逆転の風水

次はあなたの番です。


テーマ:
楚の荘王は、春秋の五覇の一人に加えられることもある名君です。

しかし、最初は王に即位してから三年間、
号令を発することなく、日夜享楽にふけり、

「諫める者あらば死刑に処す」

とふれを出し、臣下は恐れ、誰も王に提言することができませんでした。

しかし、伍挙という臣下が意を決して諫めるために宮中に入ります。

荘王は左に鄭の女を抱き、右に越の女を抱いて、鐘太鼓の間に座っていました。

伍挙は荘王に謎かけをします。

「鳥が阜(おか)にいて、三年のあいだ鳴かず飛ばずです。これは何という鳥でしょうか」

荘王はこう答えるのです。

「その鳥は三年のあいだ飛ばないが、ひとたび飛べば天まで昇るだろう。
三年のあいだ鳴かないが、鳴けば人を驚かすだろう。
挙よ引き下がれ。わしにはわかっている」

その後しばらくして、荘王は身を改め名君の道へと進みます。

この荘王を特別な人とするのではなく、
誰にでもある無意識、奥にある自覚の意識として捉えてみるとどうだろう?

伍挙の謎かけは、現代でいうメタファーで、

まさに荘王の奥にある無意識、奥にある自覚の意識へと語りかけたことになります。

人を信じるということは、きっとそういうことではないだろうか?



AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。