紅葉「大原野神社」

テーマ:
今日も知人に教えてもらった穴場スポット「大原野(おおはらの)神社」に行って来ました。


大原野といっても京都の有名な大原(三千院)とは違って、こちらは「洛西」と言われる京都の西側の山にあります。

昨日行った「善峯寺」も洛西ですが、山の中にあるのが自然な美しさの秘密のような気がしました。


入り口はまだこんな感じ。

歩いていると徐々に色づいた葉が見えてきます。

途中にはこんな池も。

ご本人。
真っ青(笑)


境内前。
まだ五分という感じですが、すでに綺麗ですね。

境内にある歴史を感じる「もみの木」と、紅葉のコントラストが素敵でした。
こんなの自然でしか無理でしょうね。

そして境内を出た左手。
ここからの木々のコントラストが最高に綺麗でした!






敷地内にあるこのお蕎麦屋さんがとても美味しいと聞いていたんですが、今日は食べてから来たので今度チャレンジします。

緑も綺麗ですね。

最後に燃えるような紅葉を。
とても実物とは思えない美しさでした。


今日感じたこと。

美しさには、隙間って大事ですね。

綺麗だからって、敷き詰めてはいけない。
適度な隙間が美を際立たせる。

音楽にも通ずるような、
そんな大事なことを教えてもらった気がしました♪

chuma@WDRS
AD

紅葉「善峯寺」

テーマ:
毎年、京都の紅葉を紹介していますが、今年も季節がやって参りました。

今日は京都に60年以上住む知り合いの方に穴場として紹介してもらった「善峯寺(よしみねでら)」に行きました。


長岡天神から標高で300mほど車で上がった上にあります。

京都でも平地はまだまだ色づいていませんが、ここは標高が高いので、既に「見頃間近」というところまで来ていました。


駐車場を下りてすぐ。

こういう山の中腹にあるお寺です。

紅葉を眺めながら、上へ、上へと登って行きます。



途中、色々なお寺があってそれも楽しめます。



振り返ると空と山との調和が。

上を見上げると色んな彩りで楽しませてくれます。







一番高いところまで登ったところ。
眼前に見えるのは京都市です。
清々しい!

帰りにはまだ青々とした楓が。
これが色づいたら絶景でしょうね!

帰りも美しかったです。






という訳で、ご満悦(笑)



山の凛とした空気と、京都市のパノラマが清々しい紅葉スポットでした。

写真だけでも雰囲気が伝われば幸いです♪

京都からのレポートでした!

chuma@WDRS
AD

自首(笑)

テーマ:
うちの子に知的障害があるのは前に書いた通り。

その子でも話していることはほとんど理解しているようで不思議だ。

昔は「◯◯取って~」って頼むと全然見当違いのものばっかり持って来て「違う、それ、それ!」って指をさしても更に違うものを持って来るので、ずっこけてた(笑)

それが今では言葉だけで大概のものを持って来れるようになった。

感動(笑)


それだけ理解してるならしゃべればいいのに、と思うんだけど、そうはいかないみたいね(笑)

話が分かるだけに、日中悪いことをした、っていうのを家内から聞いている時は、怒られるんじゃないかと僕の顔色をすごく見てる。

僕は人に迷惑をかける時と、理解しないと本人が危ないときしか怒らない。

それで怒ったりすると、手を叩けと差し出してくる。

もうええわ(笑)ってなるんだけどね。


今日は帰ったら自分から手を差し出して来た。

「なんや?なんか悪いことしたんか?」

と笑いながら聞いてももちろん答えない。

そのうち上の部屋へ行こう、って指を差すから付いていったら今度は仏壇の水を差した。

ああ、下げて片付けろって言ってるのかと思って水を持ったら戻せと指図(笑)

なんや分からんわ~

と言って下りて来て家内に聞いたら、今日は仏壇の水を勝手に替えて、こぼしたらしい(笑)

あわてて自分で拭いてたらしいけど(笑)


その話を聞いている時も本人は手を出している。

あほか、そんなことで怒らへんわ。

と言ったらホッとしてたよ(笑)



そうか、今日は「自首」して来たんやな(笑)

今まで自首してきたことは無かったから分からんかったわ~。

しかし、昼間に悪いことをしたのを分かってて、家内が報告する前に自首してくるなんて、なかなか分かってるやないの~(笑)

これも一つの成長やなと思いました。


人それぞれ能力が違うけど、うちの子みたいな子でもちゃんと成長はしてる。

二十歳になって、マヨネーズを持って来れただけで、ベタ誉めされるこの子は幸せかも知れん(笑)

世のお父様お母様、
子供が期待に届かなくても、怒らんといたげて下さいね~♪

chuma@WDRS
AD