たまねこ@元気になれる台湾きままに歩こう!!

旅は人生の縮図。限られた日程の中で喜怒哀楽を味わいまた、日常へ戻ってゆく…。
終えたときの感慨に浸れる時間が好きでまた出かけたくなるんです。
人生を終えるときもそうありたいと、思いつくままに書き綴りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。


テーマ:

前回からの続き

 

ミニSLが牽引する五分車の旅を終えて、次は製糖工場を見学します。中は2002年に稼働を終えて、観光見学が出来る様に整備されました。照明と天井や壁の窓ガラスからの光が工場内を照らしているとは言え暗いところもあり、ひとりだったら日中でも入るのをちょっと躊躇してしまいそうです。なんせ昔からオバケが大大大の苦手な私・たまねこなので…

 

{0EBEA5F6-01C3-48DD-911C-6D8D8D56A625}

 

 

 

半分顔をのぞかせた大きな歯車は、さとうきびを搾汁する時に活躍。搾りカスを燃料に稼働していたボイラーや絞り汁を精製・濃縮するタンクなどを見てまわりました。

 

{57923396-051E-4B61-A7E7-0602816431E6}

 

{43C4FCE8-ACC4-4F91-A8DB-31B9EC246E71}

 

 

 

 

今は動かず、不気味なほどに沈黙を守っていますが、最盛期にはひっきりなしに製造されていたんだろうなぁ…そこでふと思ったのが、タイトルにも書いた「ハウルの動く城」宮崎駿さんの世界がふと頭によぎりました。もしかして、夜な夜なひょこり動き出したりしてるんじゃないかなぁ…こんな妄想が、臆病な私を身震いさせるのでした。現代童話になりそうな気がするのですが、皆さんはいかがお思いですか?

 

{40C10639-F5F2-4638-B3D6-9E6D5561674E}

 

 

 

最後は特設ステージに飾られたランタンがお出迎え。ここで見学コースのゴールとなり、光が眩しい外へ出ました。

 

{6F5736A6-44EF-4455-BDF7-D1996CE87F4C}

 

{306FDDAF-DF30-4E64-B41E-8C88F51BCAE6}

 

 

 

 

肝を冷やしたとことろで、台湾の製糖工場のお楽しみ!ご当地アイスキャンデーをいただきました。卵黄入りらしいのですが…と思ってかじったら、中から顔を覗かせました。この素朴な味わいがいいんですよね〜。さて、後はさとうきび列車(五分車)が展示されているエリアを見てまわろうかな。

 

   


 ↑参加しています。
ポチッと押していただければ
ランキングが確認できます。
毎日UPしているのに苦戦…

よろしければクリックお願いします!

 

【旅のメモ】

台糖公司中彰區處(溪湖糖廠)

住所:彰化県溪湖鎮彰水路二段762號

電話番号:04-8855868

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまねこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。