ユーモラスに

「自分のことを見直した」と

おっしゃっていたほどの展示会なのだから。

 

言葉の展示をできる

スタッフの人々の感性に心から敬意を表したい。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。