2010-06-01 22:22:53

第91回_白洲次郎_先人に学ぶ良き夫婦

テーマ:創業者、経営者

1928(昭和3年)年、18歳の華族令嬢が昭和恐慌で父親の貿易会社が破綻してイギリスから帰国を余儀なくされた男と出会う、この男は父親が破産して家族を養うためにジャパン・アドヴァイザーという英字社に勤め、英文の記事を書いていた。恋愛となり翌年二人は結婚する。華族令嬢が破産した貿易会社の倅を結婚相手として選ぶのは失礼ながら相応しいとは思わない。ちなみにこの令嬢の姉は日本郵船の社長の令息と結婚した。しかしこの華族令嬢の見る目は間違っていなかった。この男は英文の記事を書くのでは食っていけないのでセール・フレイザー商会に転職するがセール・フレイザー商会では取締役になり日本食糧工業(現日本水産)の取締役を歴任する、戦後は日本国憲法の制定作業に加わり、初代貿易庁長官に就任、通商産業省(現経済産業省)を創設する。その後東北電力の会長に就任し実業界に復帰を果たし、吉田茂首相(当時)に請われサンフランシスコ講和条約に立会う。戦後の日本の復興の立役者の一人となったのだ。この男が白洲次郎であり、華族令嬢は作家として有名な正子夫人である。

正子夫人は夫婦喧嘩をした記憶は一度だけで、生涯仲が良く両者にとってこれ以上の結びつきはなかったという。お互いに人格を尊敬出来たことが夫婦円満の秘訣であったようだ。結婚した当初、正子夫人が何時までも忘れない夫の言葉があるという「ネクタイをしてなくて失礼」夕食の際、夫が妻にこう言ったのである。イギリスの留学経験で身に着いた西欧の作法であり自分はこういう男と結婚したのかと改めて思ったという。このエピソードが象徴するように正子夫人は生涯夫である次郎に合わせ尽くすが、夫も「自分がネクタイを締めるのだから、君もドレスで食卓に臨みなさい」とはしなかった。次郎も妻を尊重し自由奔放にさせし決して強要はしなかったという。

9年間で10回程引っ越しを重ねることがあっても正子夫人は愚痴一つこぼさない。戦争が始まり、東京郊外の鶴川村(現町田市鶴川)で百姓をすることになっても夫の次郎についていく。東京大空襲で家が焼けたため次郎の学友、河上徹太郎(文明評論家)夫婦が鶴川の同じ家に共に住むことになっても喜んでこれを受け入れる、2年間一緒に住んだという。このようにいつも合わせてくれる妻がいたお陰で次郎も国事に奔走できたのであろうが、正子夫人にとっても次郎は尽くしがいのある夫であったのであろう。

正子夫人が単に家柄や年収や職業で結婚相手を選んでいては恐らく次郎のような尽くしがいのある夫とは一緒になれなかったであろう。

文責 田宮 卓

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。