高津玉枝の最新フェアトレード情報

流通業界で長年仕事をしてきました。自分たちの買い物が世界につなりさまざまな影響を与えているのだと実感。持続可能な社会にむけて行動する人を増やすために、フェアトレード商品が気軽に購入できるようにと活動中です。

阪急うめだ本店 10階 Love&sense
08年4月に 表参道ヒルズにて、フェアトレードのセレクトショップ 「Love&sense」 限定オープン。その後、高島屋、伊勢丹などでイベント出店。ブラジルで作られたリサイクル プルタブバッグや、タイ、ベトナム、インド,ブルキナファソなど、途上国のさまざまな商品を集めてフェアトレードを広めています。
http://www.facebook.com/LOVEandSENSE でも情報発信しています。

311以降、フェアトレードの考えで東北支援EAST LOOPをスタートしました。作ってもらうことで元気を取り戻し、買ってもらうことで、収入を直接生産者グループに届けるプロジェクトです。そして購入した方の声を被災地に届けるためFBでも情報発信しています。
http://www.facebook.com/EASTLOOP
http://www.east-loop.jp/

テーマ:

 

今日はSHOKAYの日本代表の 林路美代さんをお招きしてのトークイベントでした。

チベットで暮らす遊牧民の豊かでありながらも不安定な環境を、ヤクという素材を用いて、

課題に果敢にチャレンジする様子をお伺いできて、とっても充実した時間でした。

 

コンセプトはもちろんの事、妥協の無いデザインや品質を求めている姿は、今や、世界中の憧れの的だと思います。

Love&senseでも、お取り扱いを始めて3年たちますが、

毎年お客様が増えているだけでなく、リピーターの方も多く(ストール複数枚持っている方がたくさんいらっしゃる)驚きです。

実はLove&senseのスタッフたちも複数持っている。

 

そしてこれからの時代に向けてのお話もとても興味深かったです。

人口の増加と、途上国が豊かになることによって
資源はどんどん枯渇していく。

 

特に、収穫が限られる絨毛は、どんどん価格が上がってきています。

 <ヤク+バンブー>
 <ヤク+牡蠣の殻>
など、異素材や、廃棄処理するような素材との組み合わせによって

よりサスティナブルな社会を実現すべくアクションを起こしているなど。

もっともっと先のことまで見据えている

 

グローバルな視点をいただいたような気がしました。

参加者がみな、林さんに質問するという距離感のトークイベントはアットホームな雰囲気でした。

でも、この話は、もっと多くの人に聞いてほしかったなぁと


次は 12月10日の 
「Love&sense 5歳の誕生日会」です
どうかお楽しみに。

 
 
{5086D48F-4327-4536-9DBB-EDD450D161DF}

高津玉枝

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末は久しぶりの秋晴れでしたね。

気持ち良い季節です。

 

 

さて、カンボジアから届いたネックレス、

少しリニューアルしました。

 

こんな素敵なパッケージを作りました~★

 

「タプロムシルクファミリー」

のブランドコンセプト。小さな家の家族が集まって、丁寧に商品を作っている。

そのためパッケージも 「家」のイメージに

(本当は封筒なのですが、こんなふうに飾るととてもかわいい)

 

家のカラーも、カンボジアにある、家をたくさん見て 選びました。

少しでも現地の雰囲気が伝わると嬉しいです。

 

パッケージデザインは  UMAさんにお願いしましたよ。

シンプルだけど、温かさが伝わってくる、お気に入りのデザインに仕上がり

テンションあがっています~上矢印

 

高津玉枝

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月も今日で最終日ですね。

今年も残り二か月しかないなんで、ちょっとさみしい気がします。

 

さて、HPやFBなどでもお知らせしていますが、

Love&senseでは新しいスタッフを募集しております。

 

詳しくは 『日本仕事百貨』

http://shigoto100.com/2017/10/fukuichi.html

 

フェアトレードに取り組んで、10年以上。

まだまだできていないことは多いけど、設立当初の熱い気持ちは変わりません。

株式会社福市は小さな会社なので、いろんなことにチャレンジできるのところが

最もユニークなところ。

 

「やったことのない仕事はしんどい」 ではなくて

「初めての仕事でもわくわくしたい」と思っている人と一緒に作っていきたいなぁと思っています。

 

記事の中にはあまり出てきていませんが、

Love&senseのお店のスタッフは多様性に飛んでいます。

年齢も 20代~40代 

学生さんから、子育て中のお母さんもいて、なかなかよいチームワークで仕事をしていますよ。

 

 

今回の募集は、主にお店のスタッフですが、

私たちは フェアトレードを広めるためには、お客様との接点を持つことが大切と考えています。

商品開発にしても、PRにしても、まずはお客様とのコミュニケーションがないとできない仕事です。

 

そして、お客様が自分のお勧めする商品を気に入ってくれて喜んでくれる笑顔

これ、最高です!!

