たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。


テーマ:

前回からの続き

 

臭豆腐と麺線でお腹いっぱいになり、そろそろ帰るとするかなぁ…先ほどまでより更に大勢の人々が行き交う忠孝夜市を、台鐵台中駅へ向けて歩きます。食事はもう入らないけれど、甘いものは別腹。かき氷でも食べようかなぁ…とキョロキョロしていると、軒先に4人並んでいるお店を発見!木瓜牛奶(パパイヤミルク)が看板メニューらしそうなのですが、それとならんで書いてある「薏仁牛奶」ってなんだろう?

 

{C5341D87-EEC6-4DC5-B919-BC407FFB9998}


 

 

とりあえず列に並んで、様子を窺ってもます。前の学生さん達はワイワイ賑やかに話をしていたのですが、注文をすると私の方を向いて、顔でそれ見てみなよ、って感じでサインを送ってきました。なになに…と視線をやると、目の前に4つミキサーが並んでいて、メニューによって使い分けているようです。カップで量を計りながら、ホイホイっと独特なリズム感で、手際よく調合。最後に牛乳を加えて、よく台湾で見かける、カップの上をナイロンでパウチ&クルクルと混ぜる機械に載せて、ハイ、出来上がり!この一連の流れ・パフォーマンスで待っている人々を飽きさせないんだ…

 

さて、私の番がやってきました。例によって看板で指差しオーダー。よく見ると、おじさんの着ているTシャツって屋号がプリントされたお店オリジナルだ。先ほどのような流れで手渡されたのが↓

 

{DE923886-66F4-4A44-9BEA-A9259FA5BE79}


 

 

薏仁牛奶(35台湾ドル)は、はと麦牛乳シェイク。はと麦の豊かな風味とミルクの甘さ…例えると、ビスケットを牛乳に浸して食べる味わいに近いのかなぁ…初めて飲みましたが、私にはまた欲しくなる一杯でした。

 

   


 ↑参加しています。
ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。
毎日UPしているのに苦戦…

よろしければクリックお願いします!

 

【旅のメモ】

永德堂薏仁牛奶

住所:台中市東區大智路191號 

電話番号:04-22856513

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。