1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-01-15 19:56:48

第229回_ 名文はどうやって生まれるのか(政治家編)

テーマ:政治家

年末年始に古今東西の政治家の発言集や執筆したものなどを調べてその一部を語録集としてまとめてみた。


歴代総理大臣語録一覧  http://bit.ly/wBersx

政治家(日本)語録集  http://bit.ly/Pr4POW

歴代アメリカ大統領語録一覧 http://bit.ly/OKsvi9

政治家(世界)語録集 http://bit.ly/QCPU4m


世界の政治指導者であまり勉強家ではなかったが演説が上手いといえばアメリカのレーガン元大統領がそうであろう。次に演説も上手く文章を書かせても名文家といえば文句なしにイギリスのチャーチル元首相をあげる。では演説は下手だけど、しゃべった内容を文章に起こすと立派な文章になる政治家といえば、日本の大平正芳元首相(昭和53年首相に就任)ではなかろうか。


大平は『あー、うー』と言い、お世辞にも演説が上手いとはいえなかったが、演説の内容を文章に起こしたものを読むと立派な文章になっているから不思議である。また大平の発言や文章には一言一言に含蓄があり味わい深い。


大平は香川県の貧乏な農家に生まれ、苦学して一橋大学を卒業し財務省に入省した。横浜税務署長に就任しと時に、新年拝賀式でこのような挨拶をしている。


「行政には、楕円形のように二つの中心があって、その二つの中心が均衡を保ちつつ緊張した関係にある場合に、その行政は立派な行政と言える。(中略)税務の仕事もそうであって、一方の中心は課税高権であり、他の中心は納税者である。権力万能の課税も、納税者に妥協しがちな課税も共にいけないので、何(いず)れにも傾かない中正の立場を貫く事が情理にかなった課税のやり方である」


この挨拶は大平が27歳の時である。20代にして既に行政や課税に対するしっかりとした哲学や考え方があることが伝わってくる。きっとこういう人が行政の責任者であれば、そこの職員は皆、緊張感を持ち、高い意識で仕事をしており、職員の不正やミスも起こりぬくいといえるだろ。



大平の言ったことはなぜ文章に起こすと立派なものになるのか、そのことを明治大学教授(教育学者) の齋藤孝の著書から答えを得られた気がする。齋藤先生は次々とベストセラーとなる著書を世に送り出す作家の顔も持つ人物である。


齋藤先生は著書の中で

「話し言葉を録音して、文章に直してみたときに、まるで内容空疎な場合と、意味がしっかりと入っているコメントとの差が生まれることがある。この差には読書量の差が大きく関係していると私は考えている」という。


またこのようにも言う。

「書くことは、読むことよりも高度な作業である。自分が聞いたり読んだりしたことのない言葉は、書くことができない。しかし、自分が書いたことのない言葉でも聞いたり読むことはできる。書くという作業は、膨大な読むということの上に成り立つ『氷山の一角』なのである。書くことは、読みの、いわば成果である。水面下に、膨大な読書があるほど書くことは当然容易になる」


チャーチルと大平の共通点は無類の読者家ということである。この膨大な読書なくして名文や含蓄のある文章は生まれないといえるだろう。


私もこのことを肝に銘じてより良い文章が書けるように今年も励んでいきたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
2012-03-14 14:00:07

第212回_ 東日本大震災から1年(細野大臣)

テーマ:政治家

東日本大震災から1年が経過した。自然の猛威に対する人間の無力さを感じると同時に、被災地のために「何ができるか」を考え、多くの人が助け合いの精神を発揮して行動している姿に感動させられた1年でもあった。


しかし、1年経ってもまだ瓦礫の山がほとんど片づけられていないことに愕然とする。処理出来たのは全体の6%余りである。本当に日本は文明国なのかと疑いたくなる光景である。理由は単純で広域処理が進んでいないからである。被災地だけで瓦礫の処理をするのが不可能なので全国の自治体の首長に処理をお願いするも、首長は受け入れる気持があっても、一部の猛反対する住民を説得ができずにいるからだ。


反対する人達も瓦礫を受け入れることがいやなのではなく、安全であることが分かれば反対はしないはずである。問題は、政府は安全な瓦礫だけをお願いすると言っても、政治家や行政の言うことが信用されないことである。


