英語の「言の葉」を感じて。~英語学習者と教育者へ、ハイレベルな英語を~

カリフォルニア在住の英語コーチが語る英語論。ネイティブの言語観、文化観、生活観、価値観、宗教観など言語に欠かせない要素も大事に、心から湧き出る英語を。

お手軽なフレーズ暗記や頭でっかちな英語学習ではなく、

堅実に根を張り幹を育て、枝を自由に張り、
青々とした葉を風に躍らせる。

そんな質の高い英語に関するComprehensive なサービスを、
英語学習者と教育者へ提供中。



テーマ:

イメージベースの英語学習。

 

 

こんにちは。英語を教えながら

英語の先生の先生をしています、ミツイです。

 

実は今夏の7月下旬に

公私ともにお世話になっているすずきひろし先生が
英語本を出版されました!!
 

 


わーい!!( ´艸`)

ひろし先生は

言語学の専門的なことでも熱く語れる数少ないお友達でして
ご縁を頂き、一緒にウェブ書籍を共著したこともあり
更にはETAJでも惜しみなく力を貸してくださっているという
もう私は一生頭が上がらない存在なのです~。

でもそれ以上に、ひろし先生の英語イラストの大ファンな私。

今夏、日本に行った時に
奥様ともどもお会いできて感動でした。(*^^*)



私は英語学習に興味のあるという人に会えば
そのたびにひろし先生の英語イラストをご紹介しているのですが
それには、「身内びいき」ではない理由もちゃーんとあるのです。

その理由、
紀元ウーマンさんに書かせて頂いた記事でご紹介しています。

 


良かったら読んでみてくださいね。(*^^*)

 

そして! なんと!!

ETAJ イベントとして
10月16日に「英語学習でのイメージを使った明示化」と題して
すずき先生のお話会
を開いてくださることになりました~。

こちら、ETAJ会員ですと参加無料ですが
一般の方は1,000円の参加費となります。

会員登録をして頂いてから参加連絡をしてくだされば
当然参加費は免除となります。(*^^*) 
会員年間費も1,500円ですから…どちらが得か。。。笑
 

私も当日はFacilitatorとして参加します。
良かったら皆さんもご参加くださいね! (*^^*)ワクワク♡
 


Happy Learning & Happy Teaching! 
 

 

◆プレゼント動画も楽しんで頂いています! 良ければご利用ください。(*^^*)


【米国流&LOA流】子育て、自分育て 診断

 

 

     

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【学習全般】どういう生徒がうまくいく?


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


先日、こんな質問をされました。

「どんな生徒が伸びますか?」
「どういう生徒が上手くいきますか?」



聞いてくださったのは
ちょうど私のコース受講を決定された方。

これから頑張るぞ!という意志が感じられる
嬉しい質問です。(*^^*)



私の答えはこちら。

「私とのコミュニケーションを大事にしてくださる方」です。


私は英語を教える時も
英語の教授法を教える時も
生徒さん(もしくはクライアントさん)との
コミュニケーションをすごく大事にしています。


自分の想いや学びを言語化して
他の人とシェアをすることが出来ると
更に学びを深めることが出来る、と
私自身、信じていることもありますが

色々な事を教えていて思うのが
コミュニケーションを積極的に楽しめる人というのは
やっぱり伸びが良い
わけです。


コミュニケーションが出来るということは

質問ができたり
自分の学びの状況を先生に伝えたりできる、ということ。

そうすると、こちらも動けるんです。


質問があれば
生徒さんの学習位置が把握できますし、
より分かりやすい説明を提供する機会が得られます。

自分の学びの状況をシェアしてもらえると
その学びを一緒に深めていくことも出来るし、
今後の進み方のポイントをお伝えしたりすることも出来ます。


それにコミュニケーションの量が増えれば増えるほど
当然、お互いの接触機会が増えるわけですから
お互いの信頼度も高まっていきますし、
単純にお互いのことをより知っていく機会にもなります。

そういう状態での学習というのは、より楽しくなりますので
実際にコースの課題としておこなって頂いている練習の効果が
更に高まりやすくなります。

(学習において「感情」ってすごく大事です!)


ですから、言ってしまうと
コース開始時の英語力、とか
英語の語感があるかどうか、とか
そういうのって、あまり関係ないんです。

勉強癖はないよりあった方が良いですが
まぁ私のコースのほとんどは
一般的にイメージされるような学習法は採択していないので
「勉強、苦手です」という人でも全然問題ありません。(*^^*)


ただ、コミュニケーションは大事。


でも、自分の想いを伝えるのが苦手だと
思っていらっしゃる方も大丈夫。(*^^*) 

前回ご紹介させて頂いた幸子さん
養成講座開始直後は
「私、自分の想いを人に伝えるのが苦手なんです」と
お話されていたんですよ。(*^^*) 

でも、今では
皆さんが幸子さんの意見を聞きたがるくらいに
毎回、分かりやすく、そして丁寧に言葉を紡いでくださります。


あなたも、絶対大丈夫です。(*^^*)



◆ DMM英会話さんにお声をかけて頂いて
「DMM英会話 英語でなんてuKnow?」の解答者として
英語フレーズをご紹介させていています。
良かったらご覧ください!



