女同士(?)

テーマ:

先日久々に雑貨屋chunさん(50代・荒木一郎似)と出かけた。

私が10代の頃からつかず離れず一定の距離をもっては遊んでもらっている。

                                                                                                                                 

彼(達)と出かける時は決まって最後「M」に寄る。

「M」は昭和にタイムスリップしたような、

年金を貰っている年老いたMママ(美川憲一似・女装)が一人でやってるゲイバー。



夜も更け何となく昔話になっていき、

「あの人は今・・・」シリーズになり、

ゲイバー「K」の消息になった。 

Kママ(20数年前当時、ロングの茶巻き毛・サングラス・濃メイク・もしかして美人?)には、

二人共忘れられない思い出があったみたい・・・

chun彼女(彼?)の部屋の合鍵を持っていたらしいし・・・・


私はといえば・・・・・・・


それは、私が坊主に近い頭にしていたから、たぶん10代の終わり、

私は専門学校生で、寮を抜け出し夜な夜な徘徊していた頃だ。

同じ年頃の子達がディスコで遊びサーフィンに興じていた頃、

私は、ライブ喫茶?「O」で、飲めないコークハイをストローですすってた。

(ライブハウスはその後で、まだフォークの名残がそこかしこ残っていた)


そこにはホントに色んな人が集まった。

もちろん音楽関係それからTV局・銀行員・教師・公務員・学生・ゲイバー・やの字・・・・

知り合いが顔を合わすと、じゃー次行くかってことになり、

ワンショットなりゲイバーなり怪しげな・・・なり連れ立って出かけてく。

そして朝方まで遊んだら、決まってマンモス喫茶?の「J」でモーニングを食べ、

朝日に目を細めながらバイバイと手を振る。

そんな、ただひたすら仲間と音楽と会話と酒で埋めていくような夜に、

「お前もおいで」と、ペットの犬コロみたいに連れまわされていた。


その日も最初はそんな夜だった・・・・・・ワンショットを何軒かはしごした後のゲイバー「K」

思いのほか早い時間に分散してしまって、

店に残っていたのは、

ママzhuziさん(ゲイバー「U」のボーイ・でもノンケ)・知らない人・それに私だ。

午前3時、店を閉めるにはまだ早い時間だが、

今日はもうKママの部屋で飲みなおそうってことになった。

部屋に着くと私以外の3人は、すぐさまエロビデオを流してマージャンを始めた。

Kママはかいがいしく水割りを作りおつまみを用意してくれたが、

私はもう飲めないし、エロビデオにもマージャンにも興味ない。

手持ち無沙汰にしている私にKママが云った。

「じゃーあんたは風呂にでも入って私のベッドで寝てなさい」

ちょっと考えた後睡魔に襲われてた私は、云われるままシャワーを浴びママのベッドにもぐりこんだ。


どのくらい寝てたんだろう?

ゴソゴソとWベッドに誰かもぐりこんでくる気配・・・

「さーー寝ましょ寝ましょっ!女同士(?)寝ましょっ!ったく男ってホント嫌ーーね?」

ママの声をノンレム睡眠で聞きながら再び深い眠りに落ちていった。


zzzzzzzzzzzzz・・・・・・zzzzzz


・・・・・・・・・・!?

何か動く物の気配を感じた次の瞬間・・・割れるような大音響!!


「何しよるんじゃーーわりゃー!★♯※?!●×」


目!パチクリ!!


そこには、派手なセーター丸坊主の明らかに「やの字」の方が、

顔を真っ赤に仁王立ち!


「あんた!何よ!この子は女の子じゃない!?」

「そ・そう・・私女です・・・ごめんなさい(なんで謝る?・・・とりあえず)」

坊主頭で痩せて背が高い私、派手なセーターにはBOYに見えたらしい・・・?


一瞬間・・・・・・合点のいったらしいママのパパ?はダミ声で、

「おーーーそうかそうか悪かったのーーまー飯でも食ってけ」と、

なんだか忘れたが丼物の出前を取ってくれ、

コタツ(そう!コタツだった!冬だったのね?)で3人ちょっぴり気まずい昼食をとり、

私は「お世話になりましたーーー!」(体育会系のノリで)

と、悪夢のKママの部屋を後にしたのでした。

「またいつでも遊びに来いよ」とパパに云われたけれど・・・

もう来ねぇよ!


こんなちょっぴり危険な武勇伝?は数々ある。

若さゆえ?、今思うと無謀なことも結構やってたりする。

けど、やはり時代がよかったのかな?とも思う。

大人は大人、玄人は玄人、女子供にオカマはオカマ、正しく生きてた。

誰も私を食ったり縛ったり働かせたりしよーなんて考えてなかった気がする。



・・・・・・・・気づかなかっただけ?



AD

元来体を動かすのは好きな方だ。

なのでだかどーだか?基礎代謝がいいのか、

よく食べよく飲む割に今までそんな真剣にダイエットに取り組んだ事はない。

自慢は「こーこーせーの頃と体重変わってないもん」だった。


が、ここにきて!大変なことになってしまったぁーー!


