マッサン

テーマ:

札幌、北大の中を横断する環状通を抜けて、5号線へ入り発寒(ハッサム)という変わった名前の

地を抜け小樽方面へ。


1


発寒の手前の八軒のセブンイレブンで珈琲ブレイク。

出発してからまだちょっとしか走ってないけど、昨夜のジンギスカン名店のだるまで食べ過ぎて

朝から調子悪いです。

ホンダレンタカーで借りたフィット4WD、燃費はあまり良くないぞ。

小樽の運河前を素通りして、余市へ。


2

ニッカウヰスキー余市蒸留所へ到着。

見学待合室にあるローリー卿のステンドグラス。


3


現役のポットスチル、6機ありました。
下は燃料の石炭を入れるところがあります。

朝ドラそのものですね。

石炭を燃料にして蒸留しているのは、世界広しと言えどこの余市蒸留所だけのようです。


4

リタハウスと呼ばれる研究室も現役。


5

昭和初期の建物で文化財指定されているそうです。


6

こちらもマッサン一家が実際に居住されていた家です。

玄関ホールまで入ることができます。


11

実際に使っていた食器とか。


7

ウイスキー樽とか。


8


9


当時、英国から輸入したハンマー一つで打出した銅製のポットスチル。


10

余市蒸留所第1号のウイスキー。

コルク栓のために蒸発しています。


12

見学後は、ニッカウヰスキー会館で従業員の考案したスパイシーカレーを頂いた。

アップルワインやアップルジャムなどを入れたものらしく美味しかった。

食後はお土産屋さんでこの蒸留所でしか買えないチョコレートを購入。

帰りも来た道を戻る。

余市の海岸線でウエットスーツ着たサーファーが3名、いやはや凄いです。















AD