1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月23日

祝BODYPUMP25周年

テーマ:雑記

タイトルをみて「なんだそれ?」と思われた方がほとんどだと思いますが・・

 

私がこよなく愛している筋トレプログラム「BODYPUMP」が25周年を迎えました。

 

BODYPUMPについて

https://www.lesmills.com/bodypump100/

 

ニュージーランド発の筋トレプログラムで、曲に合わせて全身の各パーツをバーベルでトレーニングするエクササイズです。デフォルトは1時間で構成されており、全身の筋肉を鍛えます。

 

スタジオの中で何十人かで一緒に曲に合わせてワークアウトするので、1人よりも追い込めるのが特徴です。また、選曲も3か月に1回変更されるので、飽きずに続けられます。その3か月ごとのカウントで、今月でナンバー100なので、25周年というわけです

 

そんなBODYPUMPですが、実は私、BODYPUMP25年の歴史の中で17年続けていまして、それはそれは色んな思い出が詰まっています。2001年の同時多発テロの時もトレーニング後だったしあせる 10年前のトレーニング曲が流れると当時の思い出が呼び起されますグッド!

 

一つの事を長年継続することは自分を振り返る軸になりますよね。また、続ける尊さと楽しさを知っていると、いろんな事に粘り強くなるような気もしていますし、仕事以外の生活シーンを持つことは仕事の良いアイデアを引き出してくれたりもします。

 

体も引き締まるし、運動を始めてみようかと思っている方は手軽なのでオススメですよ(^_^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年01月18日

メンタルとフィジカルの連動性について

テーマ:雑記

年末年始の体調ですが、

 

12月20日頃:ノロウイルスになり、さらに風邪を引く

12月28日頃:ものもらいができる(まだ完全に消えていない)

1月8日:スノーボードで脱臼

1月9日:さらに風邪を引く

と約3週間、断続的になんかしらの不調に悩まされていました。

 

特に凹んだのが、ゲレンデのど真ん中で脱臼した時、自力で頂上まで登って下りのリフトに乗ったのですが、片手でスノーボードを担ぎ、脱臼した手をかばいながらゲレンデを上るのが本当に大変で、その上っている最中に「ああ、もうスノーボードはできないなぁ・・・」「また運動して転んだらこんな痛い目にあうのか・・もうまともに運動できないかも」などと思っていた時に、ふと

 

「人生引き算だな」と思ってしまいました。 時の経過とともに失うことの方が多いな、と思ってしまったのですあせる

 

私は今年44歳になるので、放っておくと体も衰えていくし、色んな制約も20台に比べると増えたと実感します。ですが、努力することで失う事よりも得る事を増やすようにしないダメだろう、とすぐに思い直しました。

 

私が20代の頃は今よりも労働時間的には激務で、徹夜仕事も日常で、帰宅する体力もなくて、近くのカプセルホテルによく寝泊まりしてまた朝仕事したりしていました。

 

そんな状況だったので、今よりも頻繁に体調を崩していたし、入院していた時も、病室でずっと仕事していました。でも体調よりも気力が勝っていたので、特段ネガティブなストレスを感じていませんでした。

 

これが20代だと思うのです。だから若いうちは身を削って努力すべきだと思うのです。当時は何にも考えず、無邪気に頑張っていましたが、40代になるとそうはいきません。

 

今私が感じている40代の自己管理は、健全な体を維持して、努力をするという感じでしょうか。何にしても体が不調だとすべてが嚙み合わない気がしています。

 

年齢やその時の立ち位置により状況は変化し続けますが、変化に対応して前に進める自分でありたいと思っています。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年01月05日

2017年

テーマ:雑記

あけましておめでとうございます!!

 

私の新年は福岡からスタートです。

 

福岡は街が明るいというか、東京に比べて居心地がいいと感じるのはなぜでしょうか。 弊社は東京と福岡、両本社制を取っているので、比べるのは若干不謹慎な気もしますが、ストレートに言うと良い気を感じるのは福岡の方ですニコニコ

 

ちなみに二重生活をしている私にとって東京と福岡は良いところがそれぞれありまして

 

福岡

オフィス賃料が安いので損益分岐点が低い

大企業の支社も揃っているので、ビジネスインフラも充足している

福岡は九州の中の東京なので、そこそこ人がやモノ集まってくる

街がコンパクトなので、移動ストレスが無い。そして移動費用も安い

 

東京

あらゆるリソースの質、量が他都市に比べて突出している。

モンスター級の経営者の数が多いので、私にとって上昇志向が途切れることがない

情報の量も多いが、質も高い。最新の情報は東京で得られることの方が多い

地方への移動の利便性が素晴らしく良い

 