昨年11月末、会社の健康診断で体重を量ったときは、

48.5kg、まーこんなもんよね?だったのが!

今年の正月明けの事・・・

新婚で(もう2年は経過しているはずだが本人がそう云う)ラブラブなzhencheng

甘い生活が体までも緩ませたのか、ちょっぴり体重を気にし始めて、

「ねぇ、だめだよ。一人だと絶対挫折するから一緒に行こうよ」

と、私を誘うので、「しゃーないなー」

と、なんだかんだと理由をつけサボっていたジム通再開することにした。


そこで、こんな思いもよらぬ事実が明らかになろうとは!?


ジム通い再開して2週間ばかりたった頃、

最近仕事で知り合ったおじ様・55歳・独身・不動産関係。

「ん?ジムに行くなら法人で会員だから、いつでもどうぞ」

と、新しく出来たちょっとリッチなジムの会員証くれた!

そんな親戚でも恋人でもないのに・・・まるで懐かしいバブルの頃みたい(・・・遠い目)

これを使わない手はないと、早速二人で出かけました。


まずは「インボディ」なる機械で体成分検査。

(かなり大げさな体脂肪計みたいなもの!?)


体成分検査結果表



え・えっ~~~!


体重:52.5kg


たった・・たった2ヶ月半の間に、私は4kgも太っていた!

この事実をどう受け止めたらいいのか・・・・

確かに最近座って自分の腹をみるとたっぷりとしていた・・・

足はいつもむくんでいるように見えた・・・・

座るとスカートのヒップがぴっちりセクシーだった・・・

それもこれもみーんな・・・・・

ただ、おデブになっただけだったのよ===3


・・・・・・がっくり・・


それから私は当然のごとくジムハマっていきました

幸い新しいジムは人も少なく快適で、

なにより屋外にあるジャグジー風呂が最高なのだ。

きつい?トレーニングの後プールでしめたら、

そこから水着のままで屋外のジャグジーへ・・・

行き始めた頃はまだ寒く時折雪なんか降っていて、

冷たい外気にあったかいお風呂!もう最高ってなもんです。


そんなこんなで2ヶ月ちょっと、

ジャグジー風呂のおかげかサボることもなく、

休みの日はせっせとジム通い

さーーて、そろそろいいんじゃない?

そう、いきなり私にパンチを食らわせリングに沈めたあの「インボディ」に挑戦するのはっ!

インストラクターのかわいい男の子に、

「2ヶ月経つし、どんな風に変わったかチェックしてもらえます?」

と、精一杯かわいく云ってみた。

「いいですよーー」って、なんて爽やかなの?(ま、私の愛する王子達には劣るがの)

     

                                                            


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・計測中


?☆*!♪×●・・・・・・ガーーーーン!!


そこにプリントされていたのは、

体重:52.4kg・・・・・・


あの、血のにじむような?努力は?時間は?体力は?希望は?夢は?

どこへ消えてしまったの・・・・・?

あーーーーむなしくジャグジーの泡とともに・・・・


PS)負けないわ


AD

フランス男~~補足

テーマ:

しつこいけど、フランス男(笑)

xinからメールが来て、補足されちゃいました。


とどのつまりは・・・・

「人生最後の時まで男と女でいられること」だそうです。

それはテクニック云々とかじゃなく・・・・

彼女の求めるもの明快ですね。(女なら理解できるかなー)


でも、私にとってフランス男と云えば、

いまだにこの方のイメージなんですけど・・・・



セルジュ・ゲンズブール

前の旦那といる時、

たまに想い出して聞いてたら、

「嫌な波動がするから聞くな」って云われたことがあった???


嫌ーーな波動出してたのはおまえだろっ!

って今なら突っ込めたのに・・・・




AD

フランス男~~追記

テーマ:

先ほど「フランス男」を書くにあたって、

うろ覚えの記憶を確認しようとxinに携帯メールを送ってみた。

「何故?フランス男がいいのか簡潔に述べよ」・・・・・と、

 

返信には、ただ一言・・・・・・「SEX」

 

うーーーんxin恐るべしっ

「年齢とか・・・・・・云々」は表のさらりとした会話だったのね?

気づかなかった私がぶぁかだわ!

 

でも、やはり誰にでもあるのね?

表からじゃわからない、云えないこと・云わないこと・・・・・

 

フランス男

テーマ:

土日働いたので今日はお休み。

昨夜も遅くまでネットをぶらついててお昼まで寝てしまった。

(あーーーひとりだから許されるこの怠惰な休日)

今日の予定では、朝から掃除洗濯家事をこなし、

午後から映画を観に行ったら、

夕方から女友のzhenchengとジムに行くつもりだった。

 

ところが・・・・

zhenchengは夕方から打ち合わせが入ったらしく

「ごめーーん、ジムは来週にしてくれー!」

そう彼女は設計士で今猛烈に忙しい!

