マロンとあずき

ワンニャンがそばにいればいつでも笑顔になれる、犬バカ猫キチのご満悦♪の毎日と、そんな人間のパートナーになれる動物達を一匹でも不幸から救いたい、それが願いです。

クリスマスツリー延岡での次回 いぬねこ譲渡会のお知らせ

           主催*延岡いぬねこ希望の会

      
  ★ 2017年 3月 19日 日曜日 10時~12時

  ★ 会場   第1回 北町あるあるおもしろ通り!

              イベント会場内 

     

      

      

   




     


    桜 以前の延岡での譲渡会情報はコチラになります

NEW !
テーマ:

しまったっ!!!

が、気づいたときはもう遅かった~

歩数計と活動量計をポケットに入れたまま洗濯 がっかり

まだ買って半年もなってないのにィ

すぐ裏を開けて乾燥し電池入れなおしたけど

歩数計はウンともスンともいわずダメ。

活動量計は復活はしたけれど、乾燥が不十分だったのか夜にはダウンしてもうたもやもや

クシュン・・・

仕方なくまたネットで注文

 

 

にゃんこ。 今日のおまけ

やっぱり一匹足りないなぁくろねこ・!!

黒美のロミちゃん、奥ゆかしいんだから♡×!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「命の架け橋 ひまわりの家」 より

★「ひまわりの家」 よりお知らせ★

http://himawarinoie.miyachan.cc/e510893.html

以下転載

 

本年4月、清武町に、宮崎県と宮崎市が運営する、
動物愛護センターが開設されます。
開設に伴い、大瀬町のひまわりの家は役目を終え、
3/31付で、閉鎖されることとなりました。
現在在籍中の犬猫たちは、
4/1をもって、
全頭愛護センターに移管されます。
長年にわたるご愛顧、
ありがとうございました。
私たちエンジェルス・カンパニーは、
3/31まで通常通り犬猫たちのお世話をいたします。
残り1ヶ月少々となりましたが、
ぜひ、ひまわりの家の犬猫たちに、
会いに来てあげてくださいませ。

 

転載以上

 

良かったです、全頭全匹引っ越しするんですね♪

因みに「ひまりの家」に隣接する「中央動物保護管理所」 も廃止になるそうです。

 

感慨深いです。

ご苦労様と言いたいです。

東国原知事の時代に、愛護センターが欲しいとボラさんたちが署名活動をし

出てきた案が 「ひまわりの家」

2008年に宮崎県犬猫譲渡推進協働事業として設立されました。

 

清武町に建設中の本物の愛護センター、楽しみです。

どうか宮崎県全体の犬猫の、環境や生活のレベルアップにつながりますよう願っています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊本の子たち、みなしご救援隊やミグノンプラン、CAPINさん、延岡の団体さんなど

多くの保護団体が熊本からレスキューしてるのに、間に合わない。。。

「地震」 さえなければ、殺処分しなくても良かったのに。

殺処分される子もいないはずなのに、とても残念です。

 

 

以下転載

 

熊本県、犬の殺処分再開 昨年12月、「収容能力超える」

2月11日
 
熊本県が熊本地震後に保護した犬について、病気などで譲渡が難しい個体に限り、見送っていた殺処分を昨年12月中旬に再開したことが10日、分かりました。保護・収容している県動物管理センター(熊本市東区)や県内10保健所の収容能力を超えたため、「やむを得ない」としています。

県によると、10日までに犬計67匹を麻酔薬で安楽死。それでも同日現在、犬121匹、猫58匹を保護。通常の収容数である犬約10匹、猫約35匹を大きく上回っています。
猫の殺処分は見送っているます、子猫の保護が増える春の繁殖期を前に「猫も殺処分を再開せざるを得ない状況になるかもしれない」としています。

