英語の「言の葉」を感じて。~英語学習者と教育者へ、ハイレベルな英語を~

カリフォルニア在住の英語コーチが語る英語論。ネイティブの言語観、文化観、生活観、価値観、宗教観など言語に欠かせない要素も大事に、心から湧き出る英語を。

お手軽なフレーズ暗記や頭でっかちな英語学習ではなく、

堅実に根を張り幹を育て、枝を自由に張り、

青々とした葉を風に躍らせる。
そんな質の高い英語教育を、英語学習者と教育者へ提供中。



テーマ:
英語学習、どこまで出来たら次に進む?


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


今夏、次男がスケートボードのレッスンを受けています。

{F40D530E-0EEE-4409-B737-22514DBC4766}

毎週1時間のプライベートレッスンなので
毎回レッスンで行うことの内容が盛り沢山。

「え、もうそんなこともしちゃうの?」と驚くくらいに
いろんなことに挑戦させてもらって
サクサクと次に進んでいきます。


実はこの「サクサク感」、子ども達の通う空手教室でも感じます。

型とか完璧でなくても
ある程度できていると次に進ませてくれちゃうんです。

ですから日本人の私としては
「まぁアメリカだからね~」という感覚だったのですが(笑

先生曰く
「型は常に復習していくものだから
今完璧に出来ていなくても問題ない。
黒帯のテストを受ける頃には全ての型が美しくできるように
なっているから」とのこと。


あ、なるほど、と。

そう言えば私も同じ感じで英語を教えているな、と思いました。


Lang Leaves Educationでは
コースによって「どこまで出来たらOK?」という基準を
細かく調整しているのですが

例えば
英語3ヵ月コーチングや(養成講座も含む)
独り言学習コースでは
学んで頂いたことの60%~70%が達成出来たら
受講生にはサクサクと次に進んで頂きます。

全方位学習コースでも
リスニングや音読に関しては同じくらいの目標ですが
ライティングに関しては
課題の100%を達成してもらってから
次に進んで頂くようにしています。


というのも、

英語に限らず何かを身につけようと思った場合
最初から完璧を目指す必要はありませんし
完璧を目指して学習を行っていく必要はありません。

でもライティングだけはちょっと違くて
一度でも徹底して100%を経験しないとダメなんです。

ライティングというのは
何度もやればより定着する、慣れる、というものではなく
「良いライティングを書いた経験」がないと
「良いライティングとはどういうものか」ということが認識しづらく
結果としてライティング力が伸びないのです。


ですから英語を学んでいて
「次に進むタイミング」というのは、結構大事。

時に、いくら先生に「次に進んでいいよ」と言われても
半信半疑で「大丈夫かな?」と心配になることもあるかと思いますが

そういう時は先生を信頼して
「大丈夫。私は無意識レベルで出来ている」と信じて
次のステージを楽しんでいくようにしてください。


あ、もちろん
教える能力のある先生から学んでいることが大前提ですが。(*^^*)



Happy Learning & Happy Teaching!!


こちらの「シニア英語コーチ養成講座」ご案内ページにて
【なぜシニア日本英語コーチ連盟 特殊カリキュラムで英語が伸びるの?】
という説明を追加しました。(*^^*)


    

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
英語上級者の発音向上には。


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


先日、こちらの記事を読んで
主人の体調を心配してくださった元生徒さんが
故郷青森の名産品を送ってくださいました。

{AE4CDE9F-D355-4ACF-B9A2-E5F4AE48FB4F}

わー、I さん、ありがとうございます!!

主人がリラックスできるように、と
アロマを送ってくださるとプランされていたのですが
税関が厳しいので今回は見送ることに。

それでも「直接お渡ししたいです」と仰ってくださって
私達の夏の訪問に合わせて
東京まで出てきてくださいます。 何て有り難い~!!

日本のものは何でも手に入るオレンジカウンティ-。
でも、こういう名産品はさすがに無理だし
何よりもこういうお心遣いに変えられるものはありません。

どんなに便利なところに住んでいようとも
贈り物が嬉しいのは、そこに人の心が込められているからですもんね。

本当にありがとうございます❤

(*^^*)


さて、日本訪問直前でバタバタしているのですが
ここ最近ずっと悩まされていることがあります。

それは「英語上級者の発音向上の方法」です。


あ、この場合の「上級者」というのは
Near-Native Levelと呼ばれる人たちのことで
TOEIC 満点の、更に上の上の上のレベルです。

今後一生英語しか話せないとしても動じない、困らない、
そういうレベルの人たちのことです。


私の「独り言学習コース」を受講してくださっていた
日本人の米国大学教授からのご相談だったのですが
どんなに流暢さがあっても
時として発音の正確さが欠けてしまうことがある、と。

