1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010年08月06日(金)

浜渦 正志さんに昔のゲームの話を聞いてみた その9

テーマ:対談
平成わんぱくトリオ (ふくろ~多忙のため欠席)が気になるあの人に、深~く昔のゲーム話を聞く企画、
浜渦 正志さん編続きです。ついに最終回です!


■ゲームクリエイター

吉ダム昔、ゲームを作るということに関しては興味はありましたか?

浜渦さんゲーム音楽ですよね。やりたいと思ってました。

吉ダム前のお話でも出てましたけどドラクエを遊んだ時に思ったんですよね。
ドット絵などの絵を描くとかプログラムをやるとかではなくて
その時から音楽に決めていたんでしょうか?

浜渦さんああ、もうそうですね。

吉ダムう~ん。やっぱり凄いな。ドラクエ。

青雨ジョー浜渦さんが、こういうゲームの音楽を作る仕事をやろうって具体的には
いつ位に決まってきた感じなんですか?

浜渦さんまあ、できるかどうかまだ全くわからない世界だったんですけど
やりたいって思ったのは、高1か高2くらいのときでしたね。

吉ダムその頃に、本気で考え始めたってことなんでしょうか。

浜渦さん本気っていうか、全く分んない世界ですから。それは現実にどこまで
できるのかっていうのは、感覚的にはなかったんですよね。
けど、やるんならそういうことしたいなあと思ってました。

吉ダム音楽の世界の中でも、ゲームの音楽でいきたいってことは考えてたんですか。

浜渦さんそうですね。

吉ダム浜渦さんが高校生くらいの時だと、ゲームの作曲家が誰とか今ほど名前も
出てなかったですよね。すぎやまこういちさんクラスだと有名だったんですが。

浜渦さん当時、名前があったのは、すぎやまこういちさんと植松さんくらいですかね。
CDとか出てたっていうのもありますよね。あと古代 祐三さん。
だけどその時はパソコンやってなかったんで、あまり知らなかったんですが。


関係ないけど、すぎやまこういちさんの帰ってきたウルトラマンは、やっぱ名曲。


■周辺機器の思い出

吉ダムディスクシステムとか、ファミコンのロボット、光線銃
色々あると思うんですが何か思い出はありますか?

浜渦さんディスクシステムしか持ってなかったんじゃないかなあ。

吉ダムディスクシステムは発売してすぐ買われたんですか?

浜渦さんすぐではなかったと思いますね。何で買ったんだったかな?
あ!あれだ。弟がファミコン探偵倶楽部をやりたくて買ってきて。

吉ダムそれは最初の消えた後継者から?

浜渦さん両方やってたみたいですけど、多分IIを先にやってたんじゃないですかね。

青雨ジョーうしろに立つ少女ですね。

吉ダムそれはまた時系列的には順番になってますね。IIの方が過去の話ですよね。

浜渦さんアドベンチャーって人がやってるのを、横から見てしまったら
ドラマを途中からみるようなことになってしまうじゃないですか。
ファミコン探偵倶楽部は、弟がやってるのを横からちょこちょこ見てただけであまり覚えてないです。
じゃ、おれも始めようかなってならなかったんで。

青雨ジョー途中のネタとかがわかっちゃったりすると、もう一回それをやろうっていう風には
思わないかもしれないですね。アドベンチャーなんかは。

浜渦さんオホーツクだけは、何回かやれたんですけどね。

吉ダムファミコン探偵倶楽部きっかけでディスクシステムを買うっていうのは
なかなか珍しいですね。

浜渦さん基本ゼルダってことですよね。

吉ダムそうですね。

浜渦さん僕が初めて遊んだディスクシステムのゲームは、エキサイティングベースボールかな。
ただあまりやってなかったと思うんですよ。ディスクシステム自体。

吉ダム起動が長いとかそんな理由ですかね?

