2014-05-20 14:05:58

第242回_ユニクロ躍進の秘密

テーマ:アパレル
「情報が人を熱くする」江副浩正(リクルート創業者)

古今東西の伝記を読みあさっていると大成する人物の共通項というものが見えてくる。それは何かといえば、大抵、二つの出会いがある。一つが人生に大きく影響を与える人との出会い、もう一つが人生に決定的な方向性を決める書物との出会いである。

ジャーナリストで司会者の池上彰は小学生の時に読んだ『続 地方記者』という本がジャーナリストになることを決意させた本であったという。

このアメブロを提供しているサイバーエージェントの藤田社長は、20歳のときに読んだ『ビジョナリー・カンパニー』という本に衝撃を受け、自分たちの手で新しい時代に新しい会社をつくり上げようと決意。『おれは21世紀を代表する会社をつくる』というのが人生最大の目標となり起業した。

今、日本の小売業ではユニクロが先陣をきって世界進出を果たしつつある。先日、そんなユニクロを展開するファーストリテイリングの創業者、柳井正の著書『柳井正の希望を持とう』という本を読んでいたら、やはり柳井にもそういう本との出会いがあることが分かった。

この著書の中で柳井は語る。まだユニクロの1号店もオープンする以前で、実家の小郡商事という小さな紳士服の会社を経営していた頃。カジュアルを扱う郊外店をやれば面白いかもしれないと漠然とした構想だけは持っていた。

そんな時、58四半期連続増益という記録を打ち立てたハロルド・ジェニーン(IT&Tの元会長)の著書『プロフェショナルマネジャー』という本に出会った。この本の次の一節に触れた時に、頭を殴られたような衝撃を受けたという。 

「本は最初から読み始めるが、ビジネスは逆だ。最後からはじめて、そこに達するためにしなければならないことをするのだ」

それまで柳井は経営とは現実の延長線上にあることを一つの形にしていくことだと考えていた。しかしジェニーンは「現実の延長線上をゴールにしてはいけない」と強調する。

柳井は今まで自分が考えていたように、現実の延長線上に目標を置いている間は、なかなか現実から飛翔出来ないことを悟る。

自分の甘さを思い知らされた柳井はまず、『世界一のカジュアルチェーンになる』ことを宣言する。その実現のためには、まず『国内100店舗の達成と株式公開』という中間ゴールを設定する。その次が『日本一のカジュアルチェーンになる』こと。そして世界へ進出して、最終的に『世界一のカジュアルチェーンになる』ことを規定した。

ユニクロの世界一のカジュアルチェーンになるという最終目標は、この本との出会いで開眼し明確になったわけである。

恐ろしいことにユニクロは、その目標に向かって、ぶれることなくここまで来ているといえる。最近の柳井の発言を、メディアを通じて聞いていても、世界一になるという目標に揺るぎはないようだ。

ユニクロ躍進の秘密は、たった一冊の本の一節に触れたことが原動力になったといえよう。そう考えると、読書をすることで誰でも大きな飛躍が出来るチャンスを得られるかもしれない。


関連サイト
柳井正(ユニクロ創業者)語録 http://bit.ly/wUTgvP
人物別の名言格言 http://bit.ly/1j4tg4M
テーマ別名言格言 http://bit.ly/1jIa9Nh
AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。