Wandering Football

サッカーを中心として、興味あることを徒然と書きなぐるブログ


テーマ:

今日は歴史的な一戦があります。


天皇杯二回戦 清水エスパルス 対 アルテリーヴォ和歌山

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2013/0101tennouhai/match_page/m47.html


しらとり台FCの卒業生である、高田一憲(和歌山#16)と大前元紀(清水#11)が対戦します。


天皇杯本選という日本最高峰の舞台でしらとり台FCの卒業生どうしが対戦するのは史上初のことです。


試合でマッチアップしたら、もう涙が出るかもしれません。


ぜひ二人共出場してくれ!




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

相馬解雇で安心したのも束の間。公認候補に山本昌邦が挙がっているそうです。

どうしてわざわざ頭でっかちで机上の空論しか出来ないのを選ぶのかと・・・

スポニチだけにガセだと信じたい・・・


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/04/12/kiji/K20120412003027720.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
多摩川クラシコのあまりに無様な敗戦を受け、ようやくフロントが決断。相馬が解任されました。
早すぎる・・・なんて声がありますが、遅すぎです。なぜなら去年の時点であまりに改善点もなく、希望が見えなかったから。今季大幅な補強をして臨んでも、結局攻撃がなにも改善されず、監督としての力量があまりにも不足していました。ここはJFLではないのです。ごまかしはききません。

去年の時点で改善点もなくしておけば、キャンプなども無駄にしないで済んだのに・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

斎藤学(横浜M)が負傷で不参加となり、代わって大前元紀(清水)が召集されました!

ついに!初召集!!

ここで一気にポジションを奪ってロンドン行きだ!!!



http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20120408-00000070-jij-spo.html



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
長野パルセイロ退団以来怪我の治療を続けていた高田選手ですが、怪我も癒え、関西リーグ2部⇒今季1部昇格!のアルテリーヴォ和歌山への入団が発表されました!
新天地で頑張って!!目指せ!Jリーグ!!

最短で来季JFL?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日横国で行われた松田直樹追悼試合。

実に楽しそうな選手たちが印象的でした。

ドゥトラとか三浦アツとか見れて実に満足。


一番よかったのは城。あの体型になってしまっても、やはり技術はさびつかない。

あのトラップとポストプレーは現役選手も見習うべき。


あとは、スタジアムがあの糞な横国でなかったら・・・

3万人収容でいいから、サッカー専用にしてくれないかなぁ。よっぽどましなのに。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先ほど全国地域リーグ決勝大会の決勝ラウンドが終了し、順位が確定しました。


1位:YSCC

2位:藤枝MYFC

3位:HOYO大分

4位:SC相模原


この結果、YSCCと藤枝MYFCのJFL昇格が決まりました!


3位のHOYO大分はJFL最下位との入れ替え戦のはずでしたが、今日のJFLの結果、松本山雅がJ2昇格条件の4位以内を確定。また、町田ゼルビアもほぼ間違いないということで、JFLからの降格枠がなくなり、HOYOも自動昇格となるでしょう。


