2014年06月04日

マラソンは経験とヘッドワーク

テーマ:ブログ



6月1日、日曜日に葛飾区柴又にて「柴又100k」60キロの部に出場しました。


マラソンを始めてから最も少ない練習量(5月の月間で100キロ未満)かつ、最高気温33度の予報で参加したので、不安たっぷりだったのですが、この出場を辞めてしまうと、今月末に開催されるサロマの完走消滅が決定的になる気がしたので、嫌々ながらも柴又へと向かいました。





江戸川区に実家がありながらも、柴又に来たのは初めてで、下町の素晴らしい風情にちょっとだけテンションUP!


会場到着。この時既に気温32度。スタート時には34度とのアナウンスがあり、再びテンションダウン。



30キロ地点で既にかなり多くの人がリタイアし、リタイアバスは異例の満席・・・・


そのあともバッタリ倒れる人がいたり、修羅場のオンパレードでした



私はというと、8時間20分と、制限時間をたっぷり使ってゴール。

タイムはかなり遅かったのですが、自分で考えた戦略にはぴったりハマっていたので、ブログに書き留めておく事にします。ランニング初心者の方は参考になるともいますよ!


○どんなに暑くてもノースリーブは着ない

十分に日焼けしている人だったら別ですが、長時間のランで日焼けすると、皮膚がやけどして皮膚呼吸ができなくなり、エネルギーロスに繋がります。暑くても半袖で。 かと言って長袖だと暑さにやられる


○ロングスパッツは履かない

筋肉の揺れを抑えて筋肉疲労を軽減する効果があるロングスパッツですが、この猛暑だと、熱を持った脚が冷えないので、筋肉疲労はロングスパッツを履いている方が早いと思います。それよりも短パンで走って、エイドで脚に冷たい水をかけて冷やしたほうがベターだと思います。私は嫌いですが、ふくらはぎの筋肉を固定するゲイターは効果あると思います


○サングラスは必ずかける

目が紫外線にやられると疲労に繋がります


○首うしろを日光から保護する

帽子で首後ろの日除けがついているヤツありますよね。首回りは神経が集中しているので、疲労に繋がります


○エイドでウェアをビショビショに濡らし続ける

これはメチャメチャ効果あります。どんなに暑くても暑さを感じません。自分が走ると風を受けてむしろ爽快です。頭だけだと体が冷えないので不十分です


○エイドの50mくらい手前から歩いて給水地点まで行く

給水地点まで走っていきなり止まるとエネルギーロスに繋がります。出発も同様で、走り出すまでにちょっと歩くと疲労軽減に効果的


○給水でがぶ飲みしない

暑いからといって水を飲みすぎると最悪は水中毒と言って死に至るそうです。給水はこまめに多く



マラソンは気象条件との戦いでもあります。私はマラソンを始めて7年か8年ですが、雪以外の暑さ、寒さ、雨など様々な状況で走りましたが、対策をきちんとする事でパフォーマンスはかなり変わってくると思います。


ちなみに翌日(もちろん翌々日もw)筋肉痛はありませんでした。

今度はレース後のコンディショニングについても触れたいと思います。


これを機会に更新頻度を増やしますビックリマーク


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年01月23日

学歴不問ですが・・

テーマ:雑記

弊社は只今、新卒、中途採用のを活発化させています


というのも、3月1日に福岡市天神の駅直結のビルに新しい拠点をオープンします!



東京よりも立派なビルです合格


いつもセミナーなどで言っていますが、弊社は学歴不問です。大学名はもとより、中学卒でもOKです


しかしながら、学力はむしろ他の会社よりも重要視しています


採用の面接の前に筆記試験を課していますが、その後の面接で


「学歴不問と言いながらテストをやらせるのはなぜですか?矛盾していませんか?」


と聞かれる事もしばしばですが、学歴はその人の能力を推測する1つの材料ではありますが、それが全てではありません


むしろ現在の学力の方が大事です。それ以前に上記の質問は本質的に学歴と学力を混同しているのです。


そして学力は勉強だけから得られるワケではなくって、スポーツからでも、遊びからでも、趣味からでも得られるものです


スポーツだけをやってきた人でも、トップアスリートは本当に頭がいいと思う事も多いですし、「頭の良さ=勉強の出来」ではないと思っています


逆もまた真ではありますが、弊社は大手企業と同じような採用手法を踏襲してもダメなので、色々と模索しているのです(・∀・)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月15日

2014年のマラソンと脳トレ

テーマ:雑記

2014年は始まったばかりですが、会社は今期既に4ヶ月目、マラソンシーズンは例年9月から始動するのですが、私の今シーズンは実質1月のスタートとなりました。


思えば昨年度後半はオーバーユースによる怪我で散々でした・・・・


どんなトレーニングをしていたのかざっくりと振り返ると


週末に42キロ以上のロング走


最低週1回、できれば週二回の筋トレ(1回1時間)