 

しかも、お客様が、別のお客さまを連れてお店に来てくれときは

飛び上がるほど、うれしいです。

 

フェアトレードの仕事にしたい方、

素敵な商品を通じて、途上国の人たちのために、なにかしたい方、

ご応募お待ちしています。

 

 

 

高津玉枝

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【カンボジアの今 】

まるで、動物を運んでいるかのようなトラックです。これはカンボジアの農村の通勤風景。
縫製工場ができて、そこに働きに(出稼ぎ)に行っています。
場所によっては1時間以上も車にのって移動することもあるようです。

 
 

『ある村ではお母さんたちは朝6時に家を出て、16時か18時に帰宅。
もう一つの村では朝5時出、夜19時半帰宅。月~土。
残業すると月200米ドルの収入。長時間労働!』

と調査研究している、知人が教えてくれました。

私たちが取り組みを行っている100年ストールの村でも、伝統的な手織りの商品はなかなか売れなくて、収入につながらないからと、工場に働きに出る人が増えているとの報告をもらっています。

工場で働くことが悪いことではありませんが、ラナプラザのような悪夢のような事故や、劣悪な環境でないことを祈るのみです。
そして、すでに中国で起こっていますが、工場はすぐに閉鎖移転してしまいます。

 

 

今、私たちのカンボジアのパートナーは、上記の工場労働者を上回る給与にてスタッフ達を雇用しています。
そして、それが継続できるように、私たちは、価値を伝え、多くの人に、商品を届けることが使命です。

 

高津玉枝
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月28日土曜日は、同志社大学でお話しさせていただきます。


「対話と交流が、未来を創る」〜エシカル消費をめぐる学生×企業等の消費者教育〜

というタイトルで、開催されますよ。

...

私は基調講演で、参加させていただきますよ。

パネルディスカッションやワールドカフェもあり、楽しそう😊

どなたでも参加できるとのこと

お時間あれば是非

 

{979ACA50-C895-4985-BE4B-ED6265BD6C1B}

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらくご無沙汰してしまいました💦

9月下旬に、カンボジアを訪問してきましたよ。
ノンペン滞在初日。ガッツリミーティング終日でした。

実は、カンボジアは9月19-21日はお盆(プチュンベン)でみんなお休み。リゾートに出かけたり、田舎へかえったりと

そんなタイミングで出張を組み込んでしまった、マヌケな私でした。


にもかかわらず、わがパートナーは [ウエルカム!]と大歓迎してくれました。


しかも、私たちの染色をしてくれている工房も、お休みなのにわざわざ開けてくれて・・・(本当にすいません)


何度か訪問しているのですが、工房のオーナーは私たちが「色」を提示したら、腕まくりをして、早速テストで染めてくれました。


色を出すのは、染料の掛け合わせ。

染料のグラムを量るわけでもないし、目分量で加えていき、複雑なカラーに染め上げるのは、まさに色の魔術師です。


時々厳しい表情で、見本の色を見比べて、奥さんと、いろいろデイスカッションして、また窯に戻っていく。

プロフェッショナル度は半端ないです。


{0F92A350-1E3E-4823-9A4C-EE64EFDFC2F0}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『持続可能な社会の実現を目指す「四方よし」ビジネス支援者になりませんか』

 

2015年にスタートしたイノベーションキュレーター塾も現在 二期の後期の真っただ中。

塾生たちが四苦八苦しながら自らのプロジェクトに取り組んでいます。

...

そして現在 第三期生の募集中です。

 

今、日本のみならず、世界は混沌としています。連鎖のように起こるテロや紛争、貧困、気候変動等、国内でも少子高齢化、子供の貧困、ニートの増加等様々な課題があふれています。同時に大量生産大量消費のビジネスモデルも立ち行かなくなっているのは明らかです。

 

そんな中、企業が社会的な課題を一つのビジネスチャンスとしてとらえ、自らが社会的な課題を生まない事業に取り組み、目指すべき未来に向けてイノベーティブに導く人(イノベーションキュレーター)を育てていくことを目的としてこの塾が誕生しました。

 

セミナーでもなくて、スクールでもなく『塾』という言葉にこだわっています。

なぜなら、一方的に教える場所ではなく、共に学ぶということを大切にしたいからです。素晴らしいゲストスピーカーをお招きしていますが、受け身で講義を聞くのではなく、塾長である私とのトークセッションの中で、聞きたいことを深堀したり、塾生とのディスカッションをして、学びを深める場を作っています。

 

今回もソーシャルビジネス研究の第一人者でもありこのSILKの所長でもある大室悦賀先生、上場企業から引っ張りだこのCSR・ESG投資の研究者 河口真理子氏、演劇の力で社会を変えて行っている劇作家の平田オリザ氏 等、をお招きして議論します。

 

後期は自らのプロジェクトを(小さくても)実践し、課題を共有します。

 

未来のためにどのように取り組むのか、今、正解の見えないこの時代に、自ら気付きを発見して、イノベーションキュレーターとして、社会で活躍してほしいとスタッフ全員で気合と入れて、皆さんの応募を待っております。

 

もし、今の<自分>に<社会>に<仕事>に、『もやもや』していることがあれば、塾の扉を叩いてみてください。きっと、何かにつながるはずです。

 

