FP夫婦のふたり言-生涯賃金の推移


長引く不況や、雇用体系・給与制度の変化によって、生涯賃金は下がっていると言われています。

FPとして相談業務を行っていると、定年に近い世代と、これから世帯を形成している世代で、賃金格差や資産格差というものを最近強く感じます。


「ユースフル労働統計2012」では、ひとりの労働者が生涯にわたって獲得する賃金(生涯賃金)を一定の条件のもとに推計しています。

大卒男性の生涯賃金は、バブル期の1993年の3億2410万円をピークに減少し、2009年には2億7580万円となっていて、バブル崩壊後16年で、生涯賃金が約5000万円も下がったという結果です。


かつては、「一家の大黒柱として、夫が外で働き、妻は家庭を守る」という生活スタイルが主流でした。

しかし、生涯賃金が5000万円も減少したとすると、結婚してマイホームを購入し、子どもを育て、老後は悠々自適という、人生すごろくのようなライフプランとマネープランを描くことができなくなったというのが現実です。


また、同調査では、勤労者の生活満足度を表す、生活指標の推移を公表しています。

それによると、「所得」が減少して、普段の「消費生活」の満足度は下がっているものの、「余暇生活」や「住生活」の充実によって、「総合」の満足度は変わらないという結果でした。


家計相談をしている中でも、生活は少し厳しくなるけれども、住み心心地の良いマイホームを手に入れられて、住生活の満足度が上がり、さらに、ほどほどに家族とレジャーを楽しんだり、友人と余暇を過ごした
りして、全体的でバランスを取りながら幸せに暮らしている方が多いような気がします。

共通点は、幸せな生活のために何か必要かが、明確になっていることです。


皆さまにとっての幸せの条件は何でしょうか?


FPオフィス Life & Financial Clinic

TAMAコンサル

平野泰嗣



続きは、LFCが発行するニュースレター「暮らしと資産のコンシェルジュ通信」をご覧いただければ幸いです。(http://www.mylifeplan.net/pdffiles/newsletter.pdf


FP夫婦のふたり言-暮らしと資産のコンシェルジュ通信・2013年新春号



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ ブログランキングバナー
↑↑↑↑
(本日も、応援クリックお願いします!)
AD

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。



FP夫婦のふたり言-中尊寺金色堂
(中尊寺金色堂・2012年10月撮影)


2012年の世相を表す漢字一文字は、「金」だそうです。

選考理由としては、歴史的な天体ショー「金環日食」、オリンピックの「金メダル」、そして、財政赤字や生活保護の不正受給など「お金」に絡む問題が挙げられます。


私たちの家計では、社会保障・税一体改革関連法案が8月に成立しました。

2014年4月から消費税が5%から8%にアップし、2015年10月から8%から10%に引き上げられる見通しとなりました。

年金などの社会保障制度についても、社会保障制度改革国民会議が設置され、制度改革に向けた転換期を迎えています。

私たちの家計においても将来の「お金」に影響を与える、重要な年であったといえるでしょう。


2013年は、昨年12月の衆院選挙で自民・公明の両党が政権を奪還し、安倍晋三氏が首相に選出され、新体制の下でスタートを切ります。

長引く不況からの「経済再生」、尖閣・竹島や安全保障などの「外交」、原発問題を含めた「震災復興」を重点課題として取組むとしています。

この難しい局面をいかに切り拓いていくのか、その政策にしっかり注目していきたいと思います。


昨年末にかけ、安倍首相による無制限の金融緩和とインフレ目標の引き上げの方針を打ち出したことを受け、円安が進み、株価が上昇しました。この現象だけを捉えると歓迎すべきことだと思います。


しかし、家計で考えると、インフレが進めば、やがて金利が上昇し、住宅ローンを抱える世帯では、ローンの返済負担が重くなります。

また、景気がよくなっても、物価上昇以上に給料が増えるかも疑問です。給料が上がったとしても、税や社会保険料の負担は今後、重くなります。

家計部門においても、経済情勢や税・社会保障などの制度を踏まえたライフプランがますます重要になるでしょう。


私たちLFCは、経済・社会情勢の変化にも常に目を向け、いち早くお客さまへの対応を行います。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


FPオフィス Life&Financial Clinic(LFC)

TAMAコンサル

平野泰嗣


続きは、LFCが発行するニュースレター「暮らしと資産のコンシェルジュ通信」をご覧いただければ幸いです。(http://www.mylifeplan.net/pdffiles/newsletter.pdf


FP夫婦のふたり言-暮らしと資産のコンシェルジュ通信・2013年新春号



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ ブログランキングバナー
↑↑↑↑
(本日も、応援クリックお願いします!)
AD

9月に入り、日中の暑さは相変わらずですが、朝晩は幾分、涼しく感じられるようになりました。


今日は、来週9/14に開催をします、セミナーの案内をさせていただきます。


会計を経営に活かす!
平成24年度 中小企業会計啓発・普及セミナー


開催日時 2012年9月14日 13:00~ 2012年9月14日 16:00
会場 東村山法人会
東村山市本町1-23-6
http://www.tohoren.or.jp/higashimurayama/index.asp
対象
中小企業の経営者、財務担当者等
内容