これは今までの政府の震災や原発事故に対する対応のまずさがそうさせていると思うが、そもそも政治不信はそれより前の自公政権から積み上がってきたものだと思う。改めて政治は信用がないと一歩も前に進まないことを思い知らされる。ここは党派を超えた与野党の議員が力を合わせて信頼回復に全力を尽くすべきである。


しかし、ここ最近少し風向きが変わったと思うことがある。今、原発担当大臣として復興の皆の先頭に立っているのが細野豪志(ほそのごうし)議員である。細野大臣が瓦礫の処理が一向に進んでいないことに責任を感じて皆に必死に協力を求めた。


すると民主党内の国会議員が皆動き出し、地元の首長に瓦礫処理のお願いをして回る。それだけではなく、野党議員も動き出した。自民党の小池百合子元環境大臣が歴代の環境大臣を集結させ共同記者会見を開き瓦礫処理の受け入れをお願いした。そこで江田元環境大臣も細野さんの必死さに心を動かされて今日この記者会見に臨んでいると発言。また自民党の河野太郎議員も地元の神奈川県の黒岩知事が瓦礫の受け入れを表明したことをいち早く支持した。それだけでなくブログで何故、広域処理が必要か、何故安全なのかを詳細に説明している。国会議員でここまで細詳に説明しているブログは初めてだ。また議員宿舎で細野大臣に会いどう対応すればいいか色々とアドバイスもしているようだ。


党派を超えて政治家が被災地のために協力している姿は、政治家も捨てたものではないな、やれば出来るではないかと思えた瞬間であった。

与野党の議員が動いたのもひとえに細野大臣の人柄かもしれない。細野さんが昨年大臣になったのは39歳の時。戦後、二世議員ではなく30代で大臣になったのは田中角栄に次いで二人目である。


細野さんは菅前総理とも仲がいい、それでいて小沢元代表とも仲がいい。前原政調会長とも人間関係は良好だ。野党議員にも人間関係がある人が多い。そういうこともあってか不思議と細野大臣が国会で答弁に立つ時はあまり野次も飛ばない。


何故そんなことが分かるかといえば、実は細野さんは私が代議士の秘書をしていた時の事務所の先輩である。細野さんは28歳で初当選したのだが議員になる前に代議士の秘書をしていたことがある。細野さんが秘書を急遽辞めることになって、その後釜で秘書になったのが私であった。私が秘書となって国会の事務所で働くようになった時は、既に細野さんは事務所を辞めていたので引き継ぎなどで一緒に仕事をしたことはなかったが、政策通で物凄く仕事が出来る人という評判だった。その後、細野さんが衆議員選挙に当選し今度は議員として再び国会で働くようになってから同じ事務所の先輩後輩のよしみもあり、たまに食事をしたり、仕事の進路のことで相談に乗ってもらったりと、何かとお世話になった。


印象としては非常に優しい人である。そして人の悪口を言わない。少なくとも私は細野さんが人の悪口を言っているのを聞いたことがない(もちろん野党時代に政府の批判はしていたが)。さらにいうと偉くならい人である。ここが凄いと思う。政治家になった途端に偉くなる人は非常に多い。細野さんは今でも会えば「元気?」と向こうから声をかけてくれる。そういう人である。


最近も永田町で働いている人に細野さんのことを聞いてみると、仕事ができ与野党に敵が少ないという評判だが頷ける話である。


細野さんは元々、阪神淡路大震災でボランティアをしたことが政治家を志したきっかけであった、父親も農家出身のサラリーマン。国民目線をしっかりもっている政治家だと思う。批判を浴びながらも懸命に福島の人に気持を寄せている姿が目に浮かぶ。福島の人の心をきっと掴めると思う。そういった意味では細野さんの原発担当大臣起用はもっとも適材適所の閣僚人事だったのではないかと思う。


瓦礫処理の問題は今一度、日本人の国民性が試されていると思う。そもそも全国で瓦礫の処理を受け入れなければ被災地の復興が一歩も前に進まないことは誰もが分かっていることである。放射能は政府も検査するし、自治体でも検査する、反対している人達にも自ら検査をしていただくと言っている。これは非常にいい案だと思う。ここは政治家も国民も一体となって乗り越えていくべきだと思う。そして最後にスマイルズ(英国作家)の言葉を紹介して終わりたい。


「国民がしっかりしていれば政治もしっかりしていく。国民が無知で堕落していれば政治もひどいものになる。結局、国家の評価も国家の力も、その国の制度によるのではなく、その国民の質とレベルで決まることなのだ」サミュエル・スマイルズ(自助論)


