2015-07-14 00:47:06

第247回_ホームレスから上場企業の社長に

テーマ:IT
「どん底の生活に入っても、自分の目標を持っていれば必ず立ち上がれるものだ」伊藤伝三(伊藤ハム創業者)


日本で最大のインターネットQ&A掲示板サイトを運営する、株式会社オウケイウェイヴの創業者、兼元謙任(かねもと・かねとう)は、生まれた頃から体が弱く、小学生の頃は入退院を繰り返した

そして病弱を理由にいじめを受けた。また自身が在日韓国人であることを小学5年生の頃に皆に知れ渡る。そのころからさらにいじめがひどくなる

いじめや病苦、自分の境遇に耐え切れず、死を考えたこともあったという

大学では仲間ができ、就職をして結婚、子供を授かる。やっと幸せを掴んだかに見えたが、大学で知り合った仲間に裏切られ、うまくいきかけた海外での仕事の話も御破算になる

妻には離婚状を突き付けられ、どん底に落ちた挙句の果てがホームレスの生活であった。公園で寝泊りをし、コンビニの裏で捨てられた弁当を食べ、飢えを凌ぐ

しかしそんな生活の中、兼元は人生を諦めなかった。所持品はノートパソコン一台だけであったが、電源は駅のトイレにある清掃用のコンセントからとり、ウェブデザインの仕事を仕上げ依頼された会社に納品する

毎月、稼いだお金は一万円を残して、全て実家に子供と戻ってしまった妻に送った。兼元は家庭をかえりみず、生活費を家庭に入れず、海外での仕事にお金を使っていた。妻は幼児を2人抱え、バイオリン教室を開き、生活費を稼いでいたが、家庭をほったらかしにする夫に愛想をつかせ、離婚状を置いて実家に帰ってしまったのだ

このことを猛省した兼元は妻子ともう一度、一緒に暮らしたい一心で、妻に稼いだお金を送金し続けた

ホームレス生活は2年ほど続いた。そしてホームレス時代に思いついたのが質問をすると回答を得られるウェブサイトである

人と人が助け合うことで、よりよい方向に向かっていくことを目指し、兼元はこのQ&Aサイトを始めた

2000年に株式会社オウケイウェイヴを設立。そして2006年にセントレックスに上場する

Q&Aサイトを立ち上げる頃に妻子も戻ってきて、その後は幸せに暮らしているという


関連サイト
兼元謙任語録http://bit.ly/1tO98Uq


参考文献
「ホームレスからのリベンジ」(著者:兼元謙任)
「働く意味」(著者:兼元謙任)
「一日一枚成功ノート」(著者:兼元謙任)
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。