これは私もアメリカに住んでいる身として
すごく分かります。

「意志疎通」に問題がなくても
「あ、間違えた」と思う瞬間はなくならず
やはり「ネイティブとの壁」は絶えず存在しているのです。


ちなみに
この教授は高校卒業後に渡米されたのですが
こういった問題は
中学卒業後に(つまり高校生時から)渡米されて
そのままアメリカに住んでいる人は
それほど感じない問題のようです。

逆に、そういった方達は
中学生レベルの日本語で止まってしまっているので
よほど自分で努力をしない限り
日本語が中途半端だと感じることが多いようです。

(お子さんの留学を考えている方は
ここのポイントを重要視してくださいね。
将来のお子さんのアイデンティティーにも関わってきます)


ただ、ネイティブでも
多少のSlip of the tongue はありますから
当然「どこで妥協するのか」が大事になってきます。

大抵、英語圏に住んでいようとも
意志疎通がどうにかなれば「これで十分」と思う方が多いのですが
個々の向上心や分野によっては
「既に英語力が高い」と思われるレベルの人でも
お仕事の傍ら、大学で英語の授業を取ったりしている方もいます。

この教授も
四六時中他の教授や学生と時間を過ごしているので
やっぱり自分の「出来ない部分」が目につくようでした。


こういうNear-Native Levelの方は
既に「英語と日本語の音の違い」を理屈でも理解しているし
実践も問題なく出来るのです。
ただ、Slip of the tongue 率がネイティブより高いし
ネイティブだったら発音ミスをしないような場所で
発音ミスをしてしまうこともある。

こういうのを改善していくのはどうすれば良いのでしょうか?


まだまだ私の中で満足する答えは出ていないのですが
やっぱり現段階で思いつくことと言えば

発音間違いをしやすい単語を洗い出して
(このレベルならそう多くないはずですから
気が遠くなる作業ではありません)

その単語を正しく発音出来るように
単語レベルでもフレーズレベルでも文章レベルでも練習を重ね、

(練習フレーズや練習文章のバラエティーは多い方がいいです。
どんな状態でその単語が出現しても発音の正確率を落とさないためにも)

Unconscious Competence を高めていく、ということです。


Competenceというのは
1)Unconscious Incompetence
2)Conscious Incompetence
3)Conscious Competence
4)Unconscious Incompetence
という順番に向上していきますから

要は(4)の確実性を高める必要があるわけです。


ただ、確実性を高めるからといって
機械相手にやれば良いというわけではないのが難しいところ。

(よっぽど高知能を持っていて
人間と同じようなスピードで
ネイティブと同じような話の展開で
会話をしていける機械なら別でしょうが)

このレベルが指導できる人が
ここまで個人に寄り添って個別カリキュラムを作成し
実際に指導をしていくとなると
高額な受講費となるのではないかと思います。


高性能な発音チェック機械があったとしても
生徒の上達度をチェックしながら
適度にレベルを上げ下げしていかなくてはいけませんし。


こういう事情からも
「ネイティブの壁」を完全に取り払うのって
やっぱりすごく難しいですね。

でも不可能ではない、と思いたい!(*^^*)


ま、全ては個々の考え方次第で
本当、そこまでこだわる必要はないのかもしれませんが
そこを目指したい人がいる以上、
私も一緒に考えて模索していきたいと思っています。



Happy Learning & Happy Teaching!!


こちらの「シニア英語コーチ養成講座」ご案内ページにて
【なぜシニア日本英語コーチ連盟 特殊カリキュラムで英語が伸びるの?】
という説明を追加しました。(*^^*)


    

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
You're never too old.


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


ただ今デトックス期間中なので
アップルソースをやたらと食べています。

これまでもデトックスティーを飲んだり
毒素輩出系の食事をしたりすることはありましたが
栄養士さんについて、本格的に行うのは初めて。

こんなに辛いとは思いませんでした。笑

{386BC527-9600-448D-9034-77AF8CB3F9EA}



さて、今回はちょっとしたトリビアを。(*^^*)

 
Colonel Sanders がKFCをフランチャイズにしたのは、彼が62歳の時でした。

John Pemberton がコカ・コーラを開発したのは、彼が55歳の時でした。

Tim & Nina Zagat が最初のZagat Guideを書いたのは、彼らが51歳の時でした。

Charles Darwin が「種の起源」を発表したのは、彼が50歳の時でした。

Julia Child が最初のレシピ本を書いたのも、彼女が50歳の時でした。

Ray Kroc がマクドナルドを購入したのは、彼が59歳の時でした。

Henry Ford が「モデルT」という自動車を開発したのは、彼が45歳の時でした。

Anna Mary Robertson Moses がペインティングキャリアを始めたのは、彼女が78歳の時でした。


How old are you now?

