あごひげタマの散歩 - タマイアトリエのブログ

タマイアトリエが住まいの設計を綴るブログ。日々の設計、現場を通して、家づくりのヒントを紹介します。
気になる風景、気になる建築も紹介。モットーは歩きながら考える!

タマイアトリエ http://www.tamaiatelier.com/


テーマ:

「レンガ色の瓦屋根の家」いよいよ完成が近づいてきました。

施工、設計事務所 合同の引き渡し前検査です。

仮囲いも解体され、新たな外装も現われました。サッシの位置の整理と取り換えも計画の大きな目的です。東側の日当たりの良い壁面には長い出窓を設けています。既存の空間を広く見せる有効な手段です。出窓は法的にも床面積には入らず、増築にもなりません。

 

「レンガ色の瓦屋根の家」の住み手は愛猫家です。猫たちが日向ぼっこする場面を思い描いています。

検査は設備機器機器、電燈等の取り付け状況、各部の仕上がり状況、傷の有無、建具の開き勝手、外部の仕上がり状況等、細部に渡ります。そして、次回の施主検査までに全てを整え引き渡しの準備です。

細かな部分の調整、修正の指摘はありましたが、まずまずの仕上がりです。

工期も予定通りでした。いよいよ、週明けの引き渡しです。心地よい年末年始を過ごしてもらえそうです。

 

タマイアトリエ 


人気ブログランキングへ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

載紙のお知らせです。

「住まいの設計」に「吉祥寺のプールハウス」が掲載されています。

見開き6ページの見応えのある内容です。

住み手の好みで彩られた空間の奥行きが感じられるシーンが満載です。

 

是非お手に取ってご覧ください。

タマイアトリエ 

 


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「レンガ色の瓦屋根の家」

大工さんの工事が一通り終わって、塗装やさん、タイルやさんにバトンタッチ。いよいよ12月の引き渡しに向けて追い込みです。

コンパクトな住まいですが、できる限りの開放感を造りだそうと天井の梁を表しにして、天井高さを最大限にしています。木造住宅のリノベーションの場合、解体後に天井内や壁の中の構造が分かることがほとんどです。立派な梁が隠れていた時などは、空間に生かすべく考えます。今回も、新たに計画する階段脇の天井内に隠れていた立派な梁を表しにすることにしました。長い間家族の住まいを支えてきた梁のお目見えです。階段を登る手にも触れる箇所です。少し磨く程度で色もそのままにしました。支えの柱も増やして、この先は少しの休息もできるように。。。

キッチンも設置完了、追い込みの工事は佳境。タイル工事、塗装工事が着々と進んでいます。

完成は12月5日。

 

7月30日ころ、解体途中の1階。中央に大きな梁が見えます。この手前に2階への階段を設置しています。奥は洗面室と浴室。洗面、浴室を別に移動し、ここまでダイニングキッチンを広げています。

タマイアトリエ 

 


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

蔵野の家~寛ぐということ 掲載紙のお知らせです。

「住まいるライフ」

全労済のフリーペーパーです。表紙とリノベーション特集での掲載です。書店等での購入はできませんが、関東一部の工務店などで配布されています。

 

キッチン周りを主に取材していただきました。リノベーションの背景、住み手の思いなどが綴られています。書店では手に取れませんので、全ページ紹介します。

 

先日、お住まいの様子を伺ってきましたが、掲載の写真と変わらず、綺麗にお住まいでした。地理や歴史、生活史に造詣の深いご主人との会話も盛り上がり、楽しい一時でした。

またお伺いします。

タマイアトリエ


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ンパクトな住まいをストレスなく暮らす工夫は、階段周りのデザインに大きなヒントがあります。

 

住宅の階段の幅は90センチから1メートル程度、階段裏を収納などに使用すると奥行が80センチ程度になって使用しづらいスペースになってしまいます。

 

「レンガ色の瓦屋根の家」では、階段側面のスペースを両側から使うことで、使い勝手の良い奥行きを考えました。両側から使えるような構造にして、奥行の90㎝を都合の良い寸法で仕切ります。

今はトンネル状になっている階段下ですが、手前から収納にちょうどいい寸法に仕切りを取り付けます。手前、ダイニングキッチン側では食器棚と、ウォーターサーバーの設置スペース、反対側の個室(お母さんの部屋)では洋服を掛けるスペースです。低くなっている個所は作り付けのワゴンを備えます。