毎月のフルマラソン出場に加えて1月50キロ、4月72キロ


そして6月にメインの100キロ


毎月の走行距離は200キロを優に越えていました


日々のトレーニングも負担になったのですが、体を壊した決定的な要因は4月の70キロでした


スタート時、土砂降り&気温1℃の中、72キロを走ってボロクソになって、腰を痛めました。


わかっちゃいたのですが、コンディションの悪い中走ると、フォームが崩れ、故障を誘発しやすいのです。しかも72キロ。。 そしてメインの100キロはゴールがやっとこさの状態でした。



「そんな事までして何で走るのか意味わからん」とたまに言われるのですが、この前読んだ茂木健一郎さんの著書で


「想定される中で不可能であろう困難に立ち向かい、打ち克つことでドーパミンというホルモンを出し、快感をおぼえて、チャレンジのスパイラルが生まれる」


なんて自分にとってジャストフィットする言葉がありました。


まさにベンチャービジネスの喜びはこの一文に凝縮されています。


セットアップされた環境の中で努力さえすれば何が得られるのか分かっている仕事になれている人には理解しがたいと思うのですが、前例の無い事、最善の方法論に対する確証が無い状態から顧客を創造し、お金を生み出す喜びは次のチャレンジを求めます。


また、茂木さんは次のような事も書いていました


「人と同じような事をやってても人間の脳は満足するようにはできていない」


「だから出る杭になる事に躊躇するな」



マラソンは人間の不思議なポテンシャルに気づく素晴らしいスポーツでして、マラソンと脳トレについてはまたいつか掘り下げて書きたいと思います







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月09日

2014年

テーマ:雑記

ついにブログが3ヶ月も空いてしまいましたあせる


2014年、あけましておめでとうございます。


弊社は9月決算で、15歳の思春期を迎えています。思い返してみれば私が中学2年~高校1年にかけて背が20センチくらい伸びました。それだけ背が伸びると、短期間でどんどん見える風景が変わってくるんですよ。


昨年の決算にて、弊社の自己資本比率は70%を超えるまでになりました。コツコツと積み上げてきた結果だと思っています。


しかしながら、このままコツコツとやっていて、私の創業時の大きなな目標「新しい価値を創ってライフスタイルを変革する」に到達するのかというと、この辺でギアチェンジする必要があるのでは、と最近よく思うようになりました。


思春期に大きく背が伸びるように、弊社はここ1年で成長の土台作りを行って来ました。


↓今年度版のラフ


2年前からやっている妊婦向けのプロモーションメディア。


全くのゼロから始めて、今は出生数の半数にリーチするメディアに成長しました。大手企業も多数参画頂いています





通販事業を昨年の2月にスタートしました。メディアを持っている会社の強みを活用した新規事業です

まだ構築段階ですが、扱う商品は変わってもこの事業は絶対に育てていこうと思っています


また、福岡の拠点をもう一ヶ所増やします。天神の駅直結ビルに約150坪のオフィスを年末に契約しました。


こうやって見ると、一気に仕掛けているような感じですが、いずれも2年くらいの助走期間を経て今に至っています。


思春期よろしく、1年後には見えている景色が変わっているように一枚岩で頑張ります


本年もよろしくお願いいたします




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年09月25日

15年

テーマ:ブログ

おかげ様で2013年9月24日、株式会社リプライオリティは設立15周年を迎えました合格


創業したのが1998年9月24日。私が24歳の時です。今考えると恐ろしいというか、若いってそれだけで武器ですよね(汗


だって、PL・BSくらいは当然理解していましたが、その他の広告営業以外の知識がほぼ皆無でした。知ってたのは持ち株比率が50%以上がオーナーだって事くらいであせる


15年経ち、私は39歳になりました。24の頃に思い描いていた理想とはまだ遠いのですが、スポーツと違ってビジネスの素晴らしいところは、体が衰えても、年をとっても、気力さえあればいつでもチャレンジできるという事。


ホントに失敗が多い弊社ですが、失敗をコントロールする力は身についていると自負しています!あんまし自慢ではないのですが・・・


そして創業記念日に何をしたかというと、何もしませんでした。15年という時間が経過しただけで、15年計画の目標を達成したワケでもないし、大半の社員には直接関係の無い事だし、創業者である私もまるで達成感とか満足感はナシなので。


ただ、財務的に健康な状況で経営出来ているのは努力の積み重ねで、年月とか関係なしにこちらの方が私にとっては重要です


話変わりますが一週間前、弊社は9月決算なので、キックオフをやりました



↓MVP・準MVP・敢闘賞のメンバー


リプライオリティ社長BLOG



リプライオリティ社長BLOG

16年目は事業に積極投資すると決めているので、この勝負に勝ちに行って、ステージを上げたいと思っています!






