2012-10-28 11:03:00

第226回_ 日本一の適当男高田純次に学ぶ

テーマ:ブログ

「的確な言葉と、ほぼ的確な言葉には、稲妻と蛍ほどの差がある」

マーク・トウェイン(アメリカの国民的作家)


『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』などの名作を残したマーク・トウェインのこの言葉に出会ってから、私がこの偉人列伝のブログを書くにあたって心掛けていることが、偉人のエピソードと偉人が残した名言・格言・語録とをマッチングさせることである。


偉人のエピソードに的確な偉人の言葉をマッチングさせることによって稲妻がほとばしるような内容の記事にすることが出来るのではないかと考えたからである。


そのエピソードに対して的確な偉人の言葉をマッチングさせるには、まずは偉人の言葉をどれだけ多く知っているかが鍵となるだろう。そこで私は偉人の名言格言集 http://bit.ly/o1ny2l  というサイトを作って毎日、偉人の言葉を紹介している。その多くがもう埃をかぶって誰も読まないような書物や自伝、他伝、名言集、格言集、インターネットなどで調べて集めたものである。朝は5時前に起き記事を書いてから出勤し、仕事から帰ってきたらまた記事を書く。こんな生活を一年ぐらい続けている。現在までに813人の偉人の5439語録を収録している。


書こうと思っている偉人のエピソードに最も的確な言葉をこの5439の語録の中から探し出してマッチングさせているわけである(まだまだ力不足でとても稲妻がほとばしる内容とはいえませんが!(^^)!


最近、お笑いタレントで俳優である高田純次の著書「適当論」という本を読んだ。この本を読んで頭の中にググッと思い浮かんだ言葉がある。それはドイツの格言で「苦さの味を知らぬ者は甘さも分からない」である。


高田純次といえば「オレは180から200歳までは生きるよ」とか「キミ、松嶋菜々子に似てるって言われない? 言われないの? じゃぁ、似てないんだね」など、この「適当さ」「無責任さ」のギャクが魅力となりファンになっている人が多い。高田純次のようにこんな陽気で気楽な生き方が出来たらいいと憧れる人も多いだろう。


ではこの高田純次とドイツの格言がどう結びついたのかといえば、「適当論」の中に書かれていたこの一節である。「一番うれしかったことは、あれだな、住宅公団の抽選に当たったことだな。生きてきて一番うれしかった。・・・中野の安アパートに住んでて、風呂もなかったから、女房と娘と銭湯に行ってたんだけど、公団の団地だから風呂つきなの。それがうれしかったなあ」


高田純次は言わずと知れた苦労人である。タレントとして世間なみの給与を稼げるようになったのは30代後半である。それまでは紆余曲折。俳優を志すも挫折し一旦はサラリーマンを経験する、そして再び劇団に入ってからは、女房、子供がいたから劇団の稽古が終わってから朝方まで工事現場や、港などで肉体労働をしながら生活費を稼いだ。


中野の風呂なしのアパートにはサラリーマンン時代に女房と知り合い住んでいた。そして娘が生まれる。風呂がないので、皆で銭湯に行く。ただし毎日3人で銭湯に行くとお金がかかるので、自分だけ部屋の流しで体を拭くだけという日もあったという。


生きていて一番うれしかったことが風呂付の住宅公団に住めたことというところに衝撃とともにドイツの格言が思い浮かんだ。そしてさらに二人の作家と詩人の言葉が思い出される。


『蟹工船』を書いた作家の小林多喜二は

「闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、一番本当に光の有難さが分かるんだ」という。


またアメリカの詩人ホイットマンは

「寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る」という。


今、世の中不景気、仕事や生活が厳しいという人が多くいるだろう。


しかし「止まない雨はない」


「夜明け前が一番暗い」


そして「朝の来ない夜はない」


苦しい境遇にいる人ほど朝が来た時にはそれだけ多くの喜びが待ち受けているといえるであろう。


関連サイト

高田純次語録 http://bit.ly/OsJuEj

マーク・トウェイン語録 http://bit.ly/zrQocm

AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
2012-10-07 18:27:02

第225回_独創的なアイデアを生み出す方法

テーマ:ブログ

「確かに盗作した。だが俺の書いたものの方が面白い」

アレクサンドル・デュマ(フランスの文豪)