浜渦さんディスクというものに、なかなか馴染めなかったっていうか。
たよりないじゃないですか。触りたくない(笑)

吉ダム磁石近づけるなとか、読み込み中に抜くなとか。色々うるさかったですからね。

青雨ジョー書きこみできないように、ツメを折るだとか。

吉ダムツメとか(笑)

青雨ジョー今はもうほとんどないですけどね。フロッピーディスクとか。


■まとめと今後

吉ダムこれで聞きたいことは全て聞かせていただきました!

浜渦さんなんかいっつも脱線してたような気がしますが。

青雨ジョーいや、むしろその方がお話が面白かったです。

吉ダムお疲れ様でした!

青雨ジョーありがとうございました!

KEI-CO(笑)いや~面白かったです。

浜渦さんありがとうございました。


この後、一行は夕食を食べたのち
中野にあるビデオゲームバー 「B'」へお邪魔して
バンゲリングベイを遊んだり、ドラクエIIをKEI-COさんの暗記している最強パスワード
使ってクリアしたり、燃えプロで無死満塁のチャンスで三振して「アホ」
呼ばれてみたりして遊んだのであった。

$古ゲー玉国ブログ-ドラクエIIシドー
※しかしローレシアの王子、なんちゅう名前…。
(KEI-COさんの名誉のために補足「小学校の同級生K君が教えてくれた呪文」なのだそうです。)



※燃えろ!プロ野球三振でアホ呼ばわり動画


それでは次回の「○○に昔のゲームの話を聞いてみた」をお楽しみに。


<完>


■オマケ
浜渦さんとの対談記事連載中に、弟様の浜渦弘志さんからコメントをいただきました。
一部紹介させていただきます。

>我が家にファミコンが来たのは小学5、6年生くらいです。
>ロードランナーほしさに買いました。
>同軸ケーブル線の加工が難しかったのを覚えております。
>ドラクエ2は一回目、なぜか兄と共同でやりました。(どちらかがやってどちらかが見てる…みたいな。)
>クリア直前、最後は一緒にやろう!
>と約束していたのに、私が学校から帰ってくると、
>「すでにクリアした」と告げられ
>愕然とした思い出があります。
>弟より by 浜渦弘志

吉ダム浜渦さんひでえ!(笑)浜渦弘志様コメントありがとうございました。


コメントを送る
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年08月04日(水)

浜渦 正志さんに昔のゲームの話を聞いてみた その8

テーマ:対談
平成わんぱくトリオ (ふくろ~多忙のため欠席)が気になるあの人に、深~く昔のゲーム話を聞く企画、
浜渦 正志さん編続きです。


■徹夜したゲーム

吉ダム初めて徹夜しちゃったゲームは何でした?

浜渦さんやっぱりドラクエか三國志のIか。どっちかじゃないですかね。

吉ダムドラクエII?

浜渦さんIIIかなあ。徹夜というか明け方まで。震えながら毛布をかぶって。
大学の頃ならパソコンで三國志IIIを24時間ぶっ続けでやったことはありましたけど。
あれはもう廃人になるかと思った。

青雨ジョー一番そういうことに時間をとれる時期かもしれないですね。大学時代とかそういう時期は。

吉ダムゲーム買うお金もちょっとあるし。

KEI-CO怒られないし(笑)


■ゲームタイトルの話

吉ダムゲームタイトル名とか、ゲームキャラ名で印象に残ってる
やつってあります?カッコイイとか。

浜渦さんなんかあるかなあ。う~ん…。データベース見たいですね。

吉ダムなんか資料持ってくればよかったですね。

浜渦さんあ、なんか きね子とか。わけわかんないじゃないですか。

吉ダムあ~!そういえば何なんですかね。きね子。

浜渦さんどんな子?みたいな。なんなんやろ。

青雨ジョータイトルとゲームの内容が全く一致しないですね。

浜渦さん全然やったことないんですけど、名前はひっかかってましたね。

$古ゲー玉国ブログ-きね子 タイトル画面
※最初に1986年にソニーがMSX2でキネティックコネクション(kinetic connection)
というタイトルで出したものを、同年ファミコンでアイレムから出す時に
開発スタッフ間で、キネティックコネクションを略して「キネコ!」と略して語っていた
ことから、「きね子」にしたということです。よく見たらタイトル画面に出てますな。
(Wikipedia キネティックコネクションより)



■名前入力~ほしぞらしゃぼん~ゲームを遊ばなくなった話

吉ダム名前入力が可能なゲームで、いつもつけてた名前ってあります?本名ですか?