と、そんな感じですが2011年に福岡県筑紫野市に担当者兼責任者をたったひとり赴任させて拠点を構えて今月で7年目となります。スタッフの数も今や300名を超えていますが、福岡で無ければここまで成長させることは難しかったと思います。

 

そんな東京と福岡の良いところを存分に吸収しながら2017年も目標を達成できるように頑張っていきたいと思っていますが、経営目標の達成以外に「組織改革」が急務です。

 

今の組織以上の大きさにしようと思ったら、現在の組織をゼロベースで見直さないと「スケールデメリット」生じてコントロールが効かなくなることが目に見えています。

 

1人1人の努力が足し算ではなく、相乗効果を生み出せるように、今年だけの話ではありませんが、組織改革を成し遂げて次のステージに立ちたいと思います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月10日

まさかの大統領選

テーマ:雑記

11月9日、私事ですが、43歳になりましたニコ

 

会社も18歳になりました。なんだか時が過ぎるのは早いですね。SNSでは多くの方から盛大なるハッピーバースデーメッセージ達を頂いたのですが、リアルな自分は長崎は五島列島でアポイントを8件こなしていました。。さすがに40過ぎると誕生日が嬉しくない、いや30から嬉しくないしょぼん

 

2000年なんて16年前。大昔ですね。自分的にはつい最近の出来事だったのに。

 

そんなことを振り返るたびによく思うのですが、「一日を大切に生きよう」

月並みなのですが、無駄な時間を過ごすことが習慣化していると、あっという間に爺さんになって人生を棒に振るような気がするのですあせる

 

このブログを始めてからも10年以上、当時のブログは恥ずかしくて読めません・・・

 

マラソンを始めて11年。タイムを追うことは止めちゃいましたけど、自分の習慣の一つになっています。今年も100キロやります!!

 

ところで、11月9日はトランプ氏が大統領になった歴史的な日でもあります。

選挙期間中の日本に対する「米軍基地の費用を日本に全負担させろ」発言を聞いていて「この人に絶対大統領になって欲しくない」と思いましたが、現実になりました。

 

冷静に考えると、彼の言動はすごく過激ではありますが、一方で民衆の代弁者でもあったと思います。例えば先の基地問題ですが、アメリカは世界中に200を超える基地を外国に持っており、その経費たるや莫大です。その駐留経費は当然税金から支払われているので、その経費を国内の雇用や社会保障に再配分すべき、との声をトランプ流に言い換えるとそんな発言になるのでしょう。

 

しかしながらトランプ氏の当選は内政重視であり、80年代にアメリカ留学していた私からすれば隔世の感があります。当時学校で勉強した「アメリカ史」で

「我々は世界警察である」と叩き込まれました。

それが、今はほかの国となんら変わらない自国発展を軸足に置きかけている。

 

時代は変わりますね。今過ごしているこの時間も歴史の一ページとなって過去のものになります。時代に翻弄されないためにも、自分、そして自社の変革を常に意識していたいと考えています

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月26日

ゴールのイメージをもつ

テーマ:雑記

いつも考えているのですが、成果を出す人と出せない人、イノベーションを起こせる人と起こせない人の違い。

 

この前、ある人と話をしていて「なるほど」と再確認したのが

 

「ゴールのイメージを持つ」ということでした。

 

到達点が見えないまま、目の前の事だけこなしていたら、取り組んでいる事項が正しい方向性なのか、今重点的に取り組むことなのか、どこに課題・リスクが潜んでいるのか、といった視点が欠落しがちです。

 

サボっているわけではないのに、成果がなかなか出せない、業務改善ができないといった人たちはゴールのイメージ(あるべき姿)を鮮明に描いてみるとロードマップが明確になると思います。

 

社内向け的な文ですが、どちらかというと社内向けということでニコニコ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月19日

理想のリーダー像

テーマ:雑記

先日、所用がありハウステンボスへ行ってきました。

 

ハウステンボス・・・幼少期福岡で育った私としては巨大なるバブルの負の遺産というか、退屈な場所という印象でしたが、みなさんご存じのようにHISが買収してから一年で単年度黒字にこぎつけたテーマパークです

 

最近は通年で何かしらのイベントをやっていて、HISのパッケージツアーの販売力もあってか、九州随一のテーマパークという印象が強いハウステンボスですが、入口(チケット売場)に澤田社長がテンガロンハットをかぶってお客様の誘導をされていました。

 