And what would you like to pursue?



Happy Learning & Happy Teaching!!



    

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ポケモンGoがすごいです。


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


全米で大人気のPokemon Go。
例によって我が家のキッズもドハマリしております。

{BB909A52-13ED-4A54-A184-C82D46C55CB5}


ポケモンGoでは
色んなところにポケモンが隠れているだけでなく

公園やショッピングセンターなど、一部の公共の場所にて
トレーニングが出来るようになっています。

実際にそれらの場所に足を運ぶことで
その土地で(スマホを使って)トレーニングをするわけです。


完全にリアリティーと架空の世界の融合ですね。


今後は、きっと
制作会社と提携を結んだお店なんかにも足を運び

そこで決められた商品を購入し
それをスマートフォンで読み込むことで
得られるポイントなんかが出てくると思います。
トルネコの武器屋、とかみたいに。

RPG版も出てくるでしょうね。

素人の私でさえ思いつくわけです。
きっと既に企画は進んでいると思います。(*^^*) 


{33A3BF5B-1A25-4F8E-86FD-3A831C5D8304}

こんな感じで
カメラを撮る感じでスマホを向けると
ポケモンがいたりします。
(これはポケモン取得後のポケボール)



ここ数回のメルマガでもお伝えしていますが
今は「リアリティーの追及度」が非常に高くなっていて
ですからある意味
「夢を一番叶えやすい時代」とも言えます。

というのも、夢を叶えるためには
リアリティーを追求して
それを自分の体験として落とし込むことがポイントだから。

ですから
「リアリティーを自分の体験として落とし込む」ための
第一歩となる「考え方」がキーポイントとなってきます。



以下、前回配信したメルマガを一部修正しながらの抜粋です。


かつてパーソナルコンピューターが普及し始めた時
当時米国副大統領だったアル・ゴアが
Digital Divide(情報格差)を懸念したように

今の時代は 毎日の生活で
何を考え、何を意識し、何を想い、何を行動していくかで
人々の格差が生まれてくる、
Thought Divide(思考格差)が懸念されるべきだと思います。


現代社会に生きる私達の
「リアリティーを追求する傾向」を上手く活用して
夢を叶えていく糧とするのか、

それとも、毎日仕事をこなすだけの日々を過ごして
現実世界の「ホンモノ」と「ニセモノ」の違いに
気付けなくなっていくのか。


例えば、進化するテクノロジーを上手に使って自分を高め、
「ロボットや機械と共存していく」という意識でいるのか

それとも、
何も考えずに与えられたロボットや機械の便利さに感動して
そのくせ「ロボットや機械に人間の職業が盗られる」という
意識でいるのか。

ちょっとした思考が引き金となり、
私達の生活隅々まで大きな影響を与えていきます。


ちなみに、もう、この5年程で
通訳や翻訳の仕事は必要なくなるのではないかと言われていますし
https://www.youtube.com/watch?v=G87pHe6mP0I

きっとレストラン等至るところでも、
次々と機械の導入が加速していくと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=xvT0MCugb58


「ロボットには出来ない、人間だけに出来る仕事はあるから」
と思っている方は気を付けてくださいね。

人間と全く同じように感情を持つロボットの開発も進んでいますし
人間と同じように学習機能を持ったロボットの開発だって進んでいます。
そのうち生殖機能さえも持ったロボットが出てきてもおかしくありません。

1年前でこのレベルです。ジャンプ直前の動きがすごいですよ。
「前方にある物と自分の距離を把握しながら
自分の走っているスピードを調整して
ジャンプをするタイミングを決め、
実際にベストなタイミングでジャンプをする」
これは、ものすごく高度な動きです。
https://www.youtube.com/watch?v=_luhn7TLfWU

そして、17歳の少年が家庭にある材料を使って
Star Wars のBB8を作ってしまう時代です。
https://www.youtube.com/watch?v=-QbFvDIyy1k



リアリティーを自分の身体と脳に取り込む、ということを
上手く利用して英語力を高めることに成功しているのが
こちらの英語教授法です。

従来の英語教育とは大きく異なりますが
でもだからこそ、私もすごくワクワクしています。

私自身、この教授法を学び始めてから
リアリティーを上手に利用することが出来るようになってきました。


だからかな、前述したように
どんなに高知能を持ったロボットが出てきても
今と変わらず、ワクワク出来ると思うんです。

私は、どんなにテクノロジーが進化しても
ロボットや機械に人間の職業が盗られる事はないと思います。

共存していけると思う。


そして、より良い地球にしていけると思う。


あなたは、そう思える思考を、仕事を、していますか?
 

