ふるさとの古賀、福岡、そして九州を成長させる。
その決意を胸に走り続けます。
新人の日々の政治活動をこのブログでお伝えします。

田辺かずき公式サイトでも政策を発信中!
http://www.tanabe-kazuki.jp/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-13 16:44:13

福岡への留学生の皆さんと交流/もちつき本格化!

テーマ:ブログ

福岡県議会は定例会の開会中、本会議の散会後、様々な議員連盟の勉強会や意見交換会が行われます。

 

 

8日は代表質問の終了後、福岡県に留学経験のある各国の皆さんとの意見交換会があり、私も議長や副議長とともに福岡県タイ友好議員連盟の事務局長として参加しました。福岡県は世界各国から留学生を受け入れており、OBOGの皆さんの活動は母国に帰った後も活発です。日本・福岡と母国との懸け橋になってくださっています。

 

 

こうした形で地方政治は国際交流と密接な関連があり、少なくとも福岡県議会は成果を上げてきています。例えば、友好提携を締結して10年を迎えたバンコク都議会との交流で言うと、この日の意見交換でも先方から話をしていただきましたが、タイへの県内市町村の消防車両寄贈や福岡方式の廃棄物処理場の建設、環境教育の展開などに取り組んできています(2015年11月30日付2015年12月1日付ブログなど参照)。これからも次世代の皆さんのために積極的に取り組んでまいります。

 

 

この日朝は千鳥駅東口に立ち、民進プレス号外(衆議院福岡4区バージョン)を配布。寒さが厳しくなってきましたが、励ましのお声かけが温かいです。古賀市の職員さんたちは人権啓発のグッズを配布されていました。
 
 
   ◇
 
師走も中旬になると、地域のもちつきが増えてきます。10日は6カ所!
 
 

古賀市の地産地消の拠点「コスモス広場」→古賀交番での交通安全もちつき→花見南区→舞の里3区→花鶴丘1丁目区→古賀駅前商店街の一角。花鶴丘1丁目区はちょうどつき終わったところだったので懇親会に参加させていただき、小学校からの同級生たちとも会えました。

 
 
 
 
各地域の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました!なお、交流と対話の中でいくつか県行政に伝えるべき生活課題もありましたので、しっかり取り組みます。

 

   ◇

 

9日は民進党福岡県連の常任幹事会に副代表として出席しました。会場が博多だったので、間隙を縫って、日本・福岡が誇るアーティスト、椎名林檎さんの待望のアルバムをようやく入手!

 

 

常任幹事会の後、地元・古賀市の事務所で流しながら知事に対する一般質問(11日に実施→2017年12月12日付ブログ参照)に向けた詰めの作業を行いましたが、はかどるはかどる。大晦日の紅白歌合戦も楽しみです♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-12-12 01:43:02

一般質問―サイクルツーリズムと多重債務者支援

テーマ:ブログ

福岡県議会12月定例会で一般質問に臨みました。本会議での質問は県議就任以来連続27回目。小川洋知事と県政課題の認識を共有し、課題解決のための取り組みを具体的に提案。県政の前進につながる答弁を得ました。

 

 

今回の質問のテーマは①自転車を活用した地域振興策と自転車活用推進計画②次年度以降の多重債務者支援。①については、2018年度早期に県としての基本的方向性を取りまとめる方針が示されました。②については、多重債務者生活再生事業を18年度見直すに当たり、県内の全市町村が生活困窮者自立支援制度の家計相談支援事業に取り組む必要性を共有できました。

 

以下、録画から聞き起こした全文です。

 

<記録文書>

※以下を①→②の順に読むと時系列になります。

①田辺の質問全文(PDFへリンク

②知事の答弁、田辺の最質問、知事の再答弁の全文(PDFへリンク

 

そのうえで、それぞれについて、ポイントをまとめます。

 

<自転車を活用した地域振興策と自転車活用推進計画>

 

◎福岡県、サイクルツーリズム推進へ/18年度早期に基本的方向性/自転車で観光しやすい環境を整備

 

 近年、自転車を活用した観光として「サイクルツーリズム」への関心が国内外で高まっています。今回の私の一般質問に対し、知事は来年度早期に、サイクルツーリズムに対応するための「県の基本的方向性」を取りまとめる方針を示しました。

 

 

 私は、自転車を活用した地域振興策について県内のサイクリストの方々の意見を紹介しながら、具体策を提案。知事はこれを受け、市町村や観光協会、有識者などで構成する検討会で、安全性の確保やサイクリングに適したコース設定、交通結節点や飲食店などにおけるサイクルスタンドの設置、休憩場所、トイレ、割引などのサービスを提供する協力店舗の普及などを検討したうえで、「自転車で観光しやすい環境整備に関する基本的な方向性について、来年度の早い段階で取りまとめていく」と述べました。

 

 また、私が提案した「市町村と連携した情報発信と多言語対応の必要性」について、知事は「観光情報を一体的かつ適時に発信していくことが重要」と応じ、検討を進める姿勢を示しました。自転車活用推進法に基づく福岡県としての計画策定についても、国の計画策定を見つつ、県内の自転車を取り巻く実情や課題も把握しながら、検討する方針を示しました。