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年08月07日

北岳

テーマ:雑記

昨年の富士登山にて山登りに味をしめた私、今年は日本第二位の高峰、北岳に登って来ました


万年雪。ひんやりしていて気持ちよかったです


リプライオリティ社長BLOG



リプライオリティ社長BLOG



リプライオリティ社長BLOG


岩を登ったり、沢を下ったり、鎖をつたって登ったりと、富士山がハイキングに思えるような感じでした。


登山者も富士山と比較すると全然少なくて、登山道もしっかりした道筋があるわけでもなく、準備を周到にしないとリスクに対応できないであろう恐怖がそこにはありました



リプライオリティ社長BLOG

頂上。絶景といえば絶景なのですが、登山の醍醐味は頂上というよりも、その道のり全てにあります。


3000mの山小屋から深夜に見た満天の星は生涯記憶に残るくらいのパノラマでした


新しい事にチャレンジすると、日常生活で自分が気づきもしなかった感性が覚醒してとても充実した気分になります


夏登山、オススメです!










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月19日

ノルマ

テーマ:雑記

よく新卒対象者の会社説明会にて「ノルマはありますか?」と聞かれます


世間一般では、ノルマという言葉を使わないのですが、なんとなく暗いイメージがあるので、そのニュアンスを確かめるべくwikiってみました


ノルマロシア語Норма, ラテン文字 転写Norma)とは半強制的に与えられた労働 の基準量であり、大抵の場合時間的強制も付加される。


なるほど・・言葉に強制的に押し付けるニュアンスが含まれているから、なんとなくブラックなイメージがあるのでしょうか。しかし、ノルマがロシア語だったなんて、不思議な感じですね。海産物の「イクラ」とか、駅の売店「キヨスク」もロシア語だって事、知っていますか? それらの言葉が浸透するプロセスを知りたくなっちゃいますよね。 ロシアとどんな関わりがあったのでしょうか


話は戻りますが、学生からの「ノルマありますか?」質問に対して私は「ノルマという言葉は使っていませんが、目標数字はあります」と答えています。 また、別の話の中で、キックオフパーティや飲み会とか、福利厚生など、会社のあらゆる活動は「目標を達成するため」だという事を強調しています


働きやすさと目標達成は一見すると相反する言葉に聞こえますが、目標を達成するため、組織の成果を出す為だけに全てのアクティビティがフォーカスされているのです。


目標達成とか、成果主義とか言っていると、ギスギスした雰囲気に解釈しがちではありますが、だからといって日常的にゴリゴリ圧迫したコミュニケーションをとっている訳ではありません


部活でも「県大会優勝」とか、勉強でも「○○大学合格」とか、何らかの目標があるから毎日努力できるのです。勉強や部活に目標が無かったら、毎日練習や勉強する必要ないし、かなり退屈ですよね


それとビジネスは同じ、というかビジネスほど刺激的かつ真剣勝負で楽しいものはありません。その事についてはまた別の日に書きたいと思います





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月05日

しまなみ海道100キロ

テーマ:雑記

いよいよ今年のメイン、広島は福山から四国の今治まで7つの橋を超えて100キロを走破するという驚愕イベント「しまなみ海道100キロウルトラマラソン」に出場して来ました。


足と腰を故障していたので、不安いっぱいでしたが「行ける所までやる」という、ゆるーいコミットでスタートラインに立ちました




リプライオリティ社長BLOG


朝の5時、朝焼けの中、スタートです! 気温20℃

冬のマラソンよりも快適です


走り始めてすぐ腰に違和感が・・・・・ 練習でも常に腰は痛かったので想定内。



リプライオリティ社長BLOG


調子が悪いときは5キロのラップが果てしなく長く感じます。このあたりで「中間地点の50キロでリタイア」の決意をして、ラスト20キロをがんばろうと思いました


そして中間地点。この時点で6時間10分。 運営委員の方に「すいません、リタイアしたいのですが、リタイヤバスはどこでしょうか?」とたずねたところ


「リタイアバスは無いので何とか自力で帰って下さい」との事。 どうやらレンタルサイクルがあるらしい。


「レンタルサイクルで50キロかぁ・・・・・」 考えたくも無い選択肢です。 そもそもリタイアするのだから、50キロも自転車とはいえ、走る自信なぞありません


ボーっと中間地点で小一時間途方に暮れていたら友人経営者と遭遇。「リタイアするけど、自力で帰れって言われて・・・」みたいな話をしていたら、「じゃあ一緒に走ろう」と、リタイアしようとしている自分に真逆の提案をされましたが、今治行きのバス停を発見するまで、もしくはレンタサイクルの貸し出し所まで走ろうと思い、再び走りました