浜渦さん本名は絶対やんないです。

吉ダム決まったものってあります?

浜渦さんいや、決まってはないんですけど、弟によくお兄(おに)って呼ばれてるんですけど
おになんとかってつけてたと思います。

吉ダム最近はなんてつけてますか?

浜渦さんいやー最近はホントゲームやんなくなっちゃったんで…。
あ、でも3、4年前位にハドソンが出したDSのほしぞらしゃぼんっていうゲーム知ってます?
落ちものパズルなんですけど。あれはハマりました。なんでかそれだけ狂ったように遊んでたんです。
2~3週間くらい。なんか知らないけど買って熱中でやってました。

吉ダムほしぞらしゃぼん…?知らないです。

ミロンのほしぞらしゃぼん パズル組曲
ミロンのほしぞらしゃぼん パズル組曲
※迷宮組曲の落ちものパズルゲーム。
こんなの出てたんだ…。全然知らなかった。ミロンが鼻をたらしている…。


浜渦さんランキングのパスワードが出るんですけど、それをウェブサイトに登録したら
上位10名にTシャツがもらえるんですよ。それで一人プレイと二人プレイの2つ遊び方があって
その両方でTシャツもらいました。

吉ダム 青雨ジョー KEI-CO(爆笑)

浜渦さん4位くらいに入ったと思うんですけど。

青雨ジョーおおっ凄い!

ミロンのほしぞらしゃぼん パズル組曲 公式サイト内の
ハイスコアランキングに出ている「コロナ」と「コロナーズ」がそうらしいです。マジですやん!!


浜渦さんまあ多分全国でやってる人の数が少なかったんだと思いますけど。
ここ何年間で熱中したのはそれとドラクエ8、FFXIIIくらいかもしれないですね。

吉ダム忙しかったりで、昔ほどゲームにさける時間がなかなかとれなくなりましたね。さすがに。
まあ好きなので、それなりに遊んではいますが。

浜渦さんそうですね。時間がとれないですね。自分が関わったゲーム以外は、あまり遊んでないです。
あとはケータイでファミスタする位ですかね。

青雨ジョーもうこの年齢になってくると据え置き機を出して、家庭のテレビでゲームを
遊ぶのが敷居が高くなってきたというか。大変ですよね。なんか準備するのが。

浜渦さんファミコンの時は、カセットをガシャッポン!で始められましたからね。
スイッチ押したら、ピッてすぐ出てくる。

吉ダムそれはデカいですよね。

青雨ジョータイトルがバーンってすぐ出ますからね。

浜渦さん気に入らなかったら、すぐ差し替えてすぐできる。今は時間かかりますよね。
ウィーンってなんか出てきて、起動したらブーンとかなんかいって。

吉ダムプレイステーションのロゴとかモワーンって出て。あんなんとかいらないですよね。
最近はゲームが始まるまでどんどん長くなってきてる気がします。

浜渦さんNOW LOADINGってね。

吉ダムあげくデモ画面が始まって、最初飛ばせなかったりして。
電源入れてすぐゲームが遊べるかどうかって実は相当デカいと思いますね。

浜渦さん起動に5分もかかってたら、バンゲリングベイなんか絶対やらないですよね。

青雨ジョーやんないですね~(笑)

吉ダム当時のゲームやりたい盛りの時でも、それはやらなくなっちゃうかもしれないですね。
起動するたびにそれだと。


出典:きね子(アイレム・1986)


その9に続く!次回最終回!

コメントを送る
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年08月02日(月)

浜渦 正志さんに昔のゲームの話を聞いてみた その7

テーマ:対談
平成わんぱくトリオ吉ダム 青雨ジョー (ふくろ~多忙のため欠席)が気になるあの人に、深~く昔のゲーム話を聞く企画、
浜渦 正志さん編続きです。


■パソコンゲームの話

吉ダムパソコンゲームの思い出とかは?