県は地震後、保護した犬や猫を「被災ペット」と位置付け、ボランティア団体などと連携しながら飼い主を探したり、新しい飼い主へ譲ったりしてきました。

昨年末時点では、保護した犬861匹のうち710匹、猫1163匹のうち718匹を返還・譲渡。同年12月に策定した県政運営の基本方針「熊本復旧・復興4カ年戦略」でも「犬猫の殺処分ゼロを目指す」としていました。

一方、熊本市の市動物愛護センター(同市東区)は昨年4月から今年1月末までに、犬・猫計586匹を保護し、531匹を返還・譲渡。9日現在、計77匹を保護しています。これまで病気の治る見込みのない猫に限って16匹を安楽死させたといいます。
=11日朝刊24面、太路秀紀、中尾有希記者

 

 

 

 

NEWNEWNEW2017-2-18

 

隠そうとしたのか。ただの連絡の行き違いなのか

実は猫も殺処分していた!そうです。

 

動物救援隊外交官 ももこひめさんより

以下転載

 

熊本日日新聞からです。

https://this.kiji.is/205153827390768635

 

県、猫も殺処分 昨年7月に14匹

委託業者報告怠る

2017/2/17 09:42

 

県が、熊本地震の発生で見送っていると説明していた猫の殺処分を、昨年7月に実施していたことが16日、分かった。県は、同10月末まで保護した犬や猫を「被災ペット」と位置付けて殺処分を全面停止し、元の飼い主への返還や新たな飼い主への譲渡を進めると説明していた。

 

殺処分は、県が県動物管理センター(熊本市東区)の業務を委託している株式会社熊本県弘済会(熊本市)が実施している。

 

所管する県健康危機管理課は「同社から連絡がなかった。隠す意図はなかった」と釈明。同社は「数が増え、センター内にそれ以上収容するスペースがなく殺処分した。犬や猫の殺処分ゼロの方針もあり県に報告しにくい面があった」と説明した。

 

「県が犬の殺処分を昨年12月に再開。猫の殺処分は見送っている」という今月11日付の熊日の報道に対し、同センターで猫の世話を手伝うボランティア団体から「猫の殺処分もあっている」との指摘があり、判明した。

 

県や同社によると、殺処分は昨年7月7日に実施。14匹を麻酔薬などを使って安楽死させたという。殺処分の対象は、センター職員らが「攻撃性が高く、世話をする職員にけがをさせる恐れがある」と判断した猫だったとしている。

 

「殺処分ゼロを目指す」という方針は、昨年3月の知事選で蒲島郁夫知事が公約。同12月に策定した県政運営の基本方針「熊本復旧・復興4カ年戦略」にも盛り込んだ。

 

同社への業務委託は約40年前から毎年度続いている。殺処分など「専門性が高い」として随意契約を結んでいる。年間の委託費は約1億円。(太路秀紀、中尾有希)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

みやざきドッグ愛ランド 譲渡希望犬欄に掲載の子たち

宮崎県北の延岡保健所、日向保健所管轄で

いろんな理由で新しい飼い主さんを待っている子たちです。

気になる子がいましたら、ぜひ問い合わせてみてください。

 

 

№12916 女の子 5才

人馴れしててお利口だそうです。

笑顔のかわいいこの子の家族を募集しています。

https://dog.pref.miyazaki.lg.jp/modules/addon_module/?a=doglove&p=search_detail&id1=1&id2=1&cd=12916

 

 

№12887 女の子 3才 

1月に市内で子犬3匹を子育て中に保健所が保護しました。

子犬たちは卒業しましたが、母犬はまだ家族が決まりません。

https://dog.pref.miyazaki.lg.jp/modules/addon_module/?a=doglove&p=search_detail&id1=1&id2=1&cd=12887

 

 

№12814 女の子 3才

年末迷子で徘徊しているところを優しい人に保護されました。

新しく家族になって下さる方探しています。

https://dog.pref.miyazaki.lg.jp/modules/addon_module/?a=doglove&p=search_detail&id1=1&id2=1&cd=12814