その姿を見た瞬間、全身に電流が走ったというか、感動とはまたちょっと違う衝撃を受けました。

 

澤田社長といえば、今や日本最大級の総合旅行会社HISの会長で、証券会社など金融事業を手掛ける澤田ホールディングスの社長でもあります。たぶん年齢も60代後半でしょう。そんな人がチケット売り場でお客様誘導をしているのです。

 

お客様の顔ぶれ、スタッフの動き方など、現場を見て感じる事を大事にされているのだと思いますが、大企業のトップが簡単にできることではありません。単純に「すごいな」と思いました。

 

ハウステンボス再生の時にも、自らハウステンボスに住み込んで再生の指揮を執ったのは有名な話ですが、現在住んでいるかどうかは別にしても、未だに現場に立っているのは従業員にとってもいい刺激になっていることと思われます。

 

率先垂範とはまさにこのことで、リーダーの熱量が現場を動かしていくのだと再確認しました。

 

上に立つ者は誰よりも熱くなければいけない、理屈でいえば当たり前のことですが、私も組織のリーダーとして、かくありたいと強く思いましたグッド!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月30日

19期末

テーマ:雑記

今日はリプライオリティの19期末です。9月24日に19年目に突入しました

さすがに18年も会社を経営していると、設立記念日にお祝いをしようとかは思わなくなりましたが、20周年には何かやろうかと思っていますニコニコ

 

関係している皆さまのお陰で今年の決算もいい形で終えることができました。創業したときに「創業した会社が10年後に生き残る可能性は6%」と聞いて、震えあがっていましたが、気が付いたら18年。何も考えずにひたすら走ってきたので、特別な感慨もありません。

 

そんなことを振り返っていると、この「気が付いたら18年」という意識はダメなのでは?と思うようになりました。1日をもっと大切に使わなければいけないと自省しております。

 

自分は大学4年生までは普通のグータラ大学生で、学校に行かない、行っても寝てるだけ、就活も自分の好きな旅行を仕事にしよう!という単純な考えで会社選びをしていました。もちろん自分が特別な人間なんて思ったこともありませんでした。

 

そんな私が自分の本当に欲する道を見つけられた幸運と人との出会いに感謝して、また20期も全力で努力したいと思います

 

来期からは会社の在り方自体を変える年にすると決めているので、会社のいろんなところを改革していきますビックリマーク

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月14日

新入社員

テーマ:雑記



かなり遅れましたが・・・
弊社は4月1日に4人の新入社員を迎え入れました(^_^.)

福岡から2名
東京から1名
岡山から1名

と、採用の守備範囲も広くなってきました。

新入社員に対して毎年入社式で話をしているのですが
実は十年以上毎年同じ話をしています。それはどんな話かというと

「20代前半の働き方でその後の人生が決まる」

私自身、学生時代には将来の事なんて全く考えていなかったし、
出来れば社会人になりたくないと思っていました。当然ベンチャーなんて興味のかけらも無かったです。

でも大学4年の就活終了後に始めたアルバイトがたまたま「広告」で「ベンチャー」だったのです。

時給を得るために働き始めたので、仕事の内容は何でもよかったのですが、その仕事内容がたまたま「飛び込み営業」でした。

やり始めると欲が出てくるもので、受注したいと思うようになり、受注したら「もっとレベルの高い仕事がしたい」と思うようになり、どんどん仕事に嵌って行きました。

旅行会社の内定はあっさり辞退し、卒業式よりも営業のアポを優先させて、その会社にそのまま入社しました。

とにかく目の前の事に夢中で、正直言うと大したことも考えず、体力の続く限り走り続けました。徹夜仕事は当たり前で、きついという感覚よりも「プロになりたい」「もっとレベルの高い仕事がしたい」とか、気力の方が完全に勝っていました

多分無駄な事も多かったと思いますが、量をこなすことで効率の悪さをカバーした、そんな感じでした。一週間分の服を持ち込んで、銭湯と会社を往復しながら結局2か月近く家で寝ない日々があったり、なんというか全部ひっくるめて若かったなと。

でも振り返ってみると、あの時のとてつもないハードワークと、経験も知識も無いうちにいろんなことにチャレンジしてきたあの20代前半の仕事があるから、今があるんだと確信しています。

中途採用の面接をしていて、30代後半を過ぎてノンスキルだけど「今から死ぬ気で頑張ります」
って人で本当に頑張った人を見たことがありません。

逆に20代のうちに実績を積んできている人達は全く新しい事に取り組んでも、成果を出す「再現力」が身についています。勘所がわかっているんでしょう。

優秀なビジネスマンになるのにセンスとか、学生時代どうだったかは全く関係ありません。特別に選ばれた人が一流になるのではなくて、視点を高く持つ人、誰よりも努力する事にコミットしている人がなれるのです。