{6F1C8B03-45AE-4193-8D7E-700EF15253D8}

手に入れたポケモン。
私、ピカチュウくらいしか知らないのですが
可愛いですねぇ(*^^*)


というわけで
ポケモンGoから大分話がずれましたが(笑
このポケモンGoは本当にワクワクの種です。

こういうゲーム、きっとこれから増えると思います。

(*^^*) 

未来の進む方向性を体感しておきたい方は
5分だけでもプレイをするのがお薦めです。


ただ、スマホ片手に街中を歩くわけですから
周囲には常に気を配り、事故に合わないように気を付けてください。

In-App Purchaseもあるようなので
夢中になり過ぎないよう、気を付けてくださいね。(^^;;



Happy Learning & Happy Teaching!!



    

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【私の米国流子育て】『音楽→妄想』を言語化する練習。


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


今、我が家で大ブームの音楽です。



メインヒーロー好きな次男が、例に漏れず
Resistanceにドハマりしまして…。

ちなみに長男は
Chewbaccaみたいな微妙なサブキャラが好きなタイプです。
(いや、Chewieは可愛いんですが。笑)

次男のスケートボード用ヘルメットにもResistanceのマークが
ありますよ…(苦笑)。

{1742F9EF-B9A5-422B-A2A4-E847179863A7}




我が家では「音教育」のために
普段からオーケストラを聴かせるようにしているのですが

ちょうどStar Warsには良い音楽が沢山使われているので
「聴かせる」だけではなくて
『音楽→妄想』を言語化する練習をするようにしています。


例えば、子供達はMarch of Resistanceが
「Good Guy's Music」ということを知っています。

そして、Darth Verdaが「Bad Guy」ということを知っているので
こちらの音楽を聴くと「Bad Guy's Music」と認識するわけです。



一緒に、そして順番に音楽を聴きながら
「これはGood Guy's Musicだね」
「これはBad Guy's Musicだね」
とお話をしていきます。


次は、子供達がまだ聴いたことがなくて
でも同じJohn William作曲の
別のStar Wars作品からの音楽を流します。

例えばこちら。



そこで、子供達に聞きます。

「これはGood Guyの曲だと思う? 
 それともBad Guyの曲だと思う?」

「これはどんなシーンに使われていると思う?」

「ルーク・スカイウォーカーが戦っている?
 それともこれから戦いに行くところ?
 それとも戦いが終わったところ?」

というように、
最初はStar Wars 繋がりで想像しやすいシーンを
思い描かせるようにして、

少しずつ、枠組みを外して想像していけるように
誘導していきます。


「どんな天気の日だと思う?
 雨? 晴れ? 曇り? 雪?」

「お買い物をしているシーンだと思う?
 急いでショッピングカートを押しているのかな?
 誰が1番にチーズを買えるか競争しているのかな?」

「Bug's Lifeみたいに
 アリの大群の音楽かもしれないよねぇ。
 お菓子を見つけて、巣に持ち帰るために
 マーチしているのかもしれないよねぇ」


そしてどんどん妄想をして
イメージ化を楽しみ、それを言語化してシェアし合います。

楽しいだけでなく
子供達が音楽に集中する機会を設けられますし
それまでと違う意識で音楽に触れるようになりますし

誘導次第では
オーケストラの個々の音にも注意を払うようになります。

(例えば「ドラムの音が速いから、何だか焦っちゃうね」と
伝えてあげると、ドラムの音に注目するようになります。)

また
「聞いた音からイメージを膨らませる」という練習になるだけでなく
「自分の描いたイメージを言語化する」という練習にもなります。

感受性も高まりますよ。(*^^*)


ちなみに
これは音を専門的に扱っている友人に聞いたのですが
人間は、聞いたことのない音は「認識できない」そうです。

脳が認識しないんでしょうね。

ですから小さい頃から優秀なスピーカーで
オーケストラのような
数多くの楽器で演奏されている音楽を聴くというのは
とってもとっても大事な「音教育」だと思うんです。

音に贅沢な日常を過ごしたいですよね。(*^^*)


まだヘッドフォンは子供達に使わせたくないので
使わせたことがないのですが…
耳の発達に合わせた子供へのヘッドフォン使用について
何かご存じの方がいましたら、教えてください〜。(*^^*)



Happy Learning & Happy Teaching!!



    
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。