 

 

№12847 男の子 5才

仕事場で番犬をしていた元気な愛嬌のある男の子

新しい活躍の場、どこかにないでしょうか

https://dog.pref.miyazaki.lg.jp/modules/addon_module/?a=doglove&p=search_detail&id1=1&id2=1&cd=12847

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホームセンターの「島忠」さんで譲渡会が開かれたそうです。

島忠さんは九州にはないのでよく存じませんが

ホームセンターと言う不特定多数の方が多く来店される所で

いぬねこ譲渡会ができるってとても有難い事ですね。

 

ペトことさんより

http://petokoto.com/Tbnz9i

以下転載

犬猫18匹に里親希望! ホームセンター「島忠」で保護犬の譲渡会も初開催

 

昨年12月17日に島忠のホームセンター「ホームズ所沢店」で保護猫の譲渡会が行われ話題になりましたが、1月28日(土)に2回目となる譲渡会が「江東猿江店」(東京都江東区)で開催されました。今回は保護犬の譲渡会も行われ、参加した犬猫35匹ほどのうち犬が6匹、猫が12匹の計18匹に譲渡希望の申し出がありました。トライアル(※)期間を経て、正式に譲渡となります。

 
※保護犬猫は、里親候補者が決まると1〜2週間のトライアルというお試し期間に入り、犬猫と新しい家の相性、新しい家族との相性を確かめ、問題なければ正式譲渡されます。

 

今回の譲渡会では、前回参加した保護猫カフェ「ねこかつ」だけでなく、保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」の登録団体でもあるNPO法人「Wonderful Dogs」も参加し、島忠での犬の譲渡会は初開催となりました。

 

 

20170127_shimachu_ky_003
 
写真提供:ねこかつ

 

 

ねこかつ店長の梅田 達也さんが「前回は保護猫だけだったので、今回は保護犬も参加できてよかったです。猫も犬も人気でした」と話す通り、初開催となった犬の譲渡会も展示スペースがお客さんでいっぱいになるほど。Wonderful Dogs代表の岩渕 友紀さんは、「お客さんの中には『この子たちはいくらで売ってるの?』と聞かれる方もおり、保護犬のことを説明させていただく啓発の場にもなりました」と話しました。

 

20170127_shimachu_ky_001
 
写真提供:Wonderful Dogs

 

 

なお今回の譲渡会にはペットフード・グッズなどを扱う企業4社も参加し、来客者に各社の試供品を配布。残った試供品は各団体に寄付されました。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

また「島忠」さんでは従業員に対し、ネコリパより講師を呼んで

「保護猫」 の勉強会を開催したそうです。

会議室に集まった30人のうち、「さくら猫」 の事を知っていたのは1人だけだったそうで、

もっともっと「保護猫」「保護犬」と言う存在を知っていただく、啓発活動の大切さ感じます。

 


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は寒いかと思いきや、風がなくて昼間はあったか~い。
梅の花もあちこち満開だし、このまま春になってくれないかなあ
 
某猫雑誌の付録おもちゃがとどいた!! ので早速猫部屋へ 笑顔
 
 
まず好奇心旺盛な、まだお子ちゃまのみかんちゃんとまる君
勢いよく回るボールに鈴が入っているので、その音にさそわれて
左に大先輩のひなちゃん現れ参加、凝視してますよあげ
 
 
遊び上手のまる君が率先してボール回してますうずまき
なかなか手の出ないひなちゃん
そうこうしてる間に4匹目
 
 
登場したのはマイペース三毛のみ~ちゃんギザギザ
カラカラコロコロという音がどうしても気になったようですね上げ上げ
やはり手は出ませんね~監視してますもやもや
 
 
あらっ5匹め登場黒豆君くろねこ・!!、珍しいですね。
よほど、ボールの鈴の音が気になったのでしょうか
でも納得したのかすぐに退場しました~ん
 
 
さて、またまたまる君の手が伸びていますが、
み~ちゃん乗り出してボールをゲットできたのでしょうか!?
 
