2011-02-27 21:26:31

第167回_堤康次郎_会社や仕事を選ぶな(就職が決まっていない学生に向けて)

テーマ:観光

大学生の内定率が約7割で4月から就職出来ない人が約3割もいるとテレビや新聞で報道されている。大手企業は採用枠が少なく倍率が物凄く高くなるためなかなか内定をもらうのが至難のようだ。しかし中堅企業やベンチャー企業では逆に採用枠があるのに学生の応募が少なく採用出来ずに困っているという。


テレビのインタビューでまだ内定をもらえていない学生が答えていた。大手企業ばかりを受けて結局内定をもらえなかった。今年もう一度大手企業を受けるが、中小企業を受けることは考えていないという。何故大手企業なのかの問いに「大手の方が安定しているから」と何とも漠然とした答えである。


私は職があるのであれば就職浪人などせずにまずは働くことを勧める。何故なら働かないといつまでたってもスタートラインに立てないからである。もう一年頑張って希望の会社に行ければいいが、可能性は低くなんの保障もない。就職浪人は社会にとっても本人にとっても大変なロスでもったいないことである。

私自身、守衛のアルバイトから国会議員の秘書になった経験があるが、思わぬ人との出会いや仕事の出会いは働くことでチャンスが来るのであり、働かなければ何も起こらない。希望の会社や仕事ではなくとも一生懸命働くことで道を切り開いていった人達は過去に幾らでもいる。




敗戦から2年後、就職しようにも新たに採用などする会社などない時代である。「便所掃除と風呂番ぐらいはできます」といって軽井沢のホテルに雇ってもらった男がいた。


彼は仕事にありつけたことに喜び、来る日も来る日も早朝は便所掃除、夜は風呂の掃除と与えられた仕事に没頭した。


朝の5時便所掃除をしていると、そんな時決まって顔を合わせる客がいた。その客は常連客のように来ており、そのうち客から声をかけられるようになる。「早くから御苦労だな」、「なんという名前かね」「はい駒村と申します」実は、この声をかけた客こそ西武グループの創業者、堤康次郎(つつみやすじろう)その人であった。当時はみな「大将」と呼んでいた。


それから風呂場でもこの大将と顔を合わすようになり、頼まれて背中を流すようになる。「どうして三助(さんすけ)ができるのか?」「はい奉公をしていた時に覚えました」「どう教えられたか?」「はい、アカを落とそうとせず、心臓に向かってこすってやると気持がいいからそうしろと教えられました」「ほう、なかなかいい勉強をしているな」とこの大将は駒村のその実直ぶりと勉強の仕方に感心したようだった。


それから数年後のある日、駒村はグリーンホテルの支配人から呼び出された。何事だろうと支配人室に出向くと、支配人に「駒村君、君が僕の後任だ」駒村は最初何を言われているのか分からずキョトンとていると、「これは大将じきじきの人事だ、有り難くお受けして粗相のないように、まあ頑張れ」



清掃員が支配人に抜擢されたのであるからホテルじゅうが大騒ぎとなったことは言うまでもない。





最後に阪急グループの創業者、小林一三(いちぞう)の言葉を紹介しよう。


「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ」

 


文責 田宮 卓 




参考文献


上之郷利昭 「堤 義明の人を活かす!」 三笠書房






AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2010-11-04 08:50:09

第127回_小佐野賢治_従業員を信用しない会社は発展しない

テーマ:観光

儲けるという字は信じる者と書くが、企業が繁盛し栄えていくためには社長が部下や従業員を信頼していることが絶対の条件である。大きくなった会社は皆そうであった。



松下電器(現パナソニック)は、創業時は松下幸之助と身内3人だけでスタートした。最初にヒットした製品はアタッチメントプラグという電気器具であったが、この製品をつくり始めてから非常に忙しくなり外の人を45人雇うことになった。しかし一つ問題がおこった。それは何かというと、製品の原材料である煉物の製法の秘密をどうするかということである。当時の煉物の製法は、他のどの工場も秘密にしていた。工場の主人以外には、その主人の兄弟とか親戚など、限られた身内だけがその製法が知っていて、その製造作業を担当するのが当たりまえであった。


