細胞アーティストOumaのアート活動記録

元獣医師の細胞アーティスト、Oumaがアーティストとして、のし上がるまでの活動記録。


テーマ:
こちらで会ったキュレーターさんにいろいろお話を伺ってきました。

■キュレーターに直接メールしたら作品を見てくれるのか
(MOCAで世界中のギャラリー、アーティスト、キュレイターをピックアップしたリストの本を見つけたので、片っ端から連絡してみようかと思ったのですが、その場合の作法があるかな、と思い、事前に聞いてみたのです)

紹介があったほうがよい。

※他のアーティストさんに聞きましたが、
 ギャラリーに作品を見てもらう時はタイトルをArt Submissionにするとかがあるみたいですね。

■コンテンポラリーアートをやるには
特にハードルが高い分野。
アート制作の他に哲学などが必要。
学院で努力して教授のサポートでアート界に出るのがよい。
それがないとコネができない。

■ギャラリーで企画展示してもらうには
ギャラリーは作品を見せられるより、自分たちで発掘したい気持ちが強い。また、専属アーティストがいるので、なかなか紹介はしてくれない。
アーティストが個展をやるのは2~3年に1度でそれだけで生計を立てている。
また契約のテリトリーは西海岸限定やアメリカ全土や、いろんなものがある。

■その方がキュレーションする時の作家の探し方
特に決まってない。
インスピレーション。
決まったテーマがあったら、ハンターのようにとことん探す。
特に無名の人を発掘するのが好き。
見つける時のコツなどはない、システムがあったら逆につまらない。

『アートの素晴らしいことは自分の探索と自分流のものをつくること』

■アートの良し悪し
ない。
そもそも、ものを作るところでアートになっている。
できあがりの状態を判断するのは自由。
ただ、雑誌のモデルが美の象徴として見えるように、いいアートという先入観があったりするといろんなものが見えなくなる。

■アートの価値とは
価値は金銭的な価値、美術の価値観で分かれるが金銭的なものの誘導をされるのが強い。
金銭=人気度=成功

美術的に価値が高くても金銭的に高くないものもある。
玄人に受けても売れない作家もいる。
一般の視野は狭いため、表面的なとこをみるのは仕方がない。

■価格を引き上げるのは誰か。
コレクター、ギャラリスト、評論家
(コンテンポラリーアート界のみ)
その枠の外だと言い値で変動。

■アートを学ぶには
無理やり学んでも心に入らない。
自分にあったものに魅かれながら探求して自分を見つけるのがベスト。

■これからのアート
スタジオを持つ、ギャラリーに頼る、はすでに過去形。
時代も変動しつつあるし、これからはひとに頼らなくてもいい時代だから、どんどん自分で企画して達成したらいい。

■その他のアドバイス
一番いいのはプロになってもプロぶらないこと
初心の心を忘れないこと

昔のルールをたよりにすることはない。

むしろギャラリーを困らせた方が良い

ギャラリーが欲しいアーティストになることを目指そう。

■私へのアドバイス
ギャラリストは必要ないだろう。
承認を待っていたら好きなことができなくなるだろうから、
自分で企画してどんどんやりたいことをやったらいい。

~~~~~~~~~~~~~
誰かが見つけてくれるのを待つか自分でやっちゃうか。
それはアートの世界に限らないこと。
誰かの考えにそのまま従うのであれば、自分が考える意味はなんだろう。
アーティストはそれぞれに制作への想いがあり、キュレーターもまた同じ。
他の方に聞けばその人なりの信念が返ってくるだろうし、どちらが正しいということはない。

LACMAにこんな作品があったのですが、
こういうのが私は好きですね。
LACMA
LACMA
LACMA
思わず遊びたくなるようなもの。

ウナックでの展示も、2週間の間に人が歩く床面は穴だらけになりました。
参考記事:ギャラリー内部を絵で覆い尽くし、内から鑑賞する作品
http://ameblo.jp/tama-ouma/entry-11652146269.html

ボロボロにして欲しいわけではなく、
大切に遊んでいる間に自然に形状が変わっていくこと。

そういう生き物みたいな作品をもっと作りたいですね。

コンテンポラリーアートがおもしろくて好きなので、
自分もそういうのがやりたい、と思っていましたが、
お話しさせていただけたおかげで、分類はもういいやと思えてきました。

分類をつけるのは私の仕事ではなかった。

参考記事:すべての人は芸術家である~アートという分類
http://ameblo.jp/tama-ouma/entry-11728615943.html

お話させていただけてよかった、
ありがとうございました!^^


=========
今日もここに来てくださった方に感謝!^^
共感したら、「いいね!」あるいは
今、私と同じように自分の何かを創りだそうとしている方に向けてシェアしてくださったら嬉しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Oumaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。