1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月12日

柴又60キロ

テーマ:ブログ

毎年の恒例行事、サロマ湖100キロマラソンの最終練習ラン、東京は柴又の60キロマラソンに参加してきました(^-^;

 

 

 

柴又は下町情緒満点で私の好きな場所です

 

 

河川敷を足立区~三郷市~吉川市~春日部市まで行って往復します。果てしなく同じ景色で同じ距離でも辛さ倍増です

 

前日に焼肉をたらふく食べて、飲んで二日酔い&胃もたれだったのですが、朝ご飯はきちんと食べようと思い、おにぎりを3つ食べてスタートしたのですが・・

 

前半の30キロは気持ち悪くてかなり歩いてしまい

 

結果、7時間半(*_*)

 

このタイムだとサロマはかなり厳しいのですが、残り2週間、きっちり調整してd年に一度の大舞台、100キロマラソンに臨みたいと思います!

 

もう11年目なので、マラソンが楽しいというよりは、100キロの為に練習しているような感じなので、趣味というよりは苦行に近いのですが、マラソンしていると体調も良いし、太りにくくなるし、良いことたくさんなので、運動する習慣がない人も試しに走ってみてはいかがでしょうかー? 私も始める前は「マラソンなんて絶対にやらない」派だったので、もしかしたらハマるかもですよ(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年05月30日

モチベーションは自分で管理するもの

テーマ:ブログ

今日の福岡は31℃。 まだ5月でこの気温なので、梅雨が明けたらとんでもない猛暑になりそうで、今から気が滅入りますね(+o+)

 

ところで、今日のお題は「モチベーションは自分で管理するもの」ですが、反対の言葉で書くと「モチベーションを上げてもらう」です。 私は新卒採用の面接やセミナーでも

 

「新入社員もハタチを超えて法的にも自立した立派な成人なので子ども扱いをしない」

 

と言っています。決して突き放している意味ではないのですが、弊社は大企業と違って、ひとりひとりの役割が機能して成果につながり成長していく発展途上の会社でもあり、また私が若手社員の時に目指した

 

「本質的な安定」=「自分の実力をつけること」(これについては後日詳しく書きたいと思います)

 

を弊社に入社する人たちにも共有をしたいので、精神的自立を求めています。

 

そしてモチベーションの話。いつも私のマラソン話に例えて恐縮ですが(^-^;

 

私は100キロマラソンの完走のため月間150キロくらい走ります。追い込みの時期は200キロ走ります。一日の平均にすると5キロから7キロを毎日走るのです。

 

自分でいうのも憚りありますが、毎日7キロ走るというのはすっごく大変なことなんです。好きでやっているとはいえ、私の「好き」は享楽的な「好き」ではなくてチャレンジングな「好き」なのです。

 

成果を出すための継続的な努力に必要な要素は「モチベーション」。私は誰よりも理解しているつもりです。

 

で、私は上記の為に何をやっているのかというと

 

「練習コースを変えながら走っている」のです。それが私のマラソンにおけるモチベーション管理方法です。

 

私は上に書いた通りですが、人によっては

 

〇走った後に自分へのご褒美としてビールを飲む

〇一人ではなくチームで練習する

 

とか、人によってモチベーション管理の方法が違うはずです。目標が同じであっても。

 

従って人によって「やる気が出る要素」が違うので、人が管理することはできない。という考え方です。

 

勉強でもスポーツでも仕事でも同じですが、やるのは自分自身なので、モチベーション管理なんて当然なんですけど、同じことやってても気分が乗っている仕事は成果が全然違いますよね。

 

なので「モチベーションを自分で管理する」というマインドセットがまずは大事なのではないでしょうか(^-^

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月24日

幕末

テーマ:ブログ

最近、ビジネス書でベストプラクティス(成功事例)を見るよりもルポタージュや歴史関係の本が好きなんです(^^)

 

↓最近読んだ本

 

