あごひげタマの散歩 - タマイアトリエのブログ

タマイアトリエが住まいの設計を綴るブログ。日々の設計、現場を通して、家づくりのヒントを紹介します。
気になる風景、気になる建築も紹介。モットーは歩きながら考える!

タマイアトリエ http://www.tamaiatelier.com/


テーマ:
蔵野の家のリノベーション現場では、ゴールデンウィークも職人さんたちによってこつこつと進捗しています。

ありがたいことです!

1階の広めのトイレと洗面室。階段下のスペースを利用した空間にも、洗面カウンターを伸ばしています。視覚的も広くなるように、トイレから立ち上がる時の手摺もこのカウンターに取り付けました。



握力の必要な縦手すりより、横向きの手すりの方が力が入り、立ち上がる時には良いようです。身体からの距離も重要で、カウンター側面と上面の2種類の距離が使用できるようになっています。男性と女性では手の届く距離も違いますから。。

正面の窓は既存の窓、以前は小さな個室、トイレの窓でした。予算的に取り換えとはならず、窓の位置も変えていません。断熱性能とデザインのために、手前に格子引き戸を取り付けます。片側は鏡の貼られる引違の木製インナー窓。特注ですが、値段はアルミサッシ取り換えの1/5程でしょうか。

風通しと彩光と断熱と鏡の機能を兼ね備えています。鏡の位置はスライドできますから、自由になりますし、とても便利です。格子部分にはワーロンプレートという光の入る見た目は障子のアクリル板が入ります。

単純な仕掛けですが、機能と付加性能を兼ね備えた装置ですね。

丁寧な職人さんたちの仕事に感謝です。まだまだ工事は続きますが。。。

タマイアトリエ


人気ブログランキングへ

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
橋の住まいは、レンガ色の瓦を乗っけた小さな住まいです。母と娘の二人暮らし。ずっと暮らしてきた思いの詰まった、この20坪ほどの可愛らしい住まいをリノベーションすることになりました。


この住まいのチャームポイント、レンガ色の瓦屋根を残すこととし、荷重に合わせた耐震設計から始めています。瓦の屋根は鋼板の屋根と比べて荷重があります。構造計画の際には耐力の割増の検討が必要です。瓦屋根の風合いを手がかりに、インテリアの色味なども検討してきました。

基本設計も完了間近に、30分の1の模型でインテリアの検討をしています。


リノベーションに向けて物の整理をしている中で、生活に埋もれていた 小さな額縁や、可愛らしい鏡などの飾り場所を検討していきます。

室内の繋がりや、見え方もよく分かります。

少し大き目の模型だからこそ分かることが、沢山あります。


2階には栗のちゃぶ台のある和カフェのようなスペース。1階のダイニングスペースとの繋がりもしっかり検討できました。

同居している猫たちとの暮らしも想像出来てきました。色々なアイデアを盛り込みたいですね。

タマイアトリエ


人気ブログランキングへ

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リアフリー改修の武蔵野の家は、高齢者のための住まいの基本性能を柱に「寛ぐということ」をテーマに計画しています。

1階のキッチンを含む広間には 作り付けの家具を幾つか計画していますが、見た目の落ち着きと 手触りを求めて、北海道産のナラ無垢材を採用することにしました。

森林の保全を目的とする社団法人の「モアトゥリーズ」さんに協力してもらい、北海道のナラの間伐材を使用することにしました。今回は少しの範囲ですが、国内の製材所等のネットワークによって、地域に眠っている間伐材などの採用を可能にしています。

今回のナラ材を扱ってくれたのは 都内の白金にある 京和木材さんです。白金の商店街にある製材所さんです。白金に製材所があるんです、古くからあるようですよ。

今回は、家具の天板とベンチに北海道のナラ材、床材と外塀に大分の日田の杉材を使います。



北海道のナラ材です。(画像はは製材所に使われている木材退色防止の照明で、グリーンに写っています。)
浸みのように見えるのは木目です。サンディングしなければどのような木目に現われるのか分かりませんが、これが自然というものですね。原材の幅自体は20~30cm程度です。家具の天板等には幅が狭いため、木取り(どの部分を使用するかの下書きです。)をして、幅15~20㎝程度の材を繋いで一枚にします。接ぎ材(はぎざい)という材料にします。無垢の一枚板に見えますが、狂いも少なく、安価にできます。

