自由詩人!松尾多聞のブログ

北海道の大自然をキャンピングトレーラーで疾駆する!「焚き火道」開祖!



札幌の詩人が詩やエッセイを綴ります。アウトドア体験や簡単料理も必見です。

142万アクセス!読者様1,310人!心からありがとう。
アクセスカウンター
2008年9月9日からはじめたアメブロです。
*************************************************
小さいときトイレに太宰治と芥川龍之介が置いてあった。
漢字が読めなかったので飛ばしてヒラガナだけで読んだ。
するとどうでしょう。とっても変な子供に育ちました。
そしたらいま、こんな大人になっちゃいました。ジャンジャン。
*************************************************


 ○名前:多聞(タモン)


 ○住所:札幌市


 ○趣味:焚き火、キャンプ


 ○特技:デッサン、著作等


 ○特徴:ぐうたら哲学者

移動式書斎「抱雪庵」(ホウセツアン)


量子生命論をあなたへ贈る。記事から


貴方にも貴方しか無い人生があるね。だから人の批判はしなくっていい。だってその人の人生を知らないで批判できることなんてないんだ。
j自由詩人 松尾多聞 2015
             作者の肖像2015/05/5 自写↑




多聞はブログランキングに参加しています。
あなたの優しさでワンクリックお願いします。↓

NEW !
テーマ:

 

僕ね

大好きでしょうがない、北海道!

 

その観光に携わることになりました。

 

海外の人にもこれから僕の北海道の僕しかしらないこと。教えてあげることが出来る様になったんです。もちろん、日本の方にもね。

夢が実現したんだ。

 

もしも、観光では経験できない素晴らしい貴方だけの北海道を経験したいなら、僕に相談してね。

 

 

北海道積丹半島の先端、チャレンカの小道(神威岬自然遊歩道)を登りきると海の中央に浮んでいるかのような神威岬(カムイ)に立つ。

北へと逃れたとされる悲運の公達、源義経を強く慕うアイヌ人首長の娘チャレンカ。義経を追って、乙女がやっとたどりついた神威岬、しかし、義経は旅立った後であった。



日本海で最大の難所といわれた神威岬。その岬までの歩道がチャレンカの小道。野生のハマナスと百合の貴重な群生地でもあり、1日中激しく移ろう壮大さはその風景を見るものを圧倒して止みません。



 

音譜 音楽BGM ←クリック

 

    「神 の 岬」

 

    丘陵の小道を登る二人に

    岬の風は色合いを変えた


    影を連れては海は燃える

    難海の灯台を染めながら


    残り灯が漁り火に変わる

    星を招いて伝説を奏でる




    恋に破れ立ち続ける人よ

    わたしは見守っていよう


    紅き百合は今年も咲いた

    遠い幻を信じ続けるから


    いま君よ振り向かないで



        詩作・松尾多聞

 

 

神威岬 多聞のホッケ釣り

 

 義経公を慕い、ついに再会を放せなかったチェレンカ。その悲恋はついに彼女を、この岬に立つ岩に変えてしまったという。岩になりながらも愛する人を待つ少女へ、僕はそこにいて詩を二つ書き贈りました。

 

 
音譜音楽BGM ←クリック

 

     恋を眠らせて

 


      波に濡れる砂に

 

      想い出を敷きつめて

 

      たった独りの観客席

 


      しまい切れない

 

      真夏の恋だから

 

      眠らせて横たえて

 

      子守唄を唄って

 


      星のオーケストラに

 

      灯台の灯が踊る

 

      漁火のスクリーンは

 

      面影を映し出す

 


      零れ落ちる夢を

 

      しまうすべを知らず

 

      眠らせて横たえて

 

      この恋を眠らせて

 


      移ろう風達よ

 

      唄いつづけていて

 

      朝に照らされ眠るまで



      神威岬にて:松尾多聞

 


BGM↓クリック
http://homepage2.nifty.com/sapporo7king/hikaru.mp3


     「 青 い 鳥 」


    満面の笑顔に囲まれて

    貴方は生まれて来たね

    何も分からないままに

    きっと何かをするため


    生まれいずる喜こびと

    生きる苦悩に挟まれて

    貴方は何を見つけるの

    不安をいだいたままに


    翼はどこにあるのかな

    大空たかく舞い上がり

    自分をみつけるための


    愛の扉はいつのときも

    貴方を待ち続けている

    それがいつか開くとき

    青い鳥は空へ飛び立つ


    愛に囲まれ生まれ来た

    貴方は天使と同じひと

    想い伝えるこころには

    大空が輝き増してゆく


    青い鳥は貴方のなかに

    あの笑顔に応えるため

    貴方は歓喜に思い出す



     自由詩人 松尾多聞

松尾多聞 素顔

 

 不死鳥 鳳凰

多聞は【エッセイ・ポエム】の

ランキングに参加しています。

(>_<) 応援してね。

読者登録してね

ペタしてね

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。