■概要

企業を存続させ続けるためには、企業経営の実態を表す信頼性ある決算書類が不可欠です。

また、経営者自身が経営状況を的確に把握し金融の円滑化を図っていくためには、経営方針を利害関係者に伝え、経営情報を開示するなどの環境整備が重要な課題となっています。

本セミナーでは、『中小会計要領』に基づく「適切な会計処理による決算書」を作成することの意義・必要性と、それを実務に活かし、経営力を高めるためのポイントについて解説いたします。


■内容

➣ 中小会計要領を活用すると、どのように企業にプラスになるか

➣ 財務会計の構造を知る

➣ 事業計画の策定

➣ 改正税法のポイント等


■主催

社団法人東村山法人会

独立行政法人中小企業基盤整備機構


現在、検討が進められています、「中小企業政策審議会 企業力強化部会」の中間とりまとめにおいても、「中小企業の財務経営力の強化」が課題として挙げられています。


具体的には、以下の通りです。

・中小企業に会計の定着を図り、会計の活用を通じた経営力の向上を図ることに加え、決算書の信頼性を確保して、資金調達力の向上を促進させることが重要である。

・そのためには、記帳能力など中小企業の実態に即した会計ルールの整備、政策金融における会計の活用や期中管理(経営計画や資金計画の作成等)体制の定着、及び金融機関に対する説明能力の向上支援、ITクラウドによる高度な財務・経営データを活用した地域金融機関との関係構築支援を図るべきである。


今回の中小企業会計啓発・普及セミナーは、このような趣旨を色濃く反映して実施するものです。


お時間のある方は、ぜひ、お越しください。


このセミナーでは、「中小会計要領」が導入された背景や、会計を税務申告だけではなく、経営に役立たせるための考え方をお伝えします。


中小機構が開発した、経営会計のツール(Excel)の使い方も紹介します。


企業経営を感情」ではなく、「勘定」で行いたいという方におすすめです!


参加費は無料ですので、お気軽に参加ください。

東村山法人会主催ですが、会員企業でない方も参加可能です。


●申込・お問合せは、

E-mail : lfc_hirano▲ybb.ne.jp  (「▲」を「@」に変えて、お使いください)
へ、お気軽にお願いします。


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ ブログランキングバナー
↑↑↑↑
(本日も、応援クリックお願いします!)
AD

下記のセミナーを担当することになりました。


このセミナーでは、「中小会計要領」が導入された背景や、会計を税務申告だけではなく、経営に役立たせるための考え方をお伝えします。


中小機構が開発した、経営会計のツール(Excel)の使い方も紹介します。


企業経営を感情」ではなく、「勘定」で行いたいという方におすすめです!


参加費は無料ですので、お気軽に参加ください。

東村山法人会主催ですが、会員企業でない方も参加可能です。


●申込・お問合せは、

E-mail : lfc_hirano▲ybb.ne.jp  (「▲」を「@」に変えて、お使いください)
へ、お気軽にお願いします。



会計を経営に活かす!
平成24年度 中小企業会計啓発・普及セミナー


開催日時 2012年9月14日 13:00~ 2012年9月14日 16:00
会場 東村山法人会
東村山市本町1-23-6
http://www.tohoren.or.jp/higashimurayama/index.asp
対象
中小企業の経営者、財務担当者等
内容

■概要

企業を存続させ続けるためには、企業経営の実態を表す信頼性ある決算書類が不可欠です。

また、経営者自身が経営状況を的確に把握し金融の円滑化を図っていくためには、経営方針を利害関係者に伝え、経営情報を開示するなどの環境整備が重要な課題となっています。

本セミナーでは、『中小会計要領』に基づく「適切な会計処理による決算書」を作成することの意義・必要性と、それを実務に活かし、経営力を高めるためのポイントについて解説いたします。


■内容

➣ 中小会計要領を活用すると、どのように企業にプラスになるか

➣ 財務会計の構造を知る

➣ 事業計画の策定

➣ 改正税法のポイント等


■主催

社団法人東村山法人会

独立行政法人中小企業基盤整備機構


(TAMAコンサル)


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ ブログランキングバナー
↑↑↑↑
(本日も、応援クリックお願いします!)

連絡先(平野経営法務事務所  E-mail : lfc_hirano▲ybb.ne.jp
ご相談・ご依頼などございましたら、お気軽にメールにてお知らせください。上記メールアドレスの「▲」を「@」に変更してお使いください。


東京多摩地区(TAMA)の起業家・経営者をサポートする経営コンサルタント・平野泰嗣の日記-メダリスト、銀座パレード


LFC京橋オフィスから、オリンピックのメダリストのパレードの出発点が、

目と鼻の先だったので思わず、ミーハー気分で、行ってきました。


老若男女、たくさんの人で沿道はにぎわっていました。


写真は、なでしこジャパンのメンバーか(?)

遠くでよくわからずに残念。。。というか、選手をあまりよく知りません。


こういったイベントに参加して、雰囲気を味わうのも、たまには良いですね。


メダリストのみなさん、おめでとうございます。

そして、日本代表の皆さん、お疲れ様でした。


(TAMAコンサル)