昨日、家具製作の工場から、ナラの接ぎ材の天板の付いた家具が搬入されました。

ばっちりです!思った以上に繊細で柔らかい。


手触りと、柔らかさのイメージは最高です。もちろん、生地仕上げのまま使います。
いよいよ完成が楽しみです。

材木屋さんの作る北海道産のナラ材無垢 接ぎ材(はぎざい)ご興味のある方はタマイアトリエまでお問い合わせください。

タマイアトリエ

人気ブログランキングへ
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
きな木蓮のある庭を受け継ぐ住まいです。

昨年の春、木蓮の花が満開のころ完成しました。早いもので1年が経ちました。双子の息子たちも小学2年生になり、背も大きくなっていました。

新築の定期点検は1か月、半年、3年、5年、10年。工務店任せにしないで、できるだけ立ち会うことにしています。点検業務も今後の設計に役立ちますし、何より、お住まいになっている姿を拝見するのことはとても楽しいものです。


木蓮は花が終わり新芽が出ています。紫のハナズオウが満開。


小さな子供のいる生活は実に楽しいものがあります。住まいに「家族の時間」を存分に記録してもらいたいなと思っています。

戸田の住まいの子供室と子供室に繋がるロフトは子どもたちの最高傑作です。


点検途中に仲間に入れてもらいましたが、段ボールの開口に囲まれた中央は線路があって、段ボールハウスはそれぞれがホテルの様子。宿泊客?乗客?がちらほら。

ここ、楽しいです。まさに、仕事を忘れる。

新しい発見も、ロフト天井高さ1.4mで水平になったブルーの壁、世界遺産発見!いい光が反射してます。富士山の麓に建つダンボールリゾート。


と、点検もしっかりいたしましたが。。。楽しませていただきました。木製の玄関ドアの閉まり具合、障子等の調整がありましたが、大きな問題もなく一安心。

とても素敵にお住まいでした。


またお伺いさせてくださいませ。では。

タマイアトリエ

人気ブログランキングへ
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末に武蔵境の武蔵野プレイスで住まいの企画展に参加します。8組のアトリエ設計事務所の模型展です。

タマイアトリエは4/2(土)4/3(日)両日の10:00~13:30まで現地で案内をしています。お気軽にお声掛けくださいませ。

iest「建築家の、なるほど!な家展」です。

建築家たちの多様なアイデアにぜひ触れてみてください。

武蔵野プレイスは図書館を中心とした心地よい複合施設です。建築も素晴らしいですよ。1階にはパンケーキの人気なカフェもあります。お花見がてら是非!


「本と音楽と菜園」
吹き抜けをぐるりと巡っての生活。個性を尊重しながら家族をつなぐ仕掛けをご紹介します。

タマイアトリエ

人気ブログランキングへ
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
き渡しを終えると早いもので、1年はあっという間ですね。

先日、昨年に引き渡しを終えた 八潮の家に 1年点検に行ってきました。

八潮の家には、お住まいになられてから幾度かお伺いしており、すっかり古いものとの共存を果たしている姿を拝見していましたので、「古(いにしえ)と暮らす家」という サブタイトルを勝手に付けさせていただきました。

設計段階から、お持ちの家具や雑貨等の置き場所や、その周りの空気感を打ち合わせさせていただいた甲斐があって、お引っ越し後、すぐに古民家のような落ち着きを醸し出していました。ほんと、自分たちの空間にするのが早いのはナンバー1だったかもしれません。

今回の1年点検は、様々な物たち(雑貨や生地、思い出の品などなど)の斬新なレイアウトに会うのも楽しみにしていました。もちろん、きちんと点検作業もしましたよ。

和室の格子引き戸と欄間は 町田の古福庵で購入したもの。古福庵の古い建具は程度がいい上に値段も手が届く範囲。寸法調整などのリメークもしてもらえます。


格子戸の影が階段の壁に映っています。こういった思いがけない効果も楽しみの一つ。


八潮の家の動物たち


この欄間も古福庵。

点検は、1時間ほど、半年点検で手直しをした箇所の確認と、材木のやせによる隙間等の確認。思った通り、これと言った不具合は無く、一安心です。

次回は2年点検ですが、また折を見てお伺いします。

タマイアトリエ


人気ブログランキングへ
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明けから工事が始まっている武蔵野の家は、高齢のご夫婦のお住まい。築23年の木造戸建リノべーションです。

