ぬいぐるみ

テーマ:

一人暮らしの女で、

しかもいい頃合いの女の部屋で

ぬいぐるみのあるシェア率てどんなものだろう?


まず、自分では買わない。

プレゼントで貰って喜ぶ年齢でもない、

でも、なぜか部屋にぬいぐるみがある・・・・・



なぜ?????






私のベッドにも居る!

しかも3匹・・・・・


大きい熊が「ニコン」

小さい熊が「ミノルタ」

ハスキーが「キャノン」


名前までついてるのはどう?


みんな貰いっ子で捨てるわけにいかず

住み着いた奴ら、



でも時にはぎゅっと抱きしめて寝る夜もある。



AD

煮リンゴ

テーマ:

最近、休みの日にちょくちょく料理をする。

普段、ほとんどしないから、

結構いい気分転換にもなる。


一昨日も、

お腹が空いたまま夕方買出しに行き、

牛に食わすほど食材を買い込んでしまい、

友達に来て食べてもらった。

普段せいぜい1~2人前しか作らないので、

4人分作るのって結構難しかったです。

パスタとか味付けの勘がわからなくてボケちゃうんです(;^_^A



あれこれ作って美味しかったのは、

湯がいたスナップえんどう(料理か?)と、

デザートの煮リンゴ。


煮リンゴは簡単で美味しいから、

友達にも作ってみ!とお勧めします。



煮リンゴ(栗原はるみのレシピ)

リンゴ×2個

白ワイン×1カップ

砂糖×大匙3杯

レモンの輪切り×2枚

リンゴは皮をむき8~12等分のくし切りにして、

耐熱のボールにリンゴとその他調味料を入れ、

ラップをしてレンジで10分チンするだけ・・・ただそれだけ。

冷やして食べたら美味しいです。汁もいけます。



AD

最期の晩餐

テーマ:

4~5人で集まってご飯を食べに行くと、

よくするゲームが2つばかりある。

お酒もいい具合にまわった頃合を見計らい始めると、

結構盛り上がって楽しめます。


その1つは『最期の晩餐ゲーム』

今日が人生最期の日、

3つだけ好きなものを食べられるとしたら何?

と、一人づつに答えてもらうゲームです。


スパンスパンと3つ答えてくれる人、

異常に悩んで結局最後まで答えが出せない人・・・


その中で、皆さんがはずせないものNO.1は、

やはり「白いご飯」

圧倒的に多いです。


ちなみに私の『最期の晩餐』は、

☆白いご飯

☆サラミ

☆チーズ


これを云うと皆がえーーーーっ!って云うんだけど、

子供の頃に刷り込まれている食べ物ってはずせないんですよね。

私の父は船乗りだったので、

いつも家には、

チーズやバター、パインの缶詰、コーヒー、チョコレート・・・・

こんなものがコロコロしてました。

今でも元気がない時、

気がついたらサラミの1本食いをしてしまいます。

反省・・・・・・




そしてもう1つは『お絵かきゲーム』


これは、誰か一人がテーマを指定して、

残りの皆が絵に描き優劣を競うもの。

絵の得意不得意にかかわらず、

記憶のあいまいさと表現力のなさに愕然とするゲームです。

そして、新たな才能を発見することも!


よく出るテーマは、

皆が知っているアニメのキャラクターや動物とか?

地球上には生息していない生物を見ることが出来ます。


この間は、「イタリア」を描けというお題だったのだけど、

ご存知の通りブーツの形をした国なんですが、

みんなこだわるところが違っていて面白かったです。




AD

七つ下がり

テーマ:

昨日はあんなにいいお天気だったのに、

今日は天気予報通り、午後から雨になりました。

それも結構な降りですね。

こんな雨は何と呼ぶんだろう・・・?と思い、

眠れなくなった夜に時々眺めてみる、

「雨の名前」と言う本を出してみる。



日本の言葉は美しいと改めて思う、

その情景が浮かぶような様々な雨の名前を集めた本です。




それで思い出した。

この本に、「七つ下がりの雨」というのが出てくる。

≪季知らずの雨≫というところだ。

「七つ下がり」とは午後4時過ぎを云い、

なかなか止まない雨である・・とのこと。


「七つ下がりの雨と、四十過ぎの道楽はやまぬ」

という言葉がある。


私はこれをずっと「四十過ぎの浮気はやまぬ」

と思い込んでいた。


たぶん私の頭の中では・・・・

道楽→女道楽→浮気→家庭崩壊→あぁ大変なことに・・・


ん?何々?

木綿問屋に小僧から30年近く勤め上げた番頭さん、

40歳を目前にようやく暖簾分けを許されて、

一城の主になると共に嫁ももらった。

元来律義者で仕事熱心な人柄、

店も繁盛し子供も生まれ、さあこれからと言う時に、

どこでどう魔が差したか、とんでもない性悪女に引っかかる。

そうなると、なまじ仕事一筋で遊びを知らなかったのが仇となる。

40を過ぎて初めて知ったこれぞ本当の女の味。

女にとっては赤子の手を捻るよりもたやすいこと。

商売は疎かになる、店の金は持ち出す・・・

家を空けるどころか女の家に転がり込んで、

こうなると末は知れたもの、

せっかく繁盛し始めた店は人手に渡り、

女房子供は里へ帰り、

金の切れ目が縁の切れ目と、

入れあげた女にはあっさりと捨てられ・・・・


と、こんな筋書きがひとりでにこさえられ、

道楽→浮気になったんじゃないかと思われる。


しかし・・・私の妄想癖も末期症状ですかね。



これまでも道楽と云うか趣味は色々あったけれど、

さて?続いているものと云えば何だろう?

私もいい頃合いになって、

やまぬ道楽が見つかるといいのだけれど・・・



男道楽だったりしたら笑えない!?

なまじ遊んでいないばっかりに・・・?



寝そびれて・・

テーマ:

久しぶりに・・・本当に久しぶりに自分のブログを開いた。



今年に入ってからすぐに色んな事があり、

そのせいとは云わないが、

何となく書く気持ちになれなかったからだ。


そして今またどういう気持ちの変化か知らないけれど、

寝そびれたこんな夜に、たどたどしくキーを打っている。

何が書きたいというのでもなく、

眠れぬ夜の手遊びに、

時々思いついたことでも書いていけばいいかな?

ぐらいの気持ち。




昨日から少し体調をくずしていて、

鼻の奥と喉の間(そこも扁桃腺らしいのだが・・)が腫れて痛く、

熱も出て、首筋が固まったようになって頭痛もひどい、

あまりに耐えられないので、さっきシップでも貼ってみた。

それが、いい具合に効いてきたようで随分といい。

だけどこのまま寝てしまうのもどうかと、

シップを剥がしにかかったのだが、

先ほど吐き気がするような頭痛に耐え切れず、

お構いなしに張ってしまったから、

見事に襟足の髪に張り付いて剥がせなくなってしまった。

今もシップと格闘しながら書いている。

あぁ~~~幼い頃祖母に、

「この娘は日本髪を結いたいようないい襟足だねぇ」

と、褒めてもらった私の中の数少ない美点が、

今、無残にシップに蹂躙されてしまった・・・




1日30本吸っていた煙草も、

なんの前置きもなしにある日の朝からやめてしまった。

酒はやめても煙草は棺おけの中まで持っていくと云ってたのに。

4年前のことだ。



そんな私だから、

いつまたプツンと途切れるかもしれないが、

ため息をつくようなペースでたどたどしく綴っていこうと、

今は思っている。



そして、気になっている好きなブログの皆様のところへ、

少しづつ覗きにいこうと思っています。