Happy Learning & Happy Teaching!!


◆こんな診断ツール!良ければご利用ください。(*^^*)


【米国流&LOA流】子育て、自分育て 診断



    
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シニア英語コーチ養成講座 受講生との読書会。

 

 

こんにちは。英語を教えながら

英語の先生の先生をしています、ミツイです。

 

先日、シニア英語コーチ養成講座の受講生と読書会をしました。
 

課題図書はこちら。
 

 

 

 

カリキュラム外のことなので参加は自由。


期日までに本を読んできて頂いて
ちょっとした感想を頭の中でまとめて頂きます。

 

そうして、私がファシリテートをしながら
大事なポイントをチェックしながらお互いの学びをシェアし、
より深い学びを得る機会としました。

 


日本英語コーチ連盟指定カリキュラムでは

洋書に限らず、沢山の和書も読んで頂きます。

 

というのも、このコースで大事にしているのは

単に英語力を高める、ということではなく

国際人として高い英語力に加え、知性や教養も兼ね備えた

総合的な「人材教育」だから。


それに加え、私個人のお薦めの本も

受講生達は細かくチェックしてくださっています。

この苫米地博士の本もそう。

 

日本では

色んな解釈を以て「コーチング」というのが伝えられていますが

本場アメリカの情報を見てみると

この苫米地博士の説明されているものこそが

「コーチング」なんだと、私は個人的にそう思います。

読書会に参加してくださった恵深(めぐみ)さんも
「こんなに明確にコーチングの定義を明らかにしている書って
他にはないんじゃないかなと思います」と感激されていました。

教育者の方にもお薦めです。上下二冊、是非ご覧ください。(*^^*)


今回の読書会、もう一人の参加者、幸子さんからのご感想です。
 

直子さん、まずはこう言った楽しい読書会を提案、
開いてくださりありがとうございます。

「英語コーチ」を直子さんにお願いして
本当に良かったとまた、思いました。

 

直子さんは、私が意見を出しやすいように
うまく話を誘導してくださったり、
適切なアドバイスをいつもくれるなと感動しています。

 

それも、日頃からいっぱい本を読んだり
知識を吸収されているんだなとつくづく感じます。


今回の読書会、どういう風に進めていくんだろう。
あれだけの情報の中から。と思っていたのですが、
わかりやすい部分と、ポイントを絞ってリードしてくださいました。
それが、自分の経験と簡単にリンクすることができる。
臨場感感じられますね。

 

直子さんがおっしゃっていたように、英語圏では、
自分の意見をきちっと言えること、シェアすること
とっても大事なこと本当に理解しています。

私はその部分、とってもリスペクトしています。
 

だから、英語関連でディスカッションするときは、
いつでも自分の思いを考えておくことが
相手に対する敬意なのかなと思っています。

 

直子さんはそこをとっても上手く誘導してくださるんですよね。
間違っててもOK。

 

このまま、直子さんと学習を続けていくことで
自分の「知性」を広げていけると信じていますし、
そういう意味では自分がどう変わるのかとってもワクワクしています。

 

直子さん、今日は楽しい時間をありがとうございました。



幸子さん、ありがとうございます。(*^^*)


実は、この「感想を書く」というのは
読書会後に参加者の方に出した「課題」の一つでした。

参加者一人ひとりに対する

「良いところの感想」を書いてください、とお伝えしたんです。 

 

こうしてお互いの良いところに注目し、感謝しながら
そうして自分の良いところも伸ばしていく。

それが、私の養成講座で特に大事にしているところです。



だって、他の人の良いところに注目するのって、時として難しいんですよね。

他の人が上手くいっていると、「何で自分は…」と焦ってしまったり
世の中の他の英語の先生方全員が自分のライバルに思えしまったり。
 

そういうことが現実的に(一般的に)起きているので

私の受講生には、そういうことも乗り越えて頂くために

こうした練習を、常日頃から重ねています。

まずは、お互いのファンになって

お互いの良さを尊重して敬愛する。

そして自分のことも認めてあげる練習をする。

 

それを助長するためにも、私も受講生の皆さんの様子を観察して

どんどん良い所を外に出すお手伝いをしていきます。

 

 

きっと他の英語の先生方も同じ気持ち。(*^^*) 

今日も頑張っていきましょう~!