新入社員諸君、自分が優秀になれるかどうか不安に思っているとすれば、それを覆いつくすくらいの努力をしましょう。

期待しているよ!共に頑張ろう(・∀・)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月11日

知恵を絞る

テーマ:雑記
弊社も設立して17年と半年が過ぎました。

思えば設立当初は、家に帰る時間ももったいなくて、銭湯に行きながら1か月半くらい会社に籠って仕事してたり、徹夜の2日3日は当たり前。

一日のうちに札幌ー福岡ー沖縄と営業に行ったり、広島にある大企業に飛び込み営業して5千万の仕事を取ってきたり、その時は目の前の事に必死で、とにかく「誰よりも働く」という事だけにコミットして働いてたような、そんな感じでした。

それは私に限ったことではなくて、当時いた社員は好む好まざるを関係なしに、巻き込まれていました。

18年目になった今、ふと当時の事を思い出すと、「よくあんなことが出来たな・・」と思うのと同時に危機感が私を襲ってきます。

「フツーの事をフツーにしかできなくなったらベンチャーではない」

とはいえ、あの時のような動きは今の私には到底できないし、それこそ現在は労働基準法の順守も厳しいので、そんなマネジメントできません。

でも人に負けないくらい知恵を絞る事は出来るはずです。資本力の無い会社が戦っていくには知的資本のフル活用しかありません。

気のせいだと良いのですが、なんとなく全体の思考が悪い意味で常識的になってきている感じがするので、ここで立ち止まらないためにも知恵を使える組織に再構築したいと思います(・∀・)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015年11月17日

うまいと超うまいの間

テーマ:雑記
私は食べる事が好きで、物好きが高じて現在はリプライオリティの子会社という形で食品の通信販売をしています

http://ウェルネス百貨店.com

全国の美味しい物で、且つそこらへんでは買えないような商材もしくは質、安価な値段のものを取り扱っています。当面の目標としては、地方で埋没している優秀な食材を消費者にお届けする、いわゆる第6次産業の確立を目指して仕事しています。

そんな仕事の関係で、色んな地方に出向いて、いろんなものを食すのですが、先日は札幌の寿司屋に行ってきました。

鮨一幸
http://www.hokkaidolikers.com/articles/2365

ココの大将は2代目で、最近情熱大陸にも取り上げられた32才、新進気鋭の若き寿司職人。食べログの全国ランキング7位という、最も注目されているお店のひとつです。話題が圧倒的に先行している中、どんなものかと思って、半分斜に構えて訪問してきました(・Θ・;)

お味の方は・・・とっても美味しかったです

私はカウンターで、料理人のこだわりとか、考え方とか、食材についてとか、勉強がてら聞くことが多いのですが、食材に対するこだわりがとても強くて、その理想を実現するためにどんな努力も惜しまない信念を持った料理人だと思いました。

いつも思うのですが、いわゆる「美味しいお店」はたくさんあるのですが、感動レベルの「超うまいお店」は数少ないです。でもそのちょっとの差に天地ほどの努力の差があるのです。

私たちがやっているビジネスの世界もおんなじで、堀江さんの発言が最も的確に言い当ててると思いました

起業して成功しない人の要因は?
http://matome.naver.jp/odai/2133467557079849401

能力のある人、センスのいい人はたくさんいると思うのですが、いわゆる「成功」している人はその上に圧倒的な努力をしているのです。料理の世界も同じなんですね。仕事だから当然ですね

出現率のイメージです。世の中の90数パーセントの会社は利益を出すだけで精いっぱいで、上位1%くらいの会社だけがそこそこの利益をだし、上位コンマ数パーセントの会社のみが潤沢な利益を出していると思います。もしかしたら実態はもっとシビアかもしれません。

ただ、創業経営者はプレーヤーとしてビジネスの遂行能力は皆優秀です。プレイヤーとしての仕事もままならない人はそもそもスタートアップできません。



ビジネスモデルが時流に乗っていると、短期的には利益が出せますが、ビジネスモデルだけで続いた会社は見たことがありません。

実力のある組織が圧倒的な努力を継続出来て初めて成功を収める事が出来るとってもシビアな世界ですが、ハードルが高い分だけチャレンジの価値があるので、コンマ数パーセントの世界を目指して頑張ります(・∀・)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。