詳細図を現場の大工と検討し、階段下の必要高さを確保しています。

階段は、吹き抜けのない住まいでも、唯一1階と2階をつなげる縦空間となります。家族の気配を繋げる上でも重要な役割を果たしています。心地よく感じる繋がりのある空間になりそうです。

タマイアトリエ

 

 
人気ブログランキングへ  http://www.tamaiatelier.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「レンガ色の瓦屋根の家」 年内の竣工に向けて 随分と進捗しました。、

7月の終わりに内部の解体から始まり、早いものです。いつの間にか秋になっていました。

「レンガ色の瓦屋根の家」 は母と娘の二人暮らしの家。程よい距離感と小ぢんまりした生活空間が特徴。お父様が残してくれた皆で暮らした住まいの佇まいを残しつつ、心地の良い住み手のための空間として生まれ変わります。屋根瓦のレンガ色が特徴的で、ちょっと南仏風になれば可愛いかなと、内部には木調のタイル、テラコッタ色のタイル、レモンイエローのタイル、うっすらとオレンジ色の無垢フローリング、そして珪藻土と自然素材もふんだんに採用。

着工前の姿です。7月の終わり片付けの終わった解体直前の室内。

内部の解体が大体終わったころです。築40年以上の割りには木材はしっかりとしていましたが、やはり材が細いですね。ここから、現行の基準法に合わせた構造補強を始めていきます。

40年以上も前の木造住宅では基礎に鉄筋が入っていないケースがほとんどです。今回も新規の基礎で無筋部分を補強していきます。足元は最も大事な部分です。しっかりとチェック。

古い構造に新しい柱、梁を取り付けます。専用の構造用の合板で構造壁も設置していきます。適材適所に構造金物、構造用の釘を決められたピッチで取り付けていきます。

10月に入りました。工事の進み具合は順調です。壁、床下の断熱材のチェックも完了。温水床暖房も設置しました。設備工事もどんどん進みます。

10月21日の現場です。隠れてしまう部分もきちんと施工します。既存柱の断面欠損(ほぞ穴など)を丁寧に埋めてもらっています。これからも住まいを支えてもらわないといけないですから。

そして、空間がはっきり分かるようになってきました。

 

完成は12月の第1週目です。小さな住まいですが、たくさんの職人さんたちに支えられ蘇りつつあります。

では、またレポートします。

興味のある方は タマイアトリエ までご連絡ください。現場途中もご案内します。

 

 
人気ブログランキングへ  http://www.tamaiatelier.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
蔵野の家が無事、完成引き渡しを迎えました。

5月の初めからブログの更新が滞っていましたので、武蔵野の家は2か月ぶりの記事になりますが、その間、じっくりと、確実に、職人さんたちの手で進んできました。

計画からちょうど1年での引き渡しです。

86歳のご主人、82歳の奥様のお二人暮らしですが、離れて暮らす 2人の娘さんのご家族の実家でもあります。耐震補強、断熱改修、動線計画の見直し、バリアフリーと様々な課題を、2人の娘さんとお孫さんも含めた打ち合わせの中でようやく完成となりました。

当然、住み手、ご高齢お二人のための住まいではあります、ストレスを極力感じない計画と共に、皆の集える住まいを目指しました。


リビングとキッチンの位置を入れ替え、明るく風通しの良いキッチンスペースを確保しました。既存の玄関を勝手口使用とし、引き戸で仕切ってパントリーとしています。バリアフリーを考慮した新たな玄関を、南側にゆったりとしたアプローチと共に計画しています。


素通しのガラス格子戸の向こうが新しいバリアフリーの玄関です。新設の玄関からは、優しい光が入ってきます。既存のサッシを残しつつ、断熱性能を確保するため、既存サッシに障子を併設したり、玄関を格子戸で仕切ったりストレスフリーの工夫をしています。


かつてキッチンのあった場所に、ゆったりとしたソファーのあるリビングを設けました。落ち着いたスペースです。奥行きのある既存のスペースを生かす配置の工夫をしています。


リビングから1階全体を眺める。既存の梁を表しにし、白くペイントしました。天井高さを上げ、できるだけ開放感を持たせています。


before/リノベーション前のリビングの様子です。とてもきれいにお住まいでしたが、物の置き場所に少し困った様子、少し薄暗い様子が気になりました。風通しの問題でしょうか、籠ったような重たい空気感が気になりました。


2階の和室は一部天井と壁の仕上げを残しました。全てを新しくすることも容易いのですが、思いのある場所の記憶を残すことも重要なリノベーションの考えと思っています。新規に仕切られた壁と天井の一部、襖には白の和紙クロスを貼り、かつてからの仕上げ素材が浮き上がるように考えました。

タマイアトリエのフェースブックにもアルバムを掲載していますので是非ご覧ください。

施工は内田産業です。
素晴らしい現場監督と職人たちに今回も大いに助けられました。お疲れさまでした!