 
あ~らみかんちゃん、こっち向いてどうしたの
まる君が独り占めして遊べなーいとか!?
 
 
どうやらまる君、ひと段落ついたようですね。
今度はみかんちゃんがボール追っかけてますok
 
 
が、みなさんこちら向いてどうかなさいましたか?
もう、飽きましたかねハロー!
今日は十分遊んでくれたようです。
壊れずにまだ活躍していますよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

寒いです、太陽さん顔出してるのに北風ピュンピュン吹いてて本当に冷たい

朝の散歩の時は祝日だからか歩く人もなく、白いものが舞っていましたよ

今冬一番の寒気らしく、県内山間部では雪積もったみたい。

でもこれくらいの寒さ、昔は普通にあったように思うけど、どうでしょう。

 

 

猫部屋出入り口の、3段ケージの天井でいつも寛ぐミーちゃん約2才

ここは見晴らしがいいので、こちら側でマロン君がウロウロしたり

台所でバタバタしてる様子を高みの見物できるんですよ上げ上げ

 

 

食にもあまり関心がなくてマイペース ♡×!

6匹の中で唯一外暮らしの経験があるからでしょうかね。

5月末に ㊦㊦( ̄^ ̄ こうやって身重なのに段ボールで捨てられちゃいましたからね。

よっぽど邪魔だったのでしょうか、どんな暮らししてたんでしょうね。

・・・・・尚ミーちゃんの前にいる黒っぽい塊は、生後1週間くらいのみかんちゃんですぅ

 

 

お外への憧れは人一倍 にゃんこ。 あるみたいで、お外見るのも大好き。

ただし、ウン○いつも外すのは外暮らしの名残か、それとも抵抗か。。。。。

あっ犯行現場を確認できてないので、犯人は明らかではありまっせ~ん !

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は薄曇りで風がビュービュー吹いて寒いです。

でもニュースでは積雪や吹雪の映像が流れてて、明日は西日本も雪になるとか。

春まではもう少しの辛抱ですね。

 

辛抱と言えば随分辛抱して来たんですが

昔からの外反母趾が痛んで速足はおろか、一歩一歩踏み出すのも痛くなりました がっかりアセアセ

自己流でマッサージはやってるんだけどね

散歩よだきいなぁ、雨ふらないかなぁーーー

 

因みにやっぱり歩きすぎだよね、判ってるんだけどね考えないと。。。んん(きいろ)

歩数計に加えて、去年から活動量計使い始めたんだけど

まさか毎日10キロも歩いてる! とは、全く自覚有りませんでした ようずまき

活動量計の数値でいくと

       歩数  速歩時間 キロ数 

 昨日    15828    63 分   11.3

2日前   16108    74      11.6

3日前   13071    56      9.5

4日前    9034     23       6.4

5日前   11394    46        8.2

6日前   11258    47        8.1

7日前   19230    103      14.2

 

尚この新しいテルモの活動量計、ヤマサの歩数計に比べて振れ過ぎで

歩数値が1割弱いつも多いです。

どっちが正解かは判らないですが。

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

おておまけの猫写真おて

もう5~6年前から見る子で、この辺のお家でご飯貰ってます。

段ボールの寝床らしきものもあるので

一応大事にされてる猫さんですね 恋一

下の田んぼの草むらにいるピーコちゃんを監視しているの図 あっ!

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

雨とはいえ小雨模様の2月の譲渡会

こちらの延陵自動車学校様は大きな屋根があるのでとても助かります。

おまけに駐車場も広く、職員の方々もとても気を使ってくださいます。

犬1猫1 譲渡が決まりました あっ!