「三銃士」、「モンテ・クリスト伯」など数々の名作を残したデュマが、盗作の疑いで裁判にかけられた時に言ったとされるのが上の言葉であるが、デュマに限らず、世界の名作といわれるものの作品のほとんどは下敷きとなる書物があるといわれる。作家といえども全てが創造ということはありえない。


世界の映画監督、黒澤明は創造についてこのように言う「創造というのは記憶ですね。自分の経験やいろいろなものを読んで記憶に残っていたものが足がかりになって、何かが創れるんで、無から創造できるはずがない」


黒澤は若い頃から古今東西の世界の名作を読みふけっている。トルストイの大長編「戦争と平和」などは30回以上読んだという。また黒澤の映画作品はシェイクスピアの作品を下敷きにしたものが多いといわれる。


創造やアイデアというものは無からは生じない。全くの独創ということはありえないといえる。世界的な大企業となった会社は独創的なアイデアがあったから大きくなったケースが多いが、無からつくりだしたものではない。


世界一の小売業ウォルマートの創業者、サム・ウォルトンは「他社から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である」と語った。また「私の経営はけっしてベストではない。もっとベターな方法を、他社がやっているはずだ。それをつぶさに見て回り、改善を続けることが何よりも大事な経営なのだ」ともいう。


そして世界的なIT企業になった会社にマイクロソフト社やアップル社がある。マイクロソフトの創業者、ゲイツが新しいOS(ウィンドウズ10)を発表した時、アップル社のマックに酷似していた、真似たといってよかった。アップル社の創業者、ジョブズは「盗みやがって」と激怒した。しかしゲイツは平然としていた。もとを正せばジョブズがゼロックスのパロアルト研究所の先進的な成果を製品化したものだといい「ジョブズ、僕ら二人にはゼロックスというお金持ちの隣人がいた。僕がその家にテレビを盗みに入ったら、すでに君に盗まれていた。それだけのことなんだ」


ジョブズは「世の中にないもの、世界が驚くものをつくる」をコンセプトに確かに革新的ともいえる製品を次々と世に送り出したが、そんなジョブズも創造について「創造とは結びつけることだ」という。「創造性というのはものごとを結びつけることにすぎない。クリエイティブ担当者は・・・実際には何もしていない。彼らはただ見ただけだ。見ているうちに彼らには、はっきりする。過去の経験をつなぎ合わせ、新しいものを統合することができるからだ。それが可能なのは、彼らがほかの人間より多くの経験をしているから、あるいはほかの人間より自分についてよく考えているからだ」


つまり創造とは点と点を結びつける作業から生まれるものだと言っている。


では独創的なアイデアは何故、まれにしか起こらないのか。それは大多数の人がつなぎ合わせる点の数が足りないからであろう。


チェスの世界王者、カスパロフは「自分がほとんどしらない分野で直観がはたらくことはない」と語る。


ようするに独創的なアイデアを生み出そうとするならば、徹底的に他社や他人のいいところを吸収し点の数を増やすことである。



関連サイト

アレクサンドル・デュマ語録 http://bit.ly/TRNJd0

黒澤明語録 http://bit.ly/LeQ7Jy

ビル・ゲイツ語録 http://bit.ly/zNw87J

トルストイ語録 http://bit.ly/NNpCft

シェイクスピア語録 http://bit.ly/UWO7Zc

サム・ウォルトン語録 http://bit.ly/UzOkjJ

ビル・ゲイツ語録 http://bit.ly/zNw87J

ガルリ・カスパロフ語録 http://bit.ly/SE3u8i

AD
いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。