浜渦さん前に言いましたが、三國志はアホみたいに遊んでました。
色々うまくやって、弱小の誰かを独立させたりしてましたね。
三国志演義よりも史実に近づけたいので、そういうプレイをしてました。

吉ダムそのへんも、ふくろ~と同じじゃないですか。史実プレイ派。

浜渦さんカン丘倹(かんきゅうけん)ていう武将いますよね。
あいつがクーデター起こしたとかあるじゃないですか。
そいつの国をある程度作ったりとか。

青雨ジョー物凄い局地的な部分!

浜渦さん劣勢から戦うのが醍醐味ですねえ。蜀の国をやりたいんですけど
武将が強いとイヤなんです。パラメータをいじれるようになったらうれしいですね。
姜維(きょうい)しかいない位の時代のあたりからやるのが
これが楽しいんですよ。ただ光栄のゲームって、かなり後半の時代の
魏とか呉の武将の数が少ないのが不満でした。もっと劣勢な状態でやりたいっていう。

吉ダムもっとこい!もっと滅びる寸前!みたいな逆境がほしいと(笑)

浜渦さんたしかVだかで後期のシナリオが入ってだいぶ増えましたよね。
あと、史実のゲーム出てましたよね?天舞とか。

吉ダム天舞?ふくろ~なら、すぐわかるはずなんですけどねえ。

浜渦さん車騎将軍とか色々官職名あるじゃないですか。そこに武将をグワーッ
振り分けていって、ものすごい数の武将がいるんですよ。
あれは凄い興奮しましたね。あれはスーパファミコンでやったんだったかな?
でも、ゲームはすっごいトロいんですよ。処理が追いつかなくて。

※[PC98]天舞 -三国志正史- ウルフチーム 1992
[SFC]三国志正史 天舞 スピリッツ ウルフチーム 1993
リアルタイム戦略SLG。登場武将数、約1000人!イメージイラスト&武将原画(一部)、末弥純!
発売前のユーザーの期待は大きかったらしい。でもゲーム自体は…。



■ゲームセンター

吉ダムゲームセンターは、行ってましたか?

浜渦さん近くになかったんで、あまり行かなかったですね。
ファミコンが出る前は、スーパーの屋上にあるナムコ系のゲームをやってたんですけど。

吉ダムちなみにどんなゲームを?

浜渦さんまあ大体置いてありましたね。ディグダグとかラリーXとかゼビウスもやりました。

吉ダムそのへんのナムコ黄金期のゲームは遊んでたんですね。

浜渦さんあと、インベーダーはちょっとひっかかってますね。
小学一年生位の時にブームだったんで。

吉ダムその頃インベーダーは結構やりました?

浜渦さん大きいお兄ちゃんがやるもんだったんで、基本的には横から見てるような感じでした。
一回か二回やったかどうか。

吉ダムその位の小さい頃はゲームセンターみたいな所でゲームを遊ぶのって勇気がいりますよね。
自分は百円を入れるのが怖かったです。小さい子供の頃は百円は大金だったので。
ギャラクシアンを初めて遊ぼうと決心して百円を入れちゃった時、その状況が怖くて
敵がピュ~って襲ってくるので、死にたくない!という気持ちが強すぎて。恐怖しました。

浜渦さんあと昔ドンキーコングの偽物のクレイジーコングってあったじゃないですか。
あれを全然抵抗なくこれニセものだとか気づかないで、違うバージョンなんだ
位の気持ちで、普通に遊んでましたね。


※クレイジーコング なんか緑色。ジャンプするとマリオが「ホヨッ(?)」としゃべる。


※ファミコン版&アーケード版 本家ドンキーコング。

吉ダムディグダグのパチもんのジグザグっていうのもありましたね。ツルハシをとると
スピードアップするパワーアップ要素のあるディグダグみたいなやつ。

浜渦さんありました。これニセもんや!とかも思わずに普通に遊んでました。

吉ダム当時は、あまりゲームメーカーというもの自体もよく知らなかったですよね。ナムコとか。
だんだんおぼろげにわかってくるんですが。


■ゲームの貸し借り

吉ダムゲームの貸し借りの思い出は何かありますか?