腰は相変わらず痛かったのですが、走る事にしたので究極の手段「ロキソニン」を服用して、凌いでいるうちに、だんだんと調子が復活してきて、「次のエイドでリタイア」を繰り返していくうちに70キロまで到達。

ここでゴールまで行こう!というメンタルセットが出来て、今治を目指す事に


大雨の中、14時間52分でゴール



リプライオリティ社長BLOG


ああ、リタイアしなくて良かった・・・・・・・


マラソンのリタイアは本当に悔しいのです。あの時になぜくじけたのか。本当に体が限界だったら、あと50キロなんてとても走れなかったはず。


要するに精神が未熟だったって事です。疲労とか痛みは脳から発信しているので、メンタルが弱いと肉体に「言い訳」を与えます。 そうして私の脳ははリタイアする誰もが納得するであろう言い訳を腰にフォーカスしてきたのです。


フェイスブックのコメントで「リタイアするはずだったのに、完走なんてすごい根性ですね」とかお褒めの言葉も多数頂いたのですが、私の解釈は逆です。「自分の未熟さが露呈した」ウルトラマラソンでした。


しかしながら、何かをチャレンジしないとそんな事にも気づかないので、悔しい、不本意ですが、改めてマラソンを趣味にしていて良かったと感じています


でも後半の50キロはそのメンタルの弱さを上手く利用できたという収穫もありました。それは「次のエイドでリタイア」作戦です。 自分に許しを与え続ける事で、精神が開放されるのです。それを積み重ねて50キロを走破したのです。 脳が体を司っているのが分かっていたからこそ出来た事だと思います


そんなワケで、今シーズンは終了!



B-1グランプリ入賞の今治名物「焼豚玉子飯」を食す。

ちなみに写真の黄色い方はその振興会の会長で、テレビによく出ているらしいです


リプライオリティ社長BLOG


来期もチャレンジします




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年05月29日

ピークアウト

テーマ:ブログ

37歳くらいから、徐々に体のいろんな所が下り坂っぽくなってきています



①酒に弱くなった  20代の頃は焼酎の720mlを一本飲めたのが、今は半分飲んだら三日酔い(泣


②疲れやすくなった  マラソンやってるくせに仕事の外出で15分も歩くとヘロヘロです。あと、寝ても疲れがキャリーオーバーします・・・


③食が細くなった  昼たくさん食べると、夜食べなくてもぜんぜん寝れちゃいます。食いだめとかブッシュマン(死語)みたいですよね


④徹夜できなくなった  コレは絶対ムリ。12時過ぎると電源OFFになります


とまぁ、イイ事一つも無いような感じですが、あくまで身体の話なので、生活の充実度とは関係ありません。



そんなワケで、20代前半の学生や新入社員に「20代のうちは自己投資だと思って、自分が頑張っているつもりの3倍努力をしろ」と言っています。


今はへっぽこな私も20代の頃は何日間か徹夜してもへっちゃらで、むしろ人よりもハードワークしていることに優越感に似たものを感じていました。


身体タフネスはものすごいアドバンテージなのです。そんな時期に努力しないのはもったいないと思いますよ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年05月23日

来週、ウルトラマラソン

テーマ:雑記

おはようございます


いよいよ今シーズンのメイン100キロウルトラマラソンが10日後に迫ってきました。


が・・・・・私は一ヶ月前の72キロウルトラで足の甲を故障しまして、満足に走れていませんで、この一ヶ月、一回10キロ以上走っていません


ウルトラマラソンのリタイアの主要因は「痛み」でして、体力、筋力の低下よりも、怪我の回復を優先させて、なんとか完走まで持って行こうという考えなのです


しかしながら今回の100キロに向けてのトレーニングは完全に失敗しました。トレーニング期間を約10ヶ月を費やしてしまったので、腰もちょっと故障したり、体の疲労が蓄積して抜けなかったり、ボロボロです。


私の走力の場合ウルトラマラソンに向けたトレーニングは6ヶ月くらいが妥当なのだと感じました。フルマラソンだと3ヶ月くらいだと思います。


しかしながら、マラソンを始めて7年。元々陸上が苦手だった私が最初のレースは10キロを後半歩いて、最初のフルマラソンは6時間オーバーだったのが、今年はフルマラソン3時間半を切り、練習で70キロを走れるようになりました。


「練習は不可能を可能にする」とはその通りですね。


毎日の地道な積み重ねが大きな成果を生むのです。実際に私がフルマラソン4時間切りまで3年かかっています。それまでは4時間半以上かかっていました


ビジネスも同じで、基本に忠実に、毎日自己の成長をあきらめず、継続する力さえあれば、曖昧且つ相対的な見方ですが、普通の人より確実に優秀になれると確信しています



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。