 

<次年度以降の多重債務者支援>

 

◎福岡県、多重債務者生活再生事業を見直し/代替策の家計相談支援事業の活用を/未実施12市に働きかけへ

 

 生活困窮者自立支援制度の家計相談支援事業のモデルとなった福岡県の多重債務者生活再生事業について、県が2018年度から事業を見直すことが分かりました。「伴走型の相談支援」が事業の特長ですが、知事は見直しにあたり「代替策」となる家計相談支援事業について、「未実施の県内12市に対し、できるだけ早く、家計相談支援事業の有効性を示し、実施について県を挙げてしっかりと取り組む」と表明しました。

 

 

 多重債務者生活再生事業は2008年度から民間のグリーンコープふくおかに委託して実施。多重債務者の個別の相談に応じ、家計状況や背景を把握したうえで債務整理を前提とした家計管理による生活指導を行い、生活資金を貸し付けるという「相談と貸付が一体となった伴走型の支援」を行ってきました。

 

 2015年度から新たに生活困窮者自立支援制度が始まり、その中の家計相談支援事業が、多重債務者生活再生事業と類似しているなどの理由から、県は見直すべきと判断。しかし、家計相談支援事業は任意事業で、県内60市町村のうち県が担当する32町村と16市が実施していますが、福岡市など12市は事業を実施していません。このため、私から「県内どこの地域に住んでいても対象となる多重債務者生活再生事業を見直した場合、家計相談支援事業を行っていない12市に住む県民は支援を受けられなくなるという不利益が生じる。県の責任として12市で確実に家計相談支援事業が実施されるように取り組むべき」と指摘しました。

 

 

 また、多重債務者生活再生事業による貸付について、知事は「他の資金調達手段が整ってきたことから、今後の資金需要を見極め、貸付委託を終了していきたい」と述べ、段階的に事業を終える考えを初めて表明。今年度から県内全市町村の消費生活センター・相談窓口に専門知識を有する消費生活相談員の配置が完了したことを挙げ、「相談と貸付の連携」を図るため、相談員を対象にした研修を強化する考えを示しました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-12-10 16:31:21

対話集会in米多比&花見東/一般質問は11日午前

テーマ:ブログ

対話集会を継続的に開催しています。

 
6日夜、今年のラストとして古賀市の小野校区・下米多比で開催し、多くのご意見をいただきました。政治家が細かい地域単位で「対話」の機会をつくっていくことの重要性を再認識できました。
 
 
高齢者から子どもまでどんな世代も使いやすい公共施設のあり方や、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群と「国宝級」ともいわれる多数の馬具が出土した船原古墳をつなぐ広域連携と観光振興、河川環境の変化と森林環境税のこれからなど活発に意見を交換できました。
 
私からは、民進党全国青年委員会の地方政治における価値などについても説明しました。(2017年12月7日付ブログ参照)
 
 
さらに、この前日の5日夜は花見東1区で開催。健康づくりや鳥獣被害対策、福祉会の立場からの地域のあり方、保育士不足への対応など多くのご意見をいただきました。奴間健司市議も参加してくださいました。
 
この日は「福岡県総合防災訓練」についても話題に上りました。毎年1回、県内のどこかで開催されるもので、2018年度は古賀市で開催されます。6月3日(日)の午前中からお昼にかけてを予定しており、福岡県、古賀市、新宮町、粕屋北部消防本部、消防団、警察、自衛隊、医療機関、ボランティア団体などの約100機関が参加する大規模なもので、例年30~40種目程度の訓練が実施されます。今年度は吉富町で開催され、約2200名が参加。近年の熊本地震の教訓なども受け、かなり多岐にわたる内容で実施しています。古賀市の地域事情をしっかりと踏まえた内容も盛り込むべく、開催まで、私自身も県の防災危機管理局とやり取りしていきます。
 
 
来年もしっかりと各地域を回り、対話集会を開催していきますのでよろしくお願いいたします。
 
   ◇
 
福岡県議会12月定例会が開会中です。
 
 

会派の控室に地元の温州みかんを持ち込み、体調を管理!今回も私は本会議・一般質問に臨みます。テーマは①自転車を活用した地域振興策と自転車活用推進計画②次年度以降の多重債務者支援。11日(月)午前11時開会の2人目になります。もちろん議会で傍聴できますし、県議会の公式HPで生中継を見ることもできます。(こちら

 

質問に向けた準備だけでなく、本会議の合間には、最近の対話集会など地元でいただいたご意見やご質問を踏まえ、様々なテーマで担当課とひたすらやり取りしています。頭の中がいつも以上にフル回転です。
 
そうしたテーマのひとつが、民進党全国青年委員会として各地で展開している骨髄ドナー支援の推進。2016年12月定例会の一般質問で提案しましたが、担当課と断続的に意見交換をしています。今年度、福岡県内でも新たに古賀市と北九州市がドナー助成制度を創設しました。
 
 
県としても市町村への補助制度をつくり、もっと後押しをしなければなりません。
 
   ◇
 
定例会の開会中でも、早朝の駅に立ち、報告書を配布し続けています。5日は古賀駅東口で。寒さが厳しいですが、頑張ります。
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。