浜渦さんそんなには頻繁にはしてなかったですけど、弟が借りてきたやつをやったりとか。
あ~ドラクエIIIを貸したまま返してもらってないかもしれないですね。

吉ダムおお~っ借りパク!

浜渦さん自宅から歩いて20秒位の所のやつなんで。いつでも返してもらえると思ってて。
返してもらってるかもしれないけど…。忘れてしまったなあ。


■マニアック

吉ダム自分だけが知っているマニアックなゲームは何かありますか?

浜渦さんなんだろう?なんかあったかなあ。

吉ダム前に出たドッグファイトスピリットなんかはなかなかマニアックな感じでしたよね。
でも、あれはクソゲーですけど。

浜渦さんまああれが一番マイナーかもしれないですね。

吉ダムでも、別に好きなわけじゃないですもんね。

浜渦さんあ、好きじゃないです。

青雨ジョー KEI-CO(笑)

浜渦さん結構知られてますけど、バンゲリングベイとかヘラクレスの栄光とか。
ゼビウスに対抗してバンゲリングベイ、ドラクエに対抗してヘラクレスって感じで。
それなりに名前は知られてますよね。

吉ダムややマイナーでも大丈夫ですけど。

浜渦さん借りてきた魔鐘とか結構好きでしたけど。

吉ダム魔鐘ですか!

浜渦さん好きだったかな?好きじゃなかったかな?(笑)

吉ダムあれは凄いですよ。あのゲーム今やるとクリア出来ないと思います。
全部同じような画面なんで。迷ったまんま何処いけばいいのかさっぱりわからない。

浜渦さん貸してくれるゲームって、もうあまりやらないゲームってこと多いと思うんですよ。
だからそういうクソなのが来るんじゃないかな。
僕がドラクエを貸した奴が、代わりに貸してくれたのがゲイモスでした。

吉ダム 青雨ジョー KEI-CO(笑)

吉ダムちなみに魔鐘はクリアしました?

浜渦さんクリアしたかなあ。したような気もするんですけど。してないのかな…?
クリアしたら凄いことなんですよね。

吉ダム凄いと思いますよ。相当な腕前。(というか根気)

浜渦さんあっあとドラゴンスレイヤーIVってあったじゃないですか。あれは頑張りましたよ。
最後まで解きました。

吉ダムそれは凄いです!俺は余裕で挫折しました。

浜渦さんファルコム系ですか?あれはナムコから出てましたよね。中学高校の頃はパソコン
持ってなかったんで、ファルコムのゲームはさほど引っかからなかったんですけど。
ファミコンでもロマンシアって出てたじゃないですか。あれもうひどい…。

吉ダムセーブ機能がないんですよね。死んだらやり直し。RPGとしてはキツいですよね。

浜渦さん一生懸命やるんですけど、全く進まなくて。おかしいなと思って
完全に行き詰まって、ついにしびれを切らして中古屋で中古の攻略本を買ってきて見たら
カルマを一個でも減らしたらもう解けないっていうのを知らずに、ずーっと遊んでたことに気づいて。
だけどロマンシアってそうですよね。パソコンの時に全国で解いたやつが一人いるかいないか
みたいなことを聞いたことがあるんですけど。

吉ダムそうですね。あれは当時もキツ過ぎるって話題になってました。

青雨ジョーパッケージイラスト可愛いのに。ほのぼのしてる感じでしたけど。

$古ゲー玉国ブログ-ロマンシア広告
※広告やパッケージイラストは、このように可愛いタッチのキャラクターだった。
スタッフロールで実はドラゴンスレイヤーIIIということが発覚。



出典:ロマンシア(東京書籍・1987)


その8に続く!

コメントを送る
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。