ところが松下はいろいろ考えた結果、製法の秘密を新しく入った人にも適宜教えることにした。身内だけで製造作業をしたのでは非効率であること。また外の人といっても同じ工場で働く仲間である。仲間同士でそういう姿を現して果たしてよいのかということであった。同業者からは「そのやり方は非常に危険だ。今日入った者にまで製法の秘密を教えたのでは技術を他社にも公開するようなものだ」と言われた。


しかし松下は「製法が秘密であることは従業員も知っているし、他にもらせば工場のマイナスになることも分かっている。だから、教えてもらってそれを他にもらすことはない」そう思い従業員を信頼し製法を教えて作業をやらせた。すると従業員はその信頼にこたえて秘密を守り、一生懸命働いてくれたという。この時に松下は、人は信頼されれば裏切らず期待にこたえようと一生懸命に働いてくれることを体験した。その後も松下は日本で初といわれる「事業部制」に象徴されるように部下や従業員を信用し大きな仕事を任せていくことを経営方針の柱としていった。



またホンダの創業者、本田宗一郎は経営の実務はすべて副社長の藤沢武夫に任せ、引退するまで社長印を見ることは一度もなかったという。


その逆のケースもある。国際興業の創業者、小佐野賢治(おさのけんじ)である。山梨県の勝沼の百姓の子に生まれ裸一貫から事業を起こした。東急グループの総帥五島慶太(ごとうけいた)が組合対策資金を捻出するのに困り、強羅ホテルを売りに出したのを買ったのが若干28歳の小佐野であった。それを機に五島の知遇を得て国際興業は発展していく。五島のような超大物を味方につけるところは小佐野の凄いところであったが、弱点もあった。小佐野がまだ現役でいる時に国際興業の経理部で働いたことのある社員から聞いた話がある。国際興業は最盛期ホテル、バス事業を中心に1万人を超える大所帯であったが、どんな細かい書類も伝票も小佐野は自分がチェックしなければ気が済まなかったという。小切手の一枚でも自分が決済する。ようするに部下を信用出来なかったのである。ここが小佐野の限界であったかもしれない。結局後継者を育てることもできなかった。大きな会社の社長が細かい伝票のチェックをしているのでは効率が悪過ぎるし、何よりも社長が従業員を信用していないのにお客様や取引先が信用する訳がない。



関連サイト

小佐野賢治エピソード

http://amba.to/nKUKvP

小佐野賢治語録

http://bit.ly/mZLP8Y

 

 

文責 田宮 卓



参考文献

松下幸之助 「人を活かす経営」PHP文庫









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-21 22:30:47

第31回_堤康次郎_回創業者の精神①

テーマ:観光

大正6年、「今は経営者にしても気宇広大な奴がおらん。この軽井沢あたりも君のような若い者が50年ぐらいの計画で開発したらいい」と当時の大物政治家、後藤新平に言われ、軽井沢の沓掛(くつかけ)地区に80万坪の土地を当時の価格3万円で買収したのが、まだ30歳にも満たない青年でした。この青年が後に西武グループを築く堤康次郎です。つまりこの沓掛地区の開発が西武王国を築くルーツとなります。


郵便局、鉄工場、雑誌の経営、真珠の養殖など次々と事業に失敗し最初の成功のきっかけとなったのがこの軽井沢の沓掛地区の開発になりますが、堤は「もうけようと考えたのがいけない。この世の中のために少しでもできるだけのことをしようと奉仕の心だった。そして最初に考えたのが不毛地の開発事業だった。」と当時のことを述懐します。

 

儲かっている会社は必ず事業、サービスを通じて社会貢献をしております。これなくして継続して利益を出すことはできません。そしてトップが必ず私欲ではなく世のため人のために尽くそうという気持ちで事業やサービスを展開しています。利益だけを追求すると目先いいように見えても長続きはしません。

 

しかしそれにしても、当時の3万円は今では何十億、何百億に相当しますがこれだけのキャッシュを30歳にも満たない堤がどうやって用意したのか? このことは私は、日本の経営史の最大の謎の一つと思っております。


文責 田宮 卓






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。