幕末の本はいろんな人がいろんな角度から書いていますが、全部面白いんですが、多分想像を絶する程の混沌とした状況で、何度読んでも「全部理解した!」という風にはなりません・・・書く人によっても微妙にディテール違ったりするし。

 

ざっくりいうと幕府側と新政府側の紛争なのですが、両方とも大義に殉じる崇高な精神を持った志士達で、この争いによって多数の犠牲者がでましたが(吉田松陰は29歳、坂本龍馬は31歳)、誰一人として無駄な死に方はしていないというか、今の日本を創ったと確信をもって言えます。 未来の国のため、未来の国民のためにすべてを捧げる精神は本を読むたびに尊敬を通り越して憧れます

 

国を思う気持ちと言えば、日本人は国家との向き合い方というか、愛国心が薄いな・・と思う局面が度々ありまして、特に国歌が流れている時、諸外国の人たちはピシッと背筋を伸ばして胸に手を当てて聞いていますが、日本は割とフランクに国旗と向き合っています。 だからダメとは言いませんが、日本が歴史の大きな転換点を迎えたときに、支えになるのは愛国心だと思うので、これからの教育に期待したいところです。


会社も同じで、時代のニーズに合わせた変化を続けるためには会社に対しての想いが大事になると思うので、目先のことだけではなく、組織づくりにも気を使って頑張ります^ ^

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月20日

最近のニュースから

テーマ:ブログ

最近、新聞やテレビのニュースで銀行のカードローン問題がクローズアップされていますね。

 

先日の日経記事「銀行カードローン、99年以来の高水準 残高6.2兆円」 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC18H42_Y7A510C1EE9000/

 

(書き方が正確でないかもしれません。ご了承ください)

銀行のカードローンが台頭してきた背景に、あの消費者金融の存在があります。10年ちょっと前に過払い金返還命令の最高裁判決があり、グレーゾーン金利の撤廃判決がありました

 

そして貸金業法が改正されて事実上、消費者金融業界は崩壊し、メガバンクに吸収されました。で今度は銀行が登場したわけです。

 

銀行や信用金庫は年収の1/3までしか貸せない貸金業法の対象にはなっていないので、金利は利息制限法の範囲内であるが、消費者に貸し放題貸せるわけです。

 

そして最近は日銀のマイナス金利政策により、銀行は収益の確保のためにカードローンに走っているのです。その結果消費者の自己破産が急増している現状らしいのです。

 

道理で最近銀行カードローンのCMをたくさん見かけるわけですね。でもなんだか腑に落ちないというか、何のために消費者金融がスクラップされたのか解りません・・・・

 

そう考えると消費者金融・銀行カードローン・ゲームの課金など、いわゆる情報弱者とも言える人達をターゲットにしている商売がビッグビジネスになっているような気がします。

 

大企業は社会の大義に則ってビジネスをしてもらいたいですね(-_-;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月12日

テーマ:ブログ

ここ2年位、私の新たな趣味として船が加わりまして

 

船っていうとお金持ちの道楽っぽく聞こえますし、私もそうだと思っていましたが、実はそうでもないのです。

 

↓レンタルボート

 

こんな小さな船だったら1万円そこそこで借りることができます。

 

船の魅力は何といっても自由なところ。信号もなければ、道もありません。したがってすべてが思いのままなんです。

 

↓スカイツリーに行ってきました(*^-^*)


 

あと、面白いのが免許について。 1級の船舶免許でもなんと「実技考査」がないんです( ゚Д゚) それって許認可制にする必要あるんでしょうか??

 

学科考査もそんなに難しくなく、数時間の勉強で簡単に取得できます。

車の免許の方が格段に難しいのですが、実際船のほうが運転が簡単だと思いますのでそれは妥当かもしれませんね

 

10万円程度で免許も取得できるし、レンタルを使えば手軽なので、おススメです!