住まいの基本性能の向上を柱に、「寛ごぐということを」テーマに計画。基本性能には耐震、断熱、通風しなどに加え、当然、今回はバリアフリーも考慮しています。

細部のスケッチを起こしながら、細かな仕様を決めています。


手すり高さや形状、素材などなど。手すりなどは既製品も優れているものもありますが、「寛ぐということ」を考えたときに、その場所の空気感を損ねないような 柔らかさとデザインは必要でしょう。

一目見て、これと分かる、高齢者の住まいになりすぎないように気を付けることも大切です。



基礎補修、木部構造改修、断熱補強を経て、ただいまフローリング施工進行中。ゴールデンウィーク明けまで工事は続きます。

施工プロセスは振り返ってお伝えしていきます。

タマイアトリエホームページ


人気ブログランキングへ
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年末にお引越しを終え、ほぼ一か月。いつも感心するのは、住み手の空間を自分のものにする力。
引越し後の整理は 体力と知力と決断力の勝負ですね。

ぐいぐいとその空間を自分のものにしていくその力「施主力」と呼んでいます。

住み手自らがイメージしてきた空間に出会うために誰でもが持ち得る「施主力」。

密度のある 心地よい空間になってきてます。

引き渡し後一か月の調整などの工事立ち会いに行ってきました。









春に植栽が調い、そして、今年の夏がいよいよ楽しみです。

タマイアトリエ
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
けましておめでとうございます。

昨年末に吉祥寺のプールハウスの引き渡しを終え、一安心にて2015年を締めくくりました。12/19に開催しました内覧会へもたくさんの方々においで頂き感謝いたします。

2016年はまた、新たな気持ちで進んでまいります。

2015年に完成しました住宅3件の階段をご紹介します。階段は機能のない単なる移動スペースともいえますが、一日5往復、30年を計算しますと なんと 11万回も階段を通過することになります。想像以上でしょ。110000回です。

吹き抜けのない住宅でも、階段部分は必然的に2階の天井までの吹き抜けが生じます。唯一ダイナミックな空間の表れる場所でもあります。

設計打ち合わせをしていきますと、自ずと住み手のパーソナリティーの出現する場所でもあります。

個性と光が交錯する場所とも言えます。移動する目線を楽しむ場所でもありますよね。

八潮の家

古民家のようなインテリアに素朴なペンダントライト。風通しの小窓が各々の方向を向いて開閉します。

戸田の家

若い家族のための明るい階段、格子の向こうは家族のデスクスペース。

吉祥寺のプールハウス

真南に開けられた小窓からは日時計のような光が差し込みます。ベネチアンガラスのシャンデリアと中庭のプールの相性を丁寧に扱っています。


ガレージにある亜鉛メッキ鋼板の階段。フレキシブルボードのビス留めの壁仕上げとの素の表情。

今年も頑張りましょう!                     2016年 正月

                               タマイアトリエ 玉井清
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
い間ブログの更新ページに来ていませんでした。久しぶりです。

今年の4月から工事が始まった吉祥寺のプールハウスがいよいよ完成に向かっています。

基本構想から1年半、住み手と二人三脚でイメージを共有してきた空間、いよいよ全貌が見てきました。

12/19土曜日 11:00~17:00 内覧会を開催予定です。

参加ご希望の方は タマイアトリエ までご連絡ください。案内等お送りいたします。
 


住宅の密集地でありながらも 小さな道路を挟み、正面には大きな樹木のある公園があります。

中庭のプールを囲むように配置された住まいは、それぞれの特徴のある空間を辿りながら、プライバシーを保ちつつ、外部との繋がりを考慮しています。






ちらりとプールが見える空間。水面に反射した光が届くことを期待して。


空の映る窓。


そして、プールのある中庭。

内覧会希望の連絡は タマイアトリエ まで。ご連絡いただければ ご案内差し上げます。

タマイアトリエ
080-5652-3494 / 担当:玉井
https://www.facebook.com/tamaiatelier
tamai_atel@yahoo.co.jp

人気ブログランキングへ
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。