Happy Learning & Happy Teaching! 
 

◆プレゼント動画も楽しんで頂いています! 良ければご利用ください。(*^^*)


【米国流&LOA流】子育て、自分育て 診断

 

 

     

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近の英語の変化。


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


私はテレビを一切観ないので
ニュースも全てインターネットもしくはラジオから
情報を得ているのですが

最近、インターネットで使われている英語に
変化が起きていることに気付きました。


最近、インターネット上では
無生物のものを
主語にする傾向が出てきている
のです。


例えば、
"school uniform takes away high schools students' individuality."
という英文をこちらのサイトで見かけたのですが

本来、英語では
このような表現をすることを好みません。


School uniformというのは洋服であり、単なる物体なので
これらが実際に何かをどうこうできるわけではありません。

School uniformが高校生の個性を奪い去る光景なんて
ホラーでしかあり得ませんよね。(^^;;


ですから、同じようなメッセージを伝えたい時も

Requiring students to wear school uniforms…として

「制服を着ろと生徒に強要すること自体が個性を奪う」だとか
「School uniform system自体が
生徒の自己表現の機会を減らしている」だとか

そういう表現にする必要があるんです。


ある意味、英文では「曖昧さ」を許さないんですね。


ですので、本来ですと
(特にライティングとして英文に向き合う場合には)
確実に、"school uniform takes away high schools students'
individuality." という文章は正しくありません。

私のレッスンでもこういう文章は直してもらいますし、
英語技能試験では減点対象にさえなり得ます。


ただ!


ここ数年、
「無生物の名詞が、行動を起こすような主語として
使われている文章」が目立つようになりました。

ちなみに、洋書ではそういった傾向はありません。


これに対して、私の見解は…

テクノロジーの発達により、誰でも情報発信を出来るようになって
「そこまで英語ライティング力のない人」でも発信が出来、

そのため、一般的に正しくないとされている英語表現が使われ始め、
またそれが多くの人の目に触れることで言語の変化が起きているのかな?

ということ。


でも、果たしてそれだけかな?と思い、
日本人のご主人と一緒に、翻訳会社を起こしたアメリカ人の友人
聞いてみました。


回答がこちら。
(許可を頂いて掲載しています。)

Hey Naoko! Yeah, that's a really good question.
I was actually thinking about something similar the other day.
I have always said "The product will be launched on May 1,"
but lately I've been hearing people say "The product launches
on May 1," even though obviously the product itself is not
a sentient being.

My only theory is that, since "active" phrases are preferred
in English, this tendency is growing online since online speech
prefers sharp, simple sound bites.

Your school uniform example is the same way, I think.
Adding "requiring" makes it a much better sentence,
but I guess the tendency is to want to shorten and simplify.

I often think about this myself too because I tend to be overly wordy.
^_^; Anyway, that's my take on it, at least.
There may be other factors, but I feel like on the whole English
writing is trending towards being much shorter and simpler,
but in my opinion that's not always a good thing...



彼女の考えでは
最近、英語で無生物を主語とするのは

◆英文はActive tense(能動態)が好まれる事実、と
◆インターネットでは、とにかく短くシンプルな文章が好まれる事実

この2つが合わさりあっての、変化ではないか?とのこと。


なるほどなるほど、私の考えよりずっと優しいですねw(^^;;


ちなみに、その後、私がこう書いたら…



こう書いてくれました。 優しい。笑




でも、大事なのは
ライティングに精通していて、プロの翻訳家である彼女が
この変化に対して
「but in my opinion that's not always a good thing...」
と、思っている、ということ。


もちろん言語は変化していくものですから
皆さん、個々それぞれ、変化に対して様々な想いがあるのは当然。

でも、ここのポイントは
「ライティングが出来る人が、こういう思いを抱いている」ということ。
(ちなみに私も彼女と同じ思いです。)


ですから、インターネット上の英文ばかりを参考にして
真似して、英文アウトプットの練習をしていると

一部の(ライティング力のある)ネイティブからは
「好ましくない言語表現」と判断される可能性が高いわけです。


この変化が廃れるのか
ネット上だけOKという傾向となるのか
それとも
全体の、英語表現の変化になっていくのか、

まだ分かりませんが

英語技能試験を受ける方や
ビジネス上で正式な書類を書く必要のある方は

インターネット上の英文ばかりに触れるのではなく
洋書やきちんとした新聞記事などの英文を参考にして
英語学習を続けていくのが良さそうです。(*^^*)



ちなみに、彼女は私と同じ大学に通っていて
彼女が先に卒業するまでの3年間、
ずっと私のSpeaking Partnerとして
沢山、私の英語の学びを助けてくれました。

(彼女も日本語を学んでいたので
お互いの言語を教え合ったり
お互いの宿題を助け合ったりしていました。)

私が、現在の英語力にまで伸びたのは
間違いなく、毎週の彼女との時間のお陰です。


私が心から信頼している翻訳家さん(*^^*)

英文履歴書作成や英語ウェブサイトの診断等も
してくださいます。 良かったらご利用くださいね!