 

↓最高にカッコいいんですけど・・・・調べたら2億円(+o+)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月25日

知識と知恵

テーマ:ブログ

なんか最近硬い話題ばかりで申し訳ありません(^▽^;)

 

ところで、世間で言われている「学歴と仕事の能力」の関係性ですが、私が感じていることは「因果性はないけど相関性はある」ということです。

 

つまりは、学歴が良い=仕事における能力が高い、とは言い切れないけど、関係無くはないと思っています。

 

勉強で得た知識は社会に出て大した役には立ちませんが、頑張って勉強していたことで

◎目標達成意識

◎やり抜く力

◎語彙力、論理的思考

こんなところだと思います。知識が活きるのは語彙力くらいでしょうか。

 

なので、勉強に限らず「何かを頑張った人」は上記のほとんどのキーワードが当てはまると思っています。

 

しかしながら、仕事で成果を出す最重要な要素は上に書いてある3つでもなく・・・「知恵が働く」ことなのです。優秀と言われている人はみんな知恵が働くというか、優秀な思考力を持っています。

 

知識は単純にインプットすれば済む話ですが、知恵はどうやったら身につくのか、これに関しては私もまったくわかりませんが、思考力を高めることを意識してみるかと良いと思います。

 

知識は単なるツールです。専門家を雇えば解決することも多いです。

問題は集めた知識をもとに「何を決めるか、どうするか」です。

 

ということで、私の日々雑感でした。参考にしていただけると幸いです(;^_^A

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月20日

成功体験の大事さ

テーマ:ブログ

マラソンを始めてから脳に興味を持った私。

 

なぜかというと、マラソンは10キロでもハーフマラソンでもフルマラソンでも100キロでも辛いのですが、フルマラソンのハーフ地点ではそんなに辛くないのです。

 

同様に、100キロマラソンの時のフルマラソン地点はそんなに辛くなく・・・・

 

パフォーマンスが練習による肉体の鍛錬の結晶だとすれば10キロは楽勝で、20キロはそこそこつらくて、フルマラソンはかなりつらくて、100キロは限界のギリギリみたいな捉え方になると思うのですが、前述のとおり、どの距離のレースを走っても辛いのです。

 

また、フルマラソンを走ってて、30キロくらいまで「リタイヤしようかな・・」と考えるくらいの限界状態でも、突然何かに解放されたように元気になってそのままゴールすることもあれば、いきなり非常停止ボタンが押されたかのようにブレーキがかかって大失速することもある。

 

原因と対策を調べていった結果、脳にたどり着いたのです。

 

昔オリンピックに出場したことのあるアスリートが言っていました

「本当の肉体の限界は自分が限界と感じたずーっと先にある」

 

つまり人間の体は脳に支配されていると言っても良いと思います。

 

そこから興味を持った「脳」ですが、先日こんな本を読んでみました

 

文章が読みやすすぎて、本質的なところがちょっとぼやけている感じもありますが、面白くて共感できる内容も多かったです。

 

その中で最も印象に残ったのが

「自分なりの成功体験の積み重ねをしよう」という箇所でした。

 

成功を積み重ねることによって「やればできる」という自信と、「もっとレベルの高いことをやろう」というチャレンジ精神が生まれてくるというのです。全くその通りだと思います。

 

「自分には才能ないかも・・・・」と思っていても、小さくてもいいので成功体験を積み重ねていくと前向きでチャレンジングな人になれると思います。

 

成功の大小は関係ないと思います。成功したことによる達成感覚が重要で、新たなるステージに向かっていく姿勢が成長を促すのです。

 

何でもいいので、自分に目標を課して実行してみましょう!!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月27日

目標の無い仕事はつまらない 目的の無い仕事は意味がない

テーマ:ブログ

なんだか格言っぽい言い方ですが、私がビジネスマンとして心に留めていることの一つです。

 

私は大学4年生の頃、普通に就職活動をしていまして、ベンチャーとか、広告とかにはほど遠い就活生でした。ちなみに志望業種は旅行業でした。

 

