2012-12-11 21:08:36

第228回_ 伝説の商社マン

テーマ:商社

「みんなが見捨てた場所に宝がある」

種村季弘(たねむらすえひろ)ドイツ文学者


もう埃が被って誰も読まないような書物を古本屋で探すことが私の楽しみの一つであるのだが、こういう書物にこそ、今や知る人は少ないが、ダイヤモンドのようにキラリと光る人物や言葉が書かれていることがよくある。そういう人物や言葉に出会いたくてついつい仕事の合間をぬって古本屋に立ち寄ることが習慣となっている。


そうした中、出会った人物に高畑誠一(たかはた・せいいち)という実業家(伝説の商社マン)がいる。私の最も好きな実業家の一人なのだが、その名を今、知っている人は少ないだろう。しかし今、高畑のような人物が各々の業界に幾人かでもいれば日本の経済が活気づくことは疑わない。では高畑とはどのような人物だったのか簡単に紹介してみたい。


明治34年(1901年)2月、ロンドンにいた夏目漱石が友人あてに送った手紙に「倫敦(ロンドン)は烟(けむり)と霧と馬糞(ばふん)で塡(うま)つて居る」という一節が書かれている。当時のロンドンの交通手段は馬車が主流、そのため街中が馬糞に溢れていたのだろう。この漱石の手紙から決して当時のロンドンの街が衛生的にも景観的にも過ごしやすいものではなかったことを伺い知ることが出来る。


しかし、当時のロンドンは世界の政治、経済、金融、商業の中心地であったことは紛れもない事実である。


鈴木商店という神戸の中堅商社に勤めていた高畑誠一が極東の小国、日本から世界の中心地にある鈴木商店のロンドン支店に赴任してきたのは、この漱石に遅れること10年後のことであり、今から100年程前のことである。


社内一の英語力を買われてロンドン行きとなったのだが、高畑は若干25歳。入社してまだ数年の若者であった。普通であれば言葉も文化も何もかも違う異国の地にいきなり行かされて、「どうやって結果を残せというのか」と不安や不満の一言もいいたくなるところだろう。


しかし高畑は違った。ロンドン支店のオフィスは古ぼけた小さなビルの中にあった。前任者からの事務の引き継ぎが済み一人だけ薄暗いオフィスに取り残された時に心の中でこのように叫んだという


「これからはおれが一国一城の主なんだ。世界を相手に暴れまわってやるぞと心の中で叫んだものだ」

(私の履歴書)



この言葉の通り高畑は世界を相手に超人的な活躍をする。金融、産業などの経済問題はもちろん、国際政治の動き、天候にいたるまで情報収集を活字だけではなく、得意の英語力を活かし、各国大使館の大公使、軍人、モルガン、ロスチャイルド、グレンフェル、その他多くのマーチャントバンカー筋に直接会い第一級の情報を仕入れていく。そしてこの情報収集の成果は第一次世界大戦が勃発した時に発揮された。


大正3年、第一次世界大戦前夜、英国人のほとんどは「欧州で戦争が始まっても、永続きしない」とみていた。しかし高畑は欧州の世論、社会情勢のほか、情報収集を十分にした結果そうはならず戦争は長期化するとみた。開戦になったら欧州での経済、とりわけ各国の物資の調達はどうなるかといった点も考えて戦争で値上りが予想される食糧や鋼材などの物資を一早く猛烈に買い付けた。買い占めた物資は予想通り暴騰した。そしてその物資をヨーロッパ列強に売り付けたのだ。大英帝国に売込んだ小麦粉は500万袋、満州小麦50万トンというケタ外れの取引を次々に成立させていった。  


この活躍が認められ高畑は29歳の若さでロンドン支店の支店長に就任する。そしてその時、ほとんど無名に近かった鈴木商店は三井物産を抜き売上げ日本一の商社になった。


この高畑が後に大手総合商社、双日(旧・日商岩井)の創業者となる男である。


相変らず、日本の経済は低迷している。会社の経営、仕事が厳しいという人は多いだろう。ついつい周りの人や、環境のせいにしたくなるところだが、それをしていても現状は何一つ変わらない。今こそ高畑のようなバイタリティをもって挑んでいきたいものである。


最後にアメリカの女流作家エラ・ウィルコックスの言葉を紹介して終わりたい。


「吹いている風がまったく同じでも、ある船は西へ行き、ある船は東へ行く。それは風のせいではなく、帆の張りかたが行く先を決めている。同じように私達の人生の航海でその行く末を決めるのは、周りの環境ではなく、私達の心の持ち方である」



関連サイト

創業者(日本)語録集 http://bit.ly/OcUwdW

AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。