右が一般参加の柴系男の子うえ

飼い主さんが飼えなくなって、預かりさんのご家族が連れてきました。

今日はこんなに人が大勢いるので、嬉しいのか元気いっぱいでした。

最後の最後になって、この子がほしいという中学生位の男の子が現れ、

母親の方と預かりさんの方で話し合い、無事に譲渡が決まり新しいおうちに行きました 音符

ダウン

下やじるし希望の会保護の「もみじ」女の子3歳くらい、飼い主さん募集中です。

今日はなぜか犬がほしいという方が多くいらして

皆さん、みやざきドッグ愛ランド のわんこたちを熱心に見入っていました下やじるしhttps://dog.pref.miyazaki.lg.jp/modules/addon_module/?a=doglove&p=search_list&id1=1&id2=3

 

日曜日は行政は休みで連絡取れませんが

飼い主のいないわんこたちが一匹でも減ってくれることを願っています。

 

恋一 猫の部ではこちら白黒3兄妹の女の子が幸せゲットしました♡×!

たくさんの猫さんの中から、若いご家族に気に入ってもらえて鼻ポチちゃん良かった~

門川のボラさんから預かって連れてきましたが、本当に運がよかったです。

㊦㊦( ̄^ ̄ みかんちゃんとまる君、今日も赤い糸落ちてなかったですねぇ

 

★ お知らせ

フリーペーパー「もふもふ2月号」 届きましたので

マックスバリュー南延岡店に置いています。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

YAHOO!ニュースより

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170204-00079495-playboyz-pol

以下転載

 

文科省天下りを「生け贄」にした安倍内閣の思惑。

事務次官の自主退職で一件落着にしてはいけない!

 

 

文部科学省(以下、文科省)が、組織的に元幹部職員の天下りを斡旋(あっせん)していた!…という“何を今さら”なニュースで大騒ぎしている安倍内閣。その狙いは?

現役時代に「天下り規制」に取り組んだ元官僚の古賀茂明氏が、問題の本質を徹底解説!

* * *

そもそも、天下りの本質は省庁やキャリア官僚が自己の権限を駆使して企業や業界団体になんらかの便宜を与え、その見返りとして退職した官僚OBに就職先を確保することだ。今回、やり玉に挙げられている文科省はもちろん、霞が関すべての官庁が手を染める構造的な悪習である。

天下りがもたらす弊害は大きい。まず、無駄な予算が増える。天下りポストはたいてい高給かつ閑職。ところが省庁は、そのくだらないポストのために無駄な組織を設立、維持し、予算をつける。言うまでもなく、その原資は国民の血税である。

省庁が天下り先と癒着するのも大問題だ。省庁は、天下り先である企業や業界組織、あるいは大学を守り、不適正な補助金を交付したり、国民の利益に反する規制を温存するなどの不都合が生じる。

つまり、天下りとは再就職をワイロ代わりにする反社会的行為だ。そんな悪習は根絶しないといけない。役人時代から、私はそう訴えてきた。

そんな私に「官僚制度の大改革をやる。手伝ってほしい」と、現参院議員の渡辺喜美氏から声がかかったのは2008年頃だった。当時、渡辺氏は安倍内閣、福田内閣の行革担当大臣として、「国家公務員制度改革基本法」の成立に執念を燃やしていた。私は古巣の経産省から国家公務員制度改革推進本部事務局に出向し、審議官として渡辺大臣の改革を支えることになった。

当時、公務員の天下り禁止を実現する制度設計が進んでいたのだが、やり切れなかったことがふたつある。

ひとつは省庁OBの天下り斡旋(アレンジ)禁止を実現できなかったこと。08年の天下り規制は事務次官や人事課長など、現職官僚による斡旋は禁止できたが、OBによるものまでは手が届かなかった。省庁からすれば、天下り斡旋は現職次官がやろうが、OB次官がやろうがどちらでもいい。退職者の再就職が実現すればOKで、天下り規制に大きな抜け穴ができてしまった。


