2016年04月14日

新入社員

テーマ:雑記



かなり遅れましたが・・・
弊社は4月1日に4人の新入社員を迎え入れました(^_^.)

福岡から2名
東京から1名
岡山から1名

と、採用の守備範囲も広くなってきました。

新入社員に対して毎年入社式で話をしているのですが
実は十年以上毎年同じ話をしています。それはどんな話かというと

「20代前半の働き方でその後の人生が決まる」

私自身、学生時代には将来の事なんて全く考えていなかったし、
出来れば社会人になりたくないと思っていました。当然ベンチャーなんて興味のかけらも無かったです。

でも大学4年の就活終了後に始めたアルバイトがたまたま「広告」で「ベンチャー」だったのです。

時給を得るために働き始めたので、仕事の内容は何でもよかったのですが、その仕事内容がたまたま「飛び込み営業」でした。

やり始めると欲が出てくるもので、受注したいと思うようになり、受注したら「もっとレベルの高い仕事がしたい」と思うようになり、どんどん仕事に嵌って行きました。

旅行会社の内定はあっさり辞退し、卒業式よりも営業のアポを優先させて、その会社にそのまま入社しました。

とにかく目の前の事に夢中で、正直言うと大したことも考えず、体力の続く限り走り続けました。徹夜仕事は当たり前で、きついという感覚よりも「プロになりたい」「もっとレベルの高い仕事がしたい」とか、気力の方が完全に勝っていました

多分無駄な事も多かったと思いますが、量をこなすことで効率の悪さをカバーした、そんな感じでした。一週間分の服を持ち込んで、銭湯と会社を往復しながら結局2か月近く家で寝ない日々があったり、なんというか全部ひっくるめて若かったなと。

でも振り返ってみると、あの時のとてつもないハードワークと、経験も知識も無いうちにいろんなことにチャレンジしてきたあの20代前半の仕事があるから、今があるんだと確信しています。

中途採用の面接をしていて、30代後半を過ぎてノンスキルだけど「今から死ぬ気で頑張ります」
って人で本当に頑張った人を見たことがありません。

逆に20代のうちに実績を積んできている人達は全く新しい事に取り組んでも、成果を出す「再現力」が身についています。勘所がわかっているんでしょう。

優秀なビジネスマンになるのにセンスとか、学生時代どうだったかは全く関係ありません。特別に選ばれた人が一流になるのではなくて、視点を高く持つ人、誰よりも努力する事にコミットしている人がなれるのです。

新入社員諸君、自分が優秀になれるかどうか不安に思っているとすれば、それを覆いつくすくらいの努力をしましょう。

期待しているよ!共に頑張ろう(・∀・)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Shinjiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。