では、武蔵野の家の住まい手とご家族が素晴らしい時間を過ごせますように。。
タマイアトリエ


人気ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
祥寺のプールハウス
シーズン到来です!
いよいよ植栽が調いましたので、様子を伺ってきました。







植栽計画、工事はブロカントさんです。
思った以上の緑のボリュームは、近隣さんの大きな樹木と重なって、さらに大きな奥行き感を造りだしていました。数多くの樹種、特に大きなオリーブは木の葉が明るく反射し、きらきらと輝いていました。様々な葉の色味が奥行とボリュームを調整しているのがよく分かります。優れた植栽デザインですね。

木陰のすばらしさも感じられました。



丁寧にデザインされたお隣さんのとの隙間からも 森のような緑の塊が顔を覗かせています。お隣さんの植栽も境目を薄めていますね。



玄関アプローチ脇に植えられた植物たち。可愛らしいマグノリアも植えられています。木蓮の種類ですね。白い花はもう終わっていましたけど。目の前の公園の植栽と繋がって、ぐっと公園に近づいた気がします。

植物には繋げる力があるんですね。

植栽が完成し、今後の住まいの成長がいよいよ楽しみです。
梅雨が明けたらカメラマンの黒ちゃんを連れて伺います!

おまけ。
新しい家族の きりちゃん。

タマイアトリエ


人気ブログランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
蔵野の家のリノベーション現場では、ゴールデンウィークも職人さんたちによってこつこつと進捗しています。

ありがたいことです!

1階の広めのトイレと洗面室。階段下のスペースを利用した空間にも、洗面カウンターを伸ばしています。視覚的も広くなるように、トイレから立ち上がる時の手摺もこのカウンターに取り付けました。



握力の必要な縦手すりより、横向きの手すりの方が力が入り、立ち上がる時には良いようです。身体からの距離も重要で、カウンター側面と上面の2種類の距離が使用できるようになっています。男性と女性では手の届く距離も違いますから。。

正面の窓は既存の窓、以前は小さな個室、トイレの窓でした。予算的に取り換えとはならず、窓の位置も変えていません。断熱性能とデザインのために、手前に格子引き戸を取り付けます。片側は鏡の貼られる引違の木製インナー窓。特注ですが、値段はアルミサッシ取り換えの1/5程でしょうか。

風通しと彩光と断熱と鏡の機能を兼ね備えています。鏡の位置はスライドできますから、自由になりますし、とても便利です。格子部分にはワーロンプレートという光の入る見た目は障子のアクリル板が入ります。

単純な仕掛けですが、機能と付加性能を兼ね備えた装置ですね。

丁寧な職人さんたちの仕事に感謝です。まだまだ工事は続きますが。。。

タマイアトリエ


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
橋の住まいは、レンガ色の瓦を乗っけた小さな住まいです。母と娘の二人暮らし。ずっと暮らしてきた思いの詰まった、この20坪ほどの可愛らしい住まいをリノベーションすることになりました。


この住まいのチャームポイント、レンガ色の瓦屋根を残すこととし、荷重に合わせた耐震設計から始めています。瓦の屋根は鋼板の屋根と比べて荷重があります。構造計画の際には耐力の割増の検討が必要です。瓦屋根の風合いを手がかりに、インテリアの色味なども検討してきました。

基本設計も完了間近に、30分の1の模型でインテリアの検討をしています。


リノベーションに向けて物の整理をしている中で、生活に埋もれていた 小さな額縁や、可愛らしい鏡などの飾り場所を検討していきます。

室内の繋がりや、見え方もよく分かります。

少し大き目の模型だからこそ分かることが、沢山あります。


2階には栗のちゃぶ台のある和カフェのようなスペース。1階のダイニングスペースとの繋がりもしっかり検討できました。

同居している猫たちとの暮らしも想像出来てきました。色々なアイデアを盛り込みたいですね。

タマイアトリエ


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。