SC相模原は・・・残念ですねぇ・・・


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

AFCのサイトに、U-22のロンドン五輪アジア最終予選の予備登録メンバー74名が掲載されていました。

以下に選手を載せます。


国内


FW 原口元気、MF 小島秀仁、MF 山田直輝、DF 高橋峻希、DF 濱田水輝、DF 岡本拓也、GK 大谷幸輝 (浦和レッズ)
FW 永井龍、FW 杉本健勇、MF 清武弘嗣、MF 黒木聖仁、MF 山口蛍、MF 丸橋祐介、DF 扇原貴宏 (セレッソ大阪)
MF 登里享平、DF 実藤友紀、DF 薗田淳、GK 安藤駿介 (川崎フロンターレ)  GK 松本拓也 (川崎フロンターレ[湘南ベルマーレからレンタル])
FW 工藤壮人、MF 茨田陽生、DF 酒井宏樹 (柏レイソル) 
FW 山崎亮平、MF 山本康裕、DF 本田慎之介 (ジュビロ磐田)
FW 永井謙祐、MF 磯村亮太、MF 金崎夢生 (名古屋グランパス)
FW 大前元紀、FW 高木俊幸、DF 村松大輔 (清水エスパルス)
FW 大迫勇也、MF 柴崎岳、DF 昌子源、DF 當間建文 (鹿島アントラーズ)  MF 山村和也 (流経大[鹿島アントラーズ内定])
FW 小野裕二、DF 金井貢史 (横浜F・マリノス)    MF 水沼宏太 (栃木SC[横浜F・マリノスからレンタル])  FW 斉藤学 (愛媛FC[横浜F・マリノスからレンタル])  DF 比嘉祐介 (流経大[横浜F・マリノス内定])    
MF 青木拓矢、MF 東慶悟 (大宮アルディージャ) 
DF 酒井高徳、DF 鈴木大輔 (アルビレックス新潟)
MF 岡本知剛 (サガン鳥栖[サンフレッチェ広島からレンタル])   GK 増田卓也 (流経大[サンフレッチェ広島内定]) 
DF 吉田豊 (ヴァンフォーレ甲府)
MF 下田光平、MF 田邊草民、DF 阿部巧、DF 椋原健太、GK 権田修一 (FC東京)   MF 平出涼 (カターレ富山[FC東京からレンタル])  DF 丸山祐市 (明治大[FC東京内定])
FW 河野広貴、MF 小林祐希、DF 高橋祥平、DF 和田拓也 (東京ヴェルディ)
GK 大久保択生 (ジェフ千葉)   DF 大岩一貴 (中央大[ジェフ千葉内定])
MF 宮澤裕樹 (コンサドーレ札幌)
GK 守田達弥 (京都サンガ)
DF 菅沼駿哉 (ロアッソ熊本[ガンバ大阪からレンタル])


海外


FW 指宿洋史 (セビージャ・アトレティコ)
FW 宮市亮 (アーセナル)
FW 大津祐樹 (ボルシア・メンヒェングラートバッハ)
MF 高木善朗 (ユトレヒト)
MF 宇佐美貴史 (バイエルン・ミュンヘン)


大学


FW 赤崎秀平、DF 谷口彰悟 (筑波大)
MF 六平光成 (中央大)
DF 牟田雄祐 (福岡大)
FW 富山貴光 (早稲田大)


おお、元紀ここには入ってた!

さすがにここにもないとかはないよね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ来週はJ1最終節。首位の柏は勝てば文句なしの優勝。今季J2から昇格して即優勝という偉業を成し遂げることになります。
2部から昇格したチームが優勝というのは世界的にも珍しいことで、セルジオ越後がこれはJリーグのレベルの低下が云々言っていますが、世界のトップレベルでも例はあります。
それが、1997-98シーズンのドイツ・ブンデスリーガ、1FCカイザースラウテルンの優勝です。


97-98シーズンといえばフランスW杯前。海外一部リーグでプレイする日本人選手はおらず、カズの挑戦もひと昔前という時代。
海外サッカー自体があまり注目されずにいた時代でした。学生時代、体育のサッカーの授業にドルトムントの優勝記念シャツを着ていっても誰も反応しない、そんな時代。
当時のドイツのブンデスリーガは、ドルトムントが96-97シーズンにはチャンピオンズリーグを制するなど、欧州でも高い実力を持ったリーグでした。


今回昇格即優勝ということでこのことを思い出してネットで探してみましたが、意外と記事がない。
ネットが爆発的に普及する寸前だった時期だからなのでしょうか。
せっかくなので、記憶と資料といろいろつき合わせて一つまとめてみました。



カイザースラウテルンというチームは、1900年創設の歴史あるクラブで、日本代表がドイツワールドカップでも試合をしたスタジアムに名を冠するドイツ代表の名選手フリッツ・ヴァルターが在籍したクラブで、オールドファンにはおなじみの、ハンス=ペーター・ブリューゲルやホルスト・エッケル、トーマス・アフロスなどが在籍しました。
1990-91シーズンにはブンデスリーガを制覇。1995-96シーズンにはドイツカップを制すなど90年代も実力のあるチームでしたが、この95-96シーズンになんと2部に降格してしまいました。カップ戦の呪いとよくJリーグでは言われますが、ドイツでも言われたのかもしれません。


