2017開催地について


2017開催地について皆さんに残念なお知らせをしなければなりません。正直にお話しします。

例年通り、市役所へ企画書を提出しに行きました。5月開催のタマソニックの場合は2/1からの申請と決まっています。2/1、いつもどおり企画書を提出し申請用紙に記入していると、隣から見慣れない男性職員が「ちょっと待ってちょっと待って」と口を挟んできました。

市「音楽イベントですか?」
タ「そうですけど...何か?」
市「あんまり苦情が多いので今年からもう音楽イベントには貸さないことになったんですよ〜(軽めな口調で)」


え....
もちろん、ちょっと待て、と。


タ「いやいや、過去6回開催してて去年もうちは苦情ゼロだったって職員の方とも確認してまた来年よろしくお願いしますって話だったんですが」
市「言った言わないの話になっちゃうんでそういう話はできません。これは決定事項です。タマソニックさんだけ苦情がなかったからって特別許可とかもできないんで...」
タ「いや、毎年募金額も伸びててその辺の遊びだけのイベントとはまた主旨が違うので..」
市「それもわかりますけど、タマソニックさん宛の苦情じゃなくても、他にもたくさんイベントに貸してて、割と気軽にやって苦情がきてって...市の方がもう対応しきれないんですよ。それにこう言っちゃ何ですけど...集まってくる人たちの身なりが、景観を壊すって苦情もあって...」

長い押し問答があり、いくら食い下がっても全く心を動かすこともなく、いたって冷静に断る職員の方を前になすすべもなく、今までゼロから積み上げてきたもの、実績や募金額も汲みとってもらえない。


昨年のタマソニは専属PAとも相談し、音量も苦情が来ないよう、かつ迫力を失わないように高い技術で微調整を繰り返してもらいました。
私たちはマナーを守り、ゴミも拾うし人を傷つけたりもしません。あの日三角広場に集まった人たちは音楽を愛し、楽しみ、間違いなく誰かの役に立っていました。身なりが悪かろうが高級なスーツを着ていようが、本質はそこじゃない。家でゴロゴロしながら苦情の電話を一本いれるなら、会場に来てみて一体感を感じてみて欲しかった。なんだかギャーギャーうるさいかもしれないけど、バンドが放つエネルギーやメッセージを体感して欲しかった。その文句をいう間にかかってる電話代を募金して欲しかった。
...非常に、非常に悔しい気持ちです。


少なくとも昨年の苦情ゼロ、けが人ゼロは誇るべきことですし、タマソニックのマナーの良さは皆さんの努力と配慮、この場所を守りたいという気持ちに違いなかったんじゃないかと信じています。

参加したことのある人にとっては大好きな場所、いつかあのステージに立ちたいと夢見てくれたバンド、みんなが大切に思ってきたあの三角広場を守れなかったこと、私たちの力不足です。スタッフ一同心からお詫び申し上げます。


中止か開催か選択を迫られたタマソニックですが、スタッフ全員一致の意見で他の場所での開催を目指すことにしました。三角広場ではもうできないけど、皆さんをガッカリさせてしまった分どうにかしてまたみんなを喜ばせたい。
その一心で現在急ピッチで動いておりますが、正直なところ存続の危機でもあります。主催としては開催地が未定なんて絶対あってはならない最悪なことですが、すでに出演が決まっているバンドさんからお叱りを受けてもおかしくないのに「開催がどこになろうとスケジュール空けて待ってるから」と言っていただいて本当に心から感謝しております。


過去6回、あの場所で開催できたことにもう一度胸を張って、次のステップへ進んでいきますので、皆さんどうか温かく見守ってください。

そして皆さんの声、ハッシュタグ#タマソニ でたくさん聞かせてください。タマソニへの思いやタマソニの良いところ、思い出でもなんでも良いです。(今はダメ出しはご遠慮ください... 心折れそうなので(笑) 
エールを送ってください。関係者の目に止まるよう皆さんも声をあげてください。

タマソニックが存続できるようみんなの力を貸してください。これからもみんなの協力で成り立っている究極のDIYイベントを一緒に作り上げましょう!!開催地が決まり次第すぐにお知らせします。また、開催地について含めツイッター等でこれから開催まで毎週日曜日22:00になんらかのインフォメーションをしていきますのでチェックよろしくお願いします!





さようなら多摩センター三角広場。
6年間ありがとうございました。
たくさんの想い出をありがとう。
またいつか。。。






タマソニック運営委員一同より

{4238AC25-AFDC-40E8-8E1A-CC00B28A7168}


AD