関連サイト

細野豪志語録 http://bit.ly/zTGePl

河野太郎のブログ(瓦礫処理についての詳細)

http://bit.ly/AmArkr

http://bit.ly/yyv9KZ

http://bit.ly/xiOqU9

AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
2011-08-19 00:05:19

第197回_鹿野道彦農林水産大臣_情報が人を熱くする

テーマ:政治家

菅総理がようやく辞任を表明したことにより、今月の末には次の新しい総理が誰になるか分かりそうだ。


実質的に総理を決める民主党の代表選に出馬する候補者もほぼ出揃っている。そのうちの一人に鹿野道彦(かのみちひこ)農林水産大臣がいる。本人はまだ正式な表明こそしていないが、新聞やテレビなどの報道を見る限り、代表選出馬への意欲は十分である。


私は鹿野大臣のことは良く知らないが、テレビなどで見ると何時も思い浮かぶのが父親の故・鹿野彦吉(衆議院議員)のことである。父親の彦吉は、元々はサラリーマンで40歳の若さで関西ペイント(現在東証1部)の取締役までになっていたが、ある本との出会いにより政治家に転身することになった。


その本とはパール・バック女史の不朽の名作「大地」である。「大地は」19世紀後半から20世紀初頭にかけて古い中国から新しい国家へと生まれ変わろうとする激動の時代を背景とした物語であるが、この本を読みその中の一節に触れた時に、彦吉はとんでもない衝撃を受けることになった。「やはり多くの大衆を幸せに導けるのは政治である。政治が堕落すると民衆も不幸になる」


そして政治家に転身することを決意する。彦吉は若くして大きな会社の取締役にもなり実業家としても十分成功していた可能性があったと思うが、「大地」という本に出会うことにより活躍の舞台を政治の世界へと変えた。昭和24年に衆議院議員に初当選し5期務める。


そして鹿野大臣は学習院大学を卒業すると父親の秘書となりその後、衆議院議員に初当選し現在に至っている。


もし父親が政治家になっていなければ、鹿野大臣は今こうして総理候補になるどころか国会議員にすらなっていなかったかもしれない。


父親が「大地」という本に出会ったからこそ今の鹿野大臣がある。私が鹿野大臣を見て何時も思うことはこのことである。


私は古今東西にわたり多くの偉人を調べてきたが大抵、自分の人生に大きな影響を与える本と出会っている。あの時にあの本に出会っていなければ今の自分はなかったといえる本がだいたいあるものだ。


情報が人を熱くする。人はある本のたった一文に触れた時に、眠っていた使命感や志が目覚めることがあるようだ。


私も「大地」は読んだがそれほどの衝撃はなかった。山崎豊子の「大地の子」こっちの方が面白かったがこちらもそれほどの衝撃はなかった。もちろん同じ本を読んで皆が同じ衝撃を受けることなどありえない。人生に大きな影響を与える本は人それぞれ違うし、読む時期によっても違ってくるであろう。


恐らく多くの人がまだそういう本に出会っていないと思うが、それは出会ってないだけでこの世の中のどこかに存在するはずである。


ではどうすれば自分の人生に大きく影響する本に出会えるのか。それは私も分からない。分からないがいえることは、普段から多くの本を読んでいる人ほどそういう本に出会える確率が高いが、読まない人ほどそれだけ出会う確率が低いということだ。


実際にどの分野であれ大成した人をみると、ほとんどが読者家といわれる人達ばかりである。


読者離れが進んでいるといわれ、何年が経つであろうか。このことは大きく道を切り開くチャンスを逃しているようでもったいない。本を読まなくなったが、その分インターネットなどで情報収集しているという人もいるだろう。今後、本は減り電子書籍などに変わっていくことも時代の流れであると思う。こういったブログでもインプットは出来るし、必ずしも本でなければいけないということはないと思う。


活字が発明されることにより人類が営々と築いてきた英知を継承することが出来るようになった。この偉人ブログが書けるのもその恩恵の賜物であることはいうまでもない。


最近は忙しさにかまけて読書を怠っているのが何を隠そうこの私である。今一度、読書のペースを上げていこうと思う今日この頃である。


注意:鹿野道彦大臣を応援しているわけではありません。

文責 田宮 卓

AD
いいね!した人  |  コメント(38)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。