迎えた96-97シーズン。2部に落ちたチームは主力を残留させると共に、名称オットー・レーハーゲルを招聘。戦力も強化し2部をダントツの成績で突破。優勝で1部復帰を決めます。
この年には、前年にジェフでプレーしたニュージーランド代表のウィントン・ルーファーもいました。


1部に昇格した97-98シーズン。チームは開幕戦でデンマーク代表ミカエル・ショーンベルのゴールでドイツの盟主バイエルン・ミュンヘンを1-0で下し、ここから快進撃が始まりました。
その後の3試合で2勝をあげ、4試合を消化したところで首位に立ちました。その後はバイエルンと首位争いを続けながら迎えた33節。ヴォルフスブルクをホームに迎えます。
この時点で首位はカイザースラウテルン。二位バイエルンとの差は"2"。この試合でカイザースラウテルンが勝利し、バイエルンが引き分け以下なら1試合を残し優勝が決まります。
試合は24分にオラフ・マーシャルのゴールで先制。その後52分にワグナー、55分に再びマーシャル、最後は88分にリシェが決めて4-0で勝利。一方のバイエルンはアウェーでデュイスブルクに0-0で引き分けてしまい、カイザースラウテルンが優勝を決めました。


1998/5/2 カイザースラウテルン vs ヴォルフスブルク


カイザースラウテルン 4-0 ヴォルフスブルク


【得点】
マーシャル2(24分、55分)、ワグナー(52分)、リシェ(88分)


【メンバー】
カイザースラウテルン:1ラインケ、3バラック、5カドレツ、7フリストフ、8ワグナー、10スフォルツァ(C)(⇒61分リシェ)、11マーシャル(⇒70分 クカ)、16ショーンベル、22ブック、24コホ、27ライヒ(⇒46分ラチーニョ)
監督:オットー・レーハーゲル


ヴォルフスブルク:1ツィマーマン、6ケラー(C)、7プレガー、8バルバンツ(⇒58分 トムシッチ)、13レイナ、15クレチェスキー、18ダンマイヤー、19コバチェビッチ、20カペタノビッチ、22グライナー(⇒78分 マイシュナー)、27ブライテンライナー
監督:ヴォルフガング・ヴォルフ


1997-98シーズン ブンデスリーガ最終順位表


優勝 カイザースラウテルン     勝ち点68(得失点差+24)
2位 バイエルン・ミュンヘン        66(+32)
3位 バイエル・レバークーゼン      55(+27)
4位 シュツットガルト          52(+6)
5位 シャルケ              52(+6)
6位 ハンザ・ロストック         51(+8)
7位 ヴェルダー・ブレーメン       50(-4)
8位 デュイスブルク           44(-1)
9位 ハンブルガーSV           44(-8)
10位 ボルシア・ドルトムント        43(+2)
11位 ヘルタ・ベルリン           43(-12)
12位 ボーフム              41(-8)
13位 1860ミュンヘン           41(-11)
14位 ヴォルフスブルク          39(-16)
15位 ボルシア・メンヘングラッドバッハ  38(-5)
16位 カールスル-エ(降格)       38(-12)
17位 ケルン(降格)           36(-15)
18位 アルミニア・ビーレフェルト(降格) 32(-13)



この年のカイザースラウテルンには、こんなメンバーがいました。


GK:アンドレアス・ラインケ(この後2007年までプレーした息の長いGK)
DF:ミカエル・ショーンベリ(デンマーク代表)、ミロスラフ・カドレツ(チェコ代表)
MF:アンドレアス・ブレーメ(元ドイツ代表・90年代前半の"世界最高のウイングバック")、マルティン・ワグナー(元ドイツ代表)、チリアコ・スフォルツァ(スイス代表)、ミヒャエル・バラック(後にドイツ代表。"小皇帝")、マリアン・フリストフ(ブルガリア代表)、
FW:オラフ・マーシャル(ドイツ代表。このシーズン24試合で21ゴール。得点ランキング2位)、パベル・クカ(チェコ代表)、マルコ・ライヒ(後にドイツ代表)