そして算段の狂った私は、

こうしてまたパソコンの前に座りブログを書いてるってわけさっ

 

「ハマる女」のテーマでもう少し、

今日は女友xinの話。

 

xin

京都在住 

私より2こ上 うお座 たぶんO型

 

元々関東?で教師をしていた。

そこで知り合った音楽関係の男と(父ぐらいの年齢?)恋愛関係になり、

東京に持ってたマンション売り払い(バブルで儲かったと言ってました)

京都に家を買い、その男のマネージャーみたいなことを、

公私共にしていたらしい・・・・(間違ってたらごめんねxin)

そこから紆余曲折あり、

今私が勤務している会社で知り合った。

京都と○○で離れてはいたが、

同じようなポジションで仕事をしていたこともあり、

会う機会も結構あって何となくウマが合った。

お互い地面から10cmぐらい浮いてる加減が一緒だったのか?

そしてxinは私が何を話してもどんなことをやっても、

そやなーとひかないで面白がってくれた。

 

そのxinが昨年仕事を辞めた!

何をするーーーxin!?

「うん?フランスに行くわ、秋からソルボンヌよ」

と、のたまわった・・・・

そうなの、彼女が「ハマッて」いるのはフランス男

xinの彼(達)はここ数年来ずーーっとフランス男だ。

それもシブい年齢?の・・・・?

何故?フランス男がいいのか?

xin曰く・・・・

「年齢とか形とかいろんな事にこだわらないのよ、日本の男はなーんか窮屈やねんなー」

・・・・・とのこと。

 

今、彼女は秋に向けて色々な準備をしている。

たとえば仕事が出来るようになった時、有利になる資格を取ったり・・・

そんな時、つい仕事に関する目標なり将来的な展望なりの話になると、

彼女の暖かい朋友は、

「おいおい、そうやないやろ?あんたの目標は、いい男をゲットして永住することやろ?」

と、軌道修正をしてくれるらしい・・・・

 

xin頑張れ!

そして私も遊びに行くわ。

シンデレラはいずこ?

テーマ:

確かに 私はハマる性質だ。

それも自分から進んで落ちていくから始末におえない。

しかも妙なところに微妙に引っかかる。

 

ハマる期間は数時間から20数年と、これまた幅広い。

短い時は、まるで猫。

猫じゃらしに目をむいて躍起になってじゃれついてるかと思えば、

次の瞬間、何事もなかったかのように、無心に毛づくろいをしているように、

さっきのことはきれいさっぱり忘れている。

あきらかにタチが悪い。

そんな脈絡のないハマり方だ。

 

でも、最初から妙なことを書いてひかれても困るので、

今日はかわいく?いきたい。

 

それは「靴」

 

靴好きの誰もが?一度は呼ばれるように、(そうか?)

私にも「イメルダ」と呼ばれた過去がある。

女友のzhenchengには、

「足は2本しかないんだよ」といつも云われる。

 

でも好きなの!

靴にハマり始めたのは10数年前か?

きっかけは、セルジオ・ロッシだったか?

もちろん履くけど、持ってるだけで幸せになれる靴もある。

出かける時は、今日はどの靴を履きたいかでその日のコーディネートが決まるし、

「destiny」じゃないけれど、安いサンダルを履いてたら、

帽子とサングラスで顔を隠して帰る。

靴の一気買いもする。

2足3足は当たり前?最高5足かな?

 

でも、その5足買いを上回ることを去年やってしまった。

とうとう手を出してしまったのだ。

 

 

 

MANOLO BLAHNIK

 

「SEX AND THE CITY」でも、キャリーがよく履いていた。

けど、ここにはないと思っていたの・・・・

ところが、

いつも行くブティックにあるじゃないですかっ?

履くだけいい?って履いておさまるわけがない。

(だって自ら落ちる人・・)

鋲打ちの茶とゴールド、いずれも9cmヒール。

そしてまたもや2足買い!

 

それはそれは、他人の足のように美しく見えました・・・・・

 

あーーーイメルダではなく

いつかシンデレラと呼ばれる日のために、

私の旅は続く・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

はじめましてliuと云います。

最近私の周りでもブロガー(?なんて言葉があるのか?)が増えてきたのだけど、

私には書きたいテーマも何にもないわーーとそんな友を横目でみつつ・・・

いろんなブログにはお邪魔し楽しませてもらっておりました。

それが何故?!今?


うーーん年のせいかしら?

あきらかにひとつ時代は終わった・・・

仕事にしても若手がどんどん台頭してきてるし、

女としても(昨年短い結婚生活を終えました)微妙に変化してるし、

確かにそんな若くない、かといってまだ終わったとは思ってない。

そしてキャリアや自分が積み重ねてきたものに、

自信もあるけど揺らいでもいる。

おーーー負け犬と云うならそう呼んどくれ!

ちょっと弱気になってる私を、

自分で励ますために、

自分を確認するために、

再生する私?

そして、また仁王立ちで高笑いするために?

(でも、地面から10cmぐらい浮いて生きてるのがホントは好き!)

云えない云わない云いたいことつれづれに・・・書かせていただきます。

どうぞあまたあるブログの隅っこにおいてください。

よろしくお願いします。