もうひとつは違法な天下り斡旋を刑事罰の対象にできなかったことだ。現状では違法な斡旋をしても警察は捜査に動かず、省庁が独自に懲戒処分を下すだけで済む。処分は重くて3ヵ月の停職など、軽ければ書面による戒告だけで終わってしまうのである。

懲戒処分は事務次官、官房長、人事課などが行なう。しかし、天下りを斡旋するのもまた同じ顔ぶれなのだ。これでは、泥棒に「泥棒を捕まえろ」と要求するようなもの。天下りがなくなるはずもない。

この2点を盛り込めなかったのは財務省をリーダーとする霞が関、そしてその意をくんだ自民党のボス政治家の抵抗・圧力が強かったから。08年当時、こうした圧力をはね返す力が私たちにあれば、天下りをもっと実効的に規制できていたかもしれない。

■次の“生け贄”になる省庁はここ!

報道によれば、安倍政権は今回の文科省の不祥事を受け、全省庁を対象に違法な天下りがないか、調査を行なうという。だが、そもそも文科省が天下りの斡旋に手を染めていたのは、霞が関の官僚から見れば驚きでもなんでもない。それを今、白日の下に晒(さら)す目的とは?

注目すべきは安倍政権がすぐ文科省の処分に動いたという点だ。天下りは国民に評判が悪い。しかも今年は夏に都議選、秋以降には衆院選も予想される。だらだらと処分を延ばし、国会で野党から「天下りに甘い」と追及されると、選挙に悪影響が及びかねない。なので、国会の開始前に早期処分し、批判を極小化しようとしている。

特に今回は、次官を自主的にではあるが退職までさせた。かなりの危機感を持っているということだ。そうした官邸の意向は省庁もわかっている。各省庁は人身御供(ひとみごくう)として数件の天下り案件を差し出すだろう。

そこで注意したいのが、霞が関の盟主たる財務省と経産省の動向。どちらも政治力があるから、抵抗するか恭順の意を示すか、悩むところだ。

ただ、もし天下り案件を表に出すとしたら、経産省が先のような気がする。この省は他省に比べると仲間意識が薄くドライだからだ。しかも、今の官邸は今井尚哉(たかや)首席秘書官をはじめ、経産省出身の秘書官が仕切っている。その経産省が天下りで処分されれば、国民は「安倍首相は天下り根絶に本気だ」と評価する。省幹部は、それで官邸に恩を売れると計算するわけだ。


一方の財務省は、経産省とは違って職員の結束が固い。身内をかばおうと、最後まで抵抗する可能性もある。ただ、財務省だけ抵抗すれば、官邸の恨みを買うのは必至だ。

最後に天下り根絶の手立てをいくつか示そう。まずはキャリア制度の改革が必要だ。

具体的には天下りが不要となるように、キャリアの昇進制度の再構築が必要だ。キャリア官僚が本当に優秀な人材なら、退職後の再就職に困らないはず。しかし、実際には優秀ではない人材が多いからこそ、天下りが必要悪になっている。

これを防ぐには課長級以上の職責の任用条件として、例えば「民間企業などで10年超活躍した実績があること」といった項目を設けるのも一考だ。民間企業で長く活躍した人材ならば、自力で再就職先を探せるだろう。

また、天下りの実態を内部告発できる窓口の整備も必要だ。「再就職等監視委員会」ではほとんど機能しない。日弁連(日本弁護士連合会)や民間オンブズマンなどに委託して、役所の外に安心して告発できる完全な第三者の窓口を作らなければならない。

もちろん、私が官僚時代にやり残した2点ーー官僚OBによる斡旋禁止、天下りへの刑事罰適用も欠かせない。今回の事件は天下り根絶の好機。事務次官の自主退職などで一件落着にしてはいけない。

●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元幹部官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して2011年退官。著書『日本中枢の崩壊』(講談社)がベストセラーに。近著に『国家の暴走』(角川oneテーマ21)


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。