イノベーション キュレーター塾の詳細はこちら【応募締切 7月31日】
https://social-innovation.kyoto.jp/learning/cat/ic-school

 

 

 
{971EC036-9002-46FB-A72F-0A3EDAF89A1E}

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

少し前の掲載で恐縮ですが、ファッション業界の業界紙「繊研新聞」(7月7日日)の一面に

「百貨店で開催盛ん エシカルファションの期間限定店」

と掲載いただきました。

 

私も取材をしていただき、「エシカルが注目されることは大歓迎だが、ファッショントレンドとして一過性の物にならないようにしてほしい」等お話ししたところ、そのままのコメントを掲載してくれました。

取材してくださった記者さんも、同じように感じているとお話ししてくださったこと、繊研新聞としてもブームでなくて、追いかけてエシカルの進歩を継続的に取材していきたいと力強い励ましの言葉をいただきました。

 

このようにメディアの方にも賛同してくださる方が増えて、本当に心強いです。

 
 
 
{657F6300-27F3-4760-B0E6-7A09DB59EAF0}

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 

77日は立命館大学の産業社会学部で 学生さんにフェアトレードについてお話しさせていただきました。

今年で4度目となりますが、外部講師として、私たちのフェアトレードの取り組みや、途上国で起こっているさまざまな現状など、毎年貴重な機会をいただいております。

 

最初はざわついていた教室も、ラナプラザの倒壊の話や、雨期には水没する村の話など、生徒さんたちがイメージしている途上国とは異なる話に、皆さんとっても熱心に聞いてくれました。

そして、その後の10分ほど時間をとって、何を感じたのかレポートを記載するのですが、いただいた300人のレポートからは、生徒さんたちの素直な感想がガンガン伝わってきました。

「フェアトレードについて知っていたつもりだけど、本当の意義がわかった」「途上国の貧困と自分たちがつながっていることを知って、これからどんな風に生きていくか考えたい」「貧困問題は教育格差とつながっていますね」「もっと広げてください。わたしも将来そんな仕事をしたいです」

 

講義の最後に質問があればと投げかけたのですが、数名の生徒から有意義な質問をいただきました。一年生の大規模の授業で質問が出るのはとても珍しいと事。聞いてくれた人たちの心に響いてくれたのであれば、本当にうれしいです。

 

300人も人たちから、私たちに熱いエールを送られたようで、またまた背筋が伸びました。

来週からもいろいろありますが、頑張ってまいりましょう。

 

 

{042BDBF1-2D21-4E78-BF01-51908078A4DF}

 

 

{A4AE4F73-08AD-460C-A394-F6294B7D8B17}

 

{DE177423-5AA7-4AB9-9599-40B9F54E551F}
 
高津玉枝
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『トモノミクス』

友・共・伴。 トモノミクスとは、被災地から考える資本主義の新しいかたち。

 

先日取材をしていただいた河北新報の方から教えていただいたキーワードです。なんかいいですね。 この響き。

そして、EAST LOOPから東北クロッシェ村への物語(被災地支援から、自立する仕事へ)を、こんなに大きく記事にしていただきました。(627日)

EAST LOOPを始めた時に、終わりを考えました。被災地支援としてだけで、事業の継続は難しい。その時どう取り組むのか。現地に足を運ぶたびに、東北の女性たちの実情や、厳しい地域環境、高齢化で働くのが難しいだけでなく、被災地でコミュニティが失われているエリア。それらの課題をのみ込んで続けていくには、どうしたらいいのか。 ハートのブローチを編み続けたEAST LOOPの編み手さんたちを資産としてとらえることで、クロッシェ村構想が生まれました。

 

クロッシェ村の自立までは、苦労の連続でした。

 

意見の対立、地域による慣習の違い、ビジネス慣れしていない人たちと都会をつなぐことのむずかしさ。何度も危機的な事件もありましたが、「編み物が好き」「みんなといると楽しい」「EAST LOOPでお世話になったから」そんな思いが紡がれて、やっと東北クロッシェ村も事業になりました。誰一人欠けても、今のクロッシェ村はなかったなぁと、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今回、河北新報の記者のかたが、クロッシェ村に二回、私のインタビューのためだけに大阪に来てくれました。

「福市さまや東北クロッシェ村は早い時期から、いつかのタイミングで取材したいと考えておりました。計54回(トモノミクスのコーナー)のうち、エピローグを除く最終版に掲載できたことを私としてもうれしく思いました。」 

取材の前から、東北クロッシェ村のことを気にかけてくださっていたこと、とても嬉しく紙面からも記者さんの愛があふれています。

 

クロッシェ村の構想はもっと『大きな絵』があります。そこへの道のりも険しそうだけど楽しんで乗り越えていきます。今後も応援よろしくお願いします。

 

※記事はこちらら読めます

http://www.kahoku.co.jp/special/spe1184/20170627_01.html

 

 

{B1435BCD-FE9E-4E23-B67B-065A88EE7680}

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。