ブレーメ&ワグナーはアメリカW杯にも出ていましたね。マーシャルはこの後フランスW杯に出場しています。が、FWの主力はビアホフと(いまだに)クリンスマンで、この年の(2年連続)得点王キルシュテンと共に目立った活躍はありませんでした。
若き日のバラックは翌99年にドイツ代表にデビューし、翌シーズンにレバークーゼンへ移籍し、名声を高めていきます。



このカイザースラウテルンの快挙以降、同じことを成し遂げたチームは13年の間現れていませんが、柏レイソルがそのチームになるかもしれませんね。
12/3の最終節を、楽しみにしましょう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JFLへの登竜門、全国地域リーグ決勝大会の一次リーグが終了しました。

最終結果は以下の通り。


◆Aグループ(福井県坂井市/テクノポート福井スタジアム)
┏━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━┯━┯━┯━━┓
┃順│ Team  │  藤枝  │..Y.S.C.C. │.. JSC ..│. 加古川 .│点│得│失│点差┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃◎│  藤枝  │――――│△ 1-1 │○ 1-0 │○ 2-1 │ 8│ 4│ 2│   2┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃○│..Y.S.C.C. │▲ 1-1 │――――│○ 5-2 │○ 2-0 │ 7│ 8│ 3│   5┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 3│.. JSC ..│● 0-1 │● 2-5 │――――│○ 2-0 │ 3│ 4│ 6│ -2┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 4│. 加古川 .│● 1-2 │● 0-2 │● 0-2 │――――│ 0│ 1│ 6│ -5┃
┗━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━┷━┷━┷━━┛

◆Bグループ(兵庫県洲本市/アスパ五色)
┏━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━┯━┯━┯━━┓
┃順│ Team  │. 相模原 .│  奈良  │  福島  │. 北海道 .│点│得│失│点差┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃◎│. 相模原 .│――――│○ 1-0 │○ 2-1 │○ 4-0 │ 9│ 7│ 1│   6┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 2│  奈良  │● 0-1 │――――│○ 2-0 │○ 1-0 │ 6│ 3│ 1│   2┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 3│  福島  │● 1-2 │● 0-2 │――――│○ 5-2 │ 3│ 6│ 6│   0┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 4│. 北海道 .│● 0-4 │● 0-1 │● 2-5 │――――│ 0│ 2│10│ -8┃
┗━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━┷━┷━┷━━┛

◆Cグループ(高知市/高知県春野総合運動公園球技場)
┏━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━━━━┯━┯━┯━┯━━┓
┃順│ Team  │ HOYO....│. 東京23 .│  島根  │  黒潮  │点│得│失│点差┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃◎│ HOYO....│――――│○ 1-0 │▲ 1-1 │○ 4-1 │ 7│ 6│ 2│   4┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 2│. 東京23 .│● 0-1 │――――│○ 1-0 │○ 5-0 │ 6│ 6│ 1│   5┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 3│  島根  │△ 1-1 │● 0-1 │――――│○ 5-1 │ 5│ 6│ 3│   3┃
┣━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━━━━┿━┿━┿━┿━━┫
┃ 4│  黒潮  │● 1-4 │● 0-5 │● 1-5 │――――│ 0│ 2│14│-12┃
┗━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━━━━┷━┷━┷━┷━━┛

各グループを1位で抜けたのは、
A:shizuoka.藤枝MYFC
B:SC相模原
C:HOYO AC ELAN OITA

そして、ワイルドカードのチームは、YSCCとなりました。



東京23や、福島ユナイテッドは駄目でしたか・・・


決勝ラウンドは、2011年12月02日(金) ~ 2011年12月04日(日)。
大阪長居第2陸上競技場で行われます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。