Happy Learning & Happy Teaching!!


◆こんな診断ツールを作ってみました!
良ければご利用ください。(*^^*)


【米国流&LOA流】子育て、自分育て 診断



    
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

DMM英会話さんの「これって英語でなんてuKnow?」のお薦め利用法

 


こんにちは。英語を教えながら
英語の先生の先生をしています、ミツイです。


DMM英会話さんにお声をかけて頂いて
「これって英語でなんてuKnow?」というサイトにて

アンカー(回答者)として
皆さんの疑問に答えていくこととなりました。

 



昔からの私の読者さんならご存知でしょうが
私は基本的に「フレーズ暗記に頼った英語学習」には反対です。
 

その理由は紀元ウーマンさんで書かせて頂いた
この記事でもお話しているのですが…

 


このDMM英会話さんの
「これって英語でなんてuKnow?」という企画は
1つの日本語の文に対して
何人ものアンカー(回答者)さんが
それぞれに思う「最適な英語フレーズ」をご紹介できるわけです。


そのことで、このサイト利用者さんは
以下の大事なポイントに気付くことが出来るようになっています。
 

1)言語使用は個々異なる
2)大事なのは正解かどうか、ではなく
自分のアイデンティティーやメッセージにより近い

言語表現を選択していくこと


「それならば」ということで

今回、私もこの企画に参加させて頂くことにしました。(*^^*)

嬉しいことに、多くの方に喜んで頂けて
特に英語力の高い方や英語の先生方から

日々嬉しいご感想を頂いています。


こちらは、関西の大学にて英語指導をされている先生から

頂いたご感想です。

なおちゃんの何が凄いかって、ただ「英語」を訳すんじゃなくて、

「アイディア」をTPOに応じた英語に変換しているところ。
そして、その過程に
必ず以下の内容を簡潔に読者に提示しているところ。

What - 答え
How - 如何にしてその英語表現になったか
Why - 何故その英語になったか。文化、人間関係を考慮、設定して、など
Suggestions - 言語エチケットとして自然な英語表現とそのような日本語に対するギャップと、そのギャップの埋め方提案
 
ここまで考えてくれる翻訳家や、そしてこれを
上手く言語化できる英語教育者が日本にどれだけいるか?
僕はNot too manyだと思う。
こんな人が英語教育業界には絶対必要だと思った。
日本のみならず、世界の英語教育業界に。

 


私としては気楽に書かせて頂いただけで

そこまで考えていませんでした。

私の翻訳も英語教育の指導も、これがディフォルトです。

というのも、言語というのは
「その文章」だけが単一で存在しているのではなく
 

この先生が上記にて書いてくださったように

「なんで、その文章なのか(英語の構文や単語選択の理由)」

「なんで、その文章なのか(対人関係や状況などの理由)」
「日本人の私達が気を付けるべきこと」

「国際人(英語話者)として気を付けるべきこと」

こういうことや、他にも沢山のことが同時進行で存在して

そうして始めて、「その文章」が活きてくるわけです。

 

ですから、こういった「言語外の要素」の説明なくして

「その文章」だけを伝えても、それは全く意味がないわけです。


つまり、ネイティブのように高い英語力を身につけたいと思ったら
英文を表面的にだけ理解していくのではなく

多角的に深く言語と向き合う経験が必要なんです。

(多角的に深く~、というのは
上記のように色んなことも同時に吸収していく、ということ)

 

多角的に深く言語と向き合う経験があると
Language Awarenessが高まり、英語上達のスピードが上がります。


私のコースは、このLanguage Awarenessを高めることを意識して

作られていますから
私の生徒さんは短期間でLanguage Awarenessが高まり、
どんどん自分で英語を伸ばしていくことが可能となります。

そのくらい、Language Awarenessって大事。
そのくらい、英語を表面的にだけ理解していくのではなく
多角的に深く言語と向き合っていく経験って大事。


「これって英語でなんていうのかな?」と

疑問を抱いた時にだけでなく、

「英語と多角的に深く向き合ってみよう」という時にも

是非、DMM英会話さんの私のページを参考にしてみてください。

 


Happy Learning & Happy Teaching!!

 

 

◆プレゼント動画も楽しんで頂いています! 良ければご利用ください。(*^^*)


【米国流&LOA流】子育て、自分育て 診断


 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。