今日は、あまり興味がないかもしれませんが、僕の経歴を順番に話していこうとおもいます。

 

 

ビジネスに興味をもったのは、きかっけは就職留年したことでした。

 

 

当時は リーマンショックによる不況が尾を引き 就職活動は超氷河期と呼ばれるほど厳しいものでした。

 

 

僕はその真っ只中にて 現役のときに内定を取ったものの、ベンチャー色が強い企業だったため怖くなって内定を辞退。

 

 

大企業にあこがれて就職活動をしていました。

二回目の就職活動自体は内定を4社いただけて成功に終わったのですが、僕の中で1年遅れているという劣等感が強烈にあったんですね。

 

 

 だって普通に1年働いたら300万円あったのにそれが先延ばしになっているわけで、同い年の友達に先を越されているという劣等感がめちゃくちゃつよかったんです。

 

 

だから絶対この1年というハンデをなくしてやろう、むしろ逆手にとってリードしてやろうと「お金儲け」についてたくさん調べました。

 

 

そこでアフィリエイトという手法を知り、セミナーで稼いでいる人を知り

自分でビジネスをする人にあこがれました。まずは見よう見まねでブログを立上げ、アフィリエイトをはじめました。

 

 

テーマは自分の経験が最大限に生かせる「就職留年」にしました。 

 

 

アクセス数は100PVくらいでしたが、反応率が異常に高くてブログを書き始めてから3ヵ月後に2時間お茶会を1000円で開いたとき 東京から2人も来てくれました

人生初めて自分の力で稼いだ報酬は本当にうれしかったです。

 

 

ネットビジネスの知識もそんなにあったわけではないのですが、トップニッチのニーズを引き出し自分の中でそこにマッチする情報を出していたんですね。

 

 

集客は主にアメブロとtwitterで フォローする相手も、就職活動生に絞り、活動時期もちょうど就職活動終盤だったので今思うとマーケティングとしてきちんと理解していたー思えますね

 

 

 

その後も東京遠征してセミナー(3000円程度)3人集めてカフェでノウハウを伝授したり。

 

 

インフォトップの1500円くらいの教材もいくつか販売できていたりして実は小額ながら結果をだせていました。

 

 

といっても年間トータルで5万円程度 決して暮らしていけるようなレベルではありませんでした。

 

 

このままサクセスストーリーだったらいいんですが、暗黒時代に突入します。

 

 

 

 

次回へ続く

 

AD