ねずみこうじ

テーマ:
地下鉄に乗っていたら
近くにいた二人の女子高生の会話が耳に飛び込んできた


A「もう、最悪ぅ
  学校の成績も彼氏との関係も
 “ねずみこうじ”だよぉ」

B「え、“ねずみこうじ”って何?」

A「だから、鼠が工事してて通れないから
  行き詰まりって意味」

B「へー、“鼠工事”って言うんだぁ
  ひとつ賢くなったぁグッド!


言わずもがなですが

鼠工事 → 袋小路 ですね


もう笑いを堪えるのに必死でした

ネズミが工事している場面が頭の中に浮かんできたり
「袋」という字を「ねずみ」と読み誤った時から
間違いが始まったんだろうなぁとか
いろいろ想像してしまって(笑)
AD

ひなどりのない頃に

テーマ:
カシワ様‥‥
それは神であり、断末魔の叫び声をあげ、血を滴らせ、皮を剥がれ、
骨を砕かれ、首、手、足を切り落とされる神への祝福という名の生贄でもある
あるものは火あぶりにされ、あるものは釜ゆでにされ、
そしてあるものは油で焼かれる



一年に一度、神への祝福としてカシワ様が捧げられ
ひと晩で大量のカシワ様が失われる晩
残ったはずのカシワ様までが忽然と姿を消してしまった

一体どこへいってしまったのか?



「み、みんな消えてる」
「どうなっちまったんだぁ」
「けっしてそれを探してはいけない」
「見ちゃダメーッ」
「臓物は塩もうまいがタレでもうまい、ヒヒヒ‥‥」
「お父さん、お母さん」
「ひ、ひえっ、と、知子ーっ」
「圭ちゃん誰と会ってたのかな、かなぁ」
「イヒッ、皮が焦げる臭いがたまらん」
「逃げろ、足を切り落とされるぞ」
「くそっ、俺の軟骨をやられちまった」
「キャーッ」
「ヒ、ヒナーーーッ」
「もたもたしてると串刺しにされて、火炙りにされちまぅ」
「‥‥かゆ‥‥うま」
「サイレンが鳴ったら外に出てはならない」
「毎晩夢に出てくるんだ‥‥フチの欠けた井戸が」
「と、鳥肌っ」
「前原さん、前原さーん」
「うが、ががががぁ‥‥がはっ」





本12月26日 事件後の日記

それにしても
昨日まであれほどあったチキンの群れはどこへ消えたんだろう?

近所のスーパーに行ったら全く見あたりませんでした
昨日1日で売り切れる量ではなかったはず
売れ残りを店員で捌いたのか?
何か他の食品に化けてしまったのか?

くそっ
チキン「半額」とかちょっとは期待していたのに


どうか真相を暴いてください
それだけが私の望みです

AD

飯島愛ちゃん

テーマ:
同じアメブロで愛読し続けてきた
飯島愛ちゃんのブログが
もう二度と更新されることがなくなりました


ほんと残念で仕方ないです


この場を借りて

謹んでご冥福をお祈りいたします




お笑いブログに徹しようと思いましたが
今回はゴメンなさい
AD