就活を終えてからたまたまアルバイトしたところがベンチャー企業で、広告営業の仕事だったのですが、小遣い稼ぎのつもりで始めたバイトが面白くて、ベンチャー→起業への道に進もうかと考えたときに私の父親(いわゆる大企業のサラリーマン)に猛反対され、自分の進んで行きたい道が本当に正しいのか考えさせられました。

 

大企業に入って社長を目指すか

会社を立ち上げて新しいことをゼロから創るか

 

この二択で随分と悩みました

 

そこで私が出した結論はベンチャーだったのですが、その時に自分へ課した事として

2年以内に起業する

新しい産業を興して新しい価値を創る

やるからには小さい会社に留まらず、大会社を目指す

 

結果、2年以内の起業は10か月と随分短縮されたのですが、

残りの二つはまだ道半ばです。しかしながら、当初に自分で決意した目標が達成できなければ、私がベンチャーの道へ進んだのが失敗ということになります。

 

そして目標も大事なのですが、自分がどう社会と関わって貢献できるのか、という目的も大事にしています。

 

「自分の会社が生み出す新しい価値による社会貢献」

 

そう簡単なことではありませんが、難しいからこそやる意味があると思っています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月22日

今日という日は二度とやってこない

テーマ:ブログ

昨日、十年来のお知り合いで大変お世話になった方の訃報が届きました。

 

半年くらい前に会ったときは元気そのものだったので、とても驚きました。

 

亡くなった理由はまだわかりませんが、一つだけ言える事はこの方とはもう二度と会えないという事実です。 お取引先だったので、「あの時にああしておけば良かった」とか、後悔とは言わないまでも、過去の自分の行動が少し心に引っかかります。

 

時をほぼ同じくして先日、タクシーに乗った時にドライバーの娘さんの話になり、その娘さんは既に成人して、社会人として活躍されているそうですが、その方の言葉がとても印象に残りました。

 

「今日の娘には明日にはもう会えないので、娘との一日を大切に過ごすようにしている」

 

自分に置き換えても同じだと思います

 

「今日という日は二度とやってこない」

 

いつが寿命だかわかりませんが、一日を過ごす毎にカウントダウンしているわけで、一日を粗末に過ごさないように大事にしたいと思います。

 

Rest in peace 天野社長

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月07日

本当に必要なものって?

テーマ:ブログ

唐突ですが・・・・最近の私の愛車はいすゞの117クーペという旧車です。

なんと1975年製、42年前の車

 

↓これ

 

昔は高級車に憧れたりもしましたが、最近は旧車の世界が大好きです(^_^)

車両価格もプリウスの半値くらいだしイヒ

 

そんな旧車ですが、最新の車と何が違うのかというと

 

①パワステでない(車庫入れとか一苦労です)

②カーナビがない(携帯で代用しています)

③オートマではない

④インジェクションではない(チョークを引いて燃料の供給調整を手動でします)

 

そんな程度です。高速道路では普通に100キロ出ます。エアコンもあるし。

つまりこの40年のモータリゼーションの進化は付加価値を乗せ続けただけなのです。

 

確かに色々便利になったけど、本当に必要なもの(must to have)ではなく、あれば良い(may to have)ものなのです。

 

で、便利になって車ファンが増えたのか? むしろ減っているし。

 

車ではなくても、物事が便利にった結果、人が幸せになるのかというと、そうでもないような気がします。

 

ワークフローがオートメーション化された結果、全体景気が良くなっているのかというと、むしろ逆だと思います。単純作業がコンピュータに置き換わった結果、失業者が増えてしまったのは全世界的な現象です。

 

携帯電話やパソコンが人の幸福度にどう貢献したのか?個人差はあると思いますが

 

人の幸せってもっと原始的な部分にあると思っています。

 

特にオチは無いのですが・・・・ふと思ったことを書いてみました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。