都立高校入試絶対合格 『高校受験で”最後に笑う”勉強方法』

高校受験第一志望校絶対合格。
26年間の試行錯誤から生まれた結果を出す勉強方法。
受験倍率は関係ありません。君も受験勝者になれる。
いかにして塾生全員を第一志望高校に合格させたか。平成28年度都立高校入試から『受検合格保証制度』導入します。

『都立高校入試』 合格者数と合格率、あなたはどちらで塾を選びますか?

       

富士山




             平成28年度都立高校入試から
          『都立高校入試合格保証』制度導入します。 

        
      中学生の皆さん、定期テストで+20点アップ保証!!



都立立川高校推薦入試合格しました。
男子定員33人、倍率約3倍の激戦でした。
1名受験1名合格です。ニコニコ




26年間、実践・検証・改革、改善、修正・また実践を繰り返し、

    どこにもない、この塾だけの都立高校合格メソッドを作り上げました。にひひ

都立高校一般入試は1度限り。だから合格者数ではなく、

合格率こそが塾の受験指導力を示すものです。ビックリマークビックリマーク




インターネット個人指導致します。

東京で鍛えられた指導方法を全国・全世界に発信します。
小規模塾のため、毎月先着10名のみ
受け入れます。


℡:042-339-1651



youtube_logo2


Youtube もご覧ください。





テーマ:

今やスピードも学力の重要な要素になってきました。じっくり腰を据えて問題を解く、というテストはありません。


制限時間という条件を付けられた場合、実力が発揮出来ない生徒もいます。


昨今の中学校の定期テストも決して難しくはありませんが、幅広く出題され、問題量も増えてきました。

科目によっては見直す時間はありません。ミスをしたら、即ち失点です。


高校受験も(中学受験もそうですが)上位高校は到底制限時間内には解けない量と質の問題が出て来ます。

頭の情報処理速度も上げなければいけません。

そうです。見直す時間などないのです。

早くしかも正確に解けなければいけません。

実力はあるのに、簡単・単純な問題でミスをする癖のある生徒は、明らかに不利です。


一発で正解を出せなければ、上位高校・中学合格は難しいのです。


現に、トップ校や御三家校と呼ばれる学校の入試結果を見ましたが、最高点と最低点が思ったほど差がありませんでした。

やはり、ミスをした生徒は不合格になるのです。


それと、記述問題が多くなっています。

選択問題はマークシートで答えるテストも増えているので、記述問題の採点に時間も割けるのでしょう。

記述問題は今後ますます重要になってくるでしょう。

普段から書き慣れていないと、限られた時間で採点官に読んでもらえる文章は書けません。

記述力も文章構成力と共にスピードが求められます。


ミスをする生徒は『真剣さに欠ける』、という人もいますが、一発必中の気持ちは必要でしょう。


実力はあるのに、その気になれば驚くほどの集中力を発揮するのに、やる気がないときは『なんでココ間違えるの』的なミスをする生徒がいることも事実です。


スピードと正確さ、重要です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第一にきちんと理解すること
その日に習ったことは、後でしっかり確認しておくこと。(復習)

第二に自分のモノにすること
先生の授業を受けると分かった気になります。
分かった気になったとしても、自分のものにまでなった訳ではありません。
算数は、九九を暗記することが基礎で、九九がわからないとその先はありませんね。

数学も基礎の部分は自分の頭に入れなければならないのです。

第三に早く正確に解くこと
ミスや早とちりの癖がある生徒は成績が安定せず、実力があるのに発揮できないというジレンマに陥ります。
100点を取れる時にしっかり100点を取る集中力がないと、1問1点を争うテストで1点2点に泣くことになるのです。


第四に粘り強く考えることができる。
すぐに諦める生徒が成績を伸ばすことはありません。
できるまで粘り強く勉強できる生徒が成績を伸ばせます。
誰も楽して勉強ができるようになっ訳ではありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
文章問題を噛み砕いて説明してあげると問題を解ける生徒って多いんですね。

ということは、
『わからない』っていうのは、『文章の理解ができない。』ってことですね。

ここなんです。


数学が得意な生徒と苦手な生徒の分かれ目。


内容理解ということは、考えるということ。
考えるということは、イメージすること。
イメージするということは、絵にできるということ。
絵というのは、図や表にするということです。

これらを元に、式を作ったり計算したりするのです。

これらの作業を地道にやっていると、パターンが見えてきます。

わからなくなれば、戻って図や表を書いてみればどこが間違ったかチェックできる訳です。

応用問題も基本の変形や基本が組み合わさってできているのがわかってきます。


数学苦手な生徒は、これらの手順をやらないので、いつまでたっても数学ができるようにならないのです。

『答えさえ合ってれば、途中はどうでもいい。』って考えだからです。
自分がこれでいいと思っても独りよがりのようなものです。

挙げ句の果てに、『めんどくさい』となります。


本当に理解できている生徒というのは、疑問や質問が次々出てきて、それがまた学力を伸ばすことになります。

できる生徒はドンドンできるようになり、学力は開く一方になります。


君がどちらの道を選ぶのかは、君が決めることです。

最初に正しい選択をしないと、後から修正することは後になればなるほど難しくなります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

定期テストや入試問題はどんな難問も正解があることが分かっている問題です。

その点では真の難問ではありませんね。(笑)

 

答えが一つではないもんだもあります。

 

難問ではないですが、制限時間内に大量に設問がある場合もありますね。

 

どんな難問も解き方は基本的なものです。

 

論理的思考力

空間認識力

イメージ力

発想力

記憶力

等が試されるものです。

 

これらの力を高度にトレーニングする、これが前提になります。

 

難問といわれる問題は、これらの試されるレベルが高度なので一般の人にはさっぱりわかりません。説明を聞いてもわかりません。

 

難しい問題も図式化、表にする、ポンチ絵を書く等の作業をすることで、頭の中が整理されます。

 
まず、整理することです。
整理をすることで上の能力が発揮できるのです。
 
図形問題は、適切に補助線を入れることで簡単な問題になってしまうこともあります。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
その理由は、

『イメージできないから』です。

イメージできない物は、誰でも理解出来ません。

イオンを得意にするには、イメージ化すればいいのです。

具体的には、イオンのモデルを作ればいいのです。

中学生レベルのイオンは初歩的な基本構造のみを頭に入れておけばいいのです。


原子番号1番から20番までのイオンの仕組みを理解しておけば十分です。

電子が入る軌道というものがあって、
最も内側の軌道に電子が2個
次の軌道に電子が8個
その次の軌道に電子が8個

これで原子番号20番までのイオンの説明はつきます。

土台ができれば、少しくらいの発展的内容は頭に入って来ます。


Cuイオンは2+ですが、説明すると中学生レベルを超えてくるので、こういったイオンは今はそのまま覚えましょう。

物質は常に安定の方向を目指します。


イオンの基礎の